« ユネスコの沙汰も金次第 | トップページ | 南京事件登録を許した文科省と外務省はいらない! »

日本は日本を愛する人の国です

いつもポチ押し応援、ありがとうございます。皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m 

中国で拘束された日本人は帰化人でした。
中国滞在中に軍事施設周辺をうろうろしていたとかで拘束された男性は朝鮮系日本人で、
上海で拘束された日本語学校の女性は中国系日本人でした。

中国:拘束の「脱北」日本人、中朝国境へ渡航 頻繁に情報収集

毎日新聞 2015年10月01日 東京朝刊

http://mainichi.jp/shimen/news/20151001ddm002030100000c.html

中国で日本に帰化の女性、また「スパイ」で拘束

YOMIURI ONLINE 2015年10月11日 10時36分

http://www.yomiuri.co.jp/national/20151010-OYT1T50101.html?from=ytop_top

日本人であることは間違いないのですが、何のために日本国籍を取得し、
どういう目的で中国にいたのでしょうか?
中国当局は最初から帰化人という認識があったのでしょうか?
とても解りにくい事件です。

そもそも国籍を変える意味は何か。
私が他の国に帰化しようとする時は、その国を愛し国民として生きると決めた時だと思います。
つまりは帰化先の国に忠誠を誓う時です。
拘束された彼らは、何のために日本人になったのでしょうか?

日本は帰化することが簡単な国だという人もいますし困難だという人もいますので、
私には判断はしかねますが、昨年度は9277人の外国人が日本人になっています。

Houmukika



そのうち中国・韓国・北朝鮮からの帰化が8割を超えています。
反日教育を受け、日本は敵だ、日本は憎むべき相手だと思っている人々が、
日本人になっているのです。
何らかの目的をもってと考えるのが普通だと思うのですが…

帰化を望む外国人に対して、少なくとも「反日教育を受けていない」という条件が必要なのではないでしょうか?
国防動員法を持つ国や、憲法に国防動員法に近い規定をしている国の人々が、
毎年1万人近くも日本人になっていることの恐怖を感じざるを得ません。

これに加え近頃の中国人観光客の激増です。
昨年は240万人の中国人が押し寄せ、韓国人に至っては270万人です。
単純に観光と買い物かも知れませんが、いざ有事になった時には彼らは祖国のために武器をとります。
日本人を殺せと。
そういう法律と憲法を持っている国なのです。

そして今日、こんなニュースが。

南京市の博物館「『日中友好の象徴』は略奪品」 突然の返還要求に宮崎県苦慮

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151011-00010002-nishinp-soci

(西日本新聞 10月11日(日)8時50分配信 記事一部引用)

塔の歴史を検証する宮崎市の市民団体「『八紘一宇(はっこういちう)』の塔を考える会」によると、
塔の土台には1789個の石が使われ、寄贈した団体名や産地名が彫られている。
このうち中国から198個、朝鮮半島から123個、台湾から約40個の計約360個が当時の占領地から寄せられている。

・・・(転載ここまで)・・・

この八紘一宇の党を考える会が、どういう団体なのか知りたくなりました。
以下のULRに団体の概要が載っています。

http://genki365.net/gnk/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0000882
平和を愛する団体なのか、反日団体なのか、調査不十分でよくわかりません。
しかし活動内容・事業内容を見てみると、少なくとも私とは真逆な考え方をした団体なのだと思います。、

帰化した中国人が反日団体を構成し、日本を貶める活動をしても、
それは罪に問われることはありません。
日本国憲法で、「思想・良心・言論・集会・結社・信教・学問・居住・移転・職業選択の自由など」が保障されているからです。

日本に忠誠を誓わない者は帰化させてはなりません。
日本という国を存続させたいのなら、帰化要件はこれでもかというくらい厳しくすべきです。
反日日本人は、日本国民として認められません。

【参考】

帰化した国会議員一覧(真偽は不明)

   

http://togetter.com/li/234234

「はすみとしこ」さんのイラストが秀逸でしたので…

9f3d49fa

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« ユネスコの沙汰も金次第 | トップページ | 南京事件登録を許した文科省と外務省はいらない! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユネスコの沙汰も金次第 | トップページ | 南京事件登録を許した文科省と外務省はいらない! »