« 国会議員が日本の名誉を傷つける! | トップページ | 君が代の日 »

ならず者国家、中国の密漁船に遺憾の意?

中国の意識では、「日本の領海=中国の領海」なのですよね。
伊豆諸島、小笠原諸島の島からは、ひしめき合っている漁船が見えるようです。
住民から、怖いという訴えもあがっているとか。

密漁の中国漁船は、10月30日は小笠原諸島沖で48隻、新たに伊豆諸島の鳥島と須美寿島の周辺海域でも164隻が確認されました。
この日確認された漁船は先月以降で最も多い、合わせて212隻に上っています。

なるほど、こういうことなのですね。

http://mainichi.jp/select/news/20141101k0000m040147000c.html

サンゴ密漁:価格高騰 罰金払ってまた…中国船歯止めなし
(毎日新聞 2014年11月1日  記事一部引用)

・・・(ここから転載)・・・

中国漁船によるサンゴ密漁問題で、過去に別の海域で逮捕された中国人船長が小笠原近海で再び逮捕されていたことが31日、関係者への取材で分かった。船長は罰金を払いながら密漁を繰り返していた。
サンゴが中国で億単位で取引されるのに対し、日本での密漁の罰金は最大1000万円。罰金が軽すぎて法で歯止めがかからない実態が浮かんだ。

・・・(転載ここまで)・・・

太田昭宏国交大臣は「違法操業には厳正に対処する。

(中国側には)外交ルートできちんと抗議している」

と述べたようですが、相手はならず者国家です、抗議だけで何とかなるとわけがありません。いつもの遺憾の意と全く同じです。
漁民だって中国共産党の回し者とも考えられますし、また賄賂をつかませるなどして、半ば公然と盗人家業を続けていると考えるのが普通です。
今年、小笠原近海で中国漁船の船長が逮捕されのは6人、拿捕(だほ)は1隻にすぎず、
残りは法令に基づき洋上で釈放しているのだそうです。
ほとんどの中国窃盗団は、お宝を持ち帰り処罰も受けずなんですよ。
日本の対応に嫌気が差しますね。

大体において、何故国会で取り上げないのでしょうか?
緊急事態なんですよね。
緊急質問をする議員がいても良いのではありませんか?
今すぐに、何をおいても対応すべき事柄です。
日本の領海が侵され、財産が盗まれているんですけれどね。
外交ルートで抗議ですって?なにを悠長な話をしているのでしょうか。
領海侵犯され、日本の財産を盗まれているのです。
それなのに国会で審議(とはとてもいえませんが)しているのは「政治とカネ」。
朝日が滑った転んだなんて、どうれもいい!
私は国会議員に問いたい。「あなた方は、本当に日本を守る気がありますか?」と。

さて、少なくとも今までの生温い態度が、今日の領海侵犯と密漁を許してしまっているわけですので、
しっかりとした対応をしなくてはなりません。
その取締りを行っているのは、海上保安庁です。
海上保安庁の船の総数は、449隻。1万3208人の職員で全ての業務を行っています。
船はドックに入っているものも多いわけですから、実際はこの数十パーセント程度の船で、
全国11管区の海上保安と監視を対応しているのでしょう。
尖閣に重点配備していることを考えると、益々海保の状況は厳しくなっています。

日本の領土は小さいですが、排他的経済水域まで含めると、世界第6位の広さを持ちます。
そこを海猿達が、まさに命がけで守っているのです。
安倍政権になりようやく6隻新造することになりましたが、新造船の配備は2年後なのですよね。
尖閣の問題がおきてから、海上保安庁は全国からの応援体制で、尖閣の守りを綱渡り的にしのいできました。
そこへ来て、まるで不備を突いたかのように、伊豆諸島や小笠原諸島に中国船がどっと押し寄せたのです。
2年間待てますか?
その間に日本の珊瑚は捕り尽くされてしまいますよ!

お得意の特例法を作り、暫定的に海上自衛隊の船を配備するとか、考えられないのでしょうか?
強行採決すれば良いじゃないですか。しょっちゅうやっているんですから、お手の物でしょうに。

国会の先生方、御地元でどんなイベントに参加されていることやら…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

やっぱり、「遺憾の意」でした…

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00279914.html

Safe_image_2


菅官房長官は「中国側に遺憾の意を表明。わが国の領土領海は、断固として守る決意であたっております」と述べた。

【追記】

http://www.iza.ne.jp/kiji/events/news/141031/evt14103120020035-n2.html

習政権の陽動作戦か 小笠原沖“不審船”急増 サンゴ密漁はダミー?

(zakzak 2014.10.31 記事一部引用)

ただ、国際政治学者の藤井厳喜氏は「小笠原まで航行してくるには高額の燃料代がかかる。必ずサンゴが獲れる保証もない。ここまで大挙して押し寄せるのは不自然だ」と指摘し、こう続ける。

 「中国当局が漁業者に対し、『(燃料代などを)補償する』と言って差し向けていることも考えられる。サンゴ密漁だけではなく、日本を揺さぶる陽動作戦の面もあるのではないのか。あちらこちらで不審船が現れれば、警備にあたる海保の疲弊は避けられない」

・・・(転載ここまで)・・・

海上保安庁関係の方と時折、お話しする機会がありますが、尖閣の問題がおきてからギリギリの状況で海上警備に当たっていると伺っています。そういう状況下での珊瑚密猟事件です。私たち国民に何かできることはないでしょうか…

いつもポチ押し応援のひと手間、

ありがとうございます。

ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 国会議員が日本の名誉を傷つける! | トップページ | 君が代の日 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国会議員が日本の名誉を傷つける! | トップページ | 君が代の日 »