« バラク・オバマの算盤勘定 | トップページ | 誰を選ぶか参院選~下田市長選挙に寄せて~その2(拡散希望) »

再掲 決心の訓練 ~下田市長選挙に寄せて~ その1

最近仕事が忙しくなかなか更新できずにいます。それにもかかわらず拙ブログに訪れてくださっている読者の皆様には、心から感謝いたしております。どうもありがとうございます。皆さんのポチ押し応援のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。どうぞよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2016年3月6日の記事を再掲しました。

今日は台東区の図書館を利用しようと思い立ち出かけました。
ニイミの巨人でおなじみの合羽橋商店街をてくてくてくてく…商店街の終点に中央図書館があり、
その中には池波正太郎記念館も併設されてい、全く飽きずに一日を過ごせそうな場所です。
子供用の図書も専用のスペースがあり、ベビーカーで赤ちゃんを連れて来場される若いお母さんたちもいました。
羨ましなあ…そして、とても悔しかった。
下田にはついに子供専用の、ごろごろと寝転んで絵本が読めるような図書スペースを作れなかった。
財政の豊かなところは何でもないことが、地方では難しいことも多いのです。
乳幼児向けの読み聞かせ『ブックスタート事業』を始めることが精いっぱいだったなあ…
自分の力が足りなかっただけなのだけれど、振り返るとやはり悔しいさがこみ上げる。

さて、やはり足が向くのは政治関連のコーナーです。
『政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史 』は、そりゃ言いたくもなるわ!と思うこともあったり、
こんな発言をする人を国会議員に選んじゃだめだろっ!と悲しくなったりで、
思わず長時間の立ち読みで足がしびれてしまいました。
やはり一番国益を損ねたのは、ワシントン・ポスト社に『ルーピー』と称された鳩山由紀夫総理の、
「できれば国外、最低でも県外」発言だと思いました。
Hatoyama

あれが政権交代がもたらした悪夢の始まりでしたね。
総理大臣がルーピーからスッカラ菅になり、益々日本を取り巻く状況は悪くなり、
尖閣諸島中国漁船衝突事件の対応も酷いものでした。
そして東日本大震災が起こりました。

一昨日、東日本大震災で自衛隊の陣頭指揮をとられた第3代統合幕僚長・折木良一さんの講演を聴く機会に恵まれました。

Oriki



当時のお話を詳しく伺えましたが、クローズな会でしたのでここでつまびらかにすることは控えたいと思います。
が、しかし、自衛隊が命がけで任務にあたったことに、改めて感謝と敬意を表します。
ありがとうございます。

当時の内閣の面子
Kan


Matumoto


Edano


Noda


Hosono

政権交代の悪夢は二度と繰り返したくないと、強く思います。
少なくとも自衛隊の手足を縛る事のない国会議員に、内閣を組織してほしいですね。

折木元統幕長のお話によりますと、現在、地方自治体の防災担当として、
300名余の元自衛官が活躍をしているそうです。
「退職した人たちなので年齢は少しいっているけれども、自衛隊の動きを熟知しているので、
いざ災害の時に自衛隊とうまく連携が取れると思います」と仰っていました。

私は下田市議会議員当時、自衛官OBを防災監にという一般質問をしたことがあります。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/1212-865e.html
(一部抜粋)
防災監として自衛隊OBの採用をお願いしているところでございます。いざ大災害が起こったときに、まず大きな力となってくれるのは、東日本大震災の活躍ぶりを見れば、自衛隊であることはだれも否定しない事実であろうかと思います。それは災害対応訓練をしているからこそできる話なのですが、では、なぜ防災監に、あるいは危機管理監に自衛隊OBが適任なのかというお話をさせていただきたいと思います。
一昨年、激甚災害に指定された小山町の水害の状況を例に挙げさせていただきます。平成23年9月9日、1時間に120ミリという尋常でない雨量を同町危機管理監が承知したのが午前10時、小山町は本会議中でありました。本会議というのは議会で一番重いものでありますから、通常は何よりも優先されます。そんな中、危機管理監はすぐに動きます。本会議中の町長に対し、ちゅうちょすることなく災害対策本部の設置を求め、情報を収集、自衛隊への災害派遣要請、学校の子供たちの下校、住民の避難を的確に行いました。ほぼ同じ雨量を計測した周辺地域とは対応時間が数時間違っており、激甚災害であったが住民が一人も亡くならなかったと聞いております。
この危機管理監は、有珠山の噴火の際、自衛隊幹部として隊員派遣の陣頭指揮を取ったようであります。後になって有珠山噴火の当時を振りかえり、ふもとの町に火山弾が降り注ぐ中で「安全なルートや避難所の確保、住民の周辺自治体での受け入れを事前に決めておく重要性を実感した」と言っておられます。このように自衛隊の方々は、有事を想定した訓練だけでなく実体験をしておられるわけです。何も自衛隊ありきではないのですが、適材である必要があるということです。
私が有事の危機管理を経験していない人には、厳しい場面が多々あろうと思うのはなぜかと申しますと、一般公務員は決心の訓練を日常していないからであります。自衛隊は48時間ルールというものがあり、48時間後にこうなっていなくてはならない目標に向かって決心をし、一瞬一瞬に決断をするのです。こういう訓練を業務として行っているプロだということです。
そして、もう一つ、先ほど小山町の事例で情報を収集、自衛隊への災害派遣要請という話をしましたが、自衛隊が警察、消防と違うところがどういうところなのかというお話をしたいと思います。あくまでも職務としての話ですので、誤解なきようにお願いをいたします。
自衛隊は、生情報をインテリジェンスに加工できるのですが、警察は警備公安以外は、そして消防はインテリジェンスを必要としないのです。自衛隊が災害に対していろいろな側面から対応できるのは、上がってくる幾つもの生情報を分析し評価をし、データ処理を行うという日常訓練が行われているからなので、国防という任務に当たっているからなのです。

・・・(転載ここまで)・・・

>一般公務員は『決心の訓練』を日常していないからであります。自衛隊は48時間ルールというものがあり、48時間後にこうなっていなくてはならない目標に向かって決心をし、一瞬一瞬に決断をするのです。こういう訓練を業務として行っているプロだということです。

この『決心の訓練』を教えてくれたのが、軍事アナリストの小川和久さんです。
静岡県立大学グローバル地域センター特任教授も務めており、静岡県の合同防災訓練でも度々ご指導を頂いています。
小川さんは東日本大震災発災直後からの行政の動きを詳細に調査され、
危機管理の立場から検証し、南海トラフ巨大地震への備えなどを提言されています。
私は、小川さんに質問したことがあります。
「なぜ防災担当は自衛官OBが良いのでしょうか?
一般職員は事務方なので厳しいかと思いますが、警察や消防OBでもよいかと思うのですが。」
小川さんは次のように答えてくださいました。
「それは、自衛官は『決心の訓練』をしているからです。消防も警察も日々の訓練の中にそれはないからです」

小川さんから教えて頂いたことと、防災関係や防衛関係に詳しい知人からの情報をもとに、
議場で訴えはしたものの、これもまた実現できずでした。

悔しい…

私は宮城県の村井知事が自衛官OBでよかったなあと、率直に思っています。
原発は別として一番大きな被害があり、陸上自衛隊多賀城駐屯地も津波にのまれ被災しましたが、
こういったことがあっても知事自身が自衛隊の動きを熟知していたからこそ、色々な対応ができたのだと思います。

今、私のふるさと下田市では、庁舎建設位置が争点となり、市長選挙が行われようとしています。

現職・楠山俊介市長 

 VS 

自衛隊OB・福井ゆうすけ氏

防災の一点のみで言うならば、福井さんしかいない。
自衛隊OBが首長をしている他の自治体をみてみると、リーダーシップも申し分ありません。
しかし、下田市政の一旦を担った身から諸事情鑑みると不安も大きいのです。
さて、どうなるか…

福井ゆうすけ氏の略歴

Fukui

下田中学・下田北高卒業
第1次カンボジアPKO国際平和協力隊長
防衛大学校教授 等

因みに、私は現職の時、楠山市長の提案した敷根案に政治的な妥協をし賛成しました。しかし、現在も在職していたとしたら、福井ゆうすけ氏を支持していました。下田の街頭でマイクを持てないのが、ほんの少し寂しいです。

********

25日の総決起大会の様子が、伊豆新聞に掲載されたようです。

http://m.izu-np.co.jp/shimoda/news/20160526iz1000000009000c.html

Fukui

ぽちおし、お願い致します。

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« バラク・オバマの算盤勘定 | トップページ | 誰を選ぶか参院選~下田市長選挙に寄せて~その2(拡散希望) »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バラク・オバマの算盤勘定 | トップページ | 誰を選ぶか参院選~下田市長選挙に寄せて~その2(拡散希望) »