« 韓国議員竹島上陸計画。外交防衛に目を向けた議論を! | トップページ | 世界は緊迫。日本を守るための論戦を希望します! »

2018年4月13日 (金)

スリーパーセル、浅草にもいますか?

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

買い物やら何やらで、週に3日は雷門前あたりをウロウロしています。

この1年くらい日を追うごとに外国人観光客が増えているような気がします。
朝鮮語を話している観光客もたくさんいます。
周辺でお勤めしていると思しき、飲食店制服を着て朝鮮語を話している人も多いです。

国際政治学者の三浦瑠麗氏がフリーパーセル(北朝鮮工作員)の存在に言及し、大炎上となりましたが、
テレビタックルによれば100人程はいると、北朝鮮の元工作員と言われている人が証言しています。

Hijotaikigumi9


「非常事態組」とよばれていた。
エリート中のエリート。
日本には100人くらいいる。
軍人1000人と同じ戦力。

のんびりと「もりかけ日報」を、国会で「ギャーギャー」騒いでいる場合ではないのです。
野党の先生方、「スパイ防止法」を一刻も早く作るべきだ、という投げかけはしないんですか?
公文書の在り方や財務省(他省庁も)の体質など、放置しておいていいとは思いませんが、
それ、今なんですか?
喫緊の課題なんですか?
Tujimotokiyomi

フリーパーセルという北朝鮮の工作員が、観光地やどこそこで日本人と同じように生活をし、
横田めぐみさんを拉致したんじゃないですか?
今も誰かが拉致されているかもしれません。
野党も与党も、そういう心配はしないんですか?

昨年の韓国人観光客は、およそ714万人。朝鮮人と区別できますか?
いや、それ以前にパスポートも偽造するでしょうし、いわゆる不審船で来るかもしれませんものね。
フリーパーセルウエルカム状態じゃないですか!

そんな中、中国が南シナ海で観艦式を行いました。

「世界一流の海軍へ」中国習主席 南シナ海で強硬姿勢を誇示
(NHK NEWS WEB 記事一部引用)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180412/k10011400971000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

 

観艦式には1万人余りの兵士とともに空母「遼寧」を含む48隻の軍艦と76機の軍用機が投入され、中国軍として過去最大規模だとしています。

 

習近平指導部のもとで「海洋強国」を目指す中国では、海軍力の増強が急速に進められていて、中国としては海軍力を誇示し、領有権をめぐって争いのある南シナ海の問題で妥協しない強い姿勢を内外に示した形です。

・・・(転載ここまで)・・・

中国はアジアを制覇しようと目論んでいることは、誰の目にも明らかです。
第一列島線、第二列島線と、日本を自国の領土として、アジアを制覇するための作戦を立てています。
ね、中国側から見ると、こんな感じなんですもん。
完全に日本のことを中国の領土だと思っていますよね。
Img_7ee99953c057604cd4c9afab5aa54d8

中国語も北朝鮮と同様で、観光客や技能実習生に紛れ込ませ、
どれだけスパイを送り込んでいることでしょうか。
そして中国は国防動員法(国防动员法)のある国ですから、
中国政府が有事だと宣言したら、日本にいる中国人は即、戦闘員になります。

国内の、霞が関の小さな問題ばかりではなく、
非常に緊迫した我が国周辺の国際問題にも目を向け、
しっかりと議論をするのが国会だと思うのですが、
野党の皆さん、いかがですか?

【参考】

国防动员法(国防動員法 こくぼうどういんほう)
Wikipedia 一部引用)

同法は主に以下の内容を含んでいる。

中国国内で有事が発生した際に、全国人民代表大会常務委員会の決定の下、動員令が発令される
国防義務の対象者は、18歳から60歳の男性と18歳から55歳の女性で、中国国外に住む中国人も対象となる
国務院、中央軍事委員会が動員工作を指導する
個人や組織が持つ物資や生産設備は必要に応じて徴用される
有事の際は、交通、金融、マスコミ、医療機関は必要に応じて政府や軍が管理する。また、中国国内に進出している外資系企業もその対象となる
国防の義務を履行せず、また拒否する者は、罰金または、刑事責任に問われることもある

 ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

勝谷誠彦氏の講演会があります。
お申し込みは、尾崎行雄記念財団へ。下段のURLよりどうぞ。

Img20180304080006975937

尾崎行雄記念財団
咢堂塾設立20周年記念・特別講演会

テーマ「これからの「政治」の話をしよう」

【講師】勝谷誠彦(かつや まさひこ)氏(作家、コラムニスト)
【日時】2018年4月21日(土)午後2時~4時(受付1時30分~)
【場所】憲政記念館 第1会議室
【会費】1,000円

詳細はこちら ↓

http://www.ozakiyukio.jp/information/2018.html#0304

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第16回~

【テーマ】「年金運用の実態から、国の在り方を考える」

4月18日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

|

« 韓国議員竹島上陸計画。外交防衛に目を向けた議論を! | トップページ | 世界は緊迫。日本を守るための論戦を希望します! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国議員竹島上陸計画。外交防衛に目を向けた議論を! | トップページ | 世界は緊迫。日本を守るための論戦を希望します! »