« 韓国と断交は、ローリスク・ハイリターン! | トップページ | また始まった!NHK、オスプレイ危険の印象操作。 »

朴槿恵大統領よ。竹島上陸は絶対に許さない!

ランキングを地方政治家カテゴリーから、政治・社会問題カテゴリーへ引っ越しました。

引き続きぽち押し応援、宜しくお願い致します。

いつだったか竹島の記事を書いたとき、
読者の方からコメントを頂きました。

竹島を奪還するには、武力行使しかない。
武力で奪われたものは、武力で取り返せ。
それが出来ないなら、韓国経済を窮地に追い込み、
円で横面を叩いて買い取れ!

過激な内容ですが、もっともなご意見ですよね。
そういう覚悟が日本には足りないのだと思います。

独島防衛訓練を予定 天候次第で上陸も=韓国

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2015/05/04/0900000000AJP20150504002800882.HTML

(聯合ニュース 2015/05/06 07:00 記事一部引用)

韓国軍と海洋警察が今月下旬ごろ、外部勢力の独島への奇襲上陸を想定し、
防衛訓練を実施することが6日、複数の韓国政府関係者の話で分かった。

訓練は2日間の予定で、気象状況によっては変更する可能性もあるという。

軍当局は韓国固有の領土である独島を守るという強い意志を示すため、
厳しい訓練を実施する計画という。

訓練には海軍の哨戒艦や駆逐艦など艦艇5~6隻や海洋警察の警備艦4隻、
ヘリコプター、海上哨戒機(P3C)、空軍の戦闘機が動員される。
海軍特殊部隊(UDT/SEAL)と海兵隊が参加する。
気象状況によってはヘリコプターで独島に上陸する訓練も実施する。

・・・(転載ここまで)・・・

例えるなら、自衛隊と海保が島嶼防衛訓練をするという話なので、
韓国側に立てば当たり前のことです。
記事が伝えるように「独島を日本が自国の領土だと世界に発信しているので、
いつ何時攻めてこられてもいいように訓練を行う。
韓国固有の領土であると世界に向けてアピールする」という、二つの目的をもっています。
先だっても、ドイツ語で独島は韓国の領土であるという記載をし、
英語、日本語、中国語、スペイン語、フランス語、アラビア語、ロシア語、イタリア語、ポルトガル語、ヒンディー語でも記載、
モバイル版も開設されています。
http://dokdo.mofa.go.kr/jp/pds/video_list.jsp
韓国に略奪された竹島を、韓国の領土だと主張する動画です。

「独島は日本による韓半島侵奪の最初の犠牲の地です」だそうです。
腹立ちますが、これが韓国が全世界に向けてアピールしていることなので、
冷静に受け止めましょう。
どんなに各個人が「良き隣人」にみえたとしても、それは韓国という特殊な国の国民なのです。
在日韓国人とて同様です。
「竹島は日本の領土だよね?」と問うてみれば、すぐに化けの皮がはがれます。
反日日本人左翼発見器にもなる質問です。

1905年1月28日島根県への編入が閣議決定され2月22日に島根県知事の公布によって、
領土に関する国際法上、正式に竹島は日本の領土となりました。
その後一貫して日本が管理をしてきましたが、
1952年韓国初代大統領・李承晩が、一方的に軍事境界線(李承晩ライン)を引き竹島を不法占拠しました。
Bc234769



1965年の日韓基本条約締結で李承晩ラインは無効になりましたが、
それまでの間日本の漁民が拿捕され虐待を受け続けました。
拿捕された漁船328隻、死者44人、3929人が強制連行され収容所に送られました。
6畳ほどの板の間に30人も押し込まれ、僅かな食料と30人がおけ1杯の水で1日を過ごさなければならないなどの劣悪な抑留生活を強いたのです。

Img_1

Img_0

Seizure_of_the_japanese_ships_by_ko




それ以来、韓国は海上警備隊を配置し不法占拠は続けており、
近年では李明博が大統領時代に竹島に上陸しました。

21182ad0241016fcc146a4690f52a647

韓国の大統領は支持率が低くなると慰安婦と竹島を騒ぎ立てるので、
今月末の防衛訓練において朴槿恵大統領も竹島上陸を果たしたいと思っているのではないでしょうか?

A0005021_10060028


本来ならばマスコミもこの話題を大きく取り上げなくてはならない事です。
政府としても最重要に取り組むことだと思います。
事は領土に関する事なのです。
国民の生活も領土あればこそなのですよ。

鉄の女と呼ばれたサッチャー元首相のあまりにも有名な話ですが、
1982年にフォークランド諸島でフォークランド紛争が勃発し、
アルゼンチン軍にフォークランド諸島を侵略された際、
サッチャー首相は間髪を入れず艦隊、爆撃機をフォークランドへ派遣しました。
派遣反対が大勢を占める閣僚に向かって、「この中に男(サッチャー自身のこと)は一人しかいないのか」と言ったといいます。

Acdc26db


「人命に代えてでも我が英国領土を守らなければならない。なぜならば国際法が力の行使に打ち勝たねばならないからである」
(領土とは国家そのものであり、その国家なくしては国民の生命・財産の存在する根拠が失われるという意)

ウィキペディアより引用 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC

Kankokukirai



http://megalodon.jp/2013-1203-1118-57/www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20131202/zsp1312021130000-n1.htm
こちらのグラフをご覧ください。SPA!実施のアンケート結果です。

韓国を嫌いになった最大の理由

1.国民性(スポーツの国際試合で不正を省みず勝利にこだわる態度など)35.2%
2.反日だから 32.1%
3.領土問題 13%

となっています。

どういう状況でのアンケート調査かわからないのですが、
領土問題がわずか13%なのですよね。
領土を不法占拠されている悔しさが実感としてないのでしょう。

このアンケート結果からもわかるように、国民の無関心さが今日の状況を招いています。
良くも悪くも、韓国の領土教育(捏造)は幼稚園児まで行っています。

何をここまでとも思う反面、韓国の執念を感じます。

日本国民が領土に対して無関心なのは、歴代日本政府の責任でもあります。
GHQのプレスコードの呪縛に解き放たれぬまま、国内外に本来すべき主張さえもしないでいたことです。
マスコミも同様。
やはり子供のころから学校で教えるべきです。ここは韓国を見習いましょう。
(正しい地理歴史を教えるという意味で、捏造はいけません)

韓国は捏造と理論のすり替えで、海外に向けて自国の正当性を発信していますが、

終戦時点での竹島の帰属は日本です。

アメリカ政府は竹島問題をサンフランシスコ平和条約により日本領として残したこと、
李承晩ラインの一方的な宣言が違法であることを韓国政府に伝達しています。
(1954年に作成された米国機密文書・ヴァン・フリート特命報告書)

李承晩ラインは明らかに国際法違反です。

したがって、韓国による竹島の不法占拠を認めているのは、韓国国民と一部特殊な日本国民だけです。
あ、日本の国会議員もでした。

山本太郎衆議院議員

201107130724324df


毎日国内外の大きな出来事が続いているのでその隙間に埋もれてしまうのでしょうが、
日本政府には日本国民がしっかりと領土を認識できるよう啓発活動に力を入れてほしいものです。

いつもポチ押し応援のひと手間、

ありがとうございます。

 ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

以下、「韓国への修学旅行を阻止せよ!」の自発的広報活動です。

(そんな程度しかお役にたてませんので…)

【参考ブログ】
韓国への修学旅行を行っている学校が確認できます。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/294e52475f1813d42010accdd23a6676

【新情報いただきました】

大阪府立金剛高校の今年の語学留学先が「韓国」に決まったようです。

Study Overseas Program
●留学先:韓国パジュ英語村
●期間:7月25日(土)〜8月2日(日)「9日間」
●費用:166,000円(燃料サーチャージ含む)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

靖国神社遊就館では、特別展示『大東亜戦争七十年展最終章』を開催致しております。

期間は12月までと長いですので、できるだけ多くの方に、見に行ってほしいと思っています。

1418721519_0

|

« 韓国と断交は、ローリスク・ハイリターン! | トップページ | また始まった!NHK、オスプレイ危険の印象操作。 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国と断交は、ローリスク・ハイリターン! | トップページ | また始まった!NHK、オスプレイ危険の印象操作。 »