« 建国を祝わず、テロを爆発音事件と言い換えるマスコミ | トップページ | 国会は予算の話をしなさい! »

国民の質が国会議員の質を決める

いつもランキングのポチ押し応援ありがとうございます。皆さんのひと手間がブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

春一番が吹いたのですね。
別れと出発、終わりと始まりの季節がやってきました。

昨日は尾崎行雄記念財団・咢堂塾の卒塾式が行われました。
(尾崎行雄記念財団は、永田町の1丁目1番地・憲政記念館(旧尾崎行雄記念会館)内にあります)
http://www.ozakiyukio.jp/
https://www.facebook.com/ozakiyukiojp/?fref=nf

それぞれの決意を胸に…

Sayonara

今期の塾生の中には、私より少々お姉さんでとても勉強熱心な方が2名いらっしゃり、
卒塾式の前に2時間ほど私のコマ『地方政治について~下田市を事例に~』の補講を行いました。
内容は決算カードの読み解き方です。
お二方のお住いの決算カードを総務省のホームページからダウンロードし、
住民として知っておいた方がよいところを解説いたしました。
補講あとの感想は、「もっと知りたくなった」「予算審議の議会を傍聴に行く」というものでした。
話下手な私の講義で、このような気持ちを持ってもらえたことに感謝しています。
自治体財政が解る住民が増えれば地方議会のあり方も変わり、首長や行政側も緊張感をもって仕事をするようになるでしょう。
自治体予算と国家予算の関連性がわかれば、予算委員会で『関連質問』という名の予算に無関係な質疑をする国会議員も選出されなくなるでしょう。
追求しなければならないなら、別の場所(例えば政治倫理審査会などで)で徹底的にやったら宜しい。
予算委員会は予算を審議するのが本来の姿です。
これ以上無様な姿を国民の前にさらすな!

1


4


2


3

そしてもっと予算に興味を持ち、なぜその予算が立てられるのかを探求してゆけば、
大袈裟ですが世界の動きや外交まで想像できるようになります。
民主主義は所詮大衆迎合です。
つまりは、大衆の質が民主主義の質を決めるということです。

憲政の神・立憲政治の父と呼ばれた尾崎行雄が、次のような短歌を詠んでいます。

国よりも党を重んじ党よりも身を重んじる人のむれかな

国のため懇談熟議すべき場所動物園となりにけるかも

尾崎と言うと、世界連邦を提唱した理想主義者としての側面が強調され、左巻きお花畑の評論家などが引き合いに出しますが、
実は国家と皇室の存続と繁栄、国民の安寧と幸福をもたらすにはどうするのが現実的なのかを追求した政治家人生でした。
軍事拡大の否定も人道主義というより、戦争しないほうが得であるという判断。
つまりは究極のリアリストです。
このようにいつも国家皇室の存続を願った尾崎でしたが、その行動を国賊と罵ったのも大衆であり、憲政の神と讃えたのも同じ大衆でした。
しかし、反骨精神からか、徹底して己の信念を貫いていきました。
私が尾崎に学ぶのは、この反骨精神と続ける意思です。
これからも自治体財政と国家財政を学び続け、それをご縁のあった誰かに伝えていきたいと思っています。
愚直に続ける。

そういえば、愚直に続けている男が隣にいました。
8年間、伝通院の安岡定子論語塾に通い続けています。
http://www.sadakorongo.com/?page_id=36
私は触れてみたもののどうも性に合わず学ぶのをやめましたが。
(まあ、連れを見ておりますと、『続けると何かがおこる』というのがよくわかります)
そんなわけで、今日も伝通院に出かける連れに、喫茶TOMIの『めっちゃ幸せモーニング』を提供いたしました。
Cimg1539

プレートはリチャードジノリ(Richard Ginori)、カップ&ソーサーはColclough(コルクロウ)です。
ともに下田のリサイクルブティックE・E・Gで購入したものです。
50円の靴下(肌につけるものは未使用)から50万円のクロコダイルのバックまであり、
店内はおもちゃ箱をひっくり返したようです。
下田にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。
美人店主と美人店員が、飛び切りの笑顔でお迎えいたします。
https://www.facebook.com/rboutiqueeeg/

いつも足をお運び頂き、ありがとうございます。

皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

ぽちおし、お願い致します。

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 建国を祝わず、テロを爆発音事件と言い換えるマスコミ | トップページ | 国会は予算の話をしなさい! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 建国を祝わず、テロを爆発音事件と言い換えるマスコミ | トップページ | 国会は予算の話をしなさい! »