« 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ | トップページ | 教育改革は国会議員にはできない »

米国大統領が誰であろうと、日本を護るのは日本でしかない。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

アメリカの大統領選挙の情勢は、トランプ氏を抜いてヒラリー氏が優勢になったということですね。
タックスヘイブンなどを使い、18年も税金逃れをしていたという疑惑も出てきたようで、
クリントン元大統領の女性問題を出したところで、ヒラリー氏の優勢は覆らないような気がします。
そりゃ古今東西、女にだらしないよりお金に汚いほうが嫌われますから。

トランプかクリントンか、はたして日本にとってはどちらが大統領になるのが国益にかなうのでしょうか。
なかなか難しいですね。
保守論客のケントギルバートさんは、「トランプ氏が大統領になった方が日本はもう少し自立するから、いいかもしれない」と言っていましたが、
拓殖大学客員教授の石平さんは逆の論を張っていました。
簡単に言えばトランプは経済にしか(自分の金儲け)しか興味がないから、
南シナ海の重要な問題も理解できずにいるので、日本にとってはクリントンのほうがいくらかましということでした。

Tky201206240230

そもそも、南シナ海に中国が軍事施設的な人工島を作るなんて、なんでアメリカが黙って見ていたのだろうかと、
ずっと不思議でならなかったのです。
ネットで調べていくと、フィリピンのピナツボ山が噴火をし米軍基地が被災し、復旧に莫大な費用がかかるために撤退をしたらしいのです。
(クリントン政権時だったようですね)
米軍が撤退したのをニヤリとほくそ笑んだのが中国です。
1995年にフィリピンが領土と主張している小さな環礁に、中国漁民の保護という名目で建造物をつくりました。
そこからあれよあれよという間に、滑走路まで作ってしまったのです。
そして超外交音痴のオバマ大統領が、「アメリカは世界の警察ではなくなった」などというものだから、
習近平国家主席はものすごい勢いで埋め立て工事を行い軍事施設を作り、現在では中国が実効支配をしているといっていいでしょう。

中国が南シナ海を完全に掌握したとなると、日本のシーレーンが中国の支配下になるということを意味しますので、
ですから日本はフィリピンが中国の支配下になることに対し、もっと危機感を持たなくてはおかしいのです。
首相の所信表明に対するスタンディングオペレーションがどうだとかこうだとか、
そんなくだらないことを議論する間があったら、南シナ海の問題をもっと真剣に議論をしてほしいと思います。
マスコミはすでにジャーナリズムとしての機能を果たしておらず、政治家の揚げ足取りに終始している有様で、ほとほと情けなくなりますね。

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、麻薬撲滅で数千人を射殺し世界中に震撼を走らせましたが、
日本にとっては氏の親中振りのほうが恐ろしいことです。
一緒に開発しようなどと言ったら最後、フィリピンは中国の領土になるでしょうね。

石平氏をはじめ、多くの論客が指摘をしていますが、
中国は南シナ海を掌握したら、沖縄から米軍を叩き出し沖縄を日本から独立させ、
沖縄を手に入れようとしているようです。
沖縄手に入れたら、日本、そして地球の半分を支配するというシナリオなんだとか…

中国人は本当に恐ろしい。
華夷秩序に則って、粛々と領土を広げていきます。
それなのに、なんで数次ビザの拡大?

 対中国ビザ、10月に要件緩和 最長5年から10年に 岸田文雄外相が表明

(産経ニュース 2016.9.27)

http://www.sankei.com/politics/news/160927/plt1609270038-n1.html

日本を護るのは日本の政治家のはずなのに、こんなことを許しておいていいのでしょうか?
日本を本気で護る人を政治家として選びたいですね。

衆議院選挙は、どうやら2月とか3月とか、噂ですが…

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

|

« 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ | トップページ | 教育改革は国会議員にはできない »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ | トップページ | 教育改革は国会議員にはできない »