« 朴槿恵大統領ついに職務停止 | トップページ | 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? »

敵の敵は味方。都議選で蓮舫氏と小池氏は手を組むのか?

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

寒いです。私の風邪もだいぶ回復傾向ですが、ちょっとした喉への刺激で咳が止まらなくなります。
子供のころから気管支は弱いので注意はしているのですが、厄介なことです。

政治の世界でよくある厄介なことが、敵の敵は味方ということで、本来は考え方も違い政策によっては政敵であるはずなのに、いとも簡単に手を結ぶのことです。

民進 蓮舫代表 都議選で小池知事との連携模索

 

(NHK NEWS WEB 12月11日 19時58分 記事一部引用)

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161211/k10010803081000.html

 

民進党の蓮舫代表は記者団に対し、「小池都知事の頑張っている姿は最大限評価しているし、古い政治と向き合って戦っている姿に共鳴もする。自分の思いを実現するために候補者を擁立するということであれば、それは小池氏の判断だ」と述べ、理解を示しました。
そのうえで蓮舫氏は、都議会議員選挙への対応について「民進党の現職もいるし、新人などの公認作業を進めているが、何か一緒に、相互に協力ができるものがないかという道も探りたい。国政与党以外と協力できることがあれば、それは否定するものではない」と述べ、小池知事との連携を模索したいという考えを示しました。

・・・(転載ここまで)・・・

小池都知事としたら都議会で過半数を超える与党議員が欲しいのは確かなので、
場合によっては民進党と手を組むのかもしれません。
東京都議会においては、民進党と小池都知事はとりわけ敵対する関係ではありません。
たとえ民進党が在日韓国人の生活が第一だったとしても、都議会でそれを持ち出さなければいいわけです。
舛添前都知事が韓国人学校を作ることに賛成だったとしても、小池都知事はその場所に保育所を作ると言っているわけで、
待機児童を解消したい都議会民進党としても、NOを突き付けなくてもいいわけです。

蓮舫氏がチラチラと背後に出てくると、残念だけれど小池人気は陰りが出ると思いますよ。

これ、この画像。蓮舫氏がすり寄っているのはよくわかる画像ですが…

R4koike

もしも都議選で、民進党と小池都知事が選挙協力したら、テンションダダ落ちですね。

なぜならば、小池都知事が二重国籍の国会議員を認めたと同じになるからです。

蓮舫氏が疑惑を晴らすために、戸籍等すべて公開し、ご自分の発言に嘘がなかったことが判明すれば、小池都知事と手を組んでも、まあ、政治だしねぇと思えないこともありませんが…やっぱ、やだわー!

|

« 朴槿恵大統領ついに職務停止 | トップページ | 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朴槿恵大統領ついに職務停止 | トップページ | 都議会、自民党と公明党に亀裂。国会は? »