« 中国政府の命令か?中国サンゴ密漁団の大移動 | トップページ | 韓国とは断交。局長協議では、その地ならしをせよ。 »

日本を変えるのは若者だという幻想は捨てろ!

今いちばんのネットの話題と言えば、
「NPO法人 僕らの一歩が日本を変える」の、
小4なりすまし事件です。

若者が誠実な想いをもって政治参画していくことは「がんばって!」とエールを送りたいところなのですが、嘘はいけません。
やって良いことと悪いことは、小学4年生でも解るはずです。
はっきり言って彼らのした行動は政治版オレオレ詐欺のようなものです。

A197858es

385d29b3




純真な子供を装っての現政権批判。
安部首相が解散する意義を問う小学4年生設定というのも話題作りとは言え詐欺的な行為です。
彼らにはそうしなければならない目的があったのでしょうね。

ネット上での情報を整理してみました。

先ずは、こちら

http://dmm-news.com/article/899545/

(産経デジタル 2014.11.23 23:35  記事一部引用)

小学4年生になりすましたネットユーザーが、安倍晋三首相の衆院解散を疑問視するウェブサイトを開設し、炎上していた。開設者のNPO法人「僕らの一歩が日本を変える」代表理事の大学生、青木大和氏は23日、産経新聞の取材に「僕個人でやった。政治や解散について考えてもらおうと、小学生の目線になって書いた。結果的に嘘をついて騒がせてしまい、申しわけない」と謝罪し、代表理事を辞任したことを明らかにした。

・・・(転載ここまで)・・・

次に、このNPO設立の背景ですが、
青木大和氏が15歳で単身渡米した際にオバマ選挙に刺激を受け
帰国後に「僕らの一歩が日本を変える。」を作り、2014年にNPO法人化という流れです。

そして青木氏を支えたのが、FBBという学生起業家輩出プロジェクトで、
http://www.k-bb.net/
以下のホームページをご覧頂ければわかりますが、
パチンコマネーで運営をされています。
http://www.k-powers.com/

「五体不満足」の乙武洋匡氏とは、海外ルポをする間柄のようです。

傘の革命 香港現地ルポ⑦乙武洋匡さんと学生活動家の青木大和くん登場

http://news.infoseek.co.jp/London2012/article/toyokeizai_20141118_53567

東洋経済の対談で青木氏が「就職する気はないです。大学院に行こうかなとは思っていますが、今やっているNPOを事業化したいです。そして25歳で衆議院選挙に出ようと思っています。」と、発言していることからも想像できるのですが、
少なくとも経済的には困っていない訳ですね。
親御さんが裕福なのか、他に資金源があるのか解りませんが、ネット上で晒されているご本人の身なりを見る限りは、随分金回りがよいのだろうと…下衆の勘繰りかもしれませんけれど。
いや、これは貧乏人の嫉妬でしょうか?
(少なくとも私は、自分の子どもを大学院まで余裕で行かせるだけの経済力はありませんでしたので。就職する気も無い子どもなら叱りつけます)
きちんと社会に出て、アルバイトでも良いです、一生懸命仕事をして、自分の稼ぎで社会人としてきちんと生活をし、そしてそれから政治の場へ出て欲しいと…。
学校の勉強さえ出来れば社会人として有能ではありません。逆も又然りです。
様々な経験を積んだ上で政治家にならなければ国政の駆け引きなど出来るわけありません。
ましてや今の学校教育現場では、社会のルールを教えてはくれません。
学校の成績が良いなど社会人になれば、ほぼ無関係です。
あの鳩山由紀夫元総理は東大卒です。
彼こそ中二病をこじらせたままママのお小遣いで友愛ごっこしただけの存在でしょう?
3.11の原発の問題のときの菅元総理も東工大卒です。彼は有能でしたか?
民主党が政権をとって日本がどれだけ良くなりましたか?

やっかみついでに言わせてもらえば、
「お前ぇ、世の中なめてんなよっ!」

そしてな、「累計約4000万人が政治に関心を持った」だと?
自分のしたことは悪くないと本当は思っているんだろ?
それなら決して謝るんじゃねえ。
謝るなら本気で謝れ。心から「ごめんなさい」と言え。
それが、格好良い日本男児ってもんだ。

さて、あくまでもネット情報の中でしか判断できないのですけれど、
青木氏は民主党大学プレイベントでパネラーとして参加していることや、
http://www.dpj.or.jp/article/104238
蓮舫議員とも親交があるなど、
http://article.go2senkyo.com/2014/05/12/5619.html
民主党との連携は相当強いように思われます。

ツイッターでも民主党のマスコットである「民主くん」が、すぐに「小4なりすまし」をリツイートしたとか。

もしも、政治側が利用しようとして、彼らを祀り上げたとしたら、随分罪なことをしたものです。
世間知らずの、いわば子どものような若者を利用してはいけません。
折角出た新芽を土足で踏みにじるようなものです。

この問題がクローズアップされたとき、私の学び舎である尾崎財団までがこのNPO支援に加わっている事実を知り、愕然となりました。
なぜ?という気持ちはありましたが、この運動そのものは、意義のあることだと思いますし、
この記事の最初に記したように「がんばってね!」なのです。
ただし、その背景にパチンコマネーがあるとしたら、それはいただけません。
パチンコ議員といわれる人は、民主党ばかりでなく自民党にも公明党にもいますが、若者をパチンコマネーで汚染させることだけは、なんとか回避したいものです。

いちばんよい方法は、パチンコを廃止することです。
パチンコを根絶を訴えている国会議員を、政党に係わらず支持したいと思います。

そして、日本を本当に大切に想い、護ろうとしている国会議員を、送り出したいと思います。

中山成彬先生 公式ブログ

http://nakayamanariaki.cocolog-nifty.com/blog/

・・・・・・・・・・

尾崎行雄記念財団 石田事務局長のブログより

http://ishidat.blog20.fc2.com/blog-entry-325.html

尾崎行雄記念財団は、その存在も活動も「不偏不党」です。
それは、当財団が設立を呼び掛けた尾崎記念会館=現在の憲政記念館も同じです。
党派に関係なく、この国のあり方・世界のあり方を考える人々が集い、学び、議論する場です。

「誰が正しいかではなく、何が正しいか」――時の権力に阿らず、またレッテルを張って「思考停止」に陥らず、何が正しいかを考え抜き、行動する。尾崎行雄と相馬雪香に共通する姿勢です。

尾崎財団も、私自身もそのことを常に大切にしたいと思います。

いつもポチ押し応援のひと手間、

ありがとうございます。

ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると、とても嬉しいです。m(_ _)m

 ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

比例は迷わず「次世代の党」と書きましょう。

中山成彬と書いても、中山先生は当選できません。

66db847807885ee73a0869d37a14673a

|

« 中国政府の命令か?中国サンゴ密漁団の大移動 | トップページ | 韓国とは断交。局長協議では、その地ならしをせよ。 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国政府の命令か?中国サンゴ密漁団の大移動 | トップページ | 韓国とは断交。局長協議では、その地ならしをせよ。 »