« 韓国キムチの代わりに、まさかの韓国人大量流入? | トップページ | 日韓協議は、言葉を使った戦争と心得よ! »

危機!ウリナラ起源に日本起源が駆逐される

韓国がソメイヨシノのウリナラ起源説を、相変わらず世界で撒き散らしています。

ポストマックの桜は、日帝強制支配期に日本人が済州島の王桜を改良、増殖して
それをワシントンDCに送ったものだと、韓国が主張を繰り返しているようです。

http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=2455372

[ニューヨーク中央日報(記事一部引用)] 

・・・(ここから転載)・・・

桜の木の原産国が、日本ではなく
韓国だという事実を知っている人は多くない。
桜祭りを訪れているほとんどの訪問者は、
この桜が日本のものだと信じている。

しかし、ワシントンDCの桜は、
日本産ではなく済州産王桜という分析が
説得力を得ており・・・ 

ワシントンDCの桜は済州島漢拏山に自生する
王桜に由来した事実を突き止めた。

日本がワシントンDCの桜を自国のものだと
全世界的に広報しているからだ。

(↑いつものウリジナルですね)

また、 裏面には桜の花を利用した政治的な布石が 隠れていることもある。
1912年、ワシントンDCに桜の花が最初に入って来るようになったきっかけは、
1905年に結んだ桂・タフト密約で日本の朝鮮支配を
認めてくれたウィリアム・タフト大統領の夫人、
ヘレン・タフトが水面下で影響力を行使したためとして知られている。
ヘレン・タフトが1907年に日本を訪問した際、
桜を見て感嘆すると、ファーストレディになった後の
1912年、日本側が感謝の印として
3020本の桜を伝達したとのこと。
つまり、自国の利益のために密約を結んだ米国と日本が
「友好」の象徴として桜の花を利用したものである

・・・(転載ここまで)・・・

1909年、当時東京市長だった尾崎行雄は、日米親善を祈念し桜を米国に寄贈しましたが、
これには害虫がついていたことがわかり、現地で全て焼却処分になってしまいました。
1912年に再度贈られた約3000本の桜は、無事米国に到着しワシントンDCのポトマック河畔に植樹されました。
日本から米国への桜寄贈は、タフト大統領夫人、紀行作家シドモア女史、高峰譲吉博士、尾崎行雄東京市長をはじめとする、親日家の米国人、現地の日本人など、多くの個人と団体の尽力により実現したものです。

そしてこんな逸話も残っています。
1938年のことですが、ポトマックに隣接するタイダル池に、米国建国の父の一人トーマス・ジェファーソン第3代大統領の記念堂が、建設されることになりました。
その時358本の桜の木を切り倒すことが計画されたのですが、
伐採の当日、ワシントンDCの婦人団体が、自分の体を木に縛り付け抵抗し、
270本の桜の命を守り抜いたのです。

これが自国の利益のために密約を結んだ米国と日本が 、「友好」の象徴として桜の花を利用した姿でしょうか?
私は「政治はいろいろあるけれど、民間では仲良くしたいね」「日本の友達から送られた大切な桜を切らせないわよ」など、世間一般に考えられる民間の友好だと思うのですが。
何かというと、「謝れ!償え!」だけを口にする韓国人には、わからない感覚でしょう。

日本の領土対馬に、自国の国花ムクゲを観光客になりすまし植えて回るなど、
花を政治利用しているのは、韓国なんですよ。

日本政府、日本国民も、もっと怒りましょう!!!

そもそも、日本の桜の歴史は古く、奈良時代から和歌にも読まれています。
桜の花見は9世紀前半に、嵯峨天皇が南殿に桜を植えて宴を催したのが最初と言われていますし、
1195年後鳥羽上皇の東大寺供養の時、興福寺の八重桜が満開であったという記録があります。
このころにはすでに重弁の品種が存在していたのですよね。
秀吉が絢爛豪華な醍醐の宴を催したことは、あまりにも有名です。
( ↓ WEB上あちらこちらに出回っている画像ですが、問題あれば削除します)

Hanami_dogyu

Hanami_momoyama

時代は下がり、元禄のころには数十の品種が、そして江戸時代末期には少なくとも250くらいの品種がありました。
Hanami_ukiyoe

ソメイヨシノはほぼ結実しないために、元は1本の苗木から接木で増やしたクローンであると言います。
栽培種なんですよね。野生種じゃありませんので、韓国起源ってアホらしすぎます。
そもそもワシントンDCの桜は韓国起源だという発想がありえません。
それに3000本のうちの1800本がソメイヨシノで、その他何十種類の桜を贈っているのですからね。

しかし、こういうことを野放しにしていくと、
先人が命を賭けて作り上げたもの、護ってきたもの、全てが韓国起源になってしまいます。
小さなことでも、ひとつひとつ反論していく必要があるのです。
それは日本政府の仕事ですよ!
歴代の日本政府が仕事をしてこなかったから、捏造慰安婦問題もあるのですから。
そして日本国民にも、正確な情報として知らせなさい。
何度もいいますけれど、そういうことも日本政府のお仕事なんですからね。

以下、参考資料です。

・・・・・・・・・・・

韓流研究室様のブログでは、
http://toriton.blog2.fc2.com/
毎年この時期には、ワシントンの桜の捏造を取り上げてくださっています。
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1758.html
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1738.html
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1740.html
などなど…ぜひ訪れてください。

・・・・・・・・・・・

ソメイヨシノの起源については、木下武司氏の文献に大変詳しく書かれています。
ソメイヨシノの起源について 
http://www2.odn.ne.jp/had26900/topics_&_items2/someiyoshino.htm

・・・・・・・・・・・

http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=2455372

[뉴스 속으로] 워싱턴DC 벚꽃축제 가기 전, 이건 알아두세요
[뉴욕 중앙일보]

한국 산림청 DNA 분석 결과
'제주산 왕벚꽃서 유래' 결론

발행: 04/08/2014 미주판 4면   기사입력: 04/07/2014 16:02 

'조선 지배 인정' 밀약 맺은 후
일본이 정치적 목적 담아 선물
팰팍 위안부 기림비 없애라며
최근에도 똑같은 파렴치 행위

매년 봄철이 되면 열리는 워싱턴DC의 벚꽃축제. 한인들도 많이 찾는 이 축제의 주인공인 벚꽃나무 원산지가 일본이 아닌 한국이라는 사실을 아는 이들은 많지 않다.

벚꽃축제를 찾는 대부분의 방문객은 이 벚꽃이 일본의 것이라고 믿고 있다. 하지만 워싱턴DC의 벚꽃은 일본산이 아닌 제주산 왕벚꽃이라는 분석이 설득력을 얻고 있으며 일본이 벚꽃을 정치적 도구로 이용하려는 시도를 꾸준히 해오고 있다는 지적도 나오고 있다.

한국 산림청 임업연구원 등이 워싱턴DC의 벚꽃 DNA 분석을 벌인 결과 워싱턴DC의 벚꽃은 제주 한라산에서 자생하는 왕벚나무에서 유래된 사실을 밝혀냈다.

하지만 이 사실을 아는 이는 많지 않다. 일본이 워싱턴DC 벚꽃을 자국의 것이라고 전 세계적으로 홍보하고 있기 때문. 또 이면에는 벚꽃을 이용한 정치적인 포석이 숨어있기도 하다.

1912년 워싱턴DC에 벚꽃이 처음 들어오게 된 계기는 1905년 맺은 가쓰라-태프트 밀약으로 일본의 조선 지배를 인정해준 윌리엄 태프트 대통령의 부인 헬렌 태프트가 막후에서 영향력을 행사했기 때문으로 알려졌다.

헬렌 태프트가 1907년 일본을 방문했을 때 벚꽃을 보고 감탄하자 퍼스트레이디가 된 후인 1912년 일본 측이 감사의 표시라며 3020그루의 벚나무를 전달했다는 것. 즉 자국의 이익을 위해 밀약을 맺은 미국과 일본이 '우호'의 상징으로 벚꽃을 이용했다는 것이다.

이 같은 일본의 벚꽃 외교는 100년이 지난 후에도 재현됐다. 지난 2012년 뉴저지주 팰리세이즈파크를 찾은 일본 의원들은 팰팍도서관 앞 일본군 위안부 피해자 기림비 철거를 요구하며 "팰팍을 워싱턴DC와 같은 벚꽃 명소로 만들어주겠다"는 제안을 했다.

당시 팰팍 타운홀에서 일본 의원들의 이 같은 발언을 들은 백영현 1492그린클럽 대표는 "아무 죄도 없는 자연을 정치적인 도구로 이용하는 것에 분한 마음이 들었다"고 밝혔다.

최근 백 대표는 버겐카운티정부와 손을 잡고 북부 뉴저지의 랜드마크로 꼽히는 '오버펙파크' 업그레이드에 나섰다. 수 만 그루의 한국산 나무를 심어 맨해튼 센트럴파크처럼 주민들의 사랑을 받는 대표적 자연 공간으로 만들자는 계획이다.

백 대표는 이 계획의 일환으로 오버펙파크에 제주산 왕벚나무길을 조성하겠다고 밝혔다. 그는 "미국인들에게 한국산 벚꽃의 아름다움을 보여주고 싶기 때문"이라고 말했다.

한국의 벚꽃을 지키려는 노력은 과거에도 있었다. 미국에서 독립운동을 전개한 이승만 박사는 1943년 "워싱턴 포토맥 강가의 벚꽃 원산지는 한국임으로 이를 고쳐야 한다"고 주장했다.

또 이 박사는 일본의 진주만 공습으로 불거진 반일 감정 때문에 워싱턴의 벚꽃이 사라질 위기에 처했을 때 "벚꽃의 원산지는 한국"이라며 구명 운동을 벌이기도 했다.

이 같은 노력의 산물은 워싱턴DC의 아메리칸대 캠퍼스에 흔적을 남기고 있다. 이 박사는 1943년 아메리칸대에서 열린 대한민국 임정 수립 24주년 기념식에서 제주왕벚 네 그루를 심었으며 대학 측은 2011년 이 박사가 심은 왕벚나무 인근에 한국정원을 개장했다.

서한서 기자 hseo@koreadaily.com

(以下 infoseek マルチ翻訳)

[ニュース中に] ワシントンDC 桜祭り行く前, これは分かってください [ニューヨーク中央日報]

韓国山林庁 DNA 分析結果 '済州山ワングボッコッで来由' 結論

発行: 04/08/2014 米洲版 4面   記事入力: 04/07/2014 16:02 

'朝鮮支配認定' 密約結んだ後日本が政治的目的盛って贈り物ペルパック慰安婦ギリムビ無くしなさいといいながら最近にもまったく同じな破廉恥行為

毎年春期になれば開かれるワシントンDCの桜祭り. 韓人たちもたくさん尋ねるこの祭りの主人公である桜原産地が日本ではない韓国という事実が分かる人々は多くない.

桜祭りを捜す大部分の訪問者はこの桜が日本の物だと信じている. しかしワシントンDCの桜は日本産ではない済州山ワングボッコッという分析が説得力を得ているし日本が桜を政治的道具で利用しようとする試みを倦まず弛まずして来ているという指摘も出ている.

韓国山林庁林業研究員などがワシントンDCの桜 DNA 分析をした結果ワシントンDCの桜は済州漢拏山で自生するワングボッナムで来由された事実を明かした.

しかしこの事実が分かるこれは多くない. 日本がワシントンDC 桜を自国の物だと全世界的に広報しているから. また裏面には桜を利用した政治的な布石が隠れていたりする.

1912年ワシントンDCに桜が初めて入って来るようになったきっかけは 1905年結んだがスだと-タフト密約で日本の朝鮮支配を認めてくれたウィリアムタフト大統領の否認ヘレンタフトが膜厚で影響力を行使したからと知られた.

ヘレンタフトが 1907年日本を訪問した時桜を見て感嘆するとファーストレディーになった後人 1912年日本側が感謝の表示と言いながら 3020本の桜を伝達したということ. すなわち自国の利益のために密約を結んだアメリカと日本が '友好'の象徴で桜を利用したというのだ.

このような日本の桜外交は 100年が去る後にも再現された. 去る 2012年ニュージャジー州ペルリセイズパクを捜した日本議員たちはペルパックドソグァン前日本軍慰安婦被害者ギリムビ撤去を要求して "ペルパックをワシントンDCのような桜の名所で作ってくれる"は提案をした.

当時ペルパックタウンホールで日本議員たちのこのような発言を聞いた百英賢 1492グリーンクラブ代表は "どんな罪もない自然を政治的な道具で利用することに悔しい気がした"と明らかにした.

最近百代表はボゲンカウンティゾングブと手を握って北部ニュージャージーのランドマークで数えられる 'オボペックパク' アップグレードに出た. 数万本の韓国産木を植えてマンハッタンセントロルパクのように住民たちから愛される代表的自然空間で作ろうという計画だ.

百代表はこの計画の一環でオボペックパクに済州山ワングボッナムギルを造成すると明らかにした. 彼は "アメリカ人たちに韓国産桜の美しさを見せてくれたいから"と言った.

韓国の桜を守ろうとする努力は過去にもあった. アメリカから独立運動を展開した李承晩博士は 1943年 "ワシントンポトマック川端の桜原産地は韓国なのでこれを直さなければならない"と主張した.

またこの博士は日本の真珠湾空襲ではみでた反日感情のためワシントンの桜が消える危機に処した時 "桜の原産地は韓国"と言いながら救命運動をしたりした.

このような努力の産物はワシントンDCのアメリカン台キャンパスに跡を残している. この博士は 1943年アメリカン台で開かれた大韓民国臨時政府樹立 24周年記念式でゼズワングボッ四本を植えたし大学側は 2011年この博士が植えたワングボッナム隣近に韓国庭園を開場した.

書簡で記者 hseo@koreadaily.com

読んでいると腹がたつよりあきれますが、でも呆れているだけでは駄目なんです。声を大にして言い返さないと!

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

|

« 韓国キムチの代わりに、まさかの韓国人大量流入? | トップページ | 日韓協議は、言葉を使った戦争と心得よ! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国キムチの代わりに、まさかの韓国人大量流入? | トップページ | 日韓協議は、言葉を使った戦争と心得よ! »