« 朴槿恵大統領よ。竹島上陸は絶対に許さない! | トップページ | 9条教という新興宗教 »

また始まった!NHK、オスプレイ危険の印象操作。

人気保守ブログ『BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録。』の読者・ミルティリおばさん様が、さらに誤植等を見直ししてくださったものを、BB様経由で頂戴いたしました。ありがとうございました。

英訳 「アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ~幾多のお吉たちへの鎮魂歌~」

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/post-109f.html

ランキングを地方政治家カテゴリーから、政治・社会問題カテゴリーへ引っ越しました。

引き続きぽち押し応援、宜しくお願い致します。

何度も繰り返し放送をする印象操作は、「真相はかうだ!」の頃から変わっていないようです。
当時はGHQの言いなりにならざるを得なかったわけですが、
相変わらずNHKの印象操作の手法は健在ですね。

米空軍 横田基地にオスプレイの配備検討
(NHK NEWSWEB 5月9日 9時24分 記事一部引用)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150509/k10010073981000.html

アメリカ空軍が特殊作戦などに使われるCV22オスプレイを東京の横田基地に再来年以降、
新たに配備する方向で検討を進めているということです。
最終的に配備されるのは10機程度になるとみられ、
正式に決定すれば日本本土へのオスプレイの配備は初めてとなります。
空軍のオスプレイを巡っては、当初、沖縄にある嘉手納基地に配備することも検討されましたが、
沖縄県側で反対する声が根強いことにも配慮して、
東京にある横田基地が有力な配備先として浮上したものとみられます。

武蔵村山市や立川市など横田基地周辺の6つの市と町で作る連絡会は「現在、情報収集を行っており、国への確認結果も含め、
今後、住民にも知らせていきたい」というコメントを出しました。

・・・(転載ここまで)・・・

この記事によれば、米軍は沖縄に配備したかったのですね。
でも住民感情に配慮して、やむを得ず横田基地にしたという言い回し。
(私は横田基地に配備する利点があったからだと思いますけれど)
しかも横田基地周辺の地域は情報収集をして云々…
今とんでもなく大変な事態が起こりつつあると思わせる報道の仕方です。

今回の報道の仕方をみてオスプレイが普天間に配備される際のゴタゴタを思い出しました。
報道各社、特にNHKがオスプレイを危険な飛行機であると繰り返し報道をしていましたよね。
オスプレイは未亡人製造機だというフレーズを繰り返して使い、
まるでオスプレイが飛行すると必ず墜落するというような刷り込みをしていたように感じました。
その当時、軍事に詳しい方から「オスプレイの事故が多発してたのは開発段階のことで、実用運用されてからはデータ的にヘリより安全」という話を聞きましたし、
軍事アナリスト・小川和久氏のメールマガジン『NEWSを疑え!』で、
「開発段階で起きた4件の墜落事故は、航空機の開発の常識に照らせば件数としては多くない。死者が30人に上ったのは、脱出装置がない輸送機であり、1回の事故で19人が亡くなったこともあったからだ。脱出装置がある戦闘機なら、4回の墜落事故でも死者ゼロだったかも知れない。
それに、危険な飛行機だったら、厳しい納税者のチェックがある米国で正式採用されるはずがない。実戦配備後の事故は、他の航空機と比べても多くはない。それをして危険だというのなら、旅客機は全て危険ということになってしまうではないか」

など、詳細な事情を知ることが出来ました。

引き続き小川和久氏の有料メルマガの記事を、一部引用いたします。

・・・(ここから転載)・・・

https://sriic.org/

『NEWSを疑え!』第318号(2014年7月14日特別号)
編集後記

・オスプレイ報道に必要なこと
(略)
記者諸氏が決まって口にするのは、左右の配線が逆に取り付けられていたことで、
低高度でもんどり打ってひっくり返った事故の映像です。
この事故は、初飛行(1989年3月19日)から2年3か月しかたっていない試作機段階の91年6月11日に起きました。
左右の配線を取り違えて結んだ結果、右旋回しようとしたところ左旋回してしまい、
地上数メートルで左右にぐらぐら揺れながら落ちて、パイロット2人が負傷したというものです。
単なる配線ミスであって、機体構造などオスプレイ固有の問題に起因したものではありません。
ほかの飛行機でも起きる性格の事故ですが、テレビ、特にNHKは視聴者の目を引く映像というだけで同じ映像を繰り返し流しました。
実戦配備が始まったのは、この事故から16年後、2007年のことですから、
そのレベルの「危険な飛行機」の状態にとどまっていると思う方がおかしいし、
記者諸氏は何にも考えていないと言わざるを得ません。
それにしても、この映像を繰り返して流し、
記者諸氏にも「危険な飛行機」のイメージをすり込んでしまったNHK『ニュースウォッチ9』の責任は小さくありません。

・・・(転載ここまで)・・・

軍事の専門家の取材に基づいた考察で、素人にも解りやすかったので、
読者の皆さんにも共有したく一部転載を致しました。

それにしても、なぜNHKがこのような印象操作を行うのでしょうか?
アメリカ軍基地に付随する問題で、日本国民のアメリカ軍への印象を悪くし、日本政府の足を引っ張っぱり、中国に対し特段に配慮した報道になっているように感じます。

沖縄を虎視眈々と狙っている中国にとって、沖縄のアメリカ軍基地問題は、もめればもめるほど面白くて仕方ないでしょうから、NHKの果たした役割は大きいです。

アメリカは占領下で日本に課したプレスコードによって、
結果として自身の足を引っ張ることになったのかもしれませんね。

小川氏のメルマガタイトルではありませんが、ニュースは疑ってみる癖をつけなくてはなりません。ネットを駆使し、多くの情報の中から取捨選択しなくては、正しい情報に出会えないのです。

テレビも同じチャンネルを流しっぱなしにしたり、新聞も同じものを取り続けるのはとても危険なのです。

さて、軍事とは違う意味で、私はオスプレイに非常に期待をしています。
日本のように急峻な地形で災害の多い国にとって、
オスプレイは緊急輸送の花形になる可能性が高いからです。
出来れば自衛隊にも、数多く配備してほしいと思います。
予算の範囲内でという枕詞が付いて回りますけれど…

いつもポチ押し応援のひと手間、

ありがとうございます。

 ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

ランキングの表示が変わったようで、表の最下段の「このブログに投票」をクリックするようです。お手を煩わせて申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

  前下田市議会議員 高橋とみよホームページ

以下、「韓国への修学旅行を阻止せよ!」の自発的広報活動です。

(そんな程度しかお役にたてませんので…)

【参考ブログ】
韓国への修学旅行を行っている学校が確認できます。
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/294e52475f1813d42010accdd23a6676

【新情報いただきました】

大阪府立金剛高校の今年の語学留学先が「韓国」に決まったようです。

Study Overseas Program
●留学先:韓国パジュ英語村
●期間:7月25日(土)〜8月2日(日)「9日間」
●費用:166,000円(燃料サーチャージ含む)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

靖国神社遊就館では、特別展示『大東亜戦争七十年展最終章』を開催致しております。

期間は12月までと長いですので、できるだけ多くの方に、見に行ってほしいと思っています。

1418721519_0

|

« 朴槿恵大統領よ。竹島上陸は絶対に許さない! | トップページ | 9条教という新興宗教 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朴槿恵大統領よ。竹島上陸は絶対に許さない! | トップページ | 9条教という新興宗教 »