« 田母神さんからのメッセージ tamogami2014さん、ありがとうございます。 | トップページ | それみたことか!舛添都知事、自民批判。 »

村山富市、あなたはもう日本人を辞めたほうがよい。

しかし、自国を貶めるために、わざわざ他国へ出かけて謝罪をし、
挙句の果てに出かけた先の民間団体から批判を受けるとは、ほとほと閉口しますねえ。
そんな愚かな人が、村山富市元総理大臣です。
この愚か者の捏造慰安婦の謝罪外交を、とめることが出来ない悔しさは、
拙ブログの読者の皆さんも私と同じでしょう。

・・・・・・・(ここから転載)・・・・・・

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140212/kor14021213420005-n1.htm

「女性の尊厳奪った」「恥ずかしい限り」村山元首相が韓国国会で講演

(2014.2.12 13:35 smn産経ニュース 記事一部引用)

韓国を訪問中の村山富市元首相は12日、慰安婦問題について「女性の尊厳を奪ったものだ。日韓両政府の話し合いのもとに解決せねばならない」と述べた。
さらに、「日本国内では不規則発言をする者もいるが、恥ずかしい限りだ。(慰安婦の強制性を認めた1993年の)河野談話はしっかり調査してまとめたもので信頼すべきものだ」と断言した。

・・・・・・・(転載ここまで)・・・・・・

恥ずかしい限りなのは、こちらなんですよ。
村山富市元総理!
何故にそこまで執着して、捏造従軍慰安婦謝罪を繰り広げるのですか?
確かに戦争中には色々な事が起きるでしょう。
どんなことでもゼロとは言いません。
女衒に売り飛ばされ、貧しさ故に哀しい想いをした朝鮮のお嬢さんもいたでしょう。
でもそれは日本軍がやったことではないのです。
それとも何ですか?あなたが陸軍軍曹のときに、朝鮮の少女を強制連行し、慰安婦にしたことがおありなのですか?
そうでないのなら、きちんと検証しましょうよ。
日本最高位の勲章まで貰っているんですから。
(あ…河野洋平氏ももらっています。なんなんでしょう、日本を毀損すれば勲章を貰えるんでしょうか…)

こういうタイプの人たちは、昔から一定の割合存在しています。
何らかの理由で自分の国が嫌いになるほど、国家から迫害されたことがあったのかもしれませんが、
こと戦後においては、優遇され続けています。
戦後の占領下、GHQの命令によって日本国家の中枢にいた20万人余の人が、公職から追放されました。
そして大学の学長・教授・マスコミまで、そのポストに着いたのは左翼系共産主義者ばかりで、
今日の日本がこういう状況になることは、当たり前だったのかもしれません。

「はだしのゲン」を学校図書室に加配したり、反日教師の口を使って自虐史観を子供に植え付けたり、
社会の表に出て来ない場所で、巧みに日本を壊していきます。
文化侵略ですよね。
NHK問題も、GHQが文化侵略をすることにより、日本を統治しようとしたのが始まりですから、
戦後69年の自虐史観の根は、私達が想像するよりずっと深いかもしれません。

さて、現在上映中の映画「小さいおうち」で、妻夫木聡演じる青年役のセリフに、「当時は南京虐殺をしていた頃だね」というものがあったそうです。
原作を読んだ知人に訊いたら、そのセリフは記憶に無い、あれば引っかかたはずという答えでした。
もしそれが事実なら、脚本段階か現場でのアドリブ・・・・要するに映画の段階で入れられた可能性が高いです。
詳しくないので人に聞いてみたら山田洋次監督ならふしぎはないけどなあ? という返事でした。
ここらのくだりは不確か情報なので念のため。
ネットには原作に出てくるかもという説もありました。
いすれにしても、映画の中で南京大虐殺があったかのようなセリフが使われていたことは事実のようです。
(調べてみて判明することがあったら追記しておきます。)

日本毀損の急先鋒が桐花大綬章という最高位の勲章を貰い、それを支える文化人達が映像や読み物で日本人の洗脳をし続けるとは、
言葉も出ません。
あなた方はもう日本人を辞めたほうがよい。
私は、日本には日本を愛する人だけがいればよいと思っています。
日本に住むなら少しは慎め!

いつもポチ押し応援や、ツイート拡散、有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

さて、私の学び舎である尾崎行雄記念財団(http://www.ozakiyukio.jp)から、
2013年度第4回「政経懇話会」のお知らせです。

http://www.ozakiyukio.jp/meeting/schedule.html

『緊迫する北東アジア情勢と日本の安全保障』をテーマに、
国際政治・軍事アナリストの
小川和久氏が講師を務めます。

Ogawa

今回は旬の話題でもありますので、一般の方にも広くご案内をさせて頂きます。
お申し込みは尾崎行雄記念財団まで、直接お願い致します。
2月21日(金)までにお申し込みください。
会費は当日受付にてお支払いください。(21日以降のキャンセルはお受けできません)

【日時】  2014年2月27日(木) 午後6:00~8:00 (5:30より受付開始)
【会場】  憲政記念館 レストラン「霞ガーデン」
【会費】  お一人 8,000円 (咢志会会員は7,000円)
【内容】  講演(約1時間)の後、立食懇親会(約1時間)。

〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1 憲政記念館内
一般財団法人尾崎行雄記念財団
TEL:03-3581-1778(受付時間 10:00~17:00)
FAX:03-3581-1856

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

|

« 田母神さんからのメッセージ tamogami2014さん、ありがとうございます。 | トップページ | それみたことか!舛添都知事、自民批判。 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 田母神さんからのメッセージ tamogami2014さん、ありがとうございます。 | トップページ | それみたことか!舛添都知事、自民批判。 »