« 都知事選挙も、お天道様は見ています。 | トップページ | 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ »

舛添支持に大義はあるか、と自問する自民党員

都内で知己と偶然会い、互いに時間を気にしつつも、つい長話になってしまいました。
彼女は自民党を永く支援されているので、自然と都知事選挙の話となりました。
開口一番、「なんで舛添さんなの?私には理解が出来ない。」と。
そして「私なんかは、組織から見れば蟻のようなもの。声も届きようがないわよね。」と、深い溜息をつきました。

政治の場は男社会です。
人間関係と妥協で成り立つことも多々あると思います。
それも大切な要素ではありますが、時によっては大義が無くなります。
今回の都知事選挙もまさにそれです。
自民党の大義はどこにあるのかと、前出の彼女は考え抜くのです。

「舛添さんは、自民党が苦しいときに、唾を吐いて出て行ったのよ?
なんで応援するの?」

私も解りません。

「自民党は、自助・共助・公助の精神で、福祉を考えているのに、
舛添さんは自分のご家族の面倒もみていないじゃない?」

そういう風に元妻の片山さつきさんも、インタビューに答えていますよね。

「私は民主党は大嫌い。舛添さんは民主党に近い発言ばかりしていたわよね?」

はい仰るとおり。自分が総理大臣なら、閣僚は7割を民主党から選ぶと言っていました。

「舛添さんを推選するのも、党本部が東京都連に押し付けたのよね?」

私には内情は解りませんが…

「お金の問題も出てきたようだし、何で舛添さんを推すのかしら…(溜息)」

私も溜息しか出ません。

彼女は、きっぱり言いました。

「私は永年自民党支持者だけれど、舛添さんを応援することはありえない。」

そして、こう付け加えました。

「日本を護ってくれる人、東京を護ってくれる人を選びます。」

「誰が正しいかではなく、何が正しいのか。」

今回の都知事選挙に関しては、
「政党が正しいかではなく、どの候補者が正しいのか。」と、言い換えることも出来ます。

憲政の神・議会政治の父と言われた尾崎行雄の理念の下で共に学んだものとして、
しっかりした価値基準で、東京都知事選挙に臨む彼女の姿には、有権者としての「大義」がありました。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第4話 東京の空」が、配信されていました。

空を制するものは、経済も制すということなのですね。

勉強になります。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 都知事選挙も、お天道様は見ています。 | トップページ | 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都知事選挙も、お天道様は見ています。 | トップページ | 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ »