« 舛添支持に大義はあるか、と自問する自民党員 | トップページ | 対馬が危ない。そして東京も! »

「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ

いつも拙ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
そして非公開のコメント欄に、お休み中のNHK問題の情報や、応援メッセージなど頂き、心より感謝致しております。

私は今回の東京都知事選挙は、「皇国の興廃此の一戦に在」と思っています。
外国人参政権を推進しよう、靖国参拝は反対だ、日本は悪い国だったのだから謝罪をしなければならない等と考える人間を、
日本最大の地方自治体の東京都知事にするわけにはいかないのです。
この戦いにおいて、選挙区でもない末端の地方議員の私に出来ることといえば、
田母神応援ブログを毎日書き続けることくらいしか出来ません。
団扇で風を送る如くの応援ですが、それでもやらずにはいられないないのです。
「各員一層奮励努力せよ」と、お天道様に言われている気がしています。

さて、早速渋谷ハチ公前での、第一声がUPされていました。
雄弁ではありませんが、福島訛りのあたたかい言葉から、田母神さんの人となりが感じられます。

先ほどこの都知事選に立候補するに当たり、靖国神社に参拝してまいりました。
日本が、安倍総理が言われる戦後レジームからの脱却、これを果たし、
強い逞しい優しい日本になっていくためには、靖国参拝が総理がやると問題になるのはおかしいと思います。
総理が日本を取り戻そうとして行動しているときに、総理と違う行動をとる人が東京都知事になっては、
私は困ってしまうのではないかと思います。
安倍総理は国家観歴史観がしっかりした総理大臣で、
田母神俊雄は国家観歴史観、これがほぼ似通っています。
総理が靖国参拝をするのに、都知事が靖国参拝をしないということで、
皆さん日本を取り戻すことが出来るでしょうか?
石原元東京都知事は、大変強い東京都知事だったと思います。
私も石原都知事のあとを受け継いで、石原都政を受け継いで、
強い東京都知事になって、安倍総理と政府の方針と同じ方向を向いて、
東京をリードして、この日本を、東京を強く逞しく、
優しい東京の街にしていきたいと思います。

私の尊敬する人のひとりに、元陸上自衛隊特殊作戦群初代群長・荒谷卓さんという方がいます。
荒谷さんの著書「戦う者たちへ」の中に、
戦いとは、「自分の意志を相手に強要しようとする意志と意志の対決」
つまり、戦ってまで貫こうとする「意志」が戦いの前提条件となる。
現在の日本で「戦い」といえば、金・地位・権力にからむものばかり。
金儲けをしようとする人はお金のために、出世したいと思う人は出世のために、
政治家は選挙に勝利し政治家としての地位を獲得・維持するために戦っている。
私の目指す「戦い」とは、身を賭しても己の魂の理想を貫くことである。

と、記されています。
田母神さんの戦ってまでも貫こうとするものは、
まさに「誇り高き日本人の心を取り戻す」ことでありましょう。

私達は中国・韓国・北朝鮮から嫌われる政治家が、実は一番正しい政治家だと認識しなければなりません。
外国人参政権を推進し、捏造従軍慰安婦に謝罪し、捏造南京大虐殺をあたかも真実のように発言をする人たちには、
日本の国は護れません。
外国人参政権は、現在法曹では違憲と判断していますが、
実質的な地方外国人参政権は、自治基本条例を規定することで認めることが出来るようになります。
外国人参政権に賛成する人が都知事になった場合、
自治基本条例を制定し実質的な外国人参政権である「外国人の政治参加」を促すことになってしまいます。
日本という国家は日本人のためのものなのに、気がついたら首都東京が特亜自治区になってしまうという恐怖を、皆さんは感じませんか?
私は怖いです。だからこそ、正しい国家歴史観をもつ首長じゃなきゃ駄目なのですよ。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対



細川氏
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)


舛添氏


外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対


田母神氏


外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

国民から誇りを失わせれば、国は消滅します。
地方自治体の集合体が国なのですから、最大地方自治体の東京都知事は、正しい国家歴史観の持ち主でなければならないのです。

「永遠の0」の作者の百田尚樹さんも、
東京都知事は、舛添、細川では駄目だとツイッターで表明されていました。

Hyakutanaoki

「ゼロ」に乗って散っていった若者達の魂に報いるためにも、
田母神さんを応援しようではありませんか。
今一歩、もう一歩の努力をいたしましょう。
「皇国の興廃此の一戦に在、各員一層奮励努力せよ」

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

第5話 オリンピック支援は「国防軍」で!」が、配信されていました。

国民の防衛意識を超える防衛力はつくれない。
そして都民の防災意識を超える防災力もつくれない。
どんな東京にしたいのか。
都民の皆さん一人ひとりの判断次第だ。

応援サイトさん、いつも素晴らしいブログ、有難うございます。

追記

応援サイトさん、早いですね。

今みたら、田母神さんの第一声の文字おこし、UPされていました。

「第6話 出陣第一声」

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 舛添支持に大義はあるか、と自問する自民党員 | トップページ | 対馬が危ない。そして東京も! »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 舛添支持に大義はあるか、と自問する自民党員 | トップページ | 対馬が危ない。そして東京も! »