« 主婦・高橋富代の一日(すみません、政治ネタではございません) | トップページ | 大村智教授・梶田教授、おめでとうございます!それにつけても韓国の反応 »

愛国主婦の合言葉「安保反対議員を落選させよう」


いつもポチ押し応援、ありがとうございます。皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

SEALDs(シールズ)が「賛成した議員を落選させよう」と、落選運動を展開しています。
落選運動と言えば市川房江さん。
ロッキード事件で「汚職に関係した候補者に投票をしない運動をすすめる会」を立ち上げ、
積極的に運動を展開しましたね。
シールズはSNSを活用して落選運動の呼びかけをしているようですが、
ネットを使った落選運動は、別に目新しいものではありません。
SNSをつかったり、ラップ調の音楽にのって「戦争反対!」と叫んでいますが、
彼らのやっていることはいつか来た道で、「60年・70年安保」の左翼活動と同じです。
学生運動をしてきた人は、少なからず懐かしい気持ちになったりしたのではないでしょうか。

しかし、現実社会の中では、60年・70年安保の学生も、粛々と進めていくことに同意したのです。
その陰鬱とした気持ちのはけ口として、労組活動を通して革新政治家を輩出していくことに全力を注いだのだと思います。
ですから、シールズをバックアップするのは、夢よもう一度というわけで、
とてもワクワクとした気持ちでやっているのでしょう。

この人なんて、調子に乗っちゃってます。
シールズと連帯宣言ですか?

      
F4df417e_2
「若い世代、よく考えている」民主・岡田代表

http://www.asahi.com/articles/ASHB44QJ7HB4UTFK001.html
(朝日新聞デジタル 2015年10月4日14時35分 記事一部引用)

学生たちと議論していても、ものすごくまともだし、よく考えている。
そういう若者たちがたくさんいることに、非常に力づけられている。
そういったところにしっかり働きかけをしていきたい。
どちらかというと、安倍首相の「中国、韓国けしからん」みたいな話に引っ張られている若者もいるが、
そうじゃないんだということを発信していきたい。

・・・(転載ここまで)・・・

岡田氏いわく、

>そういったところにしっかり働きかけをしていきたい。

だそうです。

民主党はシールズと連帯して自民党など安保に賛成した議員の落選運動を展開しようとしているのですね。
こういうことを公言していく感性、党の代表としてどうなのかと思います。
シールズが落選運動を展開していても、それは民主党候補者の当選を狙ってという判断をされるのではないですかね?
まあ、落選運動というのは裏を返せば、特定の候補者の選挙運動ですけれど…
総務省の見解は、いつもよくわからないです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151004-00000002-wordleaf-soci
総務省自治行政局選挙課に確認すると、「落選運動は、特定の候補を当選させる意図が含まれる選挙運動と認められない限り、事前運動の縛りはない」と明言。
さらに、選挙権のない未成年について、公選法では選挙運動を禁じているものの、
落選運動について未成年を規制する法令は何もないため、落選運動に未成年が取り組んでも「問題にならない」と話した。

・・・(転載ここまで)・・・

これから夏の参議院選挙に向かって、民主党、共産党など安保法案に反対した政党は、
シールズを効果的に使おうと思っているにちがいありません。(というか、シールズはもともと民青だという話だし…)
18歳から選挙権を持つようになるわけですから、保守系の学生さん達も奮起して頂いて、
SNSを活用した「安保反対議員落選運動」などやってほしいですけれど…

そして左翼活動家ほど活発ではない愛国主婦としては、「安保反対議員を落選させよう」を当面の合言葉としたいと思います。

で、
「連帯を求めて孤立を恐れず、力及ばずして倒れることを辞さないが、力尽くさずして 挫けることを拒否する」
と思いながらお米といだりしてます。

ランキングを地方政治家カテゴリーから、政治・社会問題カテゴリーへ引っ越しました。

 ツイート、シェア応援もありがとうございます!

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 主婦・高橋富代の一日(すみません、政治ネタではございません) | トップページ | 大村智教授・梶田教授、おめでとうございます!それにつけても韓国の反応 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 主婦・高橋富代の一日(すみません、政治ネタではございません) | トップページ | 大村智教授・梶田教授、おめでとうございます!それにつけても韓国の反応 »