« アメリカの圧力に屈する自民党 | トップページ | 「日韓協議はしない!」と、言ってみたらどうだろうか? »

韓国と手を携え日本を貶めるアメリカという同盟国

記者団に変な取り上げ方をされると自分の足元がぐらつくことになるからでしょうか、
少し軌道修正したようです。

戦後70年談話 米、首相発言を歓迎 国務省、圧力は否定

(TOKYO Web 2015年1月7日  記事一部引用)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2015010702000240.html

 サキ氏は、前日の自らの発言をめぐり、米政府が日本政府に圧力をかけたとの見方が出たため、「(圧力は)意図していなかった。言い直させてほしい」と前言を修正した。

 五日の記者会見でサキ氏は「村山談話、河野談話が示した謝罪は、日本が近隣諸国との関係改善に努力をする中で重要な一章を刻んだというのがわれわれの見方だ」と強調。これについて六日に記者団から「日本政府への一種の圧力に見える」と指摘を受け、軌道修正した。

・・・(転載ここまで)・・・

アメリカの日本への圧力は、今に始まったことではありません。

アンジェリーナ・ジョリーの「アンブロークン」という映画では、日本兵が捕虜を生きたまま焼いて喰らった鬼畜であると貶めました。
この映画は3000か所で公開され、日本兵の蛮行と日本人が人食い人種であるという言われなき汚名を、世界に向けて意識付けしています。

この「アンブロークン」という反日映画には、ソフトバンクが約270億円も出資しています。
しかも制作会社と合弁会社も設立したそうです。

http://www.softbank.jp/corp/news/press/sb/2014/20141003_01/

ソフトバンクとレジェンダリー、戦略的パートナーシップを締結
ソフトバンク、レジェンダリーへ2億5,000万米ドルを出資
www.legendary.com

・・・(転載ここまで)・・・

アメリカと韓国は、完全に利害が一致しています。
韓国の主要企業の多くはアメリカ資本になっています。
アメリカは日本を叩くことによって、日本から韓国に送金させ韓国のアメリカ資本を守り、
韓国はそれによって生きながらえることができます。

アメリカは対中国の戦略上、日本は大切な同盟国のはずです。
軍事アナリストの小川和久氏の著書によれば、アフリカ最南端の喜望峰からハワイまでです。
アメリカ軍が日本に置いている燃料や弾薬の備蓄量は膨大で、インド洋のすべてと太平洋の3分の2の海と、その沿岸で行動するアメリカ軍を全部日本の米軍基地が支えているそうです。

それならは、日本の重要性をはっきりと意思表示したほうが良いのではないでしょうか?
対等だからこそ同盟関係が成り立つのですから。
意思表示しなければ、捏造も真実にされてしまいます。
今まで何度も経験しているではないですか。
日本政府には日本を貶めているあらゆることに、一つ一つ反論してほしいものです。

「オバマさんよ、韓国と日本と、いったいどっちが大事なんだ?」と、
一度聞いてみたいものです。

いつもポチ押し応援のひと手間、

 ありがとうございます。

 ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« アメリカの圧力に屈する自民党 | トップページ | 「日韓協議はしない!」と、言ってみたらどうだろうか? »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカの圧力に屈する自民党 | トップページ | 「日韓協議はしない!」と、言ってみたらどうだろうか? »