« 日本は日本を愛する人の国です | トップページ | 支離滅裂・野党連立政権「国民連合政府」 »

南京事件登録を許した文科省と外務省はいらない!

いつもポチ押し応援、ありがとうございます。皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

菅官房長官がユネスコに対する、ゆるい批判を致しました。
「わが国の懸念がユネスコ関係者に十分理解されず登録されてしまったことは極めて遺憾だ。」のだそうです。
私は英語が解らないので強くは言えないのですが、
いつも思う事は、英訳された時にはたして世界の人々に伝わるのだろうかと言うことです。
ユネスコ日本代表部大使の佐藤地(くに)の演説で、学習したばかりではないですか。
日本でしか通用しないニュアンスは使うべきではありません。
「中国の捏造した歴史は、断じて認めない。ユネスコに訂正と謝罪を求める。」くらい言ったほうが解りやすいのではありませんか?

菅官房長官、ユネスコ拠出金見直しも検討 世界記憶遺産

 

(朝日新聞デジタル 10月12日 記事一部引用)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151012-00000050-asahi-pol

 

 また、菅氏はユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に、
中国が申請した「南京大虐殺の記録」が登録されたことについて、
「一方的に中国の言い分だけで指定した」と指摘した。
そのうえで、記者団が「ユネスコへの拠出金の停止や削減を検討するのか」と聞いたのに対し、
「そういうことだ」と述べ、拠出金の停止や削減を検討する考えを示した。

・・・(転載ここまで)・・・

日本はユネスコに対し、26年度37億1800万円、他事業に対する予算を含めると54億3270万円もの大金を拠出しています。
それなのになぜ日本の言い分が聞き入れられないのか。
拙稿「ユネスコの沙汰も金次第」でも述べましたが、
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-6e4a.html
中国はボコバ事務局長を、徹底的に接待し、様々な要望を聞き入れているのです。
ロビー活動をによる中国の大勝です。

と、最初から勝負になっていないのですね。
佐藤正久参議院議員のツイッターで明らかになりました。
アジア太平洋地域世界記憶遺産委員会10名のうち中国人が4人、韓国人が1人、日本人は一人もいません。
日本人ゼロですよ!何の抗議も説明もできずです。
しかも、ユニセフから打診があったのに、文科省が断ったとか…
断った奴は誰だ!ひっぱたいてやりたいです!

外務省も文科省も、全く仕事をする気がありませんね。
日本を貶めることに加担しているといってもよいです。
いったいどこの国の役所なのでしょうか。
こんな省庁ならなくてもよろしい!

今回の不祥事に対して、内閣は徹底的に調査し、責任を追及してもらいたいと思います。

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 日本は日本を愛する人の国です | トップページ | 支離滅裂・野党連立政権「国民連合政府」 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本は日本を愛する人の国です | トップページ | 支離滅裂・野党連立政権「国民連合政府」 »