« NHKは変わらない。憲法記念日に、またしても放送法違反! | トップページ | 嘘つき国民を作るファンタジー教科書 »

侵略されても目の前の小銭が大事?~社民という反日政党~

「日本の貿易収支が赤字になっているのは中国や韓国にちょっかいを出しているからだ。憲法9条を掲げて軍備を縮小し、握手して商品を買ってもらうのが一番いい」

と述べたのは、社民党の石田寛秋田県連常任幹事(元県議)です。

産経新聞 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140502/plc14050222250022-n1.htm

まず「ちょっかい」の意味が全く解りません。

もし靖国参拝や、強制の従軍慰安婦否定を指していらっしゃるなら、言語道断でしょう。

石田氏の仰っていることは、日本国の商売のためにいわれなき屈辱を受け入れ、誇りも棄てましょうという呼びかけに他なりません。

日本が無意味に中韓に渡している莫大なODAを止め、韓国からは借金を返して貰うほうが先決ではないでしょうか。

韓国側の言い張る「朝鮮通信使は日本に文化をもたらした存在」という主張を訂正もせず、町おこしに利用するのもまた同様で心配です。

多忙につき、短稿にて失礼致します。

いつもポチ押し応援のひと手間、ありがとうございます。

ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

 ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« NHKは変わらない。憲法記念日に、またしても放送法違反! | トップページ | 嘘つき国民を作るファンタジー教科書 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKは変わらない。憲法記念日に、またしても放送法違反! | トップページ | 嘘つき国民を作るファンタジー教科書 »