« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月25日 (日)

安倍打倒をしたい人たち

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

野党も支持者から「もりともばかり、いい加減にしろ!」と叱責され、
幕引きを探しているように思っていましたが、再燃というより、大炎上となっています。
それにはやはり理由がありそうです。

霞が関は官邸だけをむいているわけではありません。
省庁の中には共産党員もいれば、野党のスパイもいるので、
マスコミや野党に対してリークはしています。

野党は安倍政権をつぶし、政権奪取が全てです。
今日も街頭演説を行いました。

そして、マスコミです。
マスコミは安倍政権が進めようとしている放送規制緩和に大反対なのです。(なぜ放送局のことを新聞社が応援するかというと、読売新聞と日本テレビは互いに大株主という、クロスオーナーシップだからです。)

ということは、三者の利害が一致したということですね。
『もりとも』を再燃させ、
何が何でも安倍政権を潰そうということでしょう。

読売社説を転載します。
赤文字は私がツッコミを入れたところです。

放送事業見直し 番組の劣化と信頼失墜を招く

 

2018年03月25日 06時00分

テレビ番組の質の低下を招き、ひいては、国民の「知る権利」を阻害する懸念がある。安倍首相が目指す放送事業見直しは、問題が多いと言わざるを得ない。

>知る権利を言うのなら、「もりとも」だけに時間を割くのではなく、日本が直面している喫緊の課題を民放が積極的に報道すべき。
   


  政府の規制改革推進会議が、放送法改正による放送事業の抜本的な見直し案を検討している。
テレビ・ラジオ局の放送事業者とインターネット事業者の垣根をなくし、規制や制度を一本化することなどが柱だ。自由競争によって、多様な番組を視聴者が楽しめるとしている。

 

 
放送局は、放送法1条で「公共の福祉の健全な発達を図る」ことを求められている。民放はこうした役割を担い、無料で様々な番組を提供してきた。同様の規制がなく、市場原理で動くネット事業者を同列に扱うのは無理がある。

>民放は無料というが、インターネットも無料。ネット事業者が「市場原理で動く」というが、民放も市場原理で動いている。社説の理論がすでに崩壊。

 特に問題なのは、見直し案が、「公序良俗」「政治的公平性」「正確な報道」に基づく番組編集を求めている放送法4条の撤廃を含んでいることだ。
規制が外れれば、放送とは無縁な、金儲もうけだけが目的の業者が参入し、暴力や性表現に訴える番組を粗製乱造しかねない。家庭のテレビで、子どもを含めた幅広い人々が目にする恐れがある。

>民放が「公序良俗」「政治的公平性」「正確な報道」を欠いており、視聴者が自らネットを探し検証しなくてはならない。

一方で、コストをかけた大規模災害報道や、目や耳の不自由な人向けの「字幕・解説放送」を継続することは難しくなろう。

>その大規模災害報道で、フェイクニュースを流したり、乱暴な取材により被災者が迷惑を被っている。

選挙とは関係なく、政党が都合の良い番組を放送できるようになる。

>すべての政党がやる事になるだろうから、まったく問題ない。かえって知る機会が増え良いことである。

 外国企業による民間放送局への20%以上の出資を禁じる規定の撤廃も検討されている。まったく看過できない。

>外国企業がスポンサーとなっている番組はいくらでもあり、民放の経営がすでに外国企業の影響を受けているはず。

 
日本の世論に不当な影響を与えるため、外国政府の関連団体が放送局を買収して宣伝活動に利用する危険が生じる。国の安全保障を脅かしかねない問題だ。

>それをいうなら、NHKも民放も職員社員の外国人枠をなくせ。

 フェイクニュースが世界的に広がるなか、放送への信頼を失墜させる改革に乗り出す意味があるのか。疑問は拭えない。

>NHKも民放も新聞社も、フェイクニュースを垂れ流している。

 米国では、放送局に政治的な公平性を求めるフェアネス・ドクトリン規制が1987年に廃止された後、偏った報道が増えた。2016年の調査では、テレビ、新聞、ラジオを「信頼する」米国人は3割と、過去最低を記録した。

 >フェアネス・ドクトリン規制については、まったく逆。合衆国憲法に定める言論の自由を侵害するという訴訟がたびたび起こされ、1984年に連邦最高裁が違憲判決を出した。(アゴラの池田信夫氏の投稿を参照しました。http://agora-web.jp/archives/2031792.html

野田総務相が「放送局は社会的な役割を果たしてきた。4条は重要で、多くの国民が求めている」と述べたのはもっともだ。

>社会的な役割は果たしたこともあったかもしれないが、ニュースさえもワイドショー化し、見識のない芸能人のコメントをさせるなど、害をまき散らしている。 
 4条は重要でも罰則規定がないので、意味をなさない。結果として既存民放が4条違反をし続けている。

放送文化は競争政策では育たない。政府は、国民生活に役立つ放送局のあり方について、地に足の着いた議論をすべきである。

>放送局と新聞社が抱き合った鉄板の既得権益は、競争原理で叩き潰すしかない。クロスオーナーシップも無くすべき!

私は全て安倍総理や自民党を支持しているわけではありませんが、
現段階で安倍総理を失うことは、日本の国益を著しく損なうと思っています。
霞が関、維新の会を除く野党、マスコミの三者一体となった安倍叩きには、
異を唱えたいと思います。

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第15回~

【テーマ】「再燃・『もりとも』問題の陰で~国民が知っておくべきこと~」 

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月21日 (水)

国会よ、「もりとも」以外にも議論することはある!~地下鉄サリン事件を忘れるな!~

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

23年前の昨日、地下鉄サリン事件が起こりました。
テレビをつけると相変わらず「もりとも」に関する報道ばかりです。
地下鉄サリン事件のことを特集などで取り上げることもなく、
風化されていく感は否めません。
「もりとも」に関しては国会の審議を待って報道すればよく、
どこの局もこぞって取り上げる必要はありません。
しかも、素人芸能人のコメントつきで!

私は3月20日という日には、「地下鉄サリン事件」をもっと取り上げてしかるべきだと思います。
なぜならば、地下鉄サリン事件をおこした麻原彰晃こと松本智津夫他12名に死刑判決は出ているものの、
死刑執行がされていないのです。
あれだけの無差別テロを起こした死刑囚です。
被害にあった方や、そのご家族はどんな想いでこの日を送っているのでしょうか…。
二度とこんな事件は起こってほしくないですが、
化学物質によるテロや殺人事件はいつ起こるかわかりません。

それにもかかわらず、地下鉄サリン事件から23年もたっているのに、
実は日本の危機管理体制は国民の命を護るという状況になっていないのです。
過去のブログ記事にも記しましたが、
政府はサリンなどの化学物質に対する解毒剤の備蓄は始めました。
しかし防護服を着て解毒剤を注射するための『自動注射器』の備蓄がされていないのです。
アンプルから注射器に薬液を入れている間に、そこに倒れている人の命が失われていくのです。
それじゃ、何のために解毒剤を備蓄しているのかわかりません。
自動注射器であれば、防護服を着た救助隊が握りしめて、倒れている人の服の上から突き刺せば、
自動的に薬液が注入されるのです。
水際でテロを食い止める効果のある、地下鉄の防犯カメラの取り付けも、まだまだ足りません。

国は国民の生命財産を守る義務があります。
第一は国民の命なのです。
ですから国会議員は、テロ対策にもっと関心をもった質疑を展開して欲しい。
そうと思うのは私だけではないでしょう。
でも、自動注射器さえも備蓄できていない現状を知っている国民がどれだけいるかと言えば、
それは関心を持っているか、たまたま情報を入手したかのごくわずかな人たちだと思います。
だからこそ、マスコミが3月20日というこの日に、
報道しなくてはならないのです。
マスコミは自らの報道によって、国会で審議されることも、しばしばあることを自覚してほしいと思います。

地下鉄サリン事件を起こしたオウム真理教の残党『アレフ』が、
「オウム真理教犯罪被害者支援機構」に未払いの賠償金約10億5000万円の支払いを求めた訴訟に対し、
争う姿勢という報道がありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180320-00000055-jij-soci

アレフは1000人以上の信者がいて財力もかなりあると言われていますし、
ヨガ教室などを開いて洗脳していくといううわさも絶えません。
こういう団体が野放しになったのも、マスコミ報道に一因があると言えます。

オウム真理教の連続テロ事件や殺人事件は、世界に類を見ない犯行であったのにもかかわらず、
破防法が適用されませんでした。
日本弁護士連合が「破防法適用は将来に禍根を残す」と反対声明を発表したためか、
マスコミが「もう大丈夫」という論調に変わっていったのです。
あの時のマスコミの対応が違っていれば、アレフなどというオウム継承団体が存続し、
現在も布教活動を行うことなどなかったのではないでしょうか?

非常に残念だし、悔しい思いです。

参考に ↓

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第15回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月18日 (日)

多数の国民は、政局は望んでいないのでは?

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

公有地の売却についての公文書管理について、
国会に激震が走っています。
野党議員はこぞって安倍総理、麻生財務大臣の責任を追及していますが、
民主主義の根幹にかかわると言いながら、
こじつけ質問ばかりで安倍内閣打倒のためだけにしか見えません。
同じ追及するにしても、もう少し実のある質疑になるよう、工夫をしてほしいですね。
聞き苦しく、嫌な気持になります。
朝からどす黒い電波を飛ばすな!

公文書の書き換え問題は、実は常態化していたのではないかと、
私は疑っています。
完璧を求められること、立場を護るためのウソ、
その嘘の上塗り、やっているうちに普通になってしまったのではないかと思うのです。
政治家の無言の圧力に屈しないために、
公務員法が改正され、書類の改竄は懲戒処分になるのではなかったでしょうか?
違いましたっけ?
いずれにしても、公文書に対する信頼が揺らいだということです。
公文書の開示請求を行いながら、市民運動をしてきた私なので、
この衝撃は大きいのです。
私たちが「武器だと思った公文書」が、実は間違っていた。ということに、なりかねないのですから。
自民党のカフェスタで和田政宗参議院議員が、その経緯を説明をしていましたが、
大変分かりやすく、財務省のウソを暴く内容でしたので、
動画を貼っておきます。

さて、この公文書を保存する国立公文書館の所蔵量がいっぱいになるために、
憲政記念館と合築という形で現在憲政記念館のたっている場所に、新しい立派で「美事」な建物が建設されます。
その中に所蔵されている国民の財産ともいうべき公文書が、
果たして正しいものなのか、信頼が揺らいでしまう事件なのですね。
今回の改竄問題は。

犬養毅と並び憲政二柱の神、議会政治の父と称された尾崎行雄は、
「美事なる此(この)議事堂にふさわしき
議員を得るは何時の代ならむ」
と歌を詠みましたが、

Img_0045


「美事なる公文書館にふさわしき公文書」は、
果たしてあるのか?

今回の財務省の対応を良しとする国民は、
おそらく存在しないでしょう。
霞が関だけでなく、国家・地方問わず、
公務員が公僕としての矜持を持ち公文書管理を行ってほしいと思います。

そして、政治家は政局にしないこと。
国民は選挙で国会議員を選びます。
対応が悪い議員は、次の選挙で落とせばいいのです。
少なくとも安倍政権が維持されることが、現段階では一番国益になりますので。

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第15回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月10日 (土)

薄汚い!東京大空襲追悼の名を借りたオルグ。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

浅草界隈に住み始めて定番となった、休日の喫茶店での朝食『友路有のモーニング』です。
今日は定番の幸せモーニングのコーヒーを、プラス100円でLサイズにしました。
凄いでしょ?

Img_0643

超満足です♡
良い気持ちで店を出て浅草公会堂の方に目をやると、東京大空襲資料展(無料)と案内が出ていたので、
ちょいと見ていくことにしました。
見る前から左臭さが充満。
入り口で
「こちらに、お名前と住所書いていただけますか~?後ほど資料など送らせて頂きます」
壁には『15年間侵略の歴史なる年表』が貼られ、
会場のあちこちで「平和教育が大事なんですよね~」
「記憶を風化させてはいけないんです」とささやき、
出口で
名前住所の記載欄ありの「アンケート調査にご協力ください」で仕上げです。
書いた方には、もれなく資料とやらが送られてくるという仕掛け。
どんな資料なんでしょうかね?
『9条守れ!憲法改悪は許さない!』の集会の案内ですかね?

どこから見ても東京大空襲犠牲者追悼の名を借りた、
「日本が中韓を侵略したから、東京大空襲で10万人が殺された。日本が悪い!」という歴史観を植え付けるオルグですよ。
質が悪いのは、自治体が共催をし、教育委員会が後援をしているところですね。
こういう資料展の内容を知らぬわけではあるまいに、なぜ共催後援を続けるのでしょうか?
議会で共産党に追及されたくないとか、そんなお粗末な理由ではありませんよねぇ?
まさか日教組への忖度じゃありませんよねぇ?

日本国民は終戦後GHQの占領政策のなかで「日本が悪い国であった」と洗脳され、そしてそれを左翼は利用し地方自治体の事業に自分たちの活動を埋め込んでいきました。

今日3月10日の東京大空襲をはじめとする米軍による民間人大虐殺にたいして、自虐史観を植えこむ活動をしていく左翼に対し、保守団体の方々はどんな活動をしているんでしょうか?影響力のある方々には、今一歩の努力をお願いしたいと思います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

毎週楽しみに観ていた井沢満先生のドラマ【明日の君がもっと好き】が、いよいよ最終話です。

本日10日(土)23:20からです。お見逃しのなき様note

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第15回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月 9日 (金)

10日(土)23:20『あすきみ』最終話

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

毎週楽しみに観ていた井沢満先生のドラマ【明日の君がもっと好き】が、いよいよ最終話です。

刑事ものやサスペンス流行りの最近のドラマですが、『愛』をテーマに描かれた作品を観ると、心が温かくなりますよねheart

10日(土)23:20からです。お見逃しのなき様note

観たことがない方は、

↓ こちらで全話、有料見られるみたいです。こちらもぜひご覧くださいsign03

http://www.tv-asahi.co.jp/douga/asukimi

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第15回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月 8日 (木)

本当に腹が立つ国会中継。安全保障より大切な「もりとも」って何だ!

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

家事をしながら国会中継を見ておりましたが、
もう長い時間「小笠原父島の海」の映像が流れています。
いつものことですが、野党が国会審議に応じない為に、
予算委員会がストップしているのです。
30分遅れで開会、自民党議員が質問したのち今まで2時間近く野党の出席をお願いしていたようです。
やっと始まりましたけれど、公明党の質問です。
質疑の予定は以下の通りです。

 09:00-09:36 三木 亨(自由民主党・こころ)
  09:36-10:07 難波 奨二(民進党・新緑風会)
  10:07-10:37 大野 元裕(民進党・新緑風会)
  10:37-11:12 横山 信一(公明党)
  11:12-11:32 辰巳 孝太郎(日本共産党)
  11:32-11:47 井上 哲士(日本共産党)
  11:47-11:54 浅田 均(日本維新の会)
   (休憩)
  16:00-16:18 浅田 均(日本維新の会)
  16:18-16:32 福島みずほ(希望の会(自由・社民))
  16:32-16:46 福山 哲郎(立憲民主党)
  16:46-17:00 アントニオ 猪木(無所属クラブ)

野党が2時間近くもごねた挙句欠席して、公明党の議員が質問しているわけです。
私の2時間を返せっ!と、言いたいですね。
議会はルールと形式だということは、私も地方議会出身者なのでよくわかるのですが、
まだ「もりとも」のために新年度予算審議の時間を潰そうとしている野党には、
国民生活を大切に考えているという想いは微塵も感じられません。
「もりとも」はすでに大阪地検で捜査に入っているのですから、
それはそれとして今は来年度予算審議をしてほしいのですよね。
国会がしっかり新年度予算を審議して可決してくれないと、
地方議会も新年度予算を採決できないし…。

参議院予算委員会のテーマとして、「安全保障・内外の諸情勢について」となっているので、
まずは安全保障関係をしっかり質疑しなくてはならないと思います。
平昌オリパラで平静化しているように見えますが、北朝鮮の危機は益々高まっていると言えます。
ミサイルの精度はぐんと上がり、核の弾頭化もほぼ完成しているのです。
予算委員会はなんでも質問できるとはいえ、
「日本国民が安全に生きられるよう、知恵を絞り、議論を尽くさずしてどうする!」と、私は思うのですけれどねぇ。

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第14回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

2018年3月 4日 (日)

わたくし、安倍加憲は反対です。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございますm(_ _)m 皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

久しぶりの更新になりました。
午前中は地域の防災訓練があり、参加してきました。
ふるさとの伊豆下田とは違い、津波に対する備えは必要なく、
ビルの倒壊と火事に対する対策が必要となります。
延焼拡大で自宅周辺が危険になった場合に、
避難場所へ向かうには、徒歩でどのように行くのかを確認しなくては。
勤め先から帰宅するにはどうするのかなど、
改めて考えると不安なことが多かったです。
防災訓練のお土産に頂いた、アルファ米の炊き込みご飯を試食しました。
熱湯入れて15分で出来上がりました。美味しかったです。

Img_0590


Img_0592

防災訓練のあと、ふと思い立ち、靖国さんにお参りに行ってきました。

Img_0589


Img_0588

このところずっと考えているのですが、
先の戦争で命を落とされたご英霊の方々は、
今の憲法改正論をどのように思われるかなあと。
安倍総理案の3項加憲を、「まあ、良かろう。」認めるでしょうかねえ…

憲法9条2項で「前項の目的を達成するための陸、海、空その他の戦力はこれを保持しない」とあります。
普通の人が普通に読めば、日本は軍隊を持ってはいけないと読めると思うのです。
だけど実際は自衛隊という世界有数の軍事組織を持っている。
ゆえに自衛隊は違憲だと憲法学者とやらが口をそろえるわけです。
普通の人が普通に考えれば、
2項がある限り、自衛隊の存在は認められません。

日本の国と誇り護るために、命をかけて任務に赴く人たちに、
「お前たちの存在は認めない」といつまで言い続けるつもりなのでしょうか?
私は憲法9条2項は、今すぐにでも削除すべきです。

自衛隊を認めないという条項を残したまま、3項に自衛隊を明記するなど、
命をかけて国を護った者として、ご英霊は無念な想いを抱いているのではないでしょうか…。

「高橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会第14回~

3月28日(水)を予定いたしております。勇気ある皆様、どうぞご参加ください!

詳細はこちら ↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/1034-20170118

| | コメント (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »