« 消費税増税と移民政策は連動しているのか? | トップページ | さあ、ここからが正念場!正しい歴史認識の教科書は、果たして採用されるか? »

食文化を否定された日本の今後

調査という名目で細々と捕鯨を繋いできた日本ですが、オーストラリアが日本が南極海で行っている捕鯨は条約に違反だとして、
国際司法裁判所に訴えていた裁判で、全面敗訴してしまいました。
南氷洋での調査捕鯨は出来なくなったということですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20140402-00000037-ann-pol
安倍総理も怒り心頭だったようですが、判決が出た以上従わざるを得ません。

賛成意見は12人、反対意見は日本を含め4人で、今回の判事16人のうち10人は反捕鯨国出身だったようです。

国際司法裁判所は訴えても相手国が応じなければ、裁判は成り立たなかったはずです。
日本は韓国で学習していますよね。
それなのに何故司法の場に出て行ったのでしょうか?
勝てる見込みがあったからなのでしょうか?
いろいろな裏事情があったのかもしれませんが、そもそも鯨が激減したのは日本の捕鯨が原因ではありません。
世界の捕鯨の歴史を振り返ってみましょう。

大がかりな捕鯨は11世紀、イベリア半島のビスケー湾を起源とします。
1560年代に最盛期を迎え漁場は大西洋にまで及んでいます。
当時鯨油のもたらす利益の大きさは、鯨の乱獲へ繋がっていきました。

1590年代になるとスピッツベルゲン島の漁場をめぐってイングランドとオランダが争い、捕鯨船は武装化し大きくなっていきます。
1630年代後半にはスピッツベルゲンの資源が枯渇し、漁場は北大西洋に移っていきます。

この頃の欧州各国の乱獲で、北大西洋のコククジラは絶滅します。

さてアメリカは乱獲による資源の枯渇から沿岸操業がかなわなくなり、
18世紀になると船を大型化し太平洋全域に漁場を求めます。
1820年代には日本周辺にもやってきます。日本周辺はきわめて資源豊富な漁場であり多くの捕鯨船が集まってきました。

アメリカ式の捕鯨というのは油を採取し他はすべて捨ててしまうという完全な商業捕鯨です。
捕獲した鯨を船上で解体し、皮などを釜で煮て油を採り樽詰めし、薪と水を出先で補給しながら最長4年位の航海を続けるという方式です。
鯨の肉・骨・その他、すべて海洋投棄します。このように当初アメリカは捕鯨の中継基地が日本に必要となったため、
日本に開国を迫ったのです。

地球上の鯨を絶滅に追いやったのは、日本ではなく欧米です。

今回日本を国際司法裁判所に訴えたオーストラリアは、1790年代頃にイギリスから送られてきた囚人たちに捕鯨をさせていました。
1833年までは鯨製品の方が羊毛を売るより儲かるという理由で捕鯨を産業としており、
オーストラリア周辺の鯨は、乱獲によって絶滅寸前までになったのです。

その後鯨油の代替エネルギーできてからは、捕鯨は衰退していきました。
儲からなくなったから、捕鯨をやめただけの話なのです。

オーストラリア人がカンガルー肉を食べるのも日本人感覚だと理解できませんが、カンガルーを食べるなとは言いません。
食文化は尊重されるべきものなのです。人間の都合で食べて良い哺乳類と、食べて悪い哺乳類を分けること自体がおこがましい!
なぜその矛盾を指摘しないのでしょか?

私は「カンガルーを食べても可哀想じゃないけれど、鯨を食べるのは野蛮なんですか?」と、オーストラリア政府に聞いてみたいです。

日本の捕鯨はすでに奈良時代からあったようで、文献には「いなさとり」という捕鯨を意味する枕詞が出てきます。
江戸時代になると水軍から発生した鯨組という捕鯨専門集団が出現します。
鯨組は捕獲から解体、鯨油抽出・鯨肉塩漬けなどの他、農業資材や工芸品などの商品の加工までを行う数千人規模の巨大な組織になり、藩からの支援も受け商品は全国に流通しています。
多数の労働者を抱える日本の古式捕鯨は、共同体を大切にする日本の文化が育てたものだといえます。
捕鯨を生業とした地域には鯨に対する感謝から、鯨を祀る神社も多くあります。
捕鯨についても商業をベースにした欧米と、共同体の利益をベースにした日本とでは全く文化が違うということがよくわかりますよね。

日本の行っている捕鯨は調査捕鯨です。捕鯨の頭数もきちんと国際的に決められており、尊守しているじゃないですか!
オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、アメリカ、オランダなどの反捕鯨国は、
自らが鯨を乱獲して絶滅させた負い目からなのか、現在捕鯨を続けている日本を目の敵にしているように思えます。

鯨だけではなく鮪なども保護の対象になっていますので、今後はどんな理不尽な規制と訴訟が起こされるかわかりませんね。
あらゆる言いがかりをつけ、日本を窮地に追いやろうとするでしょう。それが彼らの国益にかなえば、なんでもやります。
もっと賢く外交をしていって欲しいと、切に願うばかりです。
日本が海からの脅威にさらされているのは、大航海時代から何も変わっていないのです。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

|

« 消費税増税と移民政策は連動しているのか? | トップページ | さあ、ここからが正念場!正しい歴史認識の教科書は、果たして採用されるか? »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 消費税増税と移民政策は連動しているのか? | トップページ | さあ、ここからが正念場!正しい歴史認識の教科書は、果たして採用されるか? »