« 捏造慰安婦が日本を食い散らす。食われて黙っている政府とは何なのだ!? | トップページ | 日本を護るための戦い。東京都知事選挙への、私の想い »

2度までも、日本大事の田母神氏の魂を踏みにじるな。~私は誇りをもって自民党を今回は裏切ります~

いつも拙ブログにお越し頂いた上に、ツイートまで頂戴して本当にありがたく、感謝申し上げます。
さらに私が推薦させて頂いているブログ「心臓を捧げよ田母神俊雄、東京そして日本の未来のために。」http://www.tamogami2014.com/のツイートもしてくださっていたら、
それも私がお礼を申し上げるのも筋が違うかもしれませんが、ありがとうございます。
田母神氏を次の都知事として仰ぎたい思いを分かち合うブロガーさんたちは全て
勝手に「同志」だと思い込んでいます。

私は自民党員失格です。

党の方針「舛添要一氏を支援する」という決定事項に背いているからです。
でも言わせてください。
私は誇りと信念とをもって、自民党をこの点に限っては裏切ります。

しかしながら、こう大仰な見得が切れるほどの大した党員では私はありません。
国会議員、知事・県会議員、政令市の首長・議員と違い、自民党のHPの地方議員という欄には名前さえ記載されていない、ちっぽけな存在です。自民党にとっては選挙のときだけの集票マシーンでしかないと、自嘲することもあります。

それなのに何故自民党に籍を置いているかといえば、そもそもの立党の理念や綱領が、
一番私の政治スタンスに合っているからです。
自民党にしか、日本を守れないと思ったからです。

そういえば自民党が下野したとき、
石破氏(当時・政調会長)が「地方の議員の皆さんが支えていてくれるから」と発した言葉に、随分感激したものです。

安倍総理が「日本を取り戻す」と言ったときにも、共感に震える思いを致しました。

しかしながら今回の舛添氏推薦のみは、どうしても納得がいかないのです。
政治が妥協の連続であることも承知。安倍総理が、いかに党内外の反日的勢力と、妥協につぐ妥協で闘っていらっしゃるかも、承知。
それでも、今回だけは政治家として、人として譲ってはならない一線を越えてしまったような索然たる思いを抱かざるを得ないのです。

201402035008481l_3

田母神応援者の三橋貴明氏は、銀座での演説時に邪魔をする形で陣取っていた舛添氏に向かって、思わず感情を爆発させたようです。

・・・・・(ここから転載)・・・・・・
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11763588642.html
(記事一部抜粋)
「そこに車止めている舛添要一さん。わたくし自民党員です。自民党員です。自民党員です。
自民党員として一言だけ言っておきます。
2009年の総選挙に負けて、我々自民党員が非常に苦労しているときに、
わたくし達に砂をかけて真っ先に逃げ出したのが舛添要一さんじゃないですか! 
そんな人が、我々を守ってくれるはずがないんですよ!」
とやってしまいました。
銀座での安倍総理の舛添応援は、相当に「盛り下がった」ようで、
ニコ動は罵倒の嵐でしたが、当たり前です。
自民党員を舐めるのもいい加減にして下さい、自民党、そして安倍晋三内閣総理大臣。
・・・・(ここまで転載)・・・・・

全国の自民党員の中には、こういう想いを持っている人は、大勢居るのではないかと思います。

例えば自民党で当選した議員は、普通に考えれば背けません。ましてや比例ならば余計にです。
でもね、男なら、大義のために、傷を承知で戦わなけりゃいけない事だってあるでしょう?
あなた方は防人だったのではないのか?
一度踏み潰した田母神氏の愛国心を2度まで踏みにじるのか・・・・と、私もまた少々、感情的になっているのかもしれません。

しかしながら、安倍総理が願わくば、ある思いを胸に秘めて、見せかけの演技をしていてくださればと、その可能性も一抹考えつつも、越えてはならぬ一線を踏み越えられたのではないか、という思いが拭いきれず胸に残るのです。

現国会内には、自衛隊出身の方々もいます。
そして、彼らを支援しているのは自衛隊のOBです。
それゆえ、そのOBの方たちは、ひょっとして表立って、安倍自民の方針に背いてかつての幕僚長ではあっても、田母神氏を応援しては、今現在議員である自衛隊の出身であるその方々に迷惑がかかるのではないか・・・・と
懸念され、それゆえに本来なら田母神氏に向かって振らねばならぬ旗を
振らずにいらっしゃるのではないか・・・・・
とも、私には思われるのです。
もしそうなら・・・・ですが、それは防人の覚悟という意味で、要らざる配慮ではないだろうかと思うのは、私の浅慮かもしれません。
しかし、一度自民党が党として踏みにじった田母神元幕僚長の愛国の魂が、2度まで踏みにじられる情景を私は見るに忍びないのです。

ですから・・・・泡沫の党員である私の応援など、割烹着で竹槍を持ち、B29に立ち向かうごとき愚かしい、滑稽な応援かもしれませんが、でも祈りだけは、国思う心だけは負けない、本物だから! と今日も拙い応援ブログをしたためているわけです。
こんな瑣末な存在である私に、ポチ押しという形で協力くださる、皆さまの思いも私の背中を押してくださいます。
本当に本当に、ありがとうを静岡の片隅から100万遍言わせてください。

最後にもう一度、宣言します。
私は党を今回は裏切ろうとも、日本大事の大義に立ち返り、田母神氏を応援します。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

・・・・・・・・・・

田母神さんの政策がとてもよく解ります。

       ↓

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 捏造慰安婦が日本を食い散らす。食われて黙っている政府とは何なのだ!? | トップページ | 日本を護るための戦い。東京都知事選挙への、私の想い »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 捏造慰安婦が日本を食い散らす。食われて黙っている政府とは何なのだ!? | トップページ | 日本を護るための戦い。東京都知事選挙への、私の想い »