« 歴史から学ぶ、命を守る政策 | トップページ | 想いを連れて靖国へ。平成最後の「みたままつり」 »

2018年7月14日 (土)

歴代天皇の詔勅を読む

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

昨日、明治神宮の武道場で勉強会がありました。

こちらの方の勉強会です。

Index_25511_19267061432551113

光格天皇と孝明天皇の詔勅を資料に、天皇のお気持ちはどこにあるのかというお話を伺いました。
その資料の出典は『みことのり(出版・錦正社)』という本で、3万円もします…
とても買えませんけれど、素晴らしい本だと思います。
Photo

なぜならば、日本の歴史そのものがわかるからです。
神武天皇から明治天皇までの122代、日本の大転換期には、
天皇が多くの詔勅を発しています。
時に多いのが孝明天皇と明治天皇だそうです。

天皇の詔は、国民に向けて発するものがほとんどなのですが、
時として政府に向かって叱責されることもあったようです。
私も学びの入り口に立っただけなので、自分の考えを披露することもかないませんが、
読者の皆様への情報共有として、記事をUPした次第です。

『みことのり』は文語体で書かれていてとても読みにくいので、
誰にでもわかるような現代的な、子供にもわかる表現で書かれたものが出版されるといいなあと…
ただ、売れないだろうなぁ…

もしかしたら図書館に所蔵されているかもしれませんので、
ご興味のある方は問い合わせてみてくださいませ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

7月18日(水)開催。勇者よ!参戦を待つ!

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第18回~

【テーマ】 未定

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

|

« 歴史から学ぶ、命を守る政策 | トップページ | 想いを連れて靖国へ。平成最後の「みたままつり」 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史から学ぶ、命を守る政策 | トップページ | 想いを連れて靖国へ。平成最後の「みたままつり」 »