« 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? | トップページ | まるで中国の日本自治区。中国人の病気まで国保税で賄っているとは! »

戦火を交えることなく、北方領土が返ってくるという幻想は捨てよ!

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今回の安倍プーチン会談を、北方領土問題が進展するかのように報道したマスコミは、
いったい何を見ているのでしょうか?
「あなたがプーチン大統領だったら、北方領土を返還しますか?」という問いへ、
皆さんはどうこたえるでしょうか?
北方領土を返還するなどということは、よほどのことがない限りはあり得ません。

例えば、国家崩壊の危機にあり、領土を手放してでも金が欲しい事態が起こっている時などです。
そんなことはめったに起こることではなく、もしも本気で取り戻したいのだとしたら、
武力で取り戻すしかありません。
ロシアが条約を反故にして日本から北方領土を取り上げたように。
竹島を韓国がかすめ取ったように。
戦わずして領土を手に入れることなど、あり得るわけがない。

政府だって、今回の会談で、領土問題が進展するなどあり得ないことは百も承知でしょう。
それでもプーチン大統領との会談をしなくてはならないのが、日本を取り巻く世界情勢なのです。

私は安倍総理が今回の会談をしたことは、評価すべきことだと思っています。
ロシアに経済協力という名の寄付金を贈ることによって、対話の糸口がつかめれば良いわけです。
島民の皆さんがせめて、島へ自由に行き来できることと、
北の海で操業する漁民たちがロシアに拿捕されることなく、安心して漁業ができること。
この二点を解消することが喫緊の課題です。
拿捕されることによって、どれほど多額の保釈金を払っていることでしょうか。
それを解消するためには、やはり胸襟を開き対話することが大切です。
対話をするためには、そりゃ、最初は銭もかかりますよ。
鈴木宗男さんを追い出したために、ロシアとのパイプも切れたでしょ?
最初からやり直しなんですから、お金がかかってもやむをえません。
出来るだけ多くの対話をし、事あるごとに、「一応言っておくけれど、北方四島は日本の領土なんだけどね~」と意思表示することが大切でしょう。
私の代で取り戻せなければ、必ずや子供の代で、それが無理なら孫の代でと、言い続けなければならないのです。

実効支配したもの勝ちの領土問題で、話し合いで解決しようとするのならば、
相手が危機に陥った時には、必ずや円で顔を叩いて取り戻してやるという『意思』を日本国民が示し続けることしかありません。
その時がいつ来るかわかりませんが、必ずや子孫が取り返すのだという強い想いが必要です。
国民が領土問題を我がことと考えない限り、返還などあり得ません。
重ねて言いますが、領土を取り戻すのは戦争しかないのです。
日本国民にも、その覚悟が必要です。
マスコミはそういう観点から、安倍プーチン会談をみていますか?
まるでゴシップ記事のような内容しかない、情けない報道に見えるのですが。
読者の皆様は、どのような感想をお持ちでしょうか…

ところで、蓮舫民進党代表が、安倍総理とプーチン大統領との会談に対し、
記者会見したようですね。

プーチン大統領来日 民進・蓮舫代表「引き分けどころか、一本取られた形で終わったなら残念」
 
(産経新聞12月16日(金)19時55分 記事一部引用)

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/1216/san_161216_7029360970.html

民進党の蓮舫代表は16日、安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が、北方四島での共同経済活動を開始することで合意したと発表したことについて「引き分けどころか、プーチン氏に一本取られた形で終わったのだとすれば、国民の一人としても公党の代表としても非常に残念だ」と述べた。党本部で記者団に語った。

・・・(転載ここまで)・・・

>国民の一人としても公党の代表としても非常に残念だ

国民???

だから…蓮舫さん、あなたの国籍はどこですか?

私は今のあなたが日本国の国会議員であるということを、絶対に認められません。
戸籍を公開し今までの一連の報道に関して説明し、そこで初めて発言に真実味が出てくるのではないでしょうか?
疑惑の国会議員でいることこそ、残念だと思いますよ。

 【お知らせ】

「髙橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会

ふと思い立ち、政治夜話を始めます。
平日中日の水曜日ですが、
お飲み物(アルコール・ソフトドリンク)とちょっとしたおつまみをご用意いたしておりますので、
お仕事帰りにでもお立ち寄り頂ければ幸いです。
18時には開場いたしますので、くつろいでお待ちいただければと思います。
軽食など持ち込みOKですので、食べながら、飲みながら、気楽に政治のお話いたしましょう。
(毎月第3水曜日に開催予定です)

日時 2017年1月18日(水曜日)
     19時~21時(18時開場)

場所 フリースペース インディアンサマー
     港区赤坂3-9-15 3ーC
                     
会費 3000円(ドリンク・おつまみ付)

19時からわたくしがお話をさせて頂き、
その後、皆さまと歓談したいと思います。
ちょっとしたオフ会です。
申込先はメールでお願い致します。
tomiyo(a)grace.ocn.ne.jp
(a)を@に変えて送信してください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フリースペース インディアンサマーのご案内
(元会員制バー Indian Summer)

Teruko Okazaki
〒107-0052
東京都港区赤坂3-9-15 3‐C

|

« 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? | トップページ | まるで中国の日本自治区。中国人の病気まで国保税で賄っているとは! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? | トップページ | まるで中国の日本自治区。中国人の病気まで国保税で賄っているとは! »