« 通貨スワップ復活だと?物乞い国家韓国 | トップページ | 難民受け入れはやめよ。女性の命を護れ! »

相次ぐテロ。石破さん、これでも移民を進めるのか!

いつもランキングバナーぽちおし応援、ありがとうございます。皆様の応援がブログを綴る原動力になっています。

石破さん、昨年9月に「欧州には難民に紛れてイスラム国戦士4000人が入り込んでいる」という報道がありましたよね?

http://jp.sputniknews.com/europe/20150907/863058.html#ixzz3x2WxVhr0

知らないわけないですよね?

ヨーロッパが難民を受け入れてきた、その顛末です。

      ↓

パリテロ未遂 ドイツ警察 “男は難民施設で生活”

 

(NHK NEWSWEB 1月10日 19時07分 記事一部引用)

 

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160110/k10010367171000.html

 

フランスのパリで、今月7日、男が、警察署に押し入ろうとして射殺されたテロ未遂事件で、ドイツの警察当局は、男が、以前ドイツ国内の難民の受け入れ施設で生活していたことを明らかにしました。
(中略)
地元のメディアによりますと、男はドイツで難民申請をしていましたが去年、施設の壁にISのシンボルを描いていたということで、警察が男の動向を警戒していたとしています。
一方、ドイツ西部ケルンで、大みそかに複数の女性が男たちに乱暴されたり財布を奪われたりなどした事件について、地元の警察は9日、これまでに379件の被害の届け出があったと発表しました。
また、捜査の対象になっているのは、大部分が北アフリカ出身の難民申請者や不法滞在者だとしていて、メルケル首相は、事件を起こして有罪となった難民を国外退去とするなど、難民による犯罪の罰則を強化する方針を示しています。

イスタンブール名所で爆発、10人死亡=自爆テロの可能性も―トルコ

 

(時事通信 1月12日(火)17時47分配信 記事一部引用)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160112-00000105-jij-m_est

 

トルコ最大都市イスタンブール中心部のスルタンアフメット地区で12日午前(日本時間同日午後)、大きな爆発があり、政府によると、少なくとも10人が死亡、15人が負傷した。
死者の大半は外国人という。政府は自爆テロと断定。1988年生まれのシリア人による犯行と特定した。

ドイツ、移民をオーストリアに送還

 

(BBC 2016年01月12日 記事一部引用)

 

http://www.bbc.com/japanese/35289457

 

ドイツ政府は今月初めから連日、大勢の移民をオーストリアに送還していることが明らかになった。オーストリアの州警察報道官が明らかにした。
多くの移民は移住先にスウェーデンを希望するが、今月初めにはスウェーデン政府が流入する数を抑制しようと、デンマークからの入国手続きを厳しくした。

・・・(転載ここまで)・・・

難民による犯罪、難民を装ったテロ、ヨーロッパでこれだけ問題が噴出しているのです。
何が悲しくて、難民を受け入れるんですか?移民を受け入れるんですか?
人口減少で何が問題ですか?
小さな政府にすればいいだけじゃないですか。
難民を受け入れて地方創生が出来るという理論が、私には理解できません。

石破さんは、「医療と年金に本来の保険の機能を回復させるということ、財政にもう一度、規律を取り戻すということ、経済がそのことによって活性化する。この3つをどう実現するのかが、私の問題意識です。」と、
仰っていますが、難民移民を受け入れて、これらの問題解決が出来るのでしょうか?
難民受け入れは、少なくとも、日本が危険な状況にさらされる政策だと思います。

今起きている現状を、しっかり見なさいよ。情けない…。

いつも足をお運び頂き、ありがとうございます。

皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

ぽちおし、お願い致します。

   ↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 通貨スワップ復活だと?物乞い国家韓国 | トップページ | 難民受け入れはやめよ。女性の命を護れ! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 通貨スワップ復活だと?物乞い国家韓国 | トップページ | 難民受け入れはやめよ。女性の命を護れ! »