« 玉木代表、拉致問題解決のために安倍政権支持を! | トップページ | 目黒虐待死事件。役をしない政治が情けない! »

2018年6月 4日 (月)

防衛については現実的に考えましょう。ね?枝野さん!

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

一度は政権の座にいた方で、ましてや内閣官房長官経験者ですよね?
「海外出張の多い内閣総理大臣の代わりに危機管理を担当する」役職を経験したわけですから、
常に現実を見て行動していたはずですよね?
そんなアナタが、まさかの発言。びっくらこきましたわ~♪

枝野立憲代表、護衛艦「空母化」を批判

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018060300423&g=pol(jiji.com 記事全部引用)

 

立憲民主党の枝野幸男代表は3日、山梨県昭和町で講演し、政府が海上自衛隊護衛艦「いずも」の事実上の空母化を検討していることについて、「なし崩し的に専守防衛を超えるような装備が進んでいる。専守防衛なら要らないはずだ」と厳しく批判した。「実質的な改憲が進んでいることを危惧しないといけない」とも語った。
沖縄・宮古島のミサイル基地建設に関しても、「憲法9条の解釈を超える基地」との認識を示し、「むしろ攻撃のターゲットにされかねないとの声もある」と指摘した。

・・・(転載ここまで)・・・

専守防衛なら空母はいらないという理論は、どこからきているのでしょうか?
これは、以前、小川和久氏のメルマガ『NEWSを疑え!』で読んだ気がするのですが、
いくら「いずも」を空母化したところで、F−35Bをどんなに頑張っても40機しか搭載できないのだそうです。

F35b

しかも哨戒機を載せない場合の数字です。現実的にはあり得ません。
そのうち運用できるのは20機程度で、離島防衛に使うくらいの戦力でしかないわけです。
危機管理を勉強する暇がないくらい、モリカケに熱心なのですね。
防衛イコール国民を護ることなのですから、
非現実的な話ばかりをする立憲民主党に、二度と政権を担ってほしくありません。

それから、普通に考えればわかると思うのですが、
基本守りの硬い所は攻撃しないのだと思いますよ。
基地があるところは、すぐに反撃されるんですから。攻撃する側もダメージが大きいのではありませんか?

ましてや日本は、悲しいかな実質的に今もアメリカの占領下です。アメリカ軍基地があれだけある意味を考えてください。日本にアメリカ軍の武器がどれだけあることか!日本が攻撃されるという意味は、アメリカが攻撃されるという側面もあるんです。

しかしながら、離島防衛まではアメリカ軍は行いません。尖閣がとられて困るのは、日本なんですから。枝野さんは離党防衛が漁業に直結することも忘れているのかもしれませんね。

憲法9条では領土も国民も守れません。
南沙諸島に行って、憲法9条と書かれた旗を建てれば、中国の侵略はなかったのでしょうか?
ありませんよ…

ポジショントークもいい加減にして頂かないとね。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月20日(水)開催。勇者よ!参戦を待つ!

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第18回~

【テーマ】未定

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

|

« 玉木代表、拉致問題解決のために安倍政権支持を! | トップページ | 目黒虐待死事件。役をしない政治が情けない! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 玉木代表、拉致問題解決のために安倍政権支持を! | トップページ | 目黒虐待死事件。役をしない政治が情けない! »