« 「天皇陛下のお気持ち」をどう理解すればよいのか | トップページ | 海保の踏ん張りを応援しよう! »

2020年東京五輪もこの酷暑?

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

今日は、本当に暑かったですね。
息子の家族も、エアコンをつけて家に閉じこもっていたといっていました。
皆さまも、熱中症には十分にお気を付け下さいませ。

昨日はどこのチャンネルを回しても、天皇陛下の「お気持ち」談話でしたが、
今日は朝からオリンピック一色でした。
「日本、金メダル!」というアナウンスに、
テレビを聞きながら家事をしていた手を止め、思わず見入りました。
日の丸を背負って戦った若者が、なんと清々しいことか。
選手の声は聞こえなかったけれど、にこやかに、そして誇らしげに、
君が代を大きな声で歌っていましたよね。

産経ニュース (2016.8.9 07:53 記事一部引用)

内村航平、表彰台での君が代「声が裏返るまで歌ってやろうと」 リオの金メダル「一番重たい」 一問一答

http://www.sankei.com/rio2016/news/160809/rio1608090051-n1.html

 --表彰台の「君が代」はどんなふうに聞いていたのか

 「声が裏返るまで歌ってやろうと、みんなでいって、すごくゆっくり流れたので、ちょっと歌いづらかったですけれど、すごくみんな大きな声で歌えてよかったと思います」

・・・(転載ここまで)・・・

国旗国歌法が成立したのが平成11年のことです。
内村航平選手が16歳、いちばん若い白井健三選手は8歳でした。
国旗国歌は、国民国家を表すものとして、式典で歌ってきた子供たちですよ。
そもそも国旗国歌に対しては、敬愛の念を持つことが普通で、喜びと共に見上げ、そして歌うものです。法律に定めたから、強制で歌わされるという感覚のものではありません。

しかし、左翼思想に汚染されている人々は、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」のでしょうか…。

さて、この猛暑の中にいると、サンバのイメージもあり、リオもさぞかし暑いだろうと思ってしまいますが、
あちらは南半球ですから冬なんですよね。
赤道に近いので冬といっても1日の平均気温が22度前後だといいます。
過ごしやすい気温です。

2020年の東京五輪の日程は、7月24日~8月9日まで。
今日は8月9日です。
今日の様な酷暑である可能性は極めて高いといえますが、
前東京五輪担当大臣の遠藤氏は、新国立競技場の予算が1550億円でも不足するとかで、
冷房設備の設置を取りやめ、冷却グッズを観客に配るというお粗末な決定をしています。

熱中症で倒れる観客が、続出するのではありませんか?

鍛え抜かれたアスリートにとっても、劣悪な環境でのオリンピックになります。

本当に今のままで良いのですか?

そして、今日、悪の枢軸的な五輪組織委員会のドン・森元総理と、小池百合子都知事が会談をしました。

小池都知事 組織委 森会長と会談 連携を確認

 (NHKニュース 8月9日 18時13分 記事一部引用)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160809/k10010628841000.html

 小池知事が、「都民の理解が得られるようコスト削減に協力していただきたい」と述べたのに対し、森会長は「どうやって経費がかからずに済むか考えている」と述べ、今後、具体的な削減策を検討していくことで一致したということです。
会談後、小池知事は「経費の問題の経緯など初めて聞く話もあり全体像が少し見えてきた。経費の削減に加え、テロ対策なども国に協力をお願いしたく、今後調整していきたい」と述べました。

・・・(転載ここまで)・・・

小池都知事には、1550億円という莫大な予算をかけ、冷房設備が出来なかった理由も含め、徹底的に情報公開をしてもらいたいと思います。
それが公約ですからね。

いつも拙ブログにお越しいただき、ありがとうございます。皆様のポチ押し応援がブログを綴る原動力になっています。皆様のひと手間、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 「天皇陛下のお気持ち」をどう理解すればよいのか | トップページ | 海保の踏ん張りを応援しよう! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「天皇陛下のお気持ち」をどう理解すればよいのか | トップページ | 海保の踏ん張りを応援しよう! »