« 日本の首相を目指す?蓮舫さん、寝言は寝て言ってくださらないかしら~ | トップページ | 尾崎行雄記念財団設立60周年によせて »

捏造は左翼のお家芸~9条ノーベル平和賞の嘘~

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

残席4名です。ぜひ お早めに お申し込みくださいませ。皆様とお会いできることを楽しみに致しております。

左翼というのは捏造が好きなのですよね。
ある意味病気です。
蓮舫氏などは嘘をつきすぎて、自分でも何が真実かわからなくなっている状況でしょう。
吉田清治や植村隆と朝日新聞社が全精力を傾けて、捏造拡散した捏造慰安婦問題などは、
戦争被害といっていいほど国益を著しく阻害しました。
本当に許せませんね。

10月のはじめ大隅良典氏が「オートファジーの仕組みの解明」により、
2016年のノーベル生理学・医学賞を受賞されたことは日本の誇りであり大変うれしく思いましたが、
昨年から一部メディアで大騒ぎをしている「憲法9条のノーベル平和賞」は、箸にも棒にもかからず正直安堵したところです。
国連でさえ捏造された情報をもとにクマラスワミ報告書などが作成されるので、とても心配をしていたのです。

憲法9条、ノーベル平和賞にノミネート 3年連続

(朝日新聞DIGITAL 2016年5月10日17時50分 記事一部引用)

http://www.asahi.com/articles/ASJ5B54Z2J5BULOB010.html

「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会(事務局・相模原市)は10日、「戦争放棄を定める憲法9条を保持している日本国民」が今年も同賞候補にノミネートされたと発表した。ノルウェーのノーベル委員会から連絡があったという。ノミネートは3年連続3回目。過去2回とも受賞には至らなかった。

・・・(転載ここまで)・・・

ところが、憲法9条がノーベル平和賞にノミネートされたというのは、真っ赤な嘘であったことがわかりました。
(ある勉強会での講師が語った内容をかいつまんで記します)
まずノーベル財団では、選考については秘密裡に行いノミネートを50年しなければ公表しないとしていますので、
公的には候補者は存在しません。

朝日新聞が憲法9条がノーベル平和賞にノミネートされたと大々的に報じたので、
朝日新聞に問い合わせたところ、9条の会が言っているという回答だったとか。
そして9条の会は、ノーベル財団が言っているという回答だそうで、
先に記したように、ノーベル財団は選考過程を50年は公表しない決まりごとがあります。

またしても、左巻きの大嘘だったということですね。

実は、「憲法9条が戦争をしないと言っている世界に類を見ない憲法」というところがすでに大嘘なんです。
侵略戦争をしないという規定は
「世界182の成典化憲法のうち149ヵ国(81.9%)の憲法、1990年以降に制定された84ヵ国の憲法のうち82ヵ国(97.6%)に、平和主義条項(平和政策の推進・国際協和・内政不干渉・非同盟政策・中立国家・軍縮・国際紛争の平和的解決・侵略戦争の否認・テロ行為の排除・国際紛争を解決する手段としての戦争放棄・自衛以外の軍隊の禁止など様々)が盛り込まれている」
http://kenjya.org/kenpou_takoku.html こちらより転載させていただきました)

こういうことをしっかりと見ていかないと、コロッと騙されてしまいますね。
左翼の嘘には気を付けましょう。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

|

« 日本の首相を目指す?蓮舫さん、寝言は寝て言ってくださらないかしら~ | トップページ | 尾崎行雄記念財団設立60周年によせて »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の首相を目指す?蓮舫さん、寝言は寝て言ってくださらないかしら~ | トップページ | 尾崎行雄記念財団設立60周年によせて »