« 「東京五輪は返上すべき!」という声をあげませんか? | トップページ | 1000年の恨み VS 2676年の誇り »

舛添おろしに動いた理由

最近仕事が忙しくなかなか更新できずにいます。それにもかかわらず拙ブログに訪れてくださっている読者の皆様には、心から感謝いたしております。どうもありがとうございます。皆さんのポチ押し応援のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

私の中では、『ずる賢い選手権1位争い』を山尾、舛添で争っておりと思っているのですが、
読者の皆さんはこのふたりをどう評価しているでしょうか…。
舛添都知事、山尾衆院議員、お二人ともお勉強はできるんですよね。
学校の成績が良いから東大卒なのです。
勉強ができるということは、法律の隙間をかいくぐることもお手の物なのでしょう。
そういうことができるというのは、人間的にずるいのです。
実際、疑惑があっても「法には触れていない」と平然と言い張っていますし、
秘書のやったことにしたり、今後は改めると責任をとりません。
政治家は違法かどうかよりも、道義的な責任を取るべきなのです。
だからこそ信頼されるのではありませんか?

2016051300000110nksports00010view


Yamao

政治にはお金がかかります。
もっと言えば、選挙にはものすごくお金がかかります。
その為に資金をプールしておきたい気持ちはわからないではありません。
しかし政治という「まつりごと」の場にいるのですから、「疑わしきは行わない」というスタンスでいるのは当たり前。

それにしても、なぜ今、『舛添叩き』が激化しているのでしょうか?
2014年の東京都知事選挙前に共産党の機関誌『赤旗』が、『舛添金銭問題』を一番早くを取り上げたのだと思いますが、
自民党は舛添氏を都知事に擁立しようとした時点で、この辺りの事は調べるのが当たり前です。
赤旗が指摘したような金銭問題を抱えた舛添氏を、自民党がなぜ担いだのでしょうか?
もしも調べていて擁立したのならば、あまりにも国民を舐めていますし、
調べていなかったとしたら呆れてものが言えませんし…

舛添氏が都知事になり、金銭問題を一番最初に指摘したのは、
都議会のやながせ裕文議員のようです。
h ttp://yanagase.org/
日本初のブロガー議員の、おときた駿都議会議員も取り上げています。
(日本発のブロガー議員って、ブログを毎日更新しているという意味でしょうかね?)
h ttp://otokitashun.com/

前回の都知事選挙は、自民党を割って出た舛添氏を、何故か自民党が担ぎ上げ公明が積極的に支援をし、
舛添都知事が誕生しました。
これもまた謎です。
一部には舛添都知事の配偶者が学会員だとか、まことしやかに囁かれてはいますが、
果たしでどうなんでしょうか?

DIAMOND online では、『自民党都議・都職員VS舛添都知事』の構図をクローズアップさせていましたが…

h ttp://diamond.jp/articles/-/91159 

要約すると、

舛添氏を、森喜朗元総理が自民党に引き入れた。
    ↓
タレント政治学者として人気者だった舛添氏を参院選に出馬させる。
    ↓
しかし調子に乗った舛添氏は自分勝手に行動
    ↓
その後の09年の総選挙で自民党は下野。「ざまあ!」と後ろ足で砂をかけ自民党を離党、新党改革の代表となる。
    ↓
14年の都知事選では、自民が候補を擁立できず、なぜか舛添を担ぐ。
    ↓
当選後舛添は千年の恨みとばかりに、自民党に対する復讐をはじめる。
    ↓
自民党は表面上は静観するも、水面下では自民党が舛添外しに動く。

という感じです。

(ダイヤモンドの記事の取材元は、公明党幹部のようです…w)

長いこと舛添都知事の疑惑に対し、テレビ局は動きませんでした。
それがなぜ、今になって急に取り上げだしたのでしょうか?
ニュースからワイドショーまで、連日舛添叩きです。

「水に落ちた犬は棒で打て」といわんばかりに。

舛添おろしの後釜は、民進党の蓮舫参院議員の名が挙がっていますが、
東京都民のメンタリティからすると大量得票で当選する気も致します。
その時に喜ぶのは誰でしょうか?
中国版ツイッターを開設しているような議員が、東京都知事になったとしたら、
中国とはより親密になるでしょうね。
蓮舫議員は、過去には中国でこんな発言もしています。

蓮舫議員「日本の若者への歴史教育が足りない」

h ttp://japanese.china.org.cn/jp/txt/2011-08/22/content_23258300.htm (2011-08-22 15:19:46 | チャイナネット  記事一部引用)

日本の国会で唯一の中国系の議員で、中国系の血筋が半分流れる民主党女性議員、蓮舫首相補佐官の登場はフォーラムの注目点となった。
特別な身分でありながらも、蓮舫氏は歴史問題に言及
。「日本は歴史上において中国を侵略した歴史がある。これは非常に痛ましい事実。しかし一部の日本人はこれを認めていない。日本の内閣メンバーはたまに中国の人たちを傷つける発言をしている。学校にしても家庭にしても、日本の若者への歴史に関する教育が足りないと思う。日中戦争のころの歴史に関して、多くの学校は自習という形をとっている」と述べた。

・・・(転載ここまで)・・・

『東京都知事は、舛添から蓮舫へ』

が、

『東京は、韓国統治から中国統治へ』

というシナリオでないことを祈ります。

蓮舫議員といえば白いスーツですが、アカがとってもお似合い。

R1

ポチ押し応援して頂けると、とても嬉しいです。(._.)

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

|

« 「東京五輪は返上すべき!」という声をあげませんか? | トップページ | 1000年の恨み VS 2676年の誇り »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「東京五輪は返上すべき!」という声をあげませんか? | トップページ | 1000年の恨み VS 2676年の誇り »