« 金の切れ目が縁の切れ目?「もう平昌は信じない」とIOC | トップページ | またしでも捏造!日本兵の人肉食い。米・中・韓包囲網 »

ふんどし担ぎ従えて、行くは愛しき大韓民国

朝日新聞のごたごたで、すっかり見落としていたのですが、
生活の党の小沢一郎代表が、韓国訪問をしているようです。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/09/04/2014090400703.html
国民大、小沢一郎氏に名誉博士学位を授与
(朝鮮日報 2014/09/04 08:06  記事一部引用)

・・・(ここから転載)・・・

国民大は小沢氏について「2009年に当時の政権与党だった民主党の幹事長として韓国を訪問した際、植民支配について深く反省するとともに、在日韓国人への参政権付与について積極的な姿勢を取るとの立場を示し、両国の親善に貢献した」と説明した。学位授与式に続き、国民大日本学研究所の教授陣と生活の党の元・現議員30人余りが出席する非公開の懇談会と夕食会が行われる予定だ。

・・・(転載ここまで)・・・

小沢氏といえば自民党幹事長時代、日米構造協議でアメリカから内需拡大を迫られ、
ほいほいと10年間で430兆円の公共事業を推し進め、
結果として日本に膨大な赤字国債を生み出した張本人だと言われています。

民主党時代は民主党の国会議員を引きつれ中国詣でをし、
当時中国国家副主席だった習近平氏と天皇陛下の会見を、ルールを無視し実現させました。
天皇家は韓国から渡ってきたと不敬発言で喝采を浴びたのは、
今回名誉博士学位を授与する国民大だったでしょうか?

日本は本当に病んでいます。
国会議員は現職元職問わず、なぜこんなにも特亜よりが多いのでしょう。
小沢氏のふんどし担ぎに、30人も韓国へお出かけになっているのですね。
誰が行っているのでしょうか?

国会議員にはタカ派もいればハト派もいます。いてよいのです。
でも、一番に考えるのは、日本の国益ですよね。
韓国の国益に適うから、小沢氏は韓国から名誉をもらうわけです。
そういう人が選挙で選ばれるのですから、やむを得ませんが、
小沢氏は何の為に国会議員をやっているのでしょうか?
一度聞いてみたい気がいたします。
(舌鋒鋭いメディアの発信者も、こと小沢氏には目をつぶっているような気がいたしますが…)

いつもポチ押し応援のひと手間、

 

ありがとうございます。

 

ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

 

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

 ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 金の切れ目が縁の切れ目?「もう平昌は信じない」とIOC | トップページ | またしでも捏造!日本兵の人肉食い。米・中・韓包囲網 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金の切れ目が縁の切れ目?「もう平昌は信じない」とIOC | トップページ | またしでも捏造!日本兵の人肉食い。米・中・韓包囲網 »