« 安倍は悪いね。野党はダメだ!野党は税金泥棒でどうしょもねえな! | トップページ | 私に野党をやらせてくれ!国会で議論したいのはこういうことだ! »

2018年5月 3日 (木)

野党の審議拒否、結局有権者が責任を取らなければならない。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

国会議員の構成をウィキペディアから転載します。
右側から自民・こころが緑色、公明が黄色、あとは野党ですね。

衆議院 ↓

Syuugiin

参議院 ↓
Sangiin


野党が審議拒否を続けたところで、
国民の多数が支持している政党が審議していて、
定足数には達しているわけですから、
手続き上は問題ないと思われます。
しかし、審議をする機会を自ら放棄するとは、
実に勿体ないと思います。

少なくとも、何万票という得票で当選しているのですから、
何万という有権者の意思を無駄にしているということになります。

野党の国会議員はカメラの前で、大げさに民主主義の崩壊だと与党を批判しますが、
実際は自分たちが壊していることに気が付いてもよいはずです。
皆さん立派な大学を出て、素晴らしいキャリアをお持ちなんでしょ?

全て政局にする浅はかな権力闘争は、
国民を不幸にするだけです。
いい加減にまともな議論をしてくださいよ。

でも、これが民主主義というものなのですね。
ドアホな国会議員の責任を負うのが有権者なのです。

尾崎行雄記念財団の理事で事務局長を務める石田尊昭さんが、
いつもこのように話されています。

Image

「今の政治家、バカばっかりだよね…なんて、
いや、違う!あなたが馬鹿だってことです。
今の政治はむちゃくちゃだよね。
いや違う!あなたが無茶苦茶だってことです。
それが民主主義。
政治や社会に言った言葉が、指さしたことが、
全部自分に突き刺さってくる。
極めて厳しい制度です。」
「我々一人一人がこの社会の責任者であり、
この国を担うものであり、この世界に対する発信者としての自覚を持たなければならない。
こんな厳しい制度はありません。
厳しいけれども、我々それを選び、そこに発展の可能性をかけているということです。」

私よりずいぶん若いんですが、度々教えを乞うております。
石田さんのHPはこちら。↓

https://ishidat.jimdo.com/プロフィール/

さて、私は自民党の地方議員もしておりましたし、
どちらかと言えば自民党を支持しています。
でも自民党の政策をすべて良しとしているわけではなく、
水道事業の民営化やメガソーラーの推進など、
「やめてくれよっ!」と思う法案も今国会に提出されています。

与党野党ではなく、本当に国益にかなう法律なのか、
真剣に議論してほしいのです。
少数政党の言うことでも、正しいと思うことは支持を表明したいですし。
野党も審議拒否の風当たりが強く感じだしたのか、
辻本議員が柳瀬元秘書官を「早く追及した方がいいので、どこで折り合えるか他の野党と相談したい」と審議復帰を検討すると発言したそうです。

と、今、ヤフーニュースに出ていました。休み明けから審議に復帰だそうです。

随分長いゴールデンウィークでしたねえ。annoy

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6281156

私は国会議員の行動をしっかり見ていきます。
考えて、考えて、考え抜いて、選びたいです。
審議拒否をしていた野党に支払われる歳費は、私たちが納めている税金ですしね。

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ画像 憲政記念館内のレストラン、霞ガーデン。平日営業のみなので、なかなか食べるチャンスがないのですが、一昨日、久々のランチです。

Img_0730

Img_0727

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

5月16日(水)開催。勇者よ!参戦を待つ!

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第17回~

【テーマ】未定

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

|

« 安倍は悪いね。野党はダメだ!野党は税金泥棒でどうしょもねえな! | トップページ | 私に野党をやらせてくれ!国会で議論したいのはこういうことだ! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍は悪いね。野党はダメだ!野党は税金泥棒でどうしょもねえな! | トップページ | 私に野党をやらせてくれ!国会で議論したいのはこういうことだ! »