« アメリカが日本の口封じをする理由とは? | トップページ | 在日韓国人のどこまでやるの?精神的苦痛でカネカネキンコ! »

日本毀損。もとはといえば、全てアメリカ発ではないか?

WGIP(大東亜戦争終結後、GHQによる日本占領管理政策の一環で、
戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)
の呪縛が戦後69年間まだ解けずにいます。

戦争時に占領しようとしたとき、軍が一番最初に行うことは報道機関の占拠です。
NHKラジオでは、1945年12月9日から「真相はこうだ」が、週に4回10回シリーズで放送開始されました。(再放送あり)
この番組は1946年2月まで続き、その後も「真相箱」「質問箱」と番組名を変えて1948年8月まで続けられたようです。
実に3年間徹底的に捏造した歴史観を、GHQの占領政策として日本人に叩き込んだのです。

アメリカ軍の行った東京大空襲、原爆投下等の民間人の大量虐殺から目をそらせるために、
ありもしなかった南京大虐殺をはじめ、日本軍の残虐性を報道させ続けたのですよね。

独立国として身動きの取れない憲法を押し付けたのもアメリカです。

大学の学長等、学校関連の要職に、当時追放中だった反日共産党員を抜擢しました。

日教組の設立も、アメリカの教育使節団の提言によるものでした。
(初代日教組の代表は、マルクス主義歴史学者の羽仁五郎氏)

そして、南京大虐殺をはじめとする日本を貶めるための捏造は、GHQから現在は中国・韓国へと受け継がれました。
なぜかといえば、そうする事が自国の国益になるからです。
彼らからすれば、敗戦と自虐史観洗脳ですっかり腰抜けになった日本はおいしいカモなのです。

私は自民党の批判も書きますが、自民党の他に支持出来る政党はありません。
韓国は大嫌いですが、韓国人の友人もいますし、
日本の国を愛していますが、心底憎悪する日本人もいます。
そしてアメリカも批判しますが、子供の頃からアメリカ人は大好きです。
ですが、やはりアメリカという国をよく知って、付き合っていくべきです。
そして主張すべきことはしっかりしていくことが、本当の意味で『互いに良い関係』が築けるのだと思います。

民間交流は、私の住む下田市も行っています。
http://www.shimoda-city.info/kurofune.html

国家は国家として、凛然たる態度で外交を展開していただきたいと思います。

いつもポチ押し応援のひと手間、ありがとうございます。

ツイートでの拡散も感謝いたしております。m(_ _)m

皆さんのクリックが、ブログを綴る原動力です。

       

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« アメリカが日本の口封じをする理由とは? | トップページ | 在日韓国人のどこまでやるの?精神的苦痛でカネカネキンコ! »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカが日本の口封じをする理由とは? | トップページ | 在日韓国人のどこまでやるの?精神的苦痛でカネカネキンコ! »