« 百害あって一利なし、TPPは壊れて良し。 | トップページ | ああ、疲れた…という、東京五輪施設問題 »

日本のものは中国のもの。華夷秩序はどこまでも。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

御縁があり、ペマ・ギャルポ氏が代表を務める「グローバル・イシューズ・フォーラム東京 」主催の講演会に出席したのが…9月30日でした!
もう2か月たつんですね。年末に近くなると時間が早く過ぎるような気がします。
この時講演されたのが、テレビや執筆などで活躍されている石平氏(2007年に帰化)でした。
石氏は「中国は秦時代から東アジアは中国の領土にできるという華夷秩序の考えがあり、
南シナ海での人工島の造成やアジアインフラ投資銀行の設立も、華夷秩序からきている」と解説されました。
華夷秩序とは簡単に言えば、中国が世界の中心にあり世の中を回している、中国が唯一の支配者であるという思想でしょう。
このようなお話を伺ったせいかもしれませんが、中国人の心の中に「華夷秩序・中華思想」というものがあり続ていると考えると、
ここそこにいる中国人がとても険呑に思われてなりません。それがたとえ有能な技師であってもです。

中国人元社員の有罪確定へ=営業秘密を不正取得-最高裁
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110200733&g=soc

工作機械大手ヤマザキマザック(愛知県大口町)の営業秘密に関わる情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪に問われた同社元社員で中国籍の唐博被告(36)について、最高裁第1小法廷(木沢克之裁判長)は10月31日付の決定で被告側の上告を棄却した。懲役2年、執行猶予4年、罰金50万円とした一、二審判決が確定する。

・・・(転載ここまで)・・・

大手企業では中国人の大量雇用をしていますので、その中にはスパイがいたとしても不思議ではありません。
日本の大学を出た中国人留学生が雇用されている例も多いので、
留学の補助金をだして情報とられるという馬鹿げた実態になっているのではないでしょうか。
そりゃ、海外留学するくらいですから頭もよいのでしょうが、
就職氷河期で定職につけなかった日本人を雇用し育てるという気概はないのでしょうかね。
いくら中国市場が魅力的だといっても、日本の企業なら日本人の幸せを最優先に考えて経営をすべきです。
日本の大手企業はもしかしたら中国企業(あるいは中国共産党)の下請けに成り下がっているのかもしれません。

中国人による盗みは、多岐にわたります。
先だって見たテレビでは、遡上してくる鮭を釣り腹を裂いて卵を取出し持ち去っている様子が映し出されていました。
ニラ泥棒、金属泥棒、水道メーター泥棒、筋子泥棒など、中国人の窃盗が頻発していますし、
大規模な窃盗といえば、小笠原のサンゴ密猟などもあります。

静岡県では高級観葉植物ハオルシアの盗難が相次ぎました。
中国人バイヤーが来訪した直後に盗難にあい、
またそのすぐ後に中国語のサイトでそっくりのハオルシアが販売されたという事件です。http://this.kiji.is/123620137310553596?c=39546741839462401

自称中国籍の男が逮捕されています。被害総額は1億円。

この高級観葉植物ハオルシアは日本各地で盗難にあっていて、被害総額は13億円だそうです。

そしてさらに気になるのが商標の問題です。
中国が日本のブランドや商品名を勝手に商標登録し、日本が海外で使えなくなっているのです。
「今治タオル」「讃岐うどん」「クレヨンしんちゃん」「森伊蔵」「高島屋「有田焼」「無印良品」…等々、
数えだしたらきりがないほどです。

和歌山県でも監視の目を光らしているそうで、
中国が「紀州」「和歌山」「WAKAYAMA」などを商標登録しようとしているのを、
中国商標局に異議を申し立てたそうです。

http://www.sankei.com/west/news/161121/wst1611210008-n1.html

県は平成22年から中国などの商標出願を監視。これまでに和歌山、紀州の計6件で異議申し立てが認められている。
県産業技術政策課の担当者は「和歌山のブランドを守っていくため、悪質な商標登録に対しては断固たる姿勢で臨んでいく。今後もしっかりと監視を続けていきたい」と話している。

・・・(転載ここまで)・・・

コピー商品・DVD海賊版は当たり前の偽物王国中国。
日本の名称までもかすめ取ろうとしています。
こういうことは自治体や企業頼みではなく、国を挙げて取り組むべきことです。
日本政府は中国政府に対して、知的財産を脅かすことは絶対に許さないという意思表示をすべきです。

さて、和歌山県で大量の梅干しが盗難にあいました。
一年かけじっくり漬け込んだ最高級の南高梅。
母が梅干しを付けるのでその手間はわかっているので、
盗難にあった梅干し農家の方々には慰めの言葉も見つかりません。

梅干しの大量盗難相次ぐ

(紀伊民報 11/19(土) 17:00配信 記事一部引用)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161119-00324599-agara-l30

和歌山県みなべ町芝にある梅農家の倉庫から18日朝、梅干しを10キロずつ詰めたたる約300個(計約3トン)が盗まれていたことが分かった。同町や田辺市では、出荷前の梅だるが大量に盗まれる被害が相次いでおり、JAなどは注意を呼び掛けている。田辺署が窃盗事件として調べている。

・・・(転載ここまで)・・・

和歌山県は中国人観光客向けに、梅農家での体験プログラムを実施しています。

http://www.maff.go.jp/kinki/seisaku/kihon/inbound/03_kikaku_iinkai/pdf/02_wakayama.pdf

所詮日本は東夷のムジナ。
人以下に権利などあろうはずがない。

日本のものは中国のものというのが、華夷秩序なんですけれどね。

|

« 百害あって一利なし、TPPは壊れて良し。 | トップページ | ああ、疲れた…という、東京五輪施設問題 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 百害あって一利なし、TPPは壊れて良し。 | トップページ | ああ、疲れた…という、東京五輪施設問題 »