« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

消費税増税と移民政策は連動しているのか?

4月1日から消費税が8%に引き上げられることになりました。
(平成27年10月に消費税10%へと段階的に消費税が引き上げられる予定)
財務省の試算によると消費税増収分は8兆1千億円で、
国の会計年度と企業の事業年度の違いなどで、初年度は5兆1千億円と見通しをたてているようです。
消費税増税分の使い道はどのように説明されていたか、思い出してみましょう。

政府は消費税増税分は、年金や医療などの社会保障の充実(5千億円)・安定化(4兆6千億円)に使われると説明してきました。

■5000億円(約1割)が社会保障の充実策
(内訳)

・3000億円:待機児童解消など子育て支援
・620億円:低所得者の国民健康保険料を軽減
・50億円:高額療養費制度の拡充
・300億円:難病対策
・1000億円:医療・介護のサービス提供体制整備
・10億円:遺族年金の支給を父子家庭に拡大

■2兆9500億円が基礎年金の安定財源

■1兆4500億円が高齢化による社会保障費の自然増や赤字国債の解消

■2000億円が物価上昇への対応

昨年の住民基本台帳法改正と外国人登録法の廃止により、それまで1年間の滞在が必要だった国民健康保険の加入要件が、3ヶ月の短期滞在外国人にも適用になるよう緩和されました。
入国した短期滞在(3ヶ月)の外国人が住民登録をすると、国民健康保険証が交付され、直ちに国保サービスを受けることが可能になったのです。
地方自治体の国民健康保険特別会計は慢性的に苦しい運営で、一般会計からの赤字繰り入れも安易に出来ず、かといって健康保険税を値上げすれば収納率ががくんと落ちます。
このような現状を解っていながら、上記法律の改正によって一銭も納税していない外国人にも、国保サービスが提供されるようになりました。
例えば、外国人女性が短期ビザで日本で働き、日本人男性と結婚妊娠し、自国へ帰って出産し、再度入国し出産一時金を受け取り(証明書提示)また帰国。
同様に短期ビザで日本で働き帰国、高額医療を受け日本に再入国、かかった費用を受け取り(証明書を提示)帰国ということも、すでにおこっているようです。
(日本の自治体では、外国人が提示した各国語の証明書を、レセプト点検する能力があるとはとても思えません)
支えているのは、まじめに納税をしている日本人です。(もちろん、外国人でも国保税をまじめに納税している方もいると思いますが)
そういった意味では自民も民主も関係なく、政権をとった政党が外国人に対して如何に『寛容』過ぎるのか怒りさえ感じてしまいます。
どこの国で短期滞在外国人に「国民健康保険」を使わせてくれる国があると言うのでしょう?
移民立国であるアメリカさえも、医療保険は個人個人で独自で加入しなければ、病院に行くのも、救急車で運ばれるのも多額の費用がかかります。
あまり知られていませんが日本は医療レベルの高さの割に10割負担でも実は諸外国と比較して医療費が安価なのです。
だからこそ中国の富裕層が人間ドックに入りにくるツアーとかあるのですから。

日本国民の健康を支えるための「国民健康保険」制度では無いのでしょうか?
外国人で短期滞在と言うのはゲストでしかありません。
まともな旅行者なら旅行保険に加入しているでしょうね。
日本人が海外に行く時にお守りのように旅行傷害保険に加入するように。
それが機能しているのであれば、国保の加入など不要なのではありませんか?
世界中のどこの国に「外国人優遇政策」をとっている国があると言うのでしょう?
非常に不可解な「規制緩和」だと私には思えてなりません。

消費税増税による社会保障の充実策のうち、在日外国人に対する実質的な援助額は、どのくらい隠されているのかと考えてしまいます。

そこに出てきたのが移民受け入れ政策です。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140313/plc14031319260010-n1.htm
毎年20万人の移民受け入れ 政府が本格検討開始
(msn産経ニュース 2014.3.13 19:24 一部引用)

・・・(ここから転載)・・・
移民政策には雇用への影響や文化摩擦、治安悪化への懸念が強い。しかも、現在は外国人労働者は高度な専門性や技術を持つ人材などに限定しているが、毎年20万人を受け入れることになれば高度人材だけでは難しい。単純労働に門戸を開く必要が出てくる。
政府は移民議論と並行して、外国人労働者の受け入れ拡大を先行させる考え。
東日本大震災の復興や東京五輪に向けて建設業を中心に人手不足が拡大していることから、最長3年となっている技能実習制度の受け入れ期間延長や、介護職種を対象に加えることなどを検討している。改革案は6月にまとめる新たな成長戦略に反映させる。

・・・(転載ここまで)・・・

短期ビザ滞在で国保サービスを受ける外国人が、激増するという事ですよね。
これでは市町村の国保会計は完全にパンクです。

単純労働をする外国人が増えれば、それだけ治安は悪くなります。
移民を推進したフランス、オランダ、カナダなどの失敗例を見れば充分でしょう。
宗教観の違い、道徳観の違い、金銭感覚の違いなど考慮すれば「移民」という選択肢はあり得ません。

そしてそのための警察機能(治安機構)は十分なのでしょうか?予算は取ってあるのでしょうか?

震災復興や東京五輪に向けての外国人労働者の受け入れは、移民政策への布石だと自民党内でも異論が出ていると、
産経ニュースでは伝えていますが、保守政党が一番やってはいけない政策だと思いますけれど。
まさか消費税増税が、移民政策とセットになっているなんてことはありませんよね?

さて、治安悪化すれば事件が増えます。
事件が増えれば弁護士の仕事が増えますよね。
不可解な少年事件の弁護や、東京都知事選挙の時から、弁護士=左翼(共産党)という図式が、私の頭の中には出来上がってしまっているのですが、
風が吹けば桶屋が儲かるかのように、治安が悪けりゃ左翼が儲かるのではないでしょうか。
現状は、なにやら日本政府は、偽りの正義を振りかざす左翼を助けるための法整備をしているとしか思えません。

もっと悲劇的な考え、しかし現実に起こりうると懸念されるのは、中国が行っている対チベット、対ウィグルの政策と同じことをこの日本でも起こせるのだということです。
中国共産党はチベットに漢民族を大量に送り込み、チベット民族の男性を断種し、女性を妊娠させ漢民族とのハーフを出産させるという、チベット民族根絶やし政策を行っています。
一人っ子政策によって、表向きの書類上は戸籍の無い、いわゆる黒子に戸籍を作り、パスポートを取得させ、大量に日本に労働者として送り込むことも可能でしょう。
中国人が日本人を殺しても、中国では愛国無罪です。実際過去に農業研修目的で来日した中国人が、親切な日本の老夫婦を強盗殺人した事例すらあるのです。
つい最近でも広島のカキ養殖場で何人もの日本人が中国人に殺傷されるという痛ましい事件が起きました。
安価な外国人労働者の採用は日本という国を滅ぼします。

日本という国が潰れるとどこが得をするかよく考えて、国政を行って欲しいと思います。
対国家に対してはシビアで冷静な判断をするべきなのです。
どうしても外国人労働者を受け入れなければいけないのなら、シンガポールの厳しい移民法などを参考にすべきだと個人的には思っています。
対個人と対国家は分けて考えてはいけません。
外国人雇用が優遇され、日本人の雇用が減るのであれば本末転倒です。

日本が成熟した国家を目指すのであれば、外国人の移民など必要ないはずです。北欧レベルの福祉国家を目指すべきです。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

日本を貶める韓国にラブコール。川勝静岡県知事、どの面さげて慰霊祭に花を供えるのですか?

今日は「第34回下田市戦没者戦災者合同慰霊祭」が開催されました。

戦没者遺族年金需給世帯は、ごくわずかです。戦没者遺族会世帯数も激減しています。今年は特に参列者の

少なさを感じました。

理由は戦没者遺族の高齢化です。お亡くなりになった方も多かったのかもしれません。

関係者のお話ですと、「私たちも高齢になり、会員も(亡くなり)少なくなってきた。合同慰霊祭も難しく

なってきたので、各地域にある忠魂碑の前での慰霊を行うことを考えている」ということでした。

一般財団法人日本遺族会を所管する省庁は厚生労働省で、下部組織に県遺族会、市町遺族会となっているよ

うで、
毎年静岡県知事の慰霊の詞は、賀茂健康福祉センター所長が代読、玉串奉奠をしています。
静岡県知事・川勝平太の名前で、スタンド花も供えられていました。

その川勝静岡県知事ですが、日本を貶めるために生まれたような国・韓国を、とてもお好きなようです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140324/lcl14032422130004-n1.htm

ウリジナル国家のために、日本がどれほど貶められているのか知ってのことでしょうね?
ちょっと例をあげてみましょう。

・ソメイヨシノ

Yasukuni

(靖国の桜も、羨ましくて仕方ないんでしょうね)

・いちご(レッドパールなど、日本から苗を盗む。ロイヤリティーを支払わず))
・茶道(千利休は朝鮮人だ)
Kankokutyanoyu1 

Kankokutyanoyu2

Kankokutyanoyu3
(どこが茶道なんでしょうか・・・)

・華道・盆栽
・剣道(クムド)
Kumudo
映画のポスターそのまんま盗むって…
・空手(テコンドー)
・侍(サムラン)・日本刀・居合(コハプト)
・柔道・合気道・・・
・道の精神
・忍者・アニメ
・和歌・言語・文字・折り紙・歌舞伎
・日本の食品ほぼ全て
・祭・神様
・秋田犬
・田沢湖・・・
(だんだん疲れてきたのでとりあえずここまで)
田沢湖に至っては、日本に強制連行された韓国徴用兵が掘った人工湖で、
作成の過程で多くの事故や犠牲者が出た血塗られた湖とまで言ってるんですよねぇ。
田沢湖は地質学上、180万年前から140万年前の爆発的噴火によるカルデラ湖ですから。

Tazawako
(最大深度423.4メートルの日本一深い湖を、人力でどうやって掘るんじゃい!)

しかし何より感化できないことは、捏造でしかない従軍慰安婦を謝罪しろと世界中にふれまわり、
「日本軍はいたいけな少女を強制的に連行し、性奴隷にした」とあちらこちらに慰安婦像まで建てていることです。
Ianfuzou

Ianfuzou2
御英霊に対する最大級の侮辱ですよ。
そしてその嘘を、朴槿恵大統領は就任時の演説で、「1000年の恨み」という言葉を言い放ったのですけれど

アメリカの要求で実現してしまった日米韓の会談ですが、
安倍総理が韓国語で挨拶したにもかかわらず(私は安倍総理のこの行動は、強く批判します)、
まるで能面のように笑顔すら見せない非礼な朴槿恵大統領です。
私は朴槿恵大統領に対して、「そんなに嫌いなら、日本と国交断絶しなさいよ!」と言いたいです。

韓国と付き合ってよかったことなど、日本の歴史の中で、ただの一度もありません。
しっかりと歴史を勉強してくださいね、学者出身の県知事さん。
国家と仲良くなど幻想でしか無いことに気が付くべきなんです。
あなたがそんなことをしていると、日本国民が迷惑をするんですよ。

そんなあなたの供えた花を見て、御英霊は哀しみでいっぱいだったでしょうね。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

川勝平太静岡県知事の好韓度急上昇!

静岡県議会2月定例会で、
「朝鮮通信使については、日韓関係が悪化している時だからこそ、平和のメッセンジャーとしての役割の再評価を行うべきだ」という公明党の前林孝一良議員の一般質問に対し、
川勝平太知事は、「再顕彰に最大の努力をしていきたい」と答弁したようです。

そして、韓国の国会議員と政府観光局担当者ら計30人が、今月の23日から25日まで静岡県に滞在するようです。
さらに24日にフォーラム を開くことになっているとか。
前林議員の質問が6日ですから、なんとすばやい対応でしょうか。
事前に協議ができていたと、考えるのが普通ですね。

川勝知事は、「407年前に第1回 通信使が駿府で家康と面会した朝鮮暦の6月19、20日を念頭に『何ができるか、真剣に考えたい』と 答えた」そうですが、知事の頭の中で朝鮮通信使はどういう位置付けなんでしょうか?
朝鮮によって技術や文化がもたらされたと思っているのでしょうか。
朝鮮通信使を日本側から考えたら、絶対に友好には結びつきません。
「江戸時代に、朝鮮から来日した朝鮮通信使は、徳川幕府が経済的に困窮に陥ったために、先進文物を取り入れようと、李氏朝鮮王に懇願して招いたものだったのだ。」という、韓国の歴史教科書の記述を、鵜呑みにしているわけではありませんよね?
(私なんぞは、朝鮮通信使=鶏泥棒という認識ですが…)

初回が慶長12(1607)年で、最終回が江戸後期の文化8(1811)年で、
当初の3回は、国交回復や捕虜返還交渉で、以降は新将軍就任の祝賀のための来日です。

日本を見た朝鮮通信使の書き残した文書が、金仁謙の著書『日東壮遊歌』に記されており、
その抜粋がありましたので、ご紹介しておきます。
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-29.html

日東壮遊歌
日東壮遊歌とは、江戸時代の1764年(明和元年)に第11次朝鮮通信使の書記として来日した金仁謙が書いた記録

●1764年1月22日 大阪
100万軒はあると思われる家の全ては「瓦の屋根」だ。凄い。
大阪の富豪の家は「朝鮮の最大の豪邸」の10倍以上の広さで、
銅の屋根で、黄金の内装である。 この贅沢さは異常だ。
都市の大きさは約40kmもあり、その全てが繁栄している。信じられない。
中国の伝説に出てくる楽園とは、本当は大阪の事だった。
世界に、このように素晴らしい都市が他にあるとは思えない。
ソウルの繁華街の10000倍の発展だ。
北京を見た通訳が通信使にいるが、「北京の繁栄も大阪には負ける」
と言っている。
穢れた愚かな血を持つ、獣のような人間が中国の周の時代に、この土地にやってきた。
そして2000年の間、平和に繁栄し、一つの姓(つまり天皇家)を存続させている。
嘆かわしく、恨めしい。

●1764年1月28日 京都
街の繁栄では大阪には及ばない。
しかし倭王(天皇)が住む都であり、とても贅沢な都市だ。
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広がっている。
この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
悔しい。 「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
悔しい。 この犬のような倭人を全て掃討したい。
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。

朝鮮遣唐使は、江戸幕府の朝鮮出兵を恐れ、朝貢使として派遣していたのです。

このように韓国が捏造した歴史は、日本との友好になるわけが無いのです。
強制従軍慰安婦の捏造と同じです。
捏造した歴史を褒め称え、謝罪し、貢物(財政支援)をして友好を図って、
そこに生まれるのは何でしょうか?
日本の誇りを失うばかりでなく、結果として韓国に対する憎悪が生まれるだけなのですよ。
外交というのは、互いの国益をはっきり主張し、またギリギリの譲歩をしていくことでしょう?
お花畑な考え方では、国益を損ねます。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140322/mca1403220929000-n1.htm
朴大統領に「6月、静岡訪問を」 静岡知事が招待状、式典の目玉に
(sannkeibiz 2014.3.22 09:27 一部引用)

・・・(ここから転載)・・・
静岡県の川勝平太知事が、韓国の朴槿恵大統領と6月に静岡市内で会談するため招待状を送付したことが21日、同県関係者への取材でわかった。川勝知事は取材に対し「平和な関係を作るのに一人の国民としてできることをするということ」と話している。
慶長12(1607)年に朝鮮通信使が来日して、現在の静岡市で徳川家康から歓待を受けた6月19、20日を朝鮮通信使を顕彰する記念日にしたい考えで、その目玉として、記念式典に朴大統領の出席を要請したとみられる。

・・・(転載ここまで)・・・

朴槿恵大統領に招待状ですって?
何を考えているんでしょうか…
一自治体の首長が、微妙な状況の国家外交に首を突っ込むような話です。

百歩譲って民間交流はよいですよ。それぞれの立場で、それぞれの責任でおやりになるのなら。
万歩譲って自治体同士の友好もいいでしょう。
特に静岡空港という最悪のお荷物施設に、航空便を増やそうとする試みだと主張するのならば。
でも今回のことは、韓国大統領マンセー!にしかなりませんよね?
韓国に擦り寄って、国益になったためしはないのです。

そして調べていたら今回のことは、以前から伏線が引かれていたことが解りました。
2013年の4月に韓国中部にある忠清南道と静岡県の間に、友好協定を締結させていました。

以下、静岡県ソウル事務所活動報告より転載

http://shizuokaseoul.com/Report/Sub01.asp?page=View&IDX=46&tb=Industry&search=&searchkey=&List_BD_GUBUN=&List_StartDate=2011-01-01&List_EndDate=2014-03-23&start=
平成26年2月9日(日)から12日(水)にかけて、静岡県ソウル事務所は、静岡県との友好交流協定を締結している韓国中部地域の忠清南道の民間団体との交流を希望する県内の民間3団体の韓国訪問をサポートいたしました。
 忠清南道を訪問された静岡県側の3団体は、静岡県写真協会、日本茶道塾、しずおかフライングディスク協会で、それぞれ、社団法人写真作家協会(忠清南道支部)、韓国茶文化協会(忠清南道支部)、忠清南道障碍人体育会に対して、薄茶手前やフライングディスクの実演等の交流を行いました。
 当事務所では、今後も、このような民間団体のみなさまの韓国の民間団体との交流に対するサポートを通じて、本県と忠清南道との友好交流を深めてまいります。
この協定に基づき静岡県は、外交を通じた日韓関係の改善を目指し、
経済や文化、観光や教育といった分野で協力と交流を進めている。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=646012572136507&set=pcb.646015392136225&type=1&theater
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=646012848803146&set=pcb.646015392136225&type=1&theater

今後も静岡県の動向に、注視していきたいと思います。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

譲歩すれば、韓国は永遠に「償うてください!」と叫び続ける。

全力で自国の国益を追求するという意味合いにおいては、
確かに韓国は正しいし凄いですよ。
時事通信の伝える韓国日報によると、
「河野談話・村山談話の継承、首相の靖国神社参拝の中止、慰安婦問題の協議をしなければ、首脳会談をしない」そうです。

大半の良識ある日本国民は、「はい、首脳会談は、しなくて結構!」
と言うと思いますけれど、果たして日本政府はどう答えるのでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140318-00000040-jij-kr
首脳会談へ3条件提示=参拝中止、慰安婦協議など―韓国紙

時事通信 3月18日(火)10時53分配信 (記事全部引用)

・・・(ここから転載)・・・

 【ソウル時事】韓国紙・韓国日報は18日、ソウルで開かれた日本との外務次官会談で韓国側が、首脳会談実現の条件として、首相の靖国神社参拝中止や、従軍慰安婦問題の協議など三つを提案したと報じた。
 同紙によると、12日の次官会談で日本側は、日韓首脳が条件なしで早い時期に会い、虚心坦懐(たんかい)に対話すべきだと強調した。これに対し韓国側は、(1)河野洋平官房長官談話と村山富市首相談話の継承表明(2)安倍晋三首相の靖国神社参拝中止宣言(3)慰安婦問題を話し合う協議体の稼働―の3条件を提示したという。
 

・・・(転載ここまで)・・・

菅官房長官が「河野談話は見直さず」という見解を出したら、もうこれですよ。
しかも韓国メディアが、「従軍慰安婦の強制連行は無かった」という資料を、公開した直後にこれです。

「整合性」と言う言葉は、存在しないのでしょうかね。

韓国は、一歩譲れば二歩踏み込んでくる、そういう国柄でしょう?
日本政府は何度経験すれば解るのでしょうか?

諸悪の根源「河野談話」だって、一歩譲った事が発端で、今まで延々と恐喝され続けている結果を産んでいます。石原元官房副長官の、国会参考人承知でも明らかになりました。

今回は平昌への支援を求めてくるのは間違いありません。
既にIOCにも協力を要請しているようですし。
平昌がウィンター競技に向かないという事実や、
施設や道路整備もままならない経済状況であることも、以前の記事に取り上げました。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-4ab0.html
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-f498.html

日韓サッカーワールドカップを思い出してください。
日本が融資したはずのサッカースタジアム建設費用300億円は、
全く返ってくる気配はありません。
借りた金は返さないというのは、盗人と同じなんですけれどね。

日本に対して何かといちゃもんをつけ、世界中あちらこちらで日本の悪口雑言を撒き散らす。
韓国は、何かにつけて「償(まど)うてください、償うてください!」とわめき散らす、
宮沢賢治の寓話「ツェねずみ」ですよね。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1949_18526.html

(「償うてくだされ・・・」→「償うてください」 間違いを指摘頂き、直しました。ありがとうございました)

「韓国のオリンピックを支援するために、私達の納めた税金は絶対に使って欲しくない!」
「自前でオリンピックを開催できないなら、招致するな!」
と、普通の日本国民はそう思いますよ。

先の参議院選挙でも社会保障のためだから、
消費税率アップも呑んで自民党に投票してくれたわけですよね?
日本を貶めることを国策としているいる韓国に対し、
何故ここまで気を使うのでしょうか。
例えアメリカからの圧力だとしても、
絶対に譲れないという強い意思表示もしなければ、
国際社会では永遠に負け犬です。

「日本を取り戻す」ことなど、できやしませんよ!

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

ありがとう、韓国メディア。「強制の従軍慰安婦なんていなかったんだよ!」って証拠を出してくれました。

韓国政府は誤解しているようなんですけれど、慰安所はあり慰安婦はいたんです。
でも、日本軍による強制は無かったんです。
従軍慰安婦もいなかったんです。

当時は売春は合法であり、娼妓として高給を稼いでいました。
あくまでも公募により集められ、日本軍と契約したプロの売春婦なんです。
ですから、強制連行はありませんでした。

慰安所は軍が設置し、きちんと食事や健康等を管理していた、軍人のための売春施設です。

そして当時従軍慰安婦という言葉はありませんでした。
あったのは従軍記者や従軍看護婦等で、従軍証明書が発行されていました。
従軍ではなかったので慰安婦には、従軍証明書は発行されていません。
元毎日新聞記者・千田夏光が作った言葉です。

韓国政府の皆さん、意味解りますか?
朴槿恵大統領も解っていないようですが、
なんと韓国メディアが、この誤解を見事に解いてくれました。

こちらのニュースをご覧ください。
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=001&aid=0006808179
"위안부는 일본군 부대시설" 美전쟁문서 확인
NAVER/ワシントン=聯合ニュース

一部を翻訳してみました。

문서는 당시 위안부의 화대가 3.5∼5엔이었으며 일본군 병사의 월급은 24엔이었다고 밝혔다. 이 포로는 매달 10엔을 저축하고 나머지는 궐련을 사는데 썼으며 자신은 이용하지 않았다고 진술했다.

문서는 1945년 4월28일 G.F 브룬다 육군 중령이 작성했으며 문서번호는 'OSS CONFINDENTIAL C.I.D XL8505'이다.

          

文書は当時慰安婦の花代が 3.5~5円だったし日本軍兵士の月給は 24円だったと明らかにした. この砲では毎月 10円を貯蓄して残りはシガレットを買うのに使ったし自分は利用しなかったと述べた.

文書は 1945年 4月28日 G.F ブルンダ陸軍中佐が作成したし文書番号は 'OSS CONFINDENTIAL C.I.D XL8505'だ.

Pyh2014031400200001300_p2_59_201403

Pyh2014031400210001300_p2_59_201403

韓国メディアが公表したアメリカの公文書で、慰安婦が高給取りだったことが、証明されましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140310/frn1403101539006-n1.htm
夕刊フジのWEBサイト(2014.03.10)の、こちらの記事で紹介されている「ビルマ戦線 楯師団の『慰安婦』だった私」という本は、
自称元従軍慰安婦という韓国人女性、文玉珠(ムン・オクチュ)氏が語り、
慰安婦問題に取り組む森川万智子氏が構成と解説をしたと伝えています。
記事を一部転載します。

・・・(ここから転載)・・・
ビルマでチップが貯まったとして、文氏は野戦郵便局に500円を貯金したが、《千円あれば大邱に小さな家が一軒買える。母に少しは楽をさせてあげられる。晴れがましくて、本当にうれしかった。貯金通帳はわたしの宝物となった》(76ページ)とある。
・・・(転載ここまで)・・・

貯金通帳が宝物って、どんな性奴隷なんでしょうか?

家が購入できる大金を貯金し、ダイヤモンドを買ったなどと記述されているようです。
かわいそうな性奴隷は、家も建て宝石も買っているんですね。ビックリですわ…

この自称元従軍慰安婦・文玉珠が平成4年に起こした、
「戦時郵便貯金の払い戻し請求訴訟」というのがあります。
上の記事を裏付ける有名な話ですが、簡単にご紹介しておきます。

訴訟内容は、戦時中にビルマで「従軍慰安婦」をして貯めた26245円を郵便貯金にしていて、
その中から5000円を朝鮮の実家に送りました。
敗戦後の混乱の中で貯金通帳を失くしてしまい昭和40年に貯金は失効したものの、
誰の入れ知恵か、平成4年になって貯金の払い戻しを要求しました。

戦時中の大卒の初任給が100円から150円の時代に、わずか2年で26000円も貯蓄が出来ていたのです。
当時最下級の2等兵の月給は7円50銭で、下士官である軍曹が23円~30円で、
戦地手当を含めると月額30円程だったといいます。
これらは裁判の過程で明らかになりました。
単純に割り返した場合ですが、日本兵の給料だと飲まず食わずで一生働かないと、この金額を貯金できませんよね。

世間一般には、いえ世界的にはこういう人を、『高給売春婦』と言うんですよ。
解りましたか?朴槿恵大統領。

しかし、日本を貶めている原因を作ったのも、支援しているのも日本人だというのが、全くおかしな話ですよね?どういう理由があるのでしょうか?

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

従軍慰安婦問題に口を出すな、アメリカよ!貴国がどんどん遠くなっていく。

基本、私はアメリカが好きです。
下田市という土地柄は黒船来航を観光資源とし、
毎年開催される黒船祭は、アメリカの公式行事にもなっており、
この一大イベントは、今年で76回を数えます。
祭にはアメリカ海軍も参加し、楽しい国際交流となっています。
子供のときはアメリカ海軍の軍艦見学もでき、大きな楽しみでありました。
そんな楽しいお祭の思いでもあり、アメリカ=友人という感覚が染み付いているのだと思います。
(もちろんそれは、歴史的な云々を全く抜きにしての話です)

そんな私が、最近のアメリカの横暴ぶりに、腹が立って仕方が無いのです。
アメリカのことが嫌いになりつつあります。

13日の参院内閣委員会で民主党・神本美恵子議員の質問に対し、菅官房長官は「河野談話」について、作成の過程で日韓両政府によるすり合わせがあったかどうかに絞って検証し、元慰安婦への政府の聞き取り調査結果の信ぴょう性は「検証は不可能だろう」としました。
当時の調査も含めて検証するとのこれまでの説明を、ひっくり返したのです。

今日の参議院予算委員会で安倍総理は、自民党の有吉治子議員の質問に対し、
河野談話を安倍内閣で見直さないと答弁をしました。

なんとも情けない事です。

「慰安婦は高額の報酬をもらい、借金返済が終れば自国に戻ることも出来、
日本兵と結婚する者もいた」という調書があります。
雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だったとも記されています。
(当時の下士官の月収は15円前後で、なんと慰安婦の給与は兵隊の100倍でした)

これは、1944年8月から9月にかけて、朝鮮人慰安婦に対し行われた尋問の報告です。
(報告者 アメリカ戦時情報局心理作戦班アメリカ陸軍インド・ビルマ戦域軍所属APO689)

こちらは以前にもご紹介した動画ですが、何故アメリカが河野談話見直しに過剰反応するのかわかります。

キリスト教国ではあってはならない人権侵害とやらをやってのけたのですから、
これを隠すためにも日本独りが悪者になってくれれば都合がよいのですよね。
日本政府はアメリカの国立公文書館にあるこの報告書を、日本の国内、そして世界に向けて発信すべきなのです。
それさえ出来ないとしたら、日本は世界中から、最低な人権侵害国家の汚名を着せられたままになるのです。
敗戦国はそんなもんだという声も聞かれますが、少なくとも独立国である以上、
わが国の尊厳だけは死守しなければなりません。

日本政府がアメリカの内政干渉に、いつまでも黙っている理由は何なのでしょうか?

私には理解不能です。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

悔しい!嘘っぱちの河野談話を継承しなくてはならない日米関係。

安倍総理をはじめ、良識ある国会議員の多くは、本音では「韓国との付き合いなんてゴメンだ!」と、思っているのではないでしょうか?
それでも政府はアメリカから「謝れ」言われれば、尻尾を振って「ごめんなさい」としか言わないのでしょう。
このことで日本の多くの保守層が、どんなに悔しい思いをしているのか、あのケネディ大使は知っているのでしょうか?
「黄色いサルが何を思おうと、私には関係ない」としか、思っていないのかもしれませんね。

日米両政府が、24日からオランダで開かれる核安全保障サミットに合わせ、
日米韓3カ国の首脳会談を模索しているという話で、今日斎木次官が訪韓しました。

どんなお土産を持っていったのでしょうか?
アメリカ企業が多額の資本を入れ込んでいる現代への、日本からの融資でしょうか?
それとも交通網も競技場も、まともに進む様子が無い、平昌五輪への支援でしょうか?

これでは安倍政権のスローガン「日本を取り戻す」は、一歩進んで二歩下がっているように見えてしまいます。

そんな中救いになるのは、菅官房長官が「河野談話の調査をする」と言った発言を、を取り下げていないことです。
「決着した日韓間の過去の問題が、韓国側から再び提起されている状況なので、しっかり検証したい」と重ねて強調し、調査も公開するようですし。
http://mainichi.jp/select/news/20140311k0000m010080000c.html

アメリカの顔を立てて、オランダで会談もよいでしょう。
でもね、これだけ日本の保守層が腹を立てているということを、
しっかりと伝えてくださいね。
河野談話の調査も速やかに進めてください。
そして、日本国民の前に、全世界に向けて公開してください。
それをしなければ、手土産を誂えた日本国民は、黙っていはいません。
もう限界ですから。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

「サヨナラ」ダケガ人生ダ

東日本大震災から発災3年、亡くなられた方のご冥福を心よりお悔み申し上げます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

三月定例会中で、流石にブログ更新もままなりません。

三月は別れの季節。

何となく、しんみりとします。

この三月で退職される下田市の職員の方々の答弁も、最後なのだと思うと、なんとも寂しく、今までご苦労を重ねてこられたからこそ出てくる一言一言が、心に重く響いています。

今日は東京大空襲で、アメリカによって日本人が大虐殺された日です。そして明日は、未曾有の大災害、東日本大震災から3年目を迎えます。

多くの人が、人の手によって、自然の驚異によって、この世からさよならをしていきました。

人生って何なのだろうと、センチメントな気分になったりします。

http://daisy0505.blogspot.jp/2014/03/blog-post.html

こちらは、知己のブログ。

「サヨナラ」ダケガ人生ダという、タイトルでした。

全文転載いたします。

・・・(ここから転載)・・・

「サヨナラ」だけが人生だ

唐代の詩人・于武陵(うぶりょう)の作で
「勧酒」と題された五言絶句がある。

この五絶に触れると、領土や政治の問題で一筋縄ではいかないながらも
中国という国の凄さと、それを解釈する日本人の感性について色々と考えさせられる。

日本では「山椒魚」井伏鱒二の訳が有名だ。
原文と書き下し文、井伏訳を順に並べてみる。
以下のサイトから転用させていただいた。


http://homepage1.nifty.com/yasuki-a/toku-kanshu.html

はじめに、原文と書き下し文。

勧君金屈巵  君に勧む金屈卮(きんくつし)
満酌不須辞  満酌辞するを須(もち)いず
花発多風雨  花発(ひら)けば 風雨多し
人生足別離  人生別離足る



これだけだとピンと来ないが、それでも
和訳された途端に文字が躍動しはじめる。



君に この金色の大きな杯を勧める
なみなみと注いだこの酒 遠慮はしないでくれ 
花が咲くと 雨が降ったり風が吹いたりするものだ
人生に 別離はつきものだよ




これに対する、井伏鱒二の訳。
完全にノックアウトされた。



コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトヘモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ
Blossom

実は、このフレーズを識ったのはここ一年ほどの話だったりする。
生涯の戦友が教えてくれた。
いや、もしかしたらどこかのタイミングですれ違っていたかも知れない。

けれども、なぜか今になって「あ、これだ」と訴えてきた。



今年は色々な「サヨナラ」が訪れる。
そして今もいくつかの「サヨナラ」に備えている。
・・・(転載ここまで)・・・
「サヨナラダケガ人生ダ」からこそ、
前を向いて生きていくのですよね。
前を向いて生きるからこそ、
念いや想いを断ち切れるのです。
自分の人生は、自分で決める。
そう言っている様にも思えますが、
果たしてブログ主さんの想いは如何に?

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

外国人参政権を認めたら、日本はウクライナと同じ運命か?

ウクライナの情勢を見ていて、とても不安に思ったことがあります。
ウクライナ南部クリミア自治共和国でロシア連邦編入の是非を問う住民投票が実施されることになりました。
人口の6割を占めるロシア系住民は編入に賛成すると言われています。当然ですよね。
クリミア半島の大部分が、直接民主主義の手法を使って、ロシア領になってしまうという事です。
もともとウクライナは肥沃な大地があり、小麦の一大生産地でした。
この小麦で外貨を獲得したいがために、帝政ロシアが、そしてソビエト連邦が、搾取をし続けていました。
ロシアにとってウクライナは、穀物倉庫だったのですね。
そしてクリミア半島は黒海への出口として、ロシアにとって軍事的要。
大切な土地は、どんなに避難されようとも、手放すわけにはいきませんし、手に入れようともするでしょう。
それは中国や韓国の行動を見ても明らかです。
中国は尖閣諸島を手に入れるために、領海侵犯を繰り返しています。
韓国は竹島を奪い取るために、多くの日本人を殺傷しました。
そしてそれを正当化するために、国際スポーツの場でも独島(竹島の韓国名)は韓国の領土とアピールします。
対馬の韓国人観光客を装った漁民が、漁場を荒らしている問題も同じ事です。

さて、日本が外国人参政権を認めたときに何が起こるか、これでお解りですよね?
日本は6859の島嶼を抱えています。
この中の一番人口の少ない島に、その人口より少し多い外国人が住んだと想像してください。
伊豆諸島の青ヶ島が日本で一番人口が少ない島だそうですが、
その人口170人以上の外国人が移り住むことは、それほど難しいことではありません。
外国人が人口の半数以上を占めるという恐怖、皆さんは感じませんか?
外国人に地方参政権を与えてしまったら、
あっというまに日本の島嶼部は、侵略されてしまいますよ。

日本は島嶼あるからこそ、世界第6位の排他的経済水域を保有できているのです。安倍政権になって島嶼部防衛に目を向けてきていますが、ビザの基準の甘さなど首をかしげることが多いのです。

ビザ発行の厳格化も、防衛関係の国会議員の皆さんに、ぜひ取り組んでいただきたい問題です。急を要します!

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

| | コメント (0)

下田がんバル 〜伊豆のグルメ・まちバルイベント〜

Baru

今日は下田のイベントの宣伝を。

”下田がんバル”チケットを入手して、お得に下田のあちこち、食べ&飲みあるきましょう。

本日3/7 (金)~ 3/9(日)までのイベントです。

http://shimodabar.jp/

http://shimodabar.jp/map-2/

https://www.facebook.com/shimodabar

チケットは、観光施設にも使えます。(参加施設のみ)

上記URLを、参考にしてくださいね。

私は明日から参戦します!

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

平昌オリンピック成功の鍵は、捏造慰安婦への補償金と財政支援?

韓国の経済が行き詰ると、必ず日本叩きが激化するという法則は、
今や常識となっていますよね。
現代自動車販売のアメリカでの不調や、大韓航空の大リストラ、
東部グループの半導体事業売却、双竜建設の経営破綻危機等々、
かなりの危うさです。
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140106/frn1401061811009-n1.ht

韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が4~6日にスイスのジュネーブを訪問し、
「第25回国連人権理事会」で、慰安婦問題をとりあげ、日本がこの問題を解決しなければならないという点を国際社会に訴えるらしいです。
http://japanese.joins.com/article/527/182527.html?servcode=A00&sectcode=A00&cloc=jp|main|inside_left

(ほらね…韓国政府の高官なのに、このカネカネキンコぶり)

韓国が言いたいことは、問題解決=金出せや!なんですから、
韓国経済が日本に対して、如何に依存度が高いかということが解りますよね。
改めて言うまでもありませんが、韓国に対する補償問題は、日韓基本条約締結で全て解決済みです。
びた一文払う必要はありません。
私は、「ライタイハンの問題をそのままにしている韓国政府は、ベトナムに謝罪と補償をせよ」
「日本政府は国連第3委員会で、日本で荒稼ぎしている韓国人売春婦を人権問題として自国へ帰国命令を出すよう、韓国政府に求めよ」という主張を、日本政府だけでなく、日本人もすべきだと思っています。

話がそれてしまいました。

韓国経済がここまで深刻な状況になっている事は、あまり報道がされませんが、
韓国の財政状況などは、日本の財政状況の万分の一も報道されていません。
報道するのは産経くらいですよね。

・・・(ここから転載)・・・

韓国シンクタンク、朴大統領の失政でギリシャ化を懸念 借金は発表額の3倍か
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140303/frn1403031531004-n1.htm
(zakzak 2014.3.3 記事一部引用)
 韓国経済の悲惨な実態が暴かれようとしている。従来の統計では国の借金にカウントされない巨額の「隠れ借金」の実態を有力シンクタンクが分析、
負債は国が発表した額の3倍近くにまでふくらむというのだ。厳しいのは国家財政だけでなく、
経済の原動力となる家計や企業の借金も増え続けているというから深刻だ。
借金漬け国家から抜け出せないのは、朴槿恵(パク・クネ)政権の責任も大きい。

・・・(転載ここまで)・・・

IMFが指摘している隠れ借金を含めると、200兆円超の借金があるようです。
日本の経済援助によってデフォルトを免れたこともあったのに、全く学習しない国です。
そんな中で、何が平昌五輪なんでしょうか?
出来ますか?

以前にも記事にしましたが、平昌は雪が少なくウィンタースポーツには適していないのです。
積雪量が長野の3分の1くらいしかないのだそうです。
その上驚いたことに、平昌のジャンプ台は山頂に作られており風の影響を諸に受け、競技には適さない危険なジャンプ台なんだそうですよ。
昨日のNHKニュース【世界のニュースザッピング】で、韓国KBSの報道として紹介していました。
5年前にも国際大会での事故があったとか。
今のままでは比較的風が穏やかな夜間しか競技ができないという指摘もあるようです。

はあ?今ごろ?

平昌五輪、無理ですよね。
やろうとすれば巨額な資金が必要ですもの。

韓国は捏造慰安婦が、唯一の資金集めの外交カードです。
日本の国益を護るしっかりとした対応を、日本政府にはお願いしたいです。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

咢堂塾第16期 募集要綱

【期間】2014年5月~翌年2月(10ヵ月間)/全16回講義/月2回・土曜日開催
【時間】午後1時30分~4時30分(講義2時間 + 塾生ディスカッション1時間)
【場所】憲政記念館(永田町)
【定員】約30名
【費用】8万円(前後期で分納可:4万×2回)

主な講師陣 (順不同) 
※以下は、要請予定を含んでおり変更する場合もあります。ご了承下さい。

■政策論

「日本の課題―内政・外交」/宮台真司 (首都大学東京教授・社会学者)
「憲法と安全保障」/田村重信 (自民党政務調査会調査役・日本論語研究会代表幹事)
「少子高齢社会の課題と展望」/樋口恵子 (NPO高齢社会をよくする女性の会理事長)
「日本経済の課題と展望」/池田信夫 (アゴラ研究所所長・エコノミスト)
「地球環境問題とエネルギー政策」/飯田哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)
「世界情勢と日本の国際貢献」/伊勢崎賢治 (東京外大教授・NPO日本紛争予防センター理事)
「世界情勢と日本政治の課題」/猪口邦子 (参議院議員・元国務大臣)
「人間の安全保障とNGOの役割」/長 有紀枝 (NPO難民を助ける会理事長・立教大教授)

■地方政治・選挙

「地方政治の現状と展望」/北川正恭 (早大院教授・元三重県知事)
「地方議会の底力―真の議会改革とは」/野村 稔 (全国都道府県議会議長会 前議事調査部長)
「明治天皇の詔勅から国政と地方自治を考える」/荒谷 卓 (明治神宮武道場至誠館館長)
「地方政治を考える―下田市を事例に」/髙橋富代 (下田市議会議員)
「政治とインターネット(ネット選挙等への対応)」/髙橋大輔 (ITプロデューサー)

■人間学・メディア

「日本人としての私」/井沢 満 (脚本家)
「日本のメディア問題」 /神保哲生 (ビデオジャーナリスト・早大院客員教授)
「尾崎行雄(咢堂)と相馬雪香」/石田尊昭 (尾崎行雄記念財団理事・事務局長)
ほか

申込用紙にご記入のうえ、下記まで郵送またはFAXでお申込み下さい。
申込用紙ダウンロード(Microsoft Word形式 33KB)2014apply.doc

締切日: 4月15日(火)必着
お申込確認後、入塾式(第1回講義同時開催:5月上旬)や、お振込手続き等のご案内を致します。
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 憲政記念館内
尾崎行雄記念財団 「咢堂塾」 係  

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。

(TEL:03-3581-1778 FAX: 03-3581-1856)

| | コメント (0)

それって、歴史改ざんですよ?行き過ぎた男女共同参画

明日から三月定例会が始まり、
平成25年度の補正予算と、新年度予算の審議を行います。
国が新年度予算を審議している間に、私達地方自治体も同時進行で新年度予算を審議することになります。
ですから、さっさと予算を通して欲しいのですよね。
国が議決しないと、国庫補助が確定されないので、地方も困るんです。
国の制度変更での財源組み換えなども、年度末には起こりがちですし。
国会の予算委員会では、速やかに予算を審議して、議決をしてくださいね。

さて、新年度予算を見ていくと、毎年動きの無い予算があります。
下田市の場合は、男女共同参画予算が、そのなかの一つです。
私はもともと男女共同参画という概念には違和感を持っていますが、
この基本計画のい核になるものも大きく変わってきていて、
今は貧困という部分にスポットが当たっているようです。
霞ヶ関が考えることと、地方の実態には大きな乖離があります。
乖離があるということは、良くも悪くも日本には馴染まない考え方かもしれませんね。
各地の男女共同参画の状況を調べていたら、こんな記事に出くわしました。

・・・(ここから転載)・・・

「桃太郎」に桃子? 教室で変なこと教えないで (msn産経ニュース 2014.2.11 14:10 記事一部引用)

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140211/edc14021114130000-n1.htm
1月下旬の日教組の教研集会で報告されたという「桃太郎」もその一つだ。中学の文化祭で男女平等をテーマに、桃から「桃太郎」と「桃子」の男女が生まれたという劇をつくったという。鬼ケ島には桃子が行く-あきれた展開だ。

・・・(転載ここまで)・・・

「桃太郎」を、おじいさんが川に洗濯に、おばあさんが山に柴刈りにという書き替えは以前からあり、「北名古屋市女性の会男女共同参画委員会」は『モモタロー・ノー・リターン』という創作劇を演じています。(男性であるお爺さんが「川で洗濯」に、女性であるお婆さんが「山へ柴刈り」に行く)
以前男女共同参画ってそういうことなのかと疑問に思っていましたが、
今度は学校で男女平等というテーマで劇を作ったようです。

しかし男女共同参画を名目に、御伽噺を改ざんする必要があるのでしょうか?
このニュース記事にもありましたけれど、御伽噺は昔の考え方や風俗を知る貴重な資料です。
歴史的な資料でもあります。
本来は、その御伽噺の意味を読み解いていくことが、学びになるのではないでしょうか?
それを子供達に捻じ曲げた形で教えるというのは、日教組お得意の歴史改ざんともいえますね。
私達世代が如何に捻じ曲げられた近代史を教えられたか、振り返ると、
教室での学びが与える影響はとても大きかったと愕然とします。

御伽噺がもともとの話と変わってくるのは、時代の流れの中ではあります。
しかし男女の役割を入れ替えることはしていません。
男には男の役割、女には女の役割があります。
特質の差といったほうが良いでしょうか?
男と女では体の造りも違いますから、女には出来ないこともあるし、逆に男には出来ないこともあります。
子供は女にしか産めませんしね。
まさか劇中で「お爺さんが、桃子を産みました」なんてことは、言わせないでしょう?
女にしかない特性を無視し、男女共同参画といわれても、
馬鹿馬鹿しく思えます。

適材適所でやればいいだけの話。
日本史上最強の女、巴御前のような女武将だっているのですから、
能力のある人が男女に関係なくその地位につけば宜しい。
学歴や家柄などは所詮人間が作ったもの、
大自然が作り出した役割に、一つの無駄もなしです。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

わたくし高橋富代は、今年度、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の講師を仰せつかりました。共に学びませんか?

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

咢堂塾第16期 募集要綱

【期間】2014年5月~翌年2月(10ヵ月間)/全16回講義/月2回・土曜日開催
【時間】午後1時30分~4時30分(講義2時間 + 塾生ディスカッション1時間)
【場所】憲政記念館(永田町)
【定員】約30名
【費用】8万円(前後期で分納可:4万×2回)

主な講師陣 (順不同) 
※以下は、要請予定を含んでおり変更する場合もあります。ご了承下さい。

■政策論

「日本の課題―内政・外交」/宮台真司 (首都大学東京教授・社会学者)
「憲法と安全保障」/田村重信 (自民党政務調査会調査役・日本論語研究会代表幹事)
「少子高齢社会の課題と展望」/樋口恵子 (NPO高齢社会をよくする女性の会理事長)
「日本経済の課題と展望」/池田信夫 (アゴラ研究所所長・エコノミスト)
「地球環境問題とエネルギー政策」/飯田哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)
「世界情勢と日本の国際貢献」/伊勢崎賢治 (東京外大教授・NPO日本紛争予防センター理事)
「世界情勢と日本政治の課題」/猪口邦子 (参議院議員・元国務大臣)
「人間の安全保障とNGOの役割」/長 有紀枝 (NPO難民を助ける会理事長・立教大教授)

■地方政治・選挙

「地方政治の現状と展望」/北川正恭 (早大院教授・元三重県知事)
「地方議会の底力―真の議会改革とは」/野村 稔 (全国都道府県議会議長会 前議事調査部長)
「明治天皇の詔勅から国政と地方自治を考える」/荒谷 卓 (明治神宮武道場至誠館館長)
「地方政治を考える―下田市を事例に」/髙橋富代 (下田市議会議員)
「政治とインターネット(ネット選挙等への対応)」/髙橋大輔 (ITプロデューサー)

■人間学・メディア

「日本人としての私」/井沢 満 (脚本家)
「日本のメディア問題」 /神保哲生 (ビデオジャーナリスト・早大院客員教授)
「尾崎行雄(咢堂)と相馬雪香」/石田尊昭 (尾崎行雄記念財団理事・事務局長)
ほか

申込用紙にご記入のうえ、下記まで郵送またはFAXでお申込み下さい。
申込用紙ダウンロード(Microsoft Word形式 33KB)2014apply.doc

締切日: 4月15日(火)必着
お申込確認後、入塾式(第1回講義同時開催:5月上旬)や、お振込手続き等のご案内を致します。
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 憲政記念館内
尾崎行雄記念財団 「咢堂塾」 係  

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。

(TEL:03-3581-1778 FAX: 03-3581-1856)

| | コメント (0)

tamogami2014 最後のメッセージ

ボランティアさんの田母神応援サイトtamogami2014が、
今日で閉鎖と予告されていたので、何となく確認のクリックをしました。

そこには風が流れ、満開の桜が…
管理人さんが残したメッセージなのですね。

http://www.tamogami2014.com/

田母神応援をしたネットユーザーは、応援をしたからといって、何の得もしない人たちです。
やむにやまれぬ念いで、それぞれが発信をしていました。
私はそうでしたし、きっとこの管理人さんも同じだったろうと勝手に思い込んでいます。
そして見えない水杯を交わしたとも思っています。

理屈ではないのですよね。
田母神さんが好きなんですよ。
なぜ好きなのかと自問すれば、
「そりゃあ、靖国神社へ参拝するその心根だ、日本を愛する魂だ」と答えが返ってきます。

天皇皇后両陛下と共に舛添東京都知事が大島へ渡ったこの日に、
tamogami2014が残したメッセージは、何を意味しているのでしょうか?

あ・・・日が変わってしまいました。

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

【最後に宣伝です】 ↓ 最後までぜひ、ご覧くださいませ。m(_ _)m

わたくし高橋富代は、今年度、尾崎行雄記念財団・咢堂塾の講師を仰せつかりました。共に学びませんか?

Ozaki

Souma

http://www.ozakiyukio.jp/gakudojuku/main.html

尾崎行雄記念財団は、「憲政の神」「議会の父」と呼ばれた尾崎行雄(咢堂:がくどう)の理念をもとに1956年に設立。
よりよき民主政治と世界平和の実現に向け、有権者啓発・人材育成を行なっています。
この「咢堂塾」(がくどうじゅく)は、尾崎行雄三女・相馬雪香(そうまゆきか/2008年逝去)が中心となり、健全な有権者・リーダーの育成を目的に1998年に発足。これまでに延べ480名が卒塾しました。
(※尾崎財団は、超党派の団体で、会長は時の衆議院議長が務めます。咢堂塾も、特定の政党や団体を支持するものではありません。)
咢堂塾には毎年、学生、会社員、NPO、議員秘書、地方議会議員など、様々な分野の人たちが集まります。
咢堂塾を通じた学びと交流を、皆様の今後の活動にぜひお役立て下さい。

咢堂塾第16期 募集要綱

【期間】2014年5月~翌年2月(10ヵ月間)/全16回講義/月2回・土曜日開催
【時間】午後1時30分~4時30分(講義2時間 + 塾生ディスカッション1時間)
【場所】憲政記念館(永田町)
【定員】約30名
【費用】8万円(前後期で分納可:4万×2回)

主な講師陣 (順不同) 
※以下は、要請予定を含んでおり変更する場合もあります。ご了承下さい。

■政策論

「日本の課題―内政・外交」/宮台真司 (首都大学東京教授・社会学者)
「憲法と安全保障」/田村重信 (自民党政務調査会調査役・日本論語研究会代表幹事)
「少子高齢社会の課題と展望」/樋口恵子 (NPO高齢社会をよくする女性の会理事長)
「日本経済の課題と展望」/池田信夫 (アゴラ研究所所長・エコノミスト)
「地球環境問題とエネルギー政策」/飯田哲也 (環境エネルギー政策研究所所長)
「世界情勢と日本の国際貢献」/伊勢崎賢治 (東京外大教授・NPO日本紛争予防センター理事)
「世界情勢と日本政治の課題」/猪口邦子 (参議院議員・元国務大臣)
「人間の安全保障とNGOの役割」/長 有紀枝 (NPO難民を助ける会理事長・立教大教授)

■地方政治・選挙

「地方政治の現状と展望」/北川正恭 (早大院教授・元三重県知事)
「地方議会の底力―真の議会改革とは」/野村 稔 (全国都道府県議会議長会 前議事調査部長)
「明治天皇の詔勅から国政と地方自治を考える」/荒谷 卓 (明治神宮武道場至誠館館長)
「地方政治を考える―下田市を事例に」/髙橋富代 (下田市議会議員)
「政治とインターネット(ネット選挙等への対応)」/髙橋大輔 (ITプロデューサー)

■人間学・メディア

「日本人としての私」/井沢 満 (脚本家)
「日本のメディア問題」 /神保哲生 (ビデオジャーナリスト・早大院客員教授)
「尾崎行雄(咢堂)と相馬雪香」/石田尊昭 (尾崎行雄記念財団理事・事務局長)
ほか

申込用紙にご記入のうえ、下記まで郵送またはFAXでお申込み下さい。
申込用紙ダウンロード(Microsoft Word形式 33KB)2014apply.doc

締切日: 4月15日(火)必着
お申込確認後、入塾式(第1回講義同時開催:5月上旬)や、お振込手続き等のご案内を致します。
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 憲政記念館内
尾崎行雄記念財団 「咢堂塾」 係  

ご不明な点など、お気軽にお問い合わせ下さい。

(TEL:03-3581-1778 FAX: 03-3581-1856)

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »