« 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ | トップページ | 「君よ桜花に一掬の涙を注げ」その想いをつなげるのは、田母神俊雄だけです! »

対馬が危ない。そして東京も!

いきなりですがベストセラー作家で「永遠の0」の映画が話題の百田尚樹さんのツイッターです。
見た瞬間「(うんうん、と頷き)そうなんだよ!」と、声に出してしまいました。

選挙となれば、あちらこちらにいい顔をしないと当選できないと思います。
ましてや国政選挙と変わらない大きな選挙となれば、余計にです。
お金もかかります。(ボランティアだけで選挙が出来るなんて酔ったような話は、信用してはいけません)
女は…この際、百歩譲りましょう。
でも、ここは日本です。日本人の国です。
日本を愛していない政治家なんて、本来居てはいけないのです。
でも居るのですよねぇ…
だからこそ百田さんのつぶやきに、共感するのですけれど。

中韓は日本からお金を引き出したいがために、特定の思想を持ったえげつない日本人が捏造した、
従軍慰安婦や南京大虐殺などを吹聴してきました。
例えば従軍慰安婦像の建設ひとつとっても、その巧妙さがわかります。
まず住民として住まい「見えないコリアンタウン」を形成します。
そして一定の人数を確保すると、動き出すのです。
「日本は韓国を侵略した。強奪した。年端もいかぬ少女を強制連行し、慰安婦にした。」
選挙で当選したい政治家たちは、耳を貸すのです。
日本人じゃありませんから、「日本がどうなろうと、知ったこっちゃあない」ですよね。
そういう政治家が当選すると、捏造した従軍慰安婦の嘘話を、議会という場で撒き散らし始めます。
「日本人は悪い人間だ、日本は悪い国だ」と、アメリカを中心に外国でばら撒いていくわけです。

日本海の東海併記も、この手法でした。
「東海」併記法案が上院通過=日本海の教科書表記-米バージニア州
(2014年1月24日(金)12時37分配信 時事通信)
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2014012400065/1.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20140123-3579/1.htm

これは日本においても同じです。
既に対馬は韓国に乗っ取られつつあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000534-san-pol
対馬でもしも韓国人の政治参加を認めたらどうなるでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000533-san-pol
漁民が困っていても、お役所も逃げ腰なんですね。
地元の国会議員の先生は、竹島と同じ運命をたどるって危機感を持っているんでしょうか?

さて、このように侵略というのは、地域にコミットした形で進んでいきます。
外国人参政権に賛成するような人が、日本の顔である東京都知事になったとしたら、中韓は諸手を挙げて喜ぶでしょう。
いきなり王手ですもん。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

精一杯の応援を致しましょう。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

第7話 君よ桜花に一掬の涙を注げ

靖国に心を寄せる人は、同じものを見ているのですね。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ | トップページ | 「君よ桜花に一掬の涙を注げ」その想いをつなげるのは、田母神俊雄だけです! »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ | トップページ | 「君よ桜花に一掬の涙を注げ」その想いをつなげるのは、田母神俊雄だけです! »