« 皇太子ご夫妻への批判記事が物議?…なのだそうですが… | トップページ | 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ »

生前退位は天意に沿わず

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

ふっと、心に浮かんだ言葉を、タイトルにしました。
少しスピリチュアル的なひとりごとです。

心に浮かんだままに記します。

生前退位は、天のシナリオにはありません。

生きている間は、ずっと天皇でなくてはいけません。

天皇が本来やるべきことは、祭祀のみです。

御体が大変ならば、祭祀以外のご公務は代行を立てればよいのです。

現在もご公務の代行は(皇太子殿下妃殿下がおやりにならないから)、
秋篠宮ご一家が地球の裏側までお出かけになっています。

祭祀もままならずといわれるのならば、現行法上も摂政という制度があるのですから、
生前退位などなさらずに摂政を立てればよろしい。

法律改正も天はお許しにならぬように思います。

三大神勅

 

一、天壌無窮の神勅
この国は天の日の神の霊統を継ぐものが統治をすべき国で、
皇孫の統治によって、この国が栄えることは、天地と共に永遠で窮まりないでしょう。

 

二、宝鏡奉斎・同床共殿の神勅
(なぜ皇孫が統治すると永遠に栄えるのか)
この鏡を私(天照大神)の魂だと思って、私に仕える気持ちで、大切にお祭りしなさい。
鏡と共に生活し、私の気持ちを十分汲んで、天の神の子孫とし、て気高い気持ちで政治を執り行いなさい。

 

天皇陛下は天津神の御心のままに(神ながらに)、日本国を治めることを使命とされたのです。

 

三、斎庭の稲穂の神勅
高天原の神々が行われてきた米つくりを、そのまま地上でも行い、民を豊かにすること。
天皇は、地上と天上とが、等しく(豊か)になることを御使命とされました。

 

日本という国は、「今の世を神の世と同じくする」使命を天津神からさずかった天皇に、
国民が一体となって協力し、その大事業を進めることが国是なのです。

政治はまつりごとです。まつりごとは祀り事です。
祀りをおろそかにしては国は治まりません。

神道はアニミズムであるといわれますが、
爆発的に大きな自然エネルギーを、命がけの祈りによってお治めしてくださって来たのが、
歴代の天皇です。
極めて神的な精神領域の仕事に、人間的な価値観を持ち込んではいけません。

天皇家が延々と存続した理由は祀りを司る最高神官としてです。
神道は宗教では無く日本人の精神性から自然発生した『祈り』そのものです。
つまり個人の主義主張は不要でありアメリカナイズされた家族主義とは相反する生き方を課せられたご一家であるべきなのです。
他国の王族や貴族とは根本から異なります。

エデンの園の話を思い出しました。

蛇がだまして人間の女に林檎を食べさせ、女は男に食べさせる、そして人間は神の世界から追放されてしまうという、あれです。

これって、悪魔は女にささやく → 女は男をそそのかす → 天から追放 という図式です。

悪魔は色々なところに潜んでいます。
あまりにも多いので、人間では騙されてしまうのですね。きっと。
神に滅私奉公をされるお方であれば、魔が入り込む隙もないのでしょうが…

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

お知らせ ↓ クリック↓(別サイトにとびます)

11月13日(日)に、政治講座を開催します。皆様のお申込みお待ちいたしております。

|

« 皇太子ご夫妻への批判記事が物議?…なのだそうですが… | トップページ | 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 皇太子ご夫妻への批判記事が物議?…なのだそうですが… | トップページ | 急に体調整う~雅子妃殿下の不思議~ »