« 70年談話・安倍総理を応援しよう! | トップページ | 誰に屈したのか?安倍総理。「お詫び」「侵略」明記 »

そこの反対派、あなた日本人?

いつもポチ押し応援、ありがとうございます。皆様のひと手間が、ブログを綴る原動力になっています。m(_ _)m

賛成派も反対派も、日本人として踏み越えてはならない一線があります。

498c10d5

Df9f0692

https://twitter.com/catbsky/status/628435982652604416/photo/1

安倍総理のポスターをヒットラー風に加工し、それを踏みつけるという行為。
人権侵害になるのではありませんか?

あなたたちは、普段から『人権』を振りかざし、活動されているんでしょう?

自分たちの人権以外は、人権ではないと思っているのでしょうか?

随分自分勝手な人たちです。

それにしてもこの画像、「日本人じゃないだろ」「どこかの国のパフォーマンスに酷似している」、そう思った方が多いのではないでしょうか。
そう思ったに違いありません!

以下、韓国の反日運動の画像

Yjimage

9021aefd

Img_0


57307e9b99ad2bdc0e3e3f07d3ba0569


2498646883ada3e7f04e72dc09f8636d


Giin


E697a5e381aee4b8b8e381abe5b08fe4beb

私は、100%『反日=左翼』とは思っていないのですが、
日章旗や国の代表を踏みつけるような行為をしているとしたら、
その心根は反日と言わざるを得ません。
心の中で「日本憎し」と思っているのならば、韓国人の精神そのものです。

幼いころから、反日を叩きこまれ、
親日は『悪』として社会から追放されます。
韓国とはそういう国柄であり、反日こそが韓国人の精神性といっていいくらいです。
(中にはシンシアリーさんのような方もいらっしゃいますが、ごくまれです)

辺野古で米軍基地移設の反対運動をしている人の中に、
中国人や韓国人が多く混ざっているという噂があります。
今回の画像を見ると、なるほどと思います。

そもそも人の顔を踏みつける行為は、日本人の精神性には存在しませんよね。そういう行為をしたら、それがたとえ迷惑な隣国の大統領であっても、日本社会では白い目で見られます。

それにしても、こういう事はテレビ新聞で報道しませんね。
メデイァの公平公正などは、日本には存在しないのかもしれません。
恥ずかしい話です。

ランキングを地方政治家カテゴリーから、政治・社会問題カテゴリーへ引っ越しました。

 ツイート、シェア応援もありがとうございます!

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

◆根気強く抗議を続けましょう!

佐藤地が「forced to work」と発言したことで、
世界のメディアは、こぞって「強制労働」と報道しています。
事実とは全く違った内容を外務省が世界に向けて発信したことは、
日本国民に対する背信行為です。
佐藤地並びに岸田文雄に対し、血が逆流するほどの怒りを覚えます。
外務省は一刻も早く、世界のメディアに対して訂正を申し出るとともに、
全世界の言語対応で、強制労働はなかった旨の動画を配信することを強く求めます。

【首相官邸・ご意見募集】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

【外務省 】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html 

【自民党に対するご意見・ご質問】
http://www.jimin.jp/voice/

【各府省への政策に関する意見・要望】
(外務省、内閣官房、内閣府など)

http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

【産業遺産の世界遺産登録推進室(内閣官房HP)】
http://www.cas.go.jp/jp/sangyousekaiisan/ 

|

« 70年談話・安倍総理を応援しよう! | トップページ | 誰に屈したのか?安倍総理。「お詫び」「侵略」明記 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 70年談話・安倍総理を応援しよう! | トップページ | 誰に屈したのか?安倍総理。「お詫び」「侵略」明記 »