« 移民政策を粛々と進める「安倍政治は許さない!」 | トップページ | 慰安婦問題の決着は韓国がある限り永遠にない。 »

また中韓が抗議だとさ。だからこそ、国会議員は毎日靖国に参拝せよ!

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今年の御礼参りにと、夫と連れだって靖国さんに参拝してきました。

002


004


帰宅に知ったのですが、稲田防衛大臣も参拝されたとかで、
中韓がいちゃもんをつけてきたのだとか。
もういい加減にしてほしいですよね。

中韓が抗議=軍事情報協定運用に影響も-稲田防衛相の靖国参拝

 

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016122900328&g=pol

 

稲田朋美防衛相が靖国神社を参拝したことについて、中韓両政府は29日、「断固として反対する」(華春瑩・中国外務省副報道局長)などと批判するとともに、日本政府に抗議した。

・・・(転載ここまで)・・・

靖国神社に、何時、誰が参拝したところで、なんの問題が生じるのでしょうか?
参拝はあくまでも「心の中の想い」です。
神社にあるのは静寂と大鏡だけです。
鏡に向かい、「お父さん、お爺ちゃん、命を懸けて私たちの命をつないでくれてありがとう。
私はちゃんとやれていますか?」と、面をあげればそこにあるのは自分の顔。
結局は自分がしっかり生きているかどうかを、問うための参拝なのです。
中韓よ、日本人の心に土足で入りこむことはやめなさい!

中韓は日本の政治家が参拝するたびに抗議をしてくるわけなのですが、
抗議するのが馬鹿馬鹿しくなるくらい頻繁に参拝されてはいかがでしょうか?
「いつ」ではなく「いつも」参拝する。
「え?今日も?」「もう言うだけ無駄だわ」と、中韓両政府が認識するまで続けるべきなのです。
やり続けたもん勝ちですよ!

それにしても、蓮舫氏…相変わらずのブーメランです。

民進党が大切にする2ちゃんねるユーザーの皆さんは、

日本人でないあなたが言うのか?

二重国籍のお前がいうな 。まず戸籍を開示しろ !

とか、言ってるようですよ。

http://www.asahi.com/articles/ASJDX5QG6JDXUTFK014.html

 

「(今村雅弘復興相が靖国神社を参拝したことは)なぜこのタイミングなのかということを、私自身も感じざるを得ません。大戦に対するいろいろな思いがあることは否定いたしませんが、今日は日米両首脳が真珠湾、75年前に思いをはせながら、不戦の誓い、あるいは和解の力ということを、(安倍晋三)総理自身もメッセージとして発した直後です。自民党の中、あるいは政権の中が一枚岩ではないのかなという部分に、若干不信感を覚えています。」(松山市内で記者団に)

・・・(転載ここまで)・・・

昨日の今村復興大臣の靖国参拝に、ケチをつけました。
ったく、蓮舫氏には日本人の感性がないのでしょうね。
いいですか?
先の大戦では、多くの国民が赤紙一枚で戦地に行き、
国のため、故郷のため、愛する人のためにと戦ったのです。
そして「靖国で逢おう」と遠い異国で散って行ったのですよ。
靖国に参拝するのにタイミングなんぞあるものか!
政権が一枚岩だったら参拝しないのか?
復興大臣にはこのくらい言ってほしかったですけれど。
「日米首脳が75年前に思いをはせながら真珠湾で慰霊をしたこの日だからこそ、
命を賭し日本を護って頂いた御英霊の御前にて、
皆様の尊い命を決して無駄には致しませんと不戦の誓いをしてまいりました。」

さて、今年も残すところあと2日となりました。
故郷に帰省される方も多いと思います。道中お気をつけて。

【お知らせ】

「髙橋とみよの政治夜話」
        ~赤坂見附酒肴会

ふと思い立ち、政治夜話を始めます。
平日中日の水曜日ですが、
お飲み物(アルコール・ソフトドリンク)とちょっとしたおつまみをご用意いたしておりますので、
お仕事帰りにでもお立ち寄り頂ければ幸いです。
18時には開場いたしますので、くつろいでお待ちいただければと思います。
軽食など持ち込みOKですので、食べながら、飲みながら、気楽に政治のお話いたしましょう。
(毎月第3水曜日に開催予定です)

日時 2017年1月18日(水曜日)
     19時~21時(18時開場)

場所 フリースペース インディアンサマー
     港区赤坂3-9-15 3ーC
                     
会費 3000円(ドリンク・おつまみ付)

19時からわたくしがお話をさせて頂き、
その後、皆さまと歓談したいと思います。
ちょっとしたオフ会です。
申込先はメールでお願い致します。
tomiyo(a)grace.ocn.ne.jp
(a)を@に変えて送信してください。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

フリースペース インディアンサマーのご案内
(元会員制バー Indian Summer)

Teruko Okazaki
〒107-0052
東京都港区赤坂3-9-15 3‐C

|

« 移民政策を粛々と進める「安倍政治は許さない!」 | トップページ | 慰安婦問題の決着は韓国がある限り永遠にない。 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 移民政策を粛々と進める「安倍政治は許さない!」 | トップページ | 慰安婦問題の決着は韓国がある限り永遠にない。 »