« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

舛添支援は、総理の椅子とりゲーム?

団扇で風を送るごときの私の応援ですが、日本中の保守層が団扇で風を送れば台風になるかもしれません。
今までまるで、田母神氏が居ないかのように無視をし続けてきた新聞ですが、
産経のzakzakがようやくこのような書き方をしています。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140130/plt1401301532002-n1.htm
都知事選情勢に大変動 「2強対決」は早くも崩壊… 期日前投票出口調査 

(2014.01.30 記事一部引用)


東京都知事選の期日前投票の出口調査で、
上位4人の順位に大変動が起きている。舛添要一元厚労相(65)がリードしているが、
情勢調査で2位だった細川護煕元首相(76)が、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)に逆転された調査もある。
元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)も細川氏に数ポイント差まで猛追しており、
2月9日の投開票では、想像を絶する結果もありそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして関連記事に、小野田寛郎さんの画像が出ていました。

29_038fac96ec93c8ab098y_2

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140126/dms1401260733002-n1.htm
【誇れる国、日本】都知事選は2強対決ではない 

小野田氏に見た日本軍人の姿 

(zakzak 2014.01.30 アパグループ会長元谷外志雄氏の文章から一部引用。青文字部分です)

小野田氏が05年、当時の小泉純一郎首相の靖国神社参拝について、
週刊新潮で
「国が靖国を護持しないというなら、それは私たちに対する借金を返さず、
未納のままだということです」
と語っていた。

私は次期都知事の条件を、
(1)首都直下型地震など大規模災害やテロに対応できる人
(2)東京五輪を成功させられる人
(3)原発再稼働に加え、安全な次世代原発の輸出を認める人
(4)真実の歴史に基づき、誇りと自信を持てる教科書を導入する人
(5)これまで靖国参拝をしてきた人
(6)安倍晋三首相の政策と一致する政策を進める人-と考えている。

 これに合致するのは田母神氏しかいない。

・・・・・・・・(転載 ここまで)・・・・・・・・・・・・・・・

自民支持の保守層は安倍さんが自民党総裁になって挑んだ選挙で、
自民党は「今度こそ日本を取り戻してくれる」そう思ったのです。
靖国を参拝するという、この心に賭けたのです。
その流れでいけば普通に考えて、東京都知事は田母神俊雄さんですよね。

舛添要一氏と考えが近いのは、
靖国神社は参拝しないと言い切る石破茂幹事長だと思います。
総理大臣という権力の椅子とりゲームなんでしょうか?
解りやすくて涙もでませんわ。

今日の国会中継のNHK会長の民主党の質問も本当に茶番でした。
事実を言うと干される。
田母神さんのときと同じですね。
しかも民主旋風のときに保守ぶって民主の顔になっていた原口代議士です。
不偏不党と言うのは日本を愛することを禁じているのでしょうか?

保守は、いいえ日本人はしっかりと見ています。
じっと目を凝らして。

さあ、田母神さんを応援している、良識ある市井の皆さん、団扇で風を送りましょうよ!
そして一生懸命送って、強い風に、台風に!

あと一歩、もう一歩の努力をお願い致します。
多くの友人知人に、SNSや電話や対話で田母神さんへの投票を呼びかけましょう!
(メールは違反だそうです)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第14話 政見放送(全文)」 

ぜひ文字を読んでみてください!

政見放送動画 ↓

http://www.youtube.com/watch?v=7JEpd9joOfw

読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。m(_ _)m

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

石破さん、カンカンなのはこっちだってば!

石破さんは、自民党の国会議員に名簿出せって命令したわけですよ。
そりゃいいでしょう。そういうお立場なんですから。
でもね、地方の塵芥も見てるって事を忘れや困りますぜ。
国会議員が足で稼いだなんて、まさか思っちゃいないでしょうけれど。
私らが自分で開拓した自分の支持者の名簿を、国会議員が自分の名簿にしただけですから。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140128/stt14012823350006-n1.htm

(2014.1.28 23:34 msn産経ニュース 一部引用)

自民党の石破茂幹事長ら党幹部が、
東京都知事選に出馬した舛添要一元厚生労働相を支援するため
全所属議員(都連所属除く)に求めた「都内在住者名簿」の回収率が
約4割(計145人、衆院108、参院37)にとどまったことが28日、分かった。

「自らの選挙との自覚のもと、全党を挙げて戦い抜く」

はい、どうぞ。
塵芥は、しっかり見ていますから。

子宮頸がんワクチンの早期認可
外国人参政権推進
女系天皇、女性天皇容認
靖国神社参拝反対

こういう考え方の舛添要一氏を全力で応援するという愚挙。
全国の自民党支持者に、この説明をどうされるんでしょうか?
自民党が下野したとき、「自民党が奢り高ぶったからだ」と反省されたのは嘘だったのでしょうか?

塵芥の自民党員の私は、自分の支援者に説明できないことをされて、カンカンに怒っております!

というわけで、日本を取り戻すことが出来るのは、

田母神俊雄さんだけですよ。

あの時自民党を支援した保守の皆さん、東京都知事選挙では、田母神さんを応援してくださいます様お願い申し上げます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

読者の皆様、拙ブログへの訪問とポチ押し応援有難うございます。皆様のポチ押しやツイートが、田母神応援、結果として投票行動に結びつくことを祈りつつ、日々の更新です。「皇国の興廃この一戦に在り」の想いを、皆様と共有できたらと願っております。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第13話 16万5千人に捧ぐ(1/3)」

読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。m(_ _)m

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

自虐史観は国を滅ぼす。つまり、安心して任せられるのは、田母神さんだけなのよ。

読者の皆様、拙ブログへの訪問とポチ押し応援有難うございます。皆様のポチ押しやツイートが、田母神応援、結果として投票行動に結びつくことを祈りつつ、日々の更新です。「皇国の興廃この一戦に在り」の想いを、皆様と共有できたらと願っております。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

当たり前のことをするたびに火病を起こす韓国ですが、
竹島を日本の領土と教科書に明記すると言ったら、
駐韓日本大使を呼び出し文句は言うわ、
市民団体が別所浩郎駐韓大使の公用車にめがけて塩やこしょう、玉ネギを投げつけようとしたり、
民度が知れますよねぇ。
心情的には「もういいです。危ないから韓国から帰ってきたほうがよいですよ。断交しましょう」と、言いたくもなりますね。

下村博文文部科学相は同日の閣議後記者会見で「固有の領土を子どもたちに正しく教えることは国家として当然。」と述べました。
下村大臣はかねてより、教科書問題に取り組んできました。
それがようやく日の目を見たというのは、やはり安倍政権になったからだと思います。
ですから「竹島は日本の領土で韓国が不法占拠をしている」ことを知らないまま、大人になった世代はとても多いのです。
ましてや昭和史などはほとんど勉強せず、「日本は天皇の下に他国を侵略するために戦争を引き起こした悪い国で、
戦争をやめろという連合国のいうことを聞かないため、アメリカが止むをえず原爆を投下しやっと戦争を終えることが出来た」と、
とんでもない自虐史観を押し付けられてきた世代が如何に多いことか!

さて、昨日のことです。
ボランティアさんの田母神応援サイト、2014ドットコムの第1話「日本は侵略国家だったのか」を、
20代の若者に紹介したところ、
「昭和史を学んでいない俺らには、よくわかんねえよ。
画像がいっぱいあるけど、何を意味してるの?」という疑問をぶつけられました。

「田母神論文って、大まかに言うと
『日本は今まで酷いことしてきたって言われてるけど
本当はそうじゃなくて、これだけ世界に平和的に貢献してきたんだよ。
でもなんだかんだ騙されたり仕組まれたりしてこうなったんだよ。
戦争だって悪いことだけじゃなくて、ちゃんと今の日本に繋がってるんだよ。
嘘とか捏造とか色々言われるけど、直接接した人たちは評価してるんだよ。』
ってことだよね?」

はい、その通りですよ。

「じゃ、あの画像はなんなん?」
そして、
「昭和史を学んでいないから、画像の意味が解らない」という、質問になったわけです。
実はお恥ずかしながら、私も解らない画像が幾つかありました。
自分の復習も兼ねながら、画像の簡単な説明を入れてみましたので、
今一度、田母神論文をお読み頂ければ幸いです。

今回の東京都知事選挙は、「田母神が都知事にならないと、日本は終ってしまう。」というくらい、大切な選挙です。
どうか投票に行ってくださいね。

宇都宮氏(共産党と社民党が推選しています)

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏(民主党が推しています)
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏(自民党公明党が推選)

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏(市井の良識ある人々の支援)

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。)

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第12話 いざ直下型地震。その時動くのはまず都知事だ」

「第13話 16万5千人に捧ぐ(1/3)」

読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。m(_ _)m

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

第1話 全ての原点「田母神論文」

日本は侵略国家であったのか
田母神俊雄(防衛省航空幕僚長 空将)

http://www.toshio-tamogami.jp/thesis/

アメリカ合衆国軍隊は日米安全保障条約により日本国内に駐留している。
これをアメリカによる日本侵略とは言わない。
二国間で合意された条約に基づいているからである。

我が国は戦前中国大陸や朝鮮半島を侵略したと言われるが、実は日本軍のこれらの国に対する駐留も条約に基づいたものであることは意外に知られていない。

日本は19世紀の後半以降、朝鮮半島や中国大陸に軍を進めることになるが相手国の了承を得ないで一方的に軍を進めたことはない。
現在の中国政府から「日本の侵略」を執拗に追求されるが、我が国は日清戦争、日露戦争などによって国際法上合法的に中国大陸に権益を得て、これを守るために条約等に基づいて軍を配置したのである。

これに対し、圧力をかけて条約を無理矢理締結させたのだから条約そのものが無効だという人もいるが、昔も今も多少の圧力を伴わない条約など存在したことがない。

02_8fd389ee90ce

(↑蒋介石)

この日本軍に対し蒋介石国民党は頻繁にテロ行為を繰り返す。
邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生する。
これは現在日本に存在する米軍の横田基地や横須賀基地などに自衛隊が攻撃を仕掛け、米国軍人及びその家族などを暴行、惨殺するようものであり、とても許容できるものではない。
これに対し日本政府は辛抱強く和平を追求するが、その都度蒋介石に裏切られるのである。

Photo

(↑コミンテルン)
コミンテルンとは、1919年結成の共産主義インターナショナルCommunist Internationalの略称。
ざっくり言うと、各国共産党を支部とする国際組織で、世界一党独裁を目指して暗躍している怖い組織です。

実は蒋介石はコミンテルンに動かされていた。
1936年の第2次国共合作によりコミンテルンの手先である毛沢東共産党のゲリラが国民党内に多数入り込んでいた。
コミンテルンの目的は日本軍と国民党を戦わせ、両者を疲弊させ、最終的に毛沢東共産党に中国大陸を支配させることであった。
我が国は国民党の度重なる挑発に遂に我慢しきれなくなって1937 年8月15日、日本の近衛文麿内閣は「支那軍の暴戻(ぼうれい)を膺懲(ようちょう)し以って南京政府の反省を促す為、今や断乎たる措置をとる」と言う声明を発表した。

Photo_2

(↑近衛文麿このえふみまろ)
昭和12年から 三度日本の総理大臣になりました。

我が国は蒋介石により日中戦争に引きずり込まれた被害者なのである。
1928年の張作霖列車爆破事件も関東軍の仕業であると長い間言われてきたが、近年ではソ連情報機関の資料が発掘され、少なくとも日本軍がやったとは断定できなくなった。
「マオ( 誰も知らなかった毛沢東)( ユン・チアン、講談社)」、「黄文雄の大東亜戦争肯定論( 黄文雄、ワック出版)」及び「日本よ、「歴史力」を磨け( 櫻井よしこ編、文藝春秋)」などによると、最近ではコミンテルンの仕業という説が極めて有力になってきている。

07_comminterern_2

Photo_3

(↑コミンテルン)

まるで世界をぶち壊している巨人のようですね。

日中戦争の開始直前の1937 年7 月7 日の廬溝橋事件についても、これまで日本の中国侵略の証みたいに言われてきた。
しかし今では、東京裁判の最中に中国共産党の劉少奇が西側の記者との記者会見で「廬溝橋の仕掛け人は中国共産党で、現地指揮官はこの俺だった」と証言していたことがわかっている「大東亜解放戦争( 岩間弘、岩間書店)」

08_97ab8fad8aef2

(↑劉少奇)

もし日本が侵略国家であったというのならば、当時の列強といわれる国で侵略国家でなかった国はどこかと問いたい。よその国がやったから日本もやっていいということにはならないが、日本だけが侵略国家だといわれる筋合いもない。

我が国は満州も朝鮮半島も台湾も日本本土と同じように開発しようとした。
当時列強といわれる国の中で植民地の内地化を図ろうとした国は日本のみである。
我が国は他国との比較で言えば極めて穏健な植民地統治をしたのである。
満州帝國は、成立当初の1932年1月には3千万人の人口であったが、毎年100万人以上も人口が増え続け、1945 年の終戦時には5千万人に増加していたのである。

09_969e8fb

(↑日本が多額のお金をかけ整備した満州帝国)

満州の人口は何故爆発的に増えたのか。それは満州が豊かで治安が良かったからである。
侵略といわれるような行為が行われるところに人が集まるわけがない。
農業以外にほとんど産業がなかった満州の荒野は、わずか15年の間に日本政府によって活力ある工業国家に生まれ変わった。朝鮮半島も日本統治下の35年間で1千3百万人の人口が2千5百万人と約2倍に増えている「朝鮮総督府統計年鑑」。
日本統治下の朝鮮も豊かで治安が良かった証拠である。

10_92a991n918d93c2957b939d8cv94n8ad

(↑朝鮮総督府統計年鑑)

戦後の日本においては、満州や朝鮮半島の平和な暮らしが、日本軍によって破壊されたかのように言われている。
しかし実際には日本政府と日本軍の努力によって、現地の人々はそれまでの圧政から解放され、また生活水準も格段に向上したのである。

我が国は満州や朝鮮半島や台湾に学校を多く造り現地人の教育に力を入れた。
道路、発電所、水道など生活のインフラも数多く残している。
また1924 年には朝鮮に京城帝国大学、1928 年には台湾に台北帝国大学を設立した。
日本政府は明治維新以降9つの帝国大学を設立したが、京城帝国大学は6番目、台北帝国大学は7番目に造られた。

11_8b9e8fe992e98d9191e58aw

(↑日本のお金で建てた京城帝国大学)

12_91e496k92e98d9191e58aw

(↑日本のお金で建てた台北帝国大学)

その後8番目が1931 年の大阪帝国大学、9 番目が1939年の名古屋帝国大学という順である。
なんと日本政府は大阪や名古屋よりも先に朝鮮や台湾に帝国大学を造っているのだ。
また日本政府は朝鮮人も中国人も陸軍士官学校への入校を認めた。

戦後マニラの軍事裁判で死刑になった朝鮮出身の洪思翊(ホンサイク)という陸軍中将がいる。

13_8d5e8eve3c2

(↑洪思翊)

この人は陸軍士官学校26期生で、硫黄島で勇名をはせた栗林忠道中将と同期生である。朝鮮名のままで帝国陸軍の中将に栄進した人である。

またその1期後輩には金錫源(キンソグォン)大佐がいる。
日中戦争の時、中国で大隊長であった。日本兵約1千名を率いて何百年も虐められ続けた元宗主国の中国軍を蹴散らした。その軍功著しいことにより天皇陛下の金賜勲章を頂いている。もちろん創氏改名などしていない。

14_8be08ee08cb901

(↑金錫源)

中国では蒋介石も日本の陸軍士官学校を卒業し新潟の高田の連隊で隊付き教育を受けている。
1期後輩で蒋介石の参謀で何応欽(カオウキン)もいる。

15_89bd899e8bd4

(↑何応欽)

李王朝の最後の殿下である李垠(イウン)殿下も陸軍士官学校の29期の卒業生である。

16_979b9ab5

(↑李垠殿下)

李垠(イウン)殿下は日本に対する人質のような形で10歳の時に日本に来られることになった。
しかし日本政府は殿下を王族として丁重に遇し、殿下は学習院で学んだあと陸軍士官学校をご卒業になった。

陸軍では陸軍中将に栄進されご活躍された。この李垠(イウン)殿下のお妃となられたのが日本の梨本宮方子(まさこ)妃殿下である。この方は昭和天皇のお妃候補であった高貴なお方である。

17_95fb8eq

(↑梨本宮方子(まさこ)妃殿下)

もし日本政府が李王朝を潰すつもりならこのような高貴な方を李垠(イウン)殿下のもとに嫁がせることはなかったであろう。
因みに宮内省はお二人のために1930 年に新居を建設した。現在の赤坂プリンスホテル別館である。

Lee_eun_26_masako1924

(↑李垠殿下と方子妃殿下)

また清朝最後の皇帝また満州帝国皇帝であった溥儀(フギ)殿下の弟君である溥傑(フケツ)殿下のもとに嫁がれたのは、日本の華族嵯峨家の嵯峨浩妃殿下である。

19_9fee8c86_2

(↑溥傑殿下と嵯峨浩妃殿下)

これを当時の列強といわれる国々との比較で考えてみると日本の満州や朝鮮や台湾に対する思い入れは、列強の植民地統治とは全く違っていることに気がつくであろう。
イギリスがインドを占領したがインド人のために教育を与えることはなかった。
インド人をイギリスの士官学校に入れることもなかった。もちろんイギリスの王室からインドに嫁がせることなど考えられない。
これはオランダ、フランス、アメリカなどの国々でも同じことである。

20_90a96af92n01

20_90a96af92n02

20_90a96af92n03

20_90a96af92n_2

(↑イギリスの植民地支配)

一方日本は第2次大戦前から5族協和を唱え、大和、朝鮮、漢、満州、蒙古の各民族が入り交じって仲良く暮らすことを夢に描いていた。

21_94aa8dh88d789f

(↑八紘為宇の精神)

人種差別が当然と考えられていた当時にあって画期的なことである。第1次大戦後のパリ講和会議において、日本が人種差別撤廃を条約に書き込むことを主張した際、イギリスやアメリカから一笑に付されたのである。

現在の世界を見れば当時日本が主張していたとおりの世界になっている。

時間は遡るが 、清国は1900年の義和団事件の事後処理を迫られ1901年に我が国を含む11カ国との間で義和団最終議定書を締結した。

22_8b6098a92c_2

(↑義和団)

その結果として我が国は清国に駐兵権を獲得し当初2600名の兵を置いた「廬溝橋事件の研究(秦郁彦、東京大学出版会) 」。
また1915 年には袁世凱政府との4ヶ月にわたる交渉の末、中国の言い分も入れて、いわゆる対華21 箇条の要求について合意した。
これを日本の中国侵略の始まりとか言う人がいるが、この要求が、列強の植民地支配が一般的な当時の国際常識に照らして、それほどおかしなものとは思わない。中国も一度は完全に承諾し批准した。

23_91ce89d8212089d38ff082cc97v8b81

(↑?画像)

しかし4 年後の1919 年、パリ講和会議に列席を許された中国が、アメリカの後押しで対華21箇条の要求に対する不満を述べることになる。

それでもイギリスやフランスなどは日本の言い分を支持してくれたのである「日本史から見た日本人・昭和編( 渡部昇一、祥伝社)」。
また我が国は蒋介石国民党との間でも合意を得ずして軍を進めたことはない。
常に中国側の承認の下に軍を進めている。

1901年から置かれることになった北京の日本軍は、36年後の廬溝橋事件の時でさえ5600 名にしかなっていない「廬溝橋事件の研究(秦郁彦、東京大学出版会) 」。このとき北京周辺には数十万の国民党軍が展開しており、形の上でも侵略にはほど遠い。

幣原喜重郎外務大臣に象徴される対中融和外交こそが我が国の基本方針であり、それは今も昔も変わらない。

24_95bc8cb48aec8fd98y

(↑幣原喜重郎外務大臣)

さて日本が中国大陸や朝鮮半島を侵略したために、遂に日米戦争に突入し3百万人もの犠牲者を出して敗戦を迎えることになった、日本は取り返しの付かない過ちを犯したという人がいる。
しかしこれも今では、日本を戦争に引きずり込むために、アメリカによって慎重に仕掛けられた罠であったことが判明している。

実はアメリカもコミンテルンに動かされていた。
ヴェノナファイルというアメリカの公式文書がある。米国国家安全保障局(NSA)のホームページに載っている。

25_venona

(↑ヴォナファイル 米国公文書)

膨大な文書であるが、月刊正論平成18 年5 月号に青山学院大学の福井助教授(当時)が内容をかいつまんで紹介してくれている。
ヴェノナファイルとは、コミンテルンとアメリカにいたエージェントとの交信記録をまとめたものである。
アメリカは1940 年から1948 年までの8年間これをモニターしていた。当時ソ連は1回限りの暗号書を使用していたためアメリカはこれを解読できなかった。
そこでアメリカは、日米戦争の最中である1943 年から解読作業を開始した。
そしてなんと37 年もかかって、レーガン政権が出来る直前の1980 年に至って解読作業を終えたというから驚きである。
しかし当時は冷戦の真っ只中であったためにアメリカはこれを機密文書とした。
その後冷戦が終了し1995 年に機密が解除され一般に公開されることになった。これによれば1933 年に生まれたアメリカのフランクリン・ルーズベルト政権の中には3 百人のコミンテルンのスパイがいたという。その中で昇りつめたのは財務省ナンバー2 の財務次官ハリー・ホワイトであった。

25_harry20dexter20white

(↑ハリー・ホワイト)

ハリー・ホワイトは日本に対する最後通牒ハル・ノートを書いた張本人であると言われている。
彼はルーズベルト大統領の親友であるモーゲンソー財務長官を通じてルーズベルト大統領を動かし、我が国を日米戦争に追い込んでいく。
当時ルーズベルトは共産主義の恐ろしさを認識していなかった。
彼はハリー・ホワイトらを通じてコミンテルンの工作を受け、戦闘機100 機からなるフライングタイガースを派遣するなど、日本と戦う蒋介石を、陰で強力に支援していた。

Photo_4

(↑Flying Tigers)
 義勇軍の名を借りた米国の対日戦闘部隊 機体にはNIPPONESE NEMESIS、日本に復讐と書いてあります

真珠湾攻撃に先立つ1 ヶ月半も前から中国大陸においてアメリカは日本に対し、隠密に航空攻撃を開始していたのである。
ルーズベルトは戦争をしないという公約で大統領になったため、日米戦争を開始するにはどうしても見かけ上日本に第1撃を引かせる必要があった。日本はルーズベルトの仕掛けた罠にはまり真珠湾攻撃を決行することになる。

Ruzuberuto

(↑ルーズベルト米国大統領)

さて日米戦争は避けることが出来たのだろうか。
日本がアメリカの要求するハル・ノートを受け入れれば一時的にせよ日米戦争を避けることは出来たかもしれない。
しかし一時的に戦争を避けることが出来たとしても、当時の弱肉強食の国際情勢を考えれば、アメリカから第2, 第3 の要求が出てきたであろうことは容易に想像がつく。
結果として現在に生きる私たちは白人国家の植民地である日本で生活していた可能性が大である。

文明の利器である自動車や洗濯機やパソコンなどは放っておけばいつかは誰かが造る。
しかし人類の歴史の中で支配、被支配の関係は戦争によってのみ解決されてきた。
強者が自ら譲歩することなどあり得ない。

戦わない者は支配されることに甘んじなければならない。

28_82x8cr90_mono

(↑真珠湾攻撃の時の九軍神)

さて大東亜戦争の後 、多くのアジア 、アフリカ諸国が白人国家の支配から解放されることになった。
人種平等の世界が到来し国家間の問題も話し合いによって解決されるようになった。
それは日露戦争、そして大東亜戦争を戦った日本の力によるものである。

29_028fh8er8dd8cc3

29_018fh8er905e94v_2 

29_038fac96ec93c8ab098y

(↑秋山好古、秋山真之 兄弟、そして小野田寛郎さん)

秋山兄弟は日露戦争で活躍しました。
東郷平八郎の名言「皇国の興廃この一戦にあり。各員一層奮励努力せよ」は、秋山真之の草案。
小野田寛郎さんは、大東亜戦争終結を知らず、30年もの永きにわたり、
フィリピンルバング島でたった一人で任務を遂行していた誇り高き軍人。

もし日本があの時大東亜戦争を戦わなければ、現在のような人種平等の世界が来るのがあと百年、2百年遅れていたかもしれない。
そういう意味で私たちは日本の国のために戦った先人、そして国のために尊い命を捧げた英霊に対し感謝しなければならない。

Photo_2

(↑散華された特攻隊員)

そのお陰で今日私たちは平和で豊かな生活を営むことが出来るのだ。

一方で大東亜戦争を「あの愚劣な戦争」などという人がいる。
戦争などしなくても今日の平和で豊かな社会が実現できたと思っているのであろう。
当時の我が国の指導者はみんな馬鹿だったと言わんばかりである。
やらなくてもいい戦争をやって多くの日本国民の命を奪った。
亡くなった人はみんな犬死にだったと言っているようなものである。

しかし人類の歴史を振り返ればことはそう簡単ではないことが解る。
現在においてさえ一度決定された国際関係を覆すことは極めて困難である。
日米安保条約に基づきアメリカは日本の首都圏にも立派な基地を保有している。
これを日本が返してくれと言ってもそう簡単には返ってこない。
ロシアとの関係でも北方四島は6 0 年以上不法に占拠されたままである。
竹島も韓国の実効支配が続いている。

Photo_3

(↑「最後の国士」故・末次一郎氏)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AB%E6%AC%A1%E4%B8%80%E9%83%8E

東京裁判はあの戦争の責任を全て日本に押し付けようとしたものである。
そしてそのマインドコントロールは戦後63 年を経てもなお日本人を惑わせている。
日本の軍は強くなると必ず暴走し他国を侵略する、だから自衛隊は出来るだけ動きにくいようにしておこうというものである。
自衛隊は領域の警備も出来ない、集団的自衛権も行使出来ない、武器の使用も極めて制約が多い、また攻撃的兵器の保有も禁止されている。
諸外国の軍と比べれば自衛隊は雁字搦めで身動きできないようになっている。

このマインドコントロールから解放されない限り我が国を自らの力で守る体制がいつになっても完成しない。

アメリカに守ってもらうしかない。
アメリカに守ってもらえば日本のアメリカ化が加速する。日本の経済も、金融も、商慣行も、雇用も、司法もアメリカのシステムに近づいていく。
改革のオンパレードで我が国の伝統文化が壊されていく。

Photo_4

(↑世界恐慌)

Photo_5

(↑リーマンショック)

日本ではいま文化大革命が進行中なのではないか。

日本国民は20年前と今とではどちらが心安らかに暮らしているのだろうか。

日本は良い国に向かっているのだろうか。私は日米同盟を否定しているわけではない。
アジア地域の安定のためには良好な日米関係が必須である。
但し日米関係は必要なときに助け合う良好な親子関係のようなものであることが望ましい。
子供がいつまでも親に頼りきっているような関係は改善の必要があると思っている。

Photo_6

(↑アメリカ合衆国空軍儀仗隊の栄誉礼を受ける田母神俊雄空将。常装第1種夏服を着用し、右胸一番上に防衛功労賞を着けている。)

自分の国を自分で守る体制を整えることは、我が国に対する侵略を未然に抑止するとともに外交交渉の後ろ盾になる。
諸外国では、ごく普通に理解されているこのことが我が国においては国民に理解が行き届かない。

今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐えがたい苦しみを与えたと思っている人が多い。
しかし私たちは多くのアジア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要がある。
タイで、ビルマで、インドで、シンガポールで、インドネシアで、大東亜戦争を戦った日本の評価は高いのだ。

(戦闘機に乗っている画像)

そして日本軍に直接接していた人たちの多くは日本軍に高い評価を与え、日本軍を直接見ていない人たちが日本軍の残虐行為を吹聴している場合が多いことも知っておかなければならない。
日本軍の軍紀が他国に比較して如何に厳正であったか多くの外国人の証言もある。
我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である。

日本というのは古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国なのだ。
私たちは日本人として我が国の歴史について誇りを持たなければならない。
人は特別な思想を注入されない限りは自分の生まれた故郷や自分の生まれた国を自然に愛するものである。
日本の場合は歴史的事実を丹念に見ていくだけでこの国が実施してきたことが素晴らしいことであることがわかる。

嘘やねつ造は全く必要がない。
個別事象に目を向ければ悪行と言われるものもあるだろう。
それは現在の先進国の中でも暴行や殺人が起こるのと同じことである。

(戦闘機に乗り込む画像 永遠の0かな?)

私たちは輝かしい日本の歴史を取り戻さなければならない。
歴史を抹殺された国家は衰退の一途を辿るのみである。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20140129-00000092-fnn-pol
しかし、民主党という政党は、何を考えているのでしょうか?
昨日も記しましたが、もう一度、いや何度でも!
え、民主党って韓国のセヌリ党だったんですね!?

| | コメント (0)

え、民主党って韓国のセヌリ党だったんですね!?

先ずは、御礼と更なるお願い。

ボランティアさんの「田母神俊雄応援サイト」が素晴らしいので、ツイートしてあげてくださいとお願いしたら、早速していただいているようです。有難うございます。東京都民の皆さんの心に届くよう、今後もよろしくお願い致します。

http://www.tamogami2014.com/

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

他国の放送局のトップの辞任を求めるって、なんなんでしょうねぇ。
ここまでくると、まったく理解不能です。
どういう思考回路ですか?

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/27/kiji/K20140127007469060.html
(共同 2014年1月27日 13:14 記事一部引用)

与党セヌリ党報道官は「(安倍晋三首相の)靖国神社参拝という妄動などで韓国国民に苦痛を与えたことでは飽き足らず、
公共放送まで極右路線のラッパ吹きに利用しようとしている」と述べ、籾井氏の辞任を要求した。

ここでふと思ったのですが、韓国のセヌリ党と日本の民主党と同じことを言っていませんか?

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012600102
(2014/01/26 時事ドットコム 記事一部引用)
NHK会長発言を批判=大畠民主幹事長

民主党の大畠章宏幹事長は26日、
NHKの籾井勝人会長が就任記者会見で従軍慰安婦問題をめぐり「戦争しているどこの国にもあった」と述べたことについて、
東京都内で記者団に「誠に不適切な発言と言わざる得ない」と批判した。

今更ですが、やはり売国政党です。

この記事には、
日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長も記者団に「(NHKは)公共放送といえども権力のチェックという役割を担っているので、
そういう視点でやってもらいたい」と注文を付けた。

と、あります。
同じ維新の会でも石原・中山・三宅・国士三羽烏とは随分考えが違うなあと思い考えてみたら、
松野氏は民主党鳩山内閣の内閣官房副長官だったのでした。

やはり売国民主党体質。
民主党はどこの国の政党なんでしょうね?

今回の東京都知事選挙は、政党選挙ではなくなっている気がします。
大義なき政党ではなく、国のため、東京都のためを、
心から思ってくれる方を選びたいと思っているのではないでしょうか?

宇都宮氏(共産党と社民党が推選しています)

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏(民主党が推しています)
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏(自民党公明党が推選)

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏(市井の良識ある人々の支援)

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。)

何が正しいかを追求すると、誰が正しいか分かってきますよね。

【付記】

http://japanese.joins.com/article/932/180932.html?servcode=A00

セヌリ党のウォン・ユチョル議員は22日、党最高・重鎮連席会議で「2008年以後、
中断された南北共同の安重根義士の遺体発掘事業を再開することを北朝鮮に正式に要請する」と明らかにした。
与野党の議員95人が参加している「正しい歴史教育のための国会議員の集い」の代表でもあるウォン議員は
「教育過程に安義士の義挙の歴史的意義、東洋平和論などを強化すべきだ」と強調した。

テロリストを義士と称える厚顔さ、やはり思考回路が・・・

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第10話 尚武の心(田母神の男性観)」

「第11話 やまとなでしこ(田母神の女性観)」

連続UPです!

読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。m(_ _)m

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

演説では伝えきれない、田母神さんの原発に対する考え

原発問題に唯一「安全に管理した上で原発を使う」という推進の考えを示しているのが田母神俊雄さんですが、
演説では伝えきれない部分を月刊誌「致知」2月号で知ることが出来ました。
致知の関係者によると、このインタビューをしたときには、都知事選挙に出ることになろうとは、
本人も思っていない時期だったといいます。
田母神さんご自身が福島県出身であり、原発事故に対しては他の候補者より並々ならぬ気持ちをお持ちだからこそ、
科学的に判断して欲しいと言っているのですね。
非科学的な数字で、福島の人達が苦労をしているとも仰っています。

アメリカ、ヨーロッパとの比較です。

汚染水の基準
    アメリカ 1kgあたり 1200ベクレル
    ヨーロッパ       1000ベクレル
    日本            10ベクレル

アメリカ、ヨーロッパはICRP(国際放射線防護委員会)が定めた基準をもとにしていますが、
なぜか日本はその100分の1のレベルで、汚染水となっています。
どうやら民主党の小宮山洋子元厚生労働大臣が役人の言うことも聞かず、
「世界に誇れる基準にしましょう」と押し切ったようです。
また2013年には国連の放射線科学委員会が、福島原発周辺の放射線量は危機的な状態にありませんと、
2回も宣言をしています。
私にはマスコミが取り上げた記憶が無いのですが、読者の皆さんはご存知でしょうか?
因みにICRPという団体は、これ以上核武装国を増やさないために組織されたので、
ことさら放射線の恐怖を煽っているのですが、
その100倍も厳しい基準とは、非常識にもほどがあります。

先稿で原発停止による燃料費などのコスト増は膨大であると述べました。
実は昨年だけも、年間で3・6兆円という大変大きな金額になっています。
こういうことが毎年続いていくと折角よくなり始めた日本経済のに、
急ブレーキをかけているようなものでしょう。
民主党政権時の厚労大臣・小宮山洋子氏が押し切った規制は、日本の弱体化を狙ったものなのか、
無知によるものなのかは解りませんが、流石の左巻きお花畑ぶりですね。
その民主党が支援しているのは細川護熙元総理大臣です。

拙ブログでは繰り返し取り上げていますが、中国韓国の原発政策を見ていると、
日本だけの問題として、原発の是非を考えるのは意味が無いのではないかと思います。

私は将来的には出来うる限り自然エネルギーに移行しつつ、原発をコントロール出来るだけの知力を残す。
それが現実的な未来だと考えています。核廃絶は確かに理想ですが、世界的に現実的ではありませんし、
日本のみが何の技術も持ち得なければ国力の衰退に繋がるのです。
危険だから消し去るというのなら世界規模で同時期に行わなければ無意味なのですから。

3124_2_2

3123_2_2

そして、厚生労働大臣繋がりで、舛添要一氏。
子宮頸がんワクチンで被害にあっている女性に、
どういう言い訳をされるのか伺ってみたいものです。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第10話 尚武の心(田母神の男性観)」がUPされていました。

「誰が正しいかではなく、何が正しいか」で選べば、田母神さんですよね。

「第11話 やまとなでしこ(田母神の女性観)」も連続UP!

応援サイトさん凄いですねえ・・・読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。m(_ _)m

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

売国政党の考えることは、田母神さんとは正反対

「慰安婦問題は日韓基本条約で解決済み。蒸し返されるのはおかしい。」と、
籾井NHK会長が会見で発言しました。
ごく常識的な見解です。

この発言に、早速民主党が噛み付きました。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014012600102
NHK会長発言を批判=大畠民主幹事長(時事ドットコム 一部引用)
民主党の大畠章宏幹事長は26日、
NHKの籾井勝人会長が就http://app.f.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=432125#任記者会見で従軍慰安婦問題をめぐり「戦争しているどこの国にもあった」と述べたことについて、
東京都内で記者団に「誠に不適切な発言と言わざる得ない」と批判した。
 大畠氏は、過去に安倍晋三首相が旧日本軍の従軍慰安婦制度の強制性を否定する見解を示したことを念頭に、
「首相が(籾井氏を事実上)指名したことが裏打ちされたのではないか」とも指摘した。

その民主党が都知事選挙で推しているのが、細川護熙元総理です。
細川氏は佐川急便から1億円借りて総理を辞めました。
前東京都知事の猪瀬さんは、5000万円借りて知事を辞めたのですけれど。
細川護熙元首相は記者会見で、東京佐川急便からの1億円借り入れ問題について
「この機会に改めておわびする」と謝罪しましたが、
誤って済むならば猪瀬さんは辞める必要なかったわけです。
これがまかり通るのなら、警察は要りません!

東日本大震災の初動体制の悪さで、
原発事故の被害を拡大させた菅直人元総理も応援していますね。
菅直人氏は人気取りのためなのか、安全に動いている全国の原発を全て止め、
日本経済を混乱に陥れました。
原発に変わる火力発電にかかる費用が膨大であることや、
老朽化した火力発電所の危険性は、あまり報道されません。
そしてCO2排出量が増えたための、排出権負担料も莫大でしょうね。
集票を目的とした短絡的な行動が、結果として国民生活に負担をかけることになっているのです。

売国政党は、細川氏にシンパシーを感じているのですね。

拙ブログでは何度も触れていますが、
原発技術は核開発技術であり、日本が唯一合法的に許された、核開発研究なのです。
いつでも核を持てるという抑止力を働かせるためにも、
絶対に放棄してはいけない技術です。
将来的には、出来る限り自然エネルギーに移行すべきという前提で、原発は捨ててはいけないのです。

そういう考え方を示しているのが、田母神俊雄さんです。
安全に管理した上で原発を使うという事をいえるのは、
自衛隊という組織に求められる、現実を直視するという訓練の賜物ですね。
東京都知事に必要な現実的な対応が出来るのは、田母神さんしかいません。
田母神さんに、いま一歩、もう一歩の支援をお願い致します。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第9話 父の教え、母の教え」が、UPされていました。

田母神青年の初々しいお写真が素敵です。

読者の皆様、素晴らしい応援サイトですので、ツイートして拡散してあげてくださいませ。

そして応援サイトのトップ画像が、謎を呼んでいます。

進撃の巨人か、宇宙戦艦ヤマトか、それとも服務の宣誓か?

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

「君よ桜花に一掬の涙を注げ」その想いをつなげるのは、田母神俊雄だけです!

ボランティアさんの「田母神応援サイト」に、拙ブログでも何度か取り上げさせている、脚本家で小説家の井沢満先生の著作が、UPされていました。

これは「靖国神社遊就館・開戦70年記念特別展の、

特攻隊員とその恋人を描いた日本画に、井沢先生が跋をつけたものです。

井沢先生、私は何度も涙をしました。

こんなに泣いたのは、本当に久しぶりでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

心臓を捧げよ田母神俊雄、東京そして日本の未来のために。

http://www.tamogami2014.com/

第7話 君よ桜花に一掬の涙を注げ

(全文転載)

1月23日、猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選挙が告示された。
選挙戦の幕が切って落とされたわけだが、田母神俊雄の第一声は大方の予想どおり、安倍政権の支持と靖國神社への想いが込められていた。

なぜ、田母神はここまでこだわるのか。
本人は声を大にしないが、国会議員でなく、また公式でも私的でもない一個人としての敬意を隠さない安倍晋三の姿勢に胸を打たれたのだという。
同時に、靖國問題を政争の具から解き放つためにも、東京を預かるものが決着をつけなければならない、国会では解決が難しい、自治体でなければ厳しいと肌身で感じている。
何故、国会では解決できないのか。これについては本サイトでも近日触れたいと思う。
 ヒントは以下の画像である。

(安倍晋三献灯)

どうやら、安倍総理だけは靖國の本質を理解していらっしゃるようである。

さて安倍晋三首相は22日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加している各国メディア幹部らとの会合で、昨年末に靖国神社に参拝した理由について次のように述べた。
「いわゆるA級戦犯を称揚するためではない。そこには(戦争の)ヒーローがいるのではなく、戦争に倒れた人々の魂があるだけ。憎しみもないし敵意もないし、人を辱めようというつもりはない」

「戦争犯罪者を英雄だと思っているのか」と質問した中国メディアに対しても、首相はさらにこう説明した。
「ただ魂を慰霊したい。その人たちに感謝したいという思いがあるだけ。国のために戦った人に手をあわせるのは、世界のリーダーの共通の姿勢だ。二度と再び戦争の戦禍で人々が苦しむことがない世界をつくりたいという思いだ」

こうしたやり取りに触れて、一昨年に靖國神社・遊就館で開催された特別展を思い出した。
脚本家の井沢満氏が鎮魂にと奉納した、特攻隊員とその恋人の絵画に寄せた跋文である。

「君よ桜花に一掬の涙を注げ」

戦があり、いくつもの別れがありました。
防人(さきもり)たちの別れの言葉がそれぞれにありました。

「妻よまだ見ぬ我が子よ、行ってきます。
 生来不器用にして、はかばかしい言葉は残せぬが、
 つきせぬ想いは胸に張り裂けるほど。
 妻よ、君のために、生まれ来る小さき命のために、
 緑の故郷を背に荒野(あらの)へと向かいます。
 親を頼む。子を頼む」

「君に秘めた想いを告げぬまま、僕はあの大空を目指します。
 無骨な戦闘服に包んだ思いのやわらかきを君よ知るや。
 さようなら。ありがとう。君に逢えてよかった。
 逢えなければ 僕は恋を知らぬままだった」

「ふたりきり寄り添って生きてきた妹よ、人形をありがとう。
 小さな手でこしらえた人形は戦闘服の背中にひっそり
 縫い付けようね。
特攻する時に君の人形がこわがらぬように。嫁ぐ姿を
 父親がわりに見られぬ兄を許しておくれ。
幼き妹よ。泣くな。元気で幸せに生きておくれ」

「拝啓母上様。笑顔でうち振る日の丸の、小旗のその陰で、
 胸のうちなるすすり泣き、わたくしは聞いていました。
 生んでくださってありがとう。
 あなたに頂きし命ゆえ、あなたを護るために使います。
 息果てるその間際には、母上様の名を叫びましょう。
 お母さん!と」

「国に次の花咲く春にはもういません。
 桜吹雪の花影に、こんな男がいたことを
 思い出してください」

御国(みくに)を護(まも)るは、大切な人々を護ることだと信じた。
日出ずる国の民の誇りを胸に行ってきますと手を振った。

靖国で逢おうね。

ほろほろと、薄桃色に煙りながら散る、ひとひら、また、ひとひら。
花びらの身じろぎに防人(さきもり)たちの声が聞こえるような。
散った命を惜しむのかなつかしむのか、花は散る散る靖国の庭に。

散華(さんげ)の頃は思い出してください、今なお遠き異国の氷雨に打たれ、
祖国へ帰る日を待ちわびる防人たちが横たわっていることを。

命絶える時、彼らが虚空に差し伸べた手が掴んだものはきっと愛。

泥土(でいど)の道に倒れ伏し、わたし達のしあわせを防人たちは願った。

雨が降り注ぎ、風が吹き抜けた。
雪が防人を覆った。そこには何事もなかったように。

季節めぐり花の扉がまた開いたら、君よ舞い散る桜のひとひらに
一掬の涙を託してください。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

この気持ちを受け継げるのは、田母神さんだけです!

拙ブログに足をお運びいただいてる皆様、

どうか田母神を応援して頂きたく、心よりお願い申し上げます。

心臓を捧げよ田母神俊雄、東京そして日本の未来のために。

心臓を捧げよ。そして「戦え」。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第8話 安倍晋三論」が、UPされていました。

どんなに能力があっても総合力が優れているとしても、「人として許せない」人はリーダーとして推せない。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

対馬が危ない。そして東京も!

いきなりですがベストセラー作家で「永遠の0」の映画が話題の百田尚樹さんのツイッターです。
見た瞬間「(うんうん、と頷き)そうなんだよ!」と、声に出してしまいました。

選挙となれば、あちらこちらにいい顔をしないと当選できないと思います。
ましてや国政選挙と変わらない大きな選挙となれば、余計にです。
お金もかかります。(ボランティアだけで選挙が出来るなんて酔ったような話は、信用してはいけません)
女は…この際、百歩譲りましょう。
でも、ここは日本です。日本人の国です。
日本を愛していない政治家なんて、本来居てはいけないのです。
でも居るのですよねぇ…
だからこそ百田さんのつぶやきに、共感するのですけれど。

中韓は日本からお金を引き出したいがために、特定の思想を持ったえげつない日本人が捏造した、
従軍慰安婦や南京大虐殺などを吹聴してきました。
例えば従軍慰安婦像の建設ひとつとっても、その巧妙さがわかります。
まず住民として住まい「見えないコリアンタウン」を形成します。
そして一定の人数を確保すると、動き出すのです。
「日本は韓国を侵略した。強奪した。年端もいかぬ少女を強制連行し、慰安婦にした。」
選挙で当選したい政治家たちは、耳を貸すのです。
日本人じゃありませんから、「日本がどうなろうと、知ったこっちゃあない」ですよね。
そういう政治家が当選すると、捏造した従軍慰安婦の嘘話を、議会という場で撒き散らし始めます。
「日本人は悪い人間だ、日本は悪い国だ」と、アメリカを中心に外国でばら撒いていくわけです。

日本海の東海併記も、この手法でした。
「東海」併記法案が上院通過=日本海の教科書表記-米バージニア州
(2014年1月24日(金)12時37分配信 時事通信)
http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/jiji-2014012400065/1.htm
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/bn-20140123-3579/1.htm

これは日本においても同じです。
既に対馬は韓国に乗っ取られつつあります。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140121-00000534-san-pol
対馬でもしも韓国人の政治参加を認めたらどうなるでしょうか?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140124-00000533-san-pol
漁民が困っていても、お役所も逃げ腰なんですね。
地元の国会議員の先生は、竹島と同じ運命をたどるって危機感を持っているんでしょうか?

さて、このように侵略というのは、地域にコミットした形で進んでいきます。
外国人参政権に賛成するような人が、日本の顔である東京都知事になったとしたら、中韓は諸手を挙げて喜ぶでしょう。
いきなり王手ですもん。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

精一杯の応援を致しましょう。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

第7話 君よ桜花に一掬の涙を注げ

靖国に心を寄せる人は、同じものを見ているのですね。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

「田母神としお」のために各員一層奮励努力せよ

いつも拙ブログにご訪問頂き、ありがとうございます。
そして非公開のコメント欄に、お休み中のNHK問題の情報や、応援メッセージなど頂き、心より感謝致しております。

私は今回の東京都知事選挙は、「皇国の興廃此の一戦に在」と思っています。
外国人参政権を推進しよう、靖国参拝は反対だ、日本は悪い国だったのだから謝罪をしなければならない等と考える人間を、
日本最大の地方自治体の東京都知事にするわけにはいかないのです。
この戦いにおいて、選挙区でもない末端の地方議員の私に出来ることといえば、
田母神応援ブログを毎日書き続けることくらいしか出来ません。
団扇で風を送る如くの応援ですが、それでもやらずにはいられないないのです。
「各員一層奮励努力せよ」と、お天道様に言われている気がしています。

さて、早速渋谷ハチ公前での、第一声がUPされていました。
雄弁ではありませんが、福島訛りのあたたかい言葉から、田母神さんの人となりが感じられます。

先ほどこの都知事選に立候補するに当たり、靖国神社に参拝してまいりました。
日本が、安倍総理が言われる戦後レジームからの脱却、これを果たし、
強い逞しい優しい日本になっていくためには、靖国参拝が総理がやると問題になるのはおかしいと思います。
総理が日本を取り戻そうとして行動しているときに、総理と違う行動をとる人が東京都知事になっては、
私は困ってしまうのではないかと思います。
安倍総理は国家観歴史観がしっかりした総理大臣で、
田母神俊雄は国家観歴史観、これがほぼ似通っています。
総理が靖国参拝をするのに、都知事が靖国参拝をしないということで、
皆さん日本を取り戻すことが出来るでしょうか?
石原元東京都知事は、大変強い東京都知事だったと思います。
私も石原都知事のあとを受け継いで、石原都政を受け継いで、
強い東京都知事になって、安倍総理と政府の方針と同じ方向を向いて、
東京をリードして、この日本を、東京を強く逞しく、
優しい東京の街にしていきたいと思います。

私の尊敬する人のひとりに、元陸上自衛隊特殊作戦群初代群長・荒谷卓さんという方がいます。
荒谷さんの著書「戦う者たちへ」の中に、
戦いとは、「自分の意志を相手に強要しようとする意志と意志の対決」
つまり、戦ってまで貫こうとする「意志」が戦いの前提条件となる。
現在の日本で「戦い」といえば、金・地位・権力にからむものばかり。
金儲けをしようとする人はお金のために、出世したいと思う人は出世のために、
政治家は選挙に勝利し政治家としての地位を獲得・維持するために戦っている。
私の目指す「戦い」とは、身を賭しても己の魂の理想を貫くことである。

と、記されています。
田母神さんの戦ってまでも貫こうとするものは、
まさに「誇り高き日本人の心を取り戻す」ことでありましょう。

私達は中国・韓国・北朝鮮から嫌われる政治家が、実は一番正しい政治家だと認識しなければなりません。
外国人参政権を推進し、捏造従軍慰安婦に謝罪し、捏造南京大虐殺をあたかも真実のように発言をする人たちには、
日本の国は護れません。
外国人参政権は、現在法曹では違憲と判断していますが、
実質的な地方外国人参政権は、自治基本条例を規定することで認めることが出来るようになります。
外国人参政権に賛成する人が都知事になった場合、
自治基本条例を制定し実質的な外国人参政権である「外国人の政治参加」を促すことになってしまいます。
日本という国家は日本人のためのものなのに、気がついたら首都東京が特亜自治区になってしまうという恐怖を、皆さんは感じませんか?
私は怖いです。だからこそ、正しい国家歴史観をもつ首長じゃなきゃ駄目なのですよ。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対



細川氏
外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)


舛添氏


外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対


田母神氏


外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、
航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

国民から誇りを失わせれば、国は消滅します。
地方自治体の集合体が国なのですから、最大地方自治体の東京都知事は、正しい国家歴史観の持ち主でなければならないのです。

「永遠の0」の作者の百田尚樹さんも、
東京都知事は、舛添、細川では駄目だとツイッターで表明されていました。

Hyakutanaoki

「ゼロ」に乗って散っていった若者達の魂に報いるためにも、
田母神さんを応援しようではありませんか。
今一歩、もう一歩の努力をいたしましょう。
「皇国の興廃此の一戦に在、各員一層奮励努力せよ」

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

第5話 オリンピック支援は「国防軍」で!」が、配信されていました。

国民の防衛意識を超える防衛力はつくれない。
そして都民の防災意識を超える防災力もつくれない。
どんな東京にしたいのか。
都民の皆さん一人ひとりの判断次第だ。

応援サイトさん、いつも素晴らしいブログ、有難うございます。

追記

応援サイトさん、早いですね。

今みたら、田母神さんの第一声の文字おこし、UPされていました。

「第6話 出陣第一声」

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

舛添支持に大義はあるか、と自問する自民党員

都内で知己と偶然会い、互いに時間を気にしつつも、つい長話になってしまいました。
彼女は自民党を永く支援されているので、自然と都知事選挙の話となりました。
開口一番、「なんで舛添さんなの?私には理解が出来ない。」と。
そして「私なんかは、組織から見れば蟻のようなもの。声も届きようがないわよね。」と、深い溜息をつきました。

政治の場は男社会です。
人間関係と妥協で成り立つことも多々あると思います。
それも大切な要素ではありますが、時によっては大義が無くなります。
今回の都知事選挙もまさにそれです。
自民党の大義はどこにあるのかと、前出の彼女は考え抜くのです。

「舛添さんは、自民党が苦しいときに、唾を吐いて出て行ったのよ?
なんで応援するの?」

私も解りません。

「自民党は、自助・共助・公助の精神で、福祉を考えているのに、
舛添さんは自分のご家族の面倒もみていないじゃない?」

そういう風に元妻の片山さつきさんも、インタビューに答えていますよね。

「私は民主党は大嫌い。舛添さんは民主党に近い発言ばかりしていたわよね?」

はい仰るとおり。自分が総理大臣なら、閣僚は7割を民主党から選ぶと言っていました。

「舛添さんを推選するのも、党本部が東京都連に押し付けたのよね?」

私には内情は解りませんが…

「お金の問題も出てきたようだし、何で舛添さんを推すのかしら…(溜息)」

私も溜息しか出ません。

彼女は、きっぱり言いました。

「私は永年自民党支持者だけれど、舛添さんを応援することはありえない。」

そして、こう付け加えました。

「日本を護ってくれる人、東京を護ってくれる人を選びます。」

「誰が正しいかではなく、何が正しいのか。」

今回の都知事選挙に関しては、
「政党が正しいかではなく、どの候補者が正しいのか。」と、言い換えることも出来ます。

憲政の神・議会政治の父と言われた尾崎行雄の理念の下で共に学んだものとして、
しっかりした価値基準で、東京都知事選挙に臨む彼女の姿には、有権者としての「大義」がありました。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

「第4話 東京の空」が、配信されていました。

空を制するものは、経済も制すということなのですね。

勉強になります。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

都知事選挙も、お天道様は見ています。

知識人からは週刊誌的ゴシップな要素と思われるかもしれませんが、
女性の視点から、これはちょっと見過ごせないなということがあります。
それは舛添氏の婚外子についてです。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140120/plt1401201525002-n1.htm

片山さつきさんが、安倍総理の「ぜひ、片山さんに応援してほしい、
すごい話題になる」という要請に対して、
「まず今回の(2020年東京)五輪は、オリンピックだけでなく、
パラリンピックがあり障害者の問題が非常に重要ななかで、
現時点では舛添氏は、障害をお持ちのご自身の婚外子の扶養について係争になっており、
これをきちんと解決していただくこと」と、発言しています。

それが縁というものならば、何度結婚したって良いですよ。
婚外子も、責任を取ると、両者の合意があることが条件ですよね?
舛添氏は責任を取らないので、係争になっているのでしょう。

政治家の仕事は、責任を取ることです。

「おうおう、頭でっかちのすっとこどっこい!
東大卒だか大臣経験だか知らねえが、
てめえのしでかした事の始末もつけられねえたぁ、
男の風上にもおけやしねえ。
それを花のお江戸の祀事たあ、恐れ入谷の鬼子母神。
まざあお天道様にその面あ向けて、
こんな私でようござんすかと、しっかり聞いてみるこったぁ。」

(新橋のお父さん達、このくらい毒を吐いてもいいんですよ。)

そして、片山さつきさん曰く、舛添氏のもうひとつの片付けていない問題ですが、
それは生活保護費の問題です。
どうやら実の姉が生活保護を受けていたようで、
「可能な限り、月に1万円でも…」という市職員を、
追い返したと週刊誌には記されています。
舛添氏の記者会見でも質問が出ましたが、なにやらうやむやでしたね。

http://matome.naver.jp/odai/2133792023049106701/2133835160180348803

自民党は、自助・共助・公助を政策の基本としています。
塵芥同然の末端党員としては、なぜ自民党が舛添支持なのか、本当に解せないのです。

さて、舛添氏の公約に、
●史上最高のオリンピック・パラリンピックで東京の魅力を世界へ発信
というのがありました。

世界中にはカトリック、プロテスタントを含めキリスト教信者が圧倒的に多いのです。
愛人を持ち、隠し子まで3人持つ都知事が、キリスト教圏の人々から、いかなる尊敬で見られるでしょうか
はっきり言います、日本国の恥です。

●安心、希望、安定の社会保障
いのちを育み、いのちを見守る思いやりと温もりあふれる福祉
というのがあります。

自分の子供の養育費、実の姉の生活保護援助も出来ない人が、
どんな福祉政策を展開するんでしょうか?
個人的「福祉」も行えず訴えられている方に、都の福祉に心が配れるでしょうか?

それは人間ですから、過去に間違いはあるでしょう。
でも男として責任の取れない人が、花の都大東京の指揮官が務められるのかという疑問なのです。

お天道様は見ています。
そして舛添氏のこの態度は、日本の家族制度を根本から否定しているものだと、私には思えます。

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

第2話 「たとえわが身亡びるとも、国の亡び許さじ」

第3話 「サムライブルー」

が、配信されていました。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

日本の首都を特亜自治区にしないために

拙ブログでは繰り返し話題にしていますが、
自虐史観で脳内汚染されている人が、日本最大の地方自治体東京の首長になることに、
大きな危機感を持っています。
地方自治体は二元代表制をとっており、
予算調整権、予算執行権をもっている首長という存在は、
小国の大統領といってもよいくらいの権限を持っているのです。
小さな国家並みの人口を有する東京都が、
特亜に優しく日本人を蔑ろにする政策をとっていくとしたら、
それは日本国特亜自治区を作ることに他なりません。
実に恐ろしいことですね。

例えば、舛添氏は
●世界に通用する人材の育成と骨太の教育改革 
・日本人・首都東京の誇りを持ち、世界で活躍できる人材育成
という、政策を掲げています。

舛添氏は「靖国問題勉強会」という、靖国参拝を反対する会の発起人です。
外国人参政権推進派であり、自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)の持ち主です。
こういう人がいう「日本人の誇り」って、何なのでしょうか?
理解不能です。

世界で活躍できる人材育成となると、「在日、中韓留学生に都の予算を投入し、人材育成をする」ということに、
なりかねないのではと疑ってしまいますね。

そういえば民団新聞に掲載されていましたが、
「金融機関は、低利で在日朝鮮人に融資せよ」と演説するほど、
半島よりの思想を持っているのです。
だから小沢一郎氏にシンパシーを感じるのでしょうか。

私は、小沢氏が如何に豪腕であろうと、
都心の一等地にマンションや土地を幾つも所有するといった時点で、
「あなたは不動産屋をやりなさい!」と、言いたくなりますが、
舛添さんは、そう思わないのでしょうか?

またこの動画では、自分が総理大臣だったら、
「閣僚を選ぶなら7割を民主党から選ぶ」と発言しています。
ということは、完全に自民党とは考え方を異にしているのですよね。
自民党の舛添氏推選は、本当に解せないです。

いずれにしても、舛添氏のような考え方を持っている方が都知事になるということは、
天皇陛下がお住まいになる皇居のある東京を、
ご英霊の魂の拠所靖国神社のある東京を、
特亜自治区にしてしまう危険性があるということだと、私は思うのですが…

*******

このところ舛添氏の大島視察が一寸した話題になっています。
読み比べていただくと、人となりが良く解ります。

舛添氏の公式ブログ
http://masuzoeyoichi.cocolog-nifty.com/

何しにきたの? 舛添さん
http://kumasshyi.wordpress.com/2014/01/17/%E4%BD%95%E3%81%97%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%81%9F%E3%81%AE%EF%BC%9F%E3%80%80%E8%88%9B%E6%B7%BB%E3%81%95%E3%82%93/

(今、上記ブログを見てきたら、数日後に閉鎖だそうです。何かあったのかなぁ…何となくお察ししますが。というわけで、見るなら今のうちです! 1/20 12:48)

*****

【拡散希望】

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

心臓を捧げよ田母神俊雄、東京そして日本の未来のために。

昨晩は知己と神田で新年会でした。
自然と東京都知事選挙の話となり、
田母神としお東京都知事候補予定者の

「勝手連サイトが凄い!」という話を聞き、
その場でタブレットで確認しました。
「うん!なるほど凄い!」というのが感想です。

私がアパ論文に応募するきっかけとなった田母神論文で、
何度も読んだ文章なのに、不覚にも号泣してしまいました。
素晴らしいサイトです。
そして素晴らしい田母神論文です。
拙ブログに足をお運びいただいている皆様、
ご面倒かもしれませんが、もう一歩お進み頂いて、
今この時だからこそ、田母神論文をお読み頂きたく存じます。

ボランティアさんによる「田母神氏応援サイト」

「心臓を捧げよ田母神俊雄、

     東京そして日本の未来のために。」

http://www.tamogami2014.com/

そして拡散希望です。m(_ _)m

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

政治家の仕事は、責任を取ることです。

新しい都知事に力を入れてもらいたい政策は?
一番が無駄な歳出の削減、次に2020年の五輪準備だそうです。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/10642/result

ちょっと良く考えてみましょう。
歳出削減や五輪準備などは、官僚が、職員が十分に出来ることです。
なぜならば、行政は継続性があり、前首長が決めたことは基本的に踏襲されます。
政策を事業化し、議会が予算を議決した経緯があるので、
簡単には白紙撤回はできないのです。
地方自治体は二元代表制というシステムで動いていますので、
議会が議決するということは、それだけ重みを持っているのですが、
住民は意外と気がつかないことですね。
つまり東京五輪も行財政改革も、事務方のトップである副知事がいれば、問題なく執行されます。

では都知事は何をすればよいのでしょうか?

極端な言い方をすれば、「責任を取る」、この一点しかありません。

知らぬ存ぜぬ、過去のこと、それは秘書が家族がと、いい訳三昧するような輩は、
既に政治家の資質を持ち合わせていないのです。
日本男児たるもの、たとえ理不尽なことであっても、
お白洲では正々堂々と、
「シビリアンコントロールの観点から、大臣が『見解の相違がある』『不適正である』と判断されて、
解任をするというのは政治的に当然だと思う。私は、私の書いたものがいささかも間違っているとは思っていないし、
日本が正しい方向に行くためには必要なことだと思っている。」
と、
潔く答えるくらいでなくてはなりません。
「志は高く、熱く燃える」
そういう漢にしか、魑魅魍魎の渦巻く東京の指揮は取れるはずもないと、私は思っているのです。

(漢の腹決め 5分30秒くらいから6分6秒くらいまで)

権力を持つと有名女優にマンションを持たせたり、
婚約不履行で裁判中だったり、
1億円を借りたこともうやむやにしたり、
潰れかけた組織に後ろ足で砂をかけたり、
そういう人が責任を取れるとは思えませんよね。

責任を取れる人物こそが、東京都知事に相応しい!

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

小野田寛郎さん、あなたの念いをつなぐ人が都知事になるよう、見守って下さいね。

小野田さんとお目にかかったのは、一昨年の年末でした。
かくしゃくとしたその背中は、30年もの永きにわたりたった一人で任務を遂行し続けた、
日本最強の軍人そのものでした。
あの時は90歳だったのですね。
昨年末にもお会いできるかと思っていたところお見えにならなかったので、
もしかしたら体調を崩されているのかと不安がよぎりました。
果たして予感が的中してしまったようです。
ご冥福をお祈りすると共に、生涯にわたり訴えられたその一つ一つを必ずつないでいくと、
お誓い申し上げます。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140117/trd14011709400006-n1.htm
小野田寛郎さん死去、終戦知らずルバング島30年間任務続行 91歳 自然塾で育成に尽力

小野田さんが生涯を通して発言されたことは、
要約すれば「日本は良い国だった」だと思っています。
戦争中ですから、綺麗ごとだけではないでしょう。
それでも従軍慰安婦なんていなかったと発言し続けていたことは、
歴史の生き証人として黙っていられなかったのだと思います。

「日本は良い国だ、日本人は良い人間だ。」と言い続けなければ、
日本を貶める日本人達に対抗できないと、死を迎えるそのときまで戦ってきたに違いありません。
日本という国に、心臓を差し出した小野田さん、あなたこそ靖国に祀られることが相応しい!

と、思っていたら、とんでもないニュースがまた入ってきました。
http://japanese.joins.com/article/633/180633.html?servcode=A00&sectcode=A10
韓国野党、「植民支配を謝罪」村山元首相招き国会講演へ
(2014年01月15日17時53分 ? 中央日報日本語版 記事全部引用)
「村山談話」で良く知られる日本の村山富市元首相が来月、韓国を訪問して国会で講演を行う。
韓国の正義党は15日、村山元首相が2月11日から2泊3日の予定で訪韓すると明らかにした。
今回の日程は正義党が主催して韓日議員連盟や「正しい歴史教育のための議員の集い」など与野党の議員で構成されたいくつかの集まりが後援する形で行われる。
村山元首相は、安倍政権スタート以後の日本の右傾化を論じて韓日関係の改善案などについて講演をすると発表された。
1995年、当時の村山首相は日本の侵略戦争と植民地政策によってアジア国家に苦痛を与えたことを認めて謝罪する内容の「村山談話」を発表した。

一個人がどこの国に出かけて何を言おうが勝手です。、
しかし、日本を貶めるために、ありもしない捏造慰安婦の謝罪外交を、
元総理大臣が行おうとしているのです。
日本国民として、それをとめることが出来ないことが悔しい。
そしてそんな元総理大臣がいることが、日本人として情けない。

東京都知事の国家歴史観が大切なのかは、先稿で述べました。
中韓は何が何でも、自虐史観連合の舛添、細川、宇都宮の三氏になって欲しいでしょう。
そのためなら何でもやろうということです。

小野田寛郎さん、靖国で逢おうと散華されたご英霊、
今の流れのままでは日本は終ってしまいます。
どうか心ある日本人に力をお貸しください。
私は、日本人のための日本国を未来へつなぎたい、それだけなのです。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

慰安婦を世界記憶遺産にすると韓国が言っていますが、あなたは賛成ですか?

捏造従軍慰安婦を世界記憶遺産ですと?はあ?
馬鹿も休み休み言いなさいよ!

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011500316
(時事ドットコム 2014/01/15-11:32 一部引用)
慰安婦、世界記憶遺産に=17年の登録目指す-韓国
【ソウル時事】韓国女性家族省は15日、
国内や中国、東南アジアなどに残る旧日本軍の従軍慰安婦に関する記録を、
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録する計画を進めていることを明らかにした。
2017年の登録を目指し、15年中に文化財庁に推薦する方針という。

韓国は従軍慰安婦を世界記憶遺産に登録しようとしているのです。
開いた口がふさがりませんが、やりますよ。あの国は。
嘘の上に嘘を塗り固め、誇大妄想で、歴史を作り上げようとしているんですから。
安倍政権には全力で阻止してもらいたいと思います。

小さな国以上の人口を抱える東京都知事も、
国家観のしっかりした方になって頂かなくてはなりません。

なぜ地方自治体の首長の国家歴史観が大切なのでしょうか?
地方自治体の国家観がゆがんでいると、
肝心な日本人に不利な行政へと、曲がっていきかねないからです。

中韓在日を優遇する運営と言っても良いでしょう。
生活に密着した政策を実施するのは首長の権限の範囲です。
予算調整権、予算執行権、首長が握っているんです。

生活保護費を例にあげてみましょう。
そういえば片山さつきさんが、鋭く追及していましたね。
お時間がある方は、ご覧ください。

片山議員の質問を一部文字おこししたものです。

「生活保護が(平成)22年度で3.3兆円。そのうち(資料を)ご覧いただくと判りますが、仮試算で1200億円弱も外国人に払っております。
その保護率は日本人の2、3倍。(その中で)3分の2が朝鮮半島出身の方だそうです」
「昨日、厚労省に訊いたら、在韓国の3万人と云われる在留邦人に少なくとも同じ条件では生活保護は与えていただいていないと。
で、(韓国の生活保護自体が)いくら払われているかもまったく調査ができないと。
にも関わらず、去年の日韓首脳会談では、ずっと従軍慰安婦“問題”を云われ放しだったんですね」

「で、そういう状況の中で、あなた(野田首相)には従軍慰安婦象撤去へのイニシアチィブも見られない。
なぜ、こういう状態になっているのか。ご自身の外国人献金問題が有るんでしょうか。お答えください」

東京都知事選挙の候補者の歴史観は、次の通りです。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

つまり、端的に申せば、

「真っ当な歴史観 田母神」対「自虐史観連合軍(舛添・細川・宇都宮)」
という構図になっています。

私は候補者にこう聞いてみたいです。

「慰安婦を世界記憶遺産にすると韓国が言っていますが、あなたは賛成ですか?」

*******

以下、私がアパ論文に応募しようというきっかけになった、
田母神論文の肝の部分です。
何度読んでも、おかしいところは何もありません。

今なお大東亜戦争で我が国の侵略がアジア諸国に耐えがた
い苦しみを与えたと思っている人が多い。
しかし私たちは多くのアジ
ア諸国が大東亜戦争を肯定的に評価していることを認識しておく必要
がある。
タイで、ビルマで、インドで、シンガポールで、インドネシアで、
大東亜戦争を戦った日本の評価は高いのだ。
そして日本軍に直接接していた人たちの多くは日本軍に高い評価を与え、
日本軍を直接見ていない人たちが日本軍の残虐行為を吹聴している場合が多いことも知っておかなければならない。
日本軍の軍紀が他国に比較して如何に厳正であったか多くの外国人の証言もある。
我が国が侵略国家だったなどというのは正に濡れ衣である。
日本というのは古い歴史と優れた伝統を持つ素晴らしい国なのだ。
私たちは日本人として我が国の歴史について誇りを持たなければならない。
人は特別な思想を注入されない限りは自分の生まれた故郷や自分の生まれた国を自然に愛するものである。
日本の場合は歴史的事実を丹念に見ていくだけでこの国が実施してきたことが素晴らしいことであることがわかる。
嘘やねつ造は全く必要がない。
個別事象に目を向ければ悪行と言われるものもあるだろう。
それは現在の先進国の中でも暴行や殺人が起こるのと同じことである。
私たちは輝かしい日本の歴史を取り戻さなければならない。
歴史を抹殺された国家は衰退の一途を辿るのみである。

「国は安倍、東京は田母神。」いまや、保守の合言葉になりましたね。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

東京都と反原発を、どうやって結びつけるのでしょう?

昨日安倍総理大臣がエチオピアで会見し、
「エネルギー政策は国民みんなの課題だ。
原発問題は国の政策だ。」という認識を改めて示しましたね。

そして「電力の一大消費地の東京が省エネを徹底し、
エネルギーの自給率を高めていく方向で様々なアイディアを示すのは素晴らしいこと。」と、
細川氏を持ち上げたそうでありますが、ここも意図的な印象操作を感じます。
細川氏だけがエネルギー問題を語っているわけではありません。
環境問題として「ビル屋上等の緑化運動等のエコ化政策を推進する」と語っている人のことは、
全く報道もせずなのですよね。
h ttp://www.tamogami-toshio.jp/page/policy

屋上緑地の技術は日進月歩です。
エコ対策として取り上げられ始めたときから比べたら、
ビルへの負荷もぐんと減らせるようになりました。
これを強力に推進していくというのは、実はとても重要なことなのです。
東京都のヒートアイランド現象が軽減されれば、
どのくらいの消費電力が減るのかまだ誰も本気で試していないのです。
既に助成金もあるわけですが、本気にやるかやらないかということがポイントです。

「本気で屋上緑化に取り組めば、ヒートアイランド現象を緩和して省エネ対策にもなるし、
例えば地面に緑が確保できなくても、保育所の屋上でサツマイモの収穫が出来たりすると、子供達も楽しいだろうな。
エコ技術をもった企業も育ち、世界のエコ先進国と競争していける。」
と話していたことを思い出します。

さて、長期的には原発は廃止しようと思っている人が大半ですし、
安倍総理もそういう趣旨の発言を何度もされています。
原発事故があれば放射能汚染が拡散する(場合によっては広範囲に)、これは間違いのない事実だと思います。
一方で私は中国や韓国の原発政策を抜きにして、日本だけの脱原発がどの程度の意味を持つものなのかという疑問も持っています。
原発は大量の冷却水が必要だから海辺や大きな河川に隣接した形で作られているので、
中韓の原発は日本海側に作るのが自然なのです。
ひとたび中韓で原発事故が起きれば、日本にも被害があります。
何しろ日本国内の遠い原発より、近い位置にあるのですから。

3124_2

3123_2

http://www.nikkei.com/article/DGKDASGM1403M_U4A110C1FF2000/

(日経新聞朝刊2014/1/15)

「韓国、原発新設を継続ー5基から7基まで
韓国政府は14日の閣議で、電力供給に占める原発比率を2035年にいまの26%から29%に引き上げる長期エネルギー基本計画を決めた。」

表立っては決して語られませんが、原子力の技術の延長線上には核兵器開発のノウハウがあります。
精度の高い原発技術の推進は、「日本はいつでも核兵器を持てるが、あえて持たないのだ」という国際的メッセージにもなります。それが戦争の抑止力にさえ繋がります。

原発はエネルギーだけではなく、防衛問題にも関わっているのです。

水に落ちた犬は棒で叩けという、やっかいな隣国は、一筋縄ではいきません。
安倍政権にはぎりぎりのせめぎ合いの中で、日本にとっての一番の国益を探る方向性で外交をして欲しいと、切に願っています。
そして折り合うところを探しつつ、新しいエネルギー開発を推進していくというのが正しい道筋であり、
それこそが安倍政権として取り組んでいる国の政策なのではないでしょうかね?

こういう状況下で、省エネ政策を最大のエネルギー消費地東京で、本気に取り組むことは、とても大切なのだと思います。
東京とはいえ地方自治体。
地方自治体の取り組むべきことを、しっかり示して欲しいです。

当然のことながら、原発を減らしていく過程では、同盟国であり経済のパートナーである米国から、
シェールガスも輸入することでしょう。
それもまた国の政策です。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

反・対米従属ですが、親米です。

「私は日米同盟を否定しているわけではない。
アジア地域の安定のためには良好な日米関係が必須である。
但し日米関係は必要なときに助け合う良好な親子関係のようなものであることが望ましい。
子供がいつまでも親に頼りきっているような関係は改善の必要があると思っている。
自分の国を自分で守る体制を整えることは、
我が国に対する侵略を未然に抑止するとともに外交交渉の後ろ盾になる。
諸外国では、ごく普通に理解されているこのことが我が国においては国民に理解が行き届かない。」

(第1回 真の近現代史観 アパ田母神論文一部抜粋)

「我が国は、日米安保 によって守られており、
いざとなったらアメリカが守ってくれるのだと思っている日本国民は多い。
しかし、残念ながら日米安保は我が国が攻撃を受けたときに、
アメリカが自動的に戦争に参加して守ってくれることは決めていない。」
(田母神公式ブログ「志は高く、熱く燃える」より一部抜粋)

これって普通の考え方だと思いませんか?
私は反・対米従属=反米だとは思っていません。
自国の誇りを胸に、互いの協力できるところを探っていくのが、同盟関係だと思うのです。
私はアメリカが好きです。
それでも対米従属は望みません。
なぜならそれは、パートナーシップではないからです。依存を脱し、自立できる日本でありたいと思います。

懐かしいお宝が出てきました。

Kata1_3 

Kata2

1979年、ジミーカーター大統領が下田に訪問されたときの記念メダルです。
カーター大統領お手植えのハナミズキが、小高い丘にある下田公園にあります。
「アメリカからはハナミズキ、日本からは桜」が定番ですが、
このやり取りは今をさかのぼる事百余年、
東京市長の尾崎行雄がワシントンに桜を贈り、
その返礼にハナミズキが贈られたことから始まっています。
桜もハナミズキも、本当に美しい花ですね。

Sakura1

Hanamizuki

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

日本の誇りを未来へつなぐ

アニメ 誇り ~伝えよう この日本のあゆみ~

この動画はJC(日本青年会議所)が制作したもので、実に素晴らしいできばえです。

「日本の誇りを取り戻そう」
「日本人なのに『親日派』がいないのはなぜ?」
「どうしたら日本は普通の国になれるのか」
「日本は昔から良い国だった。」
「日本はもっとほめられていい」

そういうことを、アニメのなかで、とても解りやすく描いています。
JC出身の国会議員の皆さんも、この動画をもっと活用し、若い世代の人材育成を行って欲しいものです。

それが出来なければ、JCの存在意義はないといっても良いと、私は思っています。自民党のカフェスタで人気の平衆議院議員や、麻生副総理の見解も聞いてみたいところです。

さて、東京都知事選挙の候補者の歴史観を、見てみましょう。

宇都宮氏

外国人参政権推進派
自虐史観(性奴隷 への謝罪と賠償など)
靖国神社参拝反対

細川氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日韓併合は強制、第二次大戦は侵略戦争など)

舛添氏

外国人参政権推進派
自虐史観(日本は中韓に悪いことをした、謝れなど)
靖国神社参拝反対

田母神氏

外国人参政権反対派
真っ当な歴史観
靖国神社参拝賛成というか、航空幕僚長時代から、制服を着て靖国参拝。

東京都は日本の顔です。
天皇陛下がお住まいの皇居があります。
日本のために命を奉げたご英霊の魂のある、靖国神社があります。

外野の私は、日本の誇りを「未来へつなぐ」気持ちのある方に、
首長になってほしいと思っています。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

「誰が正しいのではなく、何が正しいのか」自治基本条例という罠=外国人参政権

「 『誰が正しいかではなく、何が正しいのか』をしっかり考えなけりゃ駄目ですよ。」
というのは、憲政の神・議会政治の父と言われた、尾崎行雄の三女、
平和活動家の相馬雪香さんがいつも口にしていた言葉です。

私はこの数日、地方政治の場にいるものとして、今回の東京都知事選挙を考えています。
立候補される方々の「顔」からではなく、今までの発言や政治信条から、
地方自治体にとって何が正しいのかを見極めたいと思ったからです。
(国から見ると、東京都も地方自治体です)

拙ブログで過去に取り上げた外国人参政権への賛否は、
大きな地方自治体であるほど影響力が大きいという意味で、
注視しています。

特に舛添要一氏は過去に国会で以下のような発言をされています。

「帰化要件が非常に厳しいままであるならば、
外国人の地方参政権というのは同じ地域に住む人間として認めるということは一つの考え方であっていい」と発言
(公式ホームページ、国会議事録:平成14年12月04日)

現在はこの発言をぼかしているようですけれど、
国会で発言をしたというのは、とても重要なポイントです。
議事録に残るというのを承知しての発言なのですから。

ここで、この動画を改めて見てください。
外国人参政権が、如何に危険な政策であるのか、良く解ります。

東京都で外国人参政権が認められたら、
どのくらい大変なことにあるのか想像するだけでも恐ろしいことですね。

実はこの外国人参政権を考えるときには、自治基本条例をセットに考えなくてはなりません。

自治基本条例を東京都が作ったらどうなるのか考えてみましょう。

自治基本条例の条文の中で問題となるのは「市民の定義」です。
例をあげてみます。
・本市の区域内に住所を有する人
・本市の区域内で働き、若しくは学ぶ人
・本市の区域内において事業活動その他の活動を行う人若しくは団体
などと規定されるのが一般的です。
これは、日本人に限定されていないのは、外国人も当然含むことを意味しています。
しかも、市内で何らかの活動をしていれば、国籍にかかわらず「市民」に含まれることになります。

次に、市民の権利として
自らの生命、自由及び幸福追求に対する権利が保障され、自己実現を図ることができるほか、自治運営のために、次に掲げることができますと規定します。
(1) 市政に関する情報を知ること。
(2) 政策の形成、執行及び評価の過程に参加すること。
(3) 市政に対する意見を表明し、提案をすること。
(4) 行政サービスを受けること。
なそどです。
「外国人」という言葉を使わずに市民を定義して、住民に違和感を感じさせずに外国人の政治参加を認めることを可能にするのです。

外国人参政権は、現在法曹では違憲と判断していますが、
実質的な地方外国人参政権は、自治基本条例を規定することで認めることが出来るようになります。
外国人参政権に賛成する人が都知事になった場合、
自治基本条例を制定し実質的な外国人参政権である「外国人の政治参加」を促すことになるでしょう。
私はこのようなことはあってはならないと思っています。

日本国という国家は、日本人のためのものなのですから。

何が正しいのかを突き詰めれば、誰が正しいのかが解ります。

自民党は自治基本条例制定にも外国人参政権にも異論を唱えています。
https://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/jichikihonjyourei_01.pdf

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

天皇陛下の「本当のお仕事」~日本国、最高位の神官として~

世の中も松飾りが取れ、平常運転に戻りましたが、
新年参賀の光景はまだ、目に焼き付いていますね。
秋篠宮家の佳子さまが、来年からのお立ち台ご参加ということで、
一般に紛れて密かに参賀にお加わりでいらしたということで、
皇室の行く手に光を感じます。

1765181381389089775_l

1388810760814   

天皇陛下皇后陛下におかれましては、いよいよご壮健であられることを願いますが、
天皇陛下のお仕事の中身を実は私どもよく存じ上げていません。
国事行為の他、海外の賓客おもてなしなどのご公務、
被災地訪問などニュースに流されることだけに国民は目が行き、
それらのお仕事はむろん重要ではありますが、本来のお仕事は、
国民の眼に見えないところで行われる祭祀にあります。

華やかな新年参賀の前日、元旦。私達多くの国民が深い眠りにある頃、
皇居では天皇陛下の「仕事始め」です。
つまり本年度最初の宮中祭祀である「四方拝(しほうはい)」が行われます。

払暁4時からの行事ですので、そのためには当然もっと早起きなさらなければなりません。
単に早起きなさるだけではなく、御身のお清め、
古代装束に身を固められての古式に則った儀式ですから、
相当早めにご準備せねばなりません。
おそら午前1時とか2時には、ご起床でいらっしゃるのではないでしょうか。
皇后陛下はご参加なさらぬ儀式ではありますが、ご準備のお手伝いもあり、
また皇后陛下におかれましては、寒風の戸外に佇まれ、天皇陛下が祭祀を執り行っていらっしゃる間、
お心をその祈りに合わせられ祈念なさる由、
そういう意味から言えば、皇后陛下もご参加なさっての四方拝だということも出来ますね。

Images1
Img_1046353_44184527_0_2 

四方拝は歴代天皇だけに許された祭祀で、未だかつて誰も目にしたことがない秘儀です。
豊作を願う祭祀で、飛鳥時代に始まり平安時代に正月の祭祀として定着し、
連綿と歴代天皇がやられて来たわけですから歴史が分厚いのです。
新嘗祭と並ぶ宮中の最大祭祀です。
しかし新嘗祭には代理を立てられるのに対して、四方拝は天皇陛下のみ許されていて、
ご不調の際には中止という厳しさですから、そういう意味では宮中最大至高の祭祀であるということが出来るでしょう。

式次第は、平安時代の儀式書「内裏儀式(だいりぎしき)」「江家次第(ごうけしだい)」に記されています。

天皇陛下は大晦日の夜、潔斎なさり(身を清められ)、黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)という装束に身を改められ式に臨まれます。
この装束は平安朝から続くもので、陽の光を浴びると太陽のように輝く、という素晴らしいイメージで、誂えられた特別な衣装です。

「国と国民を襲うさまざまな難儀は全て、自分の身に降りかかり体を貫け」という、
身を犠牲前提の厳しいお覚悟が、実は天皇陛下に即位なさるということの意味です。

自らが日本国の、ある意味化身として、天照大御神という巨大な存在と、対峙なさり祈られるのですから、
私ども凡人の想像の埒外にある、厳かな儀式であるのでしょう。

かつて、いわゆる左翼と呼ばれる方とこのお話をしていた時、
その方に「だったら、おとなしく神官だけしていろ!」と放言されたことがあり、血が逆流する思いでしたが、
しかしある意味本当のことではあるのです、という言い方にも語弊がありますが、
要するに、公務その他は余事であり、ご高齢を押して無理におやりになっていただくレベルにはありません。
天皇陛下としての本来のお仕事は祭祀に始まり祭祀に尽きると言っても過言ではないのです。
これは順徳天皇、明治天皇共に仰せです。
それに加えて、日本には海外における政治家ほど、華やかなスターが出ません。
それらに対抗して負けない存在が天皇陛下であらせられ、
世界のプロトコルではローマ法王と肩を並べる唯一のお方であり、
もし渡米なされば大統領にホワイトタイで直々のお出迎えを受けるお立場です。

我が国最高位の神官、祭祀王としてのお立場にプラスしての世界的権威。
それが天皇陛下で、皇室を軽視する人たちが言い捨てるほど軽い存在ではありません。

四方拝の儀式は込み入っていて、全てを記す事はできませんが、
長時間正座なさった天皇陛下は、北に向い、新年の属星を7回唱えられ、
次に、深く礼拝を2回繰り返す「再拝」に続けて、呪文を唱えられます。
平安時代の「内裏儀式」に記された呪文は以下のごとくです。

賊冦之中過度我身(ぞくこうしちゅうかどがしん)
毒魔之中過度我身(どくましちゅうかどがしん)
毒氣之中過度我身(どくけしちゅうかどがしん)
毀厄之中過度我身(きやくしちゅうかどがしん)
五急六害之中過度我身(ごきろくがいしちゅうかどがしん)
五兵六舌之中過度我身(ごひょうくぜつしちゅうかどがしん)
厭魅之中過度我身(えんみじゅそしちゅうかどがしん)
百病除癒(ひゃくびょうじょゆ)
所欲随心(しょよくずいしん)
急急如律令(きゅうきゅうにょりつりょう)
これは「さまざまな国難、国民の苦しみはわが身を通過しますように」という意味で
国家国民の安泰を祈る厄払いの呪文です。我が身を生贄(いけにえ)に捧げつつ、
神への凄まじい請願であり、儀式です。

・・・・前後を省いて、ごく一部だけ抜き書きしてみましたが、
どれほど綿密に組み上げられたお作法で組み上げられた神事か、
一端は解っていただけたと思います。

今年で皇紀2674年。 その歴史の重みをひょっとしたら、海外の人々のほうが理解しているのかもしれません。
重みと凄み、です。世界に類例がないのです。

なぜ日本だけ、これだけ延々と一家系で存続できたのか、そこに日本という国の霊性がひそんでいます。
そう、天皇陛下は日本の国民の統合の象徴であらせられると同時に、日本の霊性・・・・神に繋がる道を常にその祭祀によりおつけになる方なのです。
天皇陛下が拝まれる時、その拝む神が、ご自身の先祖であるという、この驚嘆すべき事実に世界は瞠目します。
感覚的に世界が、日本国の奥深さに驚嘆したのは、今上陛下の即位の礼の時でした。
世界150カ国以上から、その国のトップを呼び寄せる事のできる底力もさることながら、
神式によって行われる儀式の、その作法の意味を知らぬのは日本人と同じですが、「何か」を感じたのです。
探せば儀式の一端を写した動画がありますので、見てください。

http://www.dailymotion.com/video/xywgem_%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E5%88%9D-%E5%A4%A9%E7%9A%87%E9%99%9B%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%AD%A3%E6%9C%88%E7%A5%AD%E7%A5%80-%E5%9B%9B%E6%96%B9%E6%8B%9D_lifestyle

ひれ伏すような何かがあります。
天皇とはその始発のご先祖、アマテラスという巨大な太陽神に、
素手で向き合うすさまじいばかりの霊的資質をお持ちの方でなければ、務まらないのです。
想像を絶する神の領域でのことが、私たち国民の知らぬ所で、粛々と行われており、
そこで全身全霊祈られているものは何であるか。
日本国と、日本国民の安穏と幸せ、そして世界の平和なのです。

皇居内の神殿では24時間燃え続ける神の灯火を神官たちと巫女たちが、
古代装束のまま守り続け、その全てを仕切るのが天皇陛下です。
それだけの霊的器がないと、務まりません。単なる神官と違うところは、そこなのです。
祈りのために生まれ、祈りに生涯を捧げるべく育てられたお方が必要なのです。
「単なる神官だけやっている」というのは、だから違います。
宮中内祭祀は、全生命を賭して行われるべきものであり、そのための環境が必要です。
その環境こそが皇室なのです。

中世の順徳天皇は、「禁秘抄」で「禁中作法先神事」と述べたように、
天皇は肇国(ちょうこく。国の新たな開設)以来「神事」を最優先としています。
明治大帝は、神事における「お手振り」を大切にされ、御歌にも遺されているほどです。
皇后陛下がしきりに案じていらっしゃるのは、このお手振り(神事における身振りを伴うお作法)が、
後代に伝わらぬことであり、控えめながらその懸念を漏らされたことがあります。

ご懸念なさることもなく、神事は正しく後に伝わることと思いますが、
私たち国民も宮中祭祀に対して正しい知識と理解とを持ち、捧げるべき尊崇の念を持ちたいと思います。
それが宮中における神事の火を絶やさぬことにも、つながるでしょう。

そして、これが肝心なことです。
天皇陛下、そして時に皇后陛下の身を捧げての神事に、国民の一人ひとりが、心のうちで参加、お支え申し上げること。
人の祈りの力は凄いのです。

天皇陛下の祈りに、国民のそれが束になって添えられ、まとめられた時、それが日本の暁です。
日出る国に、真実の太陽が輝く時なのです。

それによる日本再生を畏れてこそ、GHQによる日本国弱体化のための皇室改編が行われました。

【1945年(昭和20年)に日本が敗戦し、戦後の連合国軍司令部による統治の下で、宮内省は宮内府・宮内庁へと移行される。また、国政と切り離されていた旧皇室典範は日本国憲法施行に合わせて廃止され、全面的に改定された皇室典範は一般法の一つとなった】

これに合わせて皇室祭祀令など戦前の皇室令も全て廃されたのです。
そろそろ、皇室のあり方も含め、日本国民の意識の再編成も含めて、見直し出直しの時かもしれません。
首相の靖国参拝が本当にいい先鞭をつけてくださったと思います。
日米同盟は大事ですが、日本国としての精神の自立はもっと優先します。

ちなみに、皇后陛下も祭祀はなさいますが、天皇陛下ほど多くはなく、
ただ天皇陛下がなさる祭祀には常に影のように寄り添われ、サポートなさいます。

皇后陛下御歌
 年ごとに月の在(あ)りどを確かむる歳旦祭(さいたんさい)に君を送りて

毎年元旦の払暁、その年最初の宮中祭祀に天皇陛下はお出ましですが、皇后陛下はお支度から、お見送りするまで付き添い、
寒気厳しき戸外に佇立したまま、天皇陛下御拝の時刻を見計らいながら、ご自身も陛下の祈りにみ心を合わせ、国と民のつつがなきを、陛下とともにお祈り遊ばします。

順徳天皇の「禁秘抄」にいわく「およそ禁中の作法は神事を先にし、他事を後にす」とあるように、 禁中=皇居における祭祀こそは、
天皇を天皇たらしめる存在理由だと言えましょう。

皇后陛下が祭祀の引き継ぎについて明治天皇の御製を引用して以下のように述べられました。

【明治天皇が「昔の手ぶり」を忘れないようにと、御製で仰せになっているように、昔ながらの所作に心を込めることが、祭祀には大切ではないかと思い、だんだんと年をとっても、繰り返し大前に参らせて頂く緊張感の中で、うした所作を体が覚えていてほしい、という気持ちがあります。
前(さき)の御代からお受けしたものを、精一杯次の時代まで運ぶ者でありたいと願っています】

[明治天皇御製]
わが国は 神のすゑなり 神祭る 昔の手ぶり 忘るなよゆめ
とこしへに 国まもります 天地の 神の祭を おろそかにすな

四方拝を終えて、その日お休みになることもなく、天皇陛下は新年の祝賀会数回にお出ましで、翌日はお立ち台に7回立たれるわけです。ご年齢からして激務ですね。

・・・・・畏れながら天皇陛下(と皇后陛下)の、本当のお仕事のいったんでも、解っていただけたら、幸いです。

*****

私たちも、神棚に、仏壇に、

なければ天に向かって、祈りをささげましょう。

「神様、仏様、そして天皇皇后両陛下、日本をお護り頂きありがとうございます。」と。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

年頭所感 ~特定秘密保護法案はスパイ防止法なんです~

2014年が開けましたが、日本の新しい時代の幕開けでもあるのではないか、そんな思いを抱かせてくれるのが、「特定秘密保護法案」が通過したことであり、また首相の靖国参拝でした。

マスコミや中韓からのいわれなきバッシングに安倍総理は毅然と頭を上げ、信念を通し、実は付和雷同しないこういう姿勢こそが、諸外国から一目置かれる条件です。
付和雷同は、軽侮の的です。

とかくマスコミの記者たち、そしてインテリを自認する層は、「反権力」を旗印に掲げます。しかし、これは終戦以来の日本の宿痾であることに、私達はもう気づかねばなりません。
権力であれなんであれ、正しいものは正しいのであって、大局的な正義を見ず、微細な欠点を虫眼鏡で国民に見せて、どうだこの政府はこんなにも欠点があるのだ、という提示の仕方ももう時代遅れ、国民も賢くなっていて騙される人も少なくなりました。

「特定秘密法案」に対しても何やら、ご大層な理由をつけて、戦前の治安維持法まで引っ張り出して来て、果てはナチスの「全権委任法」とやら、知らないのは私の不勉強だからか、首をかしげることばかりです。

「特定秘密保護法」をさして難しく考えることもないです。
国家を守るための秘密を漏らした人、それを探って動く人を処罰する、それだけのことです。中身は「スパイ防止法」と言えば分かりやすいかもしれませんね。
企業のみならず、家庭でもシュレッダーを備えているところがありますが、単に紙のゴミを増やさぬというだけでなく、秘密保護のためです。
漏らしてはならぬ秘密があるのは、国家ならもっと切実なのは、当然のことです。

「日本は秘密が守られないので、大事な機密を伝えられない」とはっきり口にしたのが、キッシンジャー氏(元アメリカ国務長官)です。機密漏洩が時として、命取りになるのは企業も国家も同じことです。法案を通過させるに拙速であったと批判され、安倍総理もその点は反省を口になさいましたが、あれだけ急がねばならぬほど、我が国の現状が秘密ダダ漏れ状態にあるということです。

国民の知る権利と言えば、口当たりはいいのですが、個の利益か、国の利益か、どちらを最優先にするのか、と突きつけられれば、答えは自ずと明らかなのではないですか?
国の安全なくして個の保全もないのですから。

本日は短稿にて。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

増殖する在外韓国人、増殖する慰安婦像の恐怖

アメリカ人のテキサス親父さんの従軍慰安婦像撤去の署名が10万人を超え、
ホワイトハウスに請願を出すことが出来るようになりました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140104-00000043-san-n_ame

テキサス親父さん、有難うございます。(私も署名しましたよ!)
これからも日本を応援してくださいね。
テキサス親父日本事務局 http://staff.texas-daddy.com/?eid=463
Tekisasuoyaji

さてこの報道以来、保守系の掲示板などでは「韓国のロビー活動の資金がなくなった」だの、
「世界中に韓国の嘘がばれた」だの、ちょっとしたお祭ムードになっているようです。
しかし、実際は何もシビアな状況は変わっていないのです。
テキサス親父さんの署名活動は、
「請願が受理されても、連邦政府が地方自治体の案件に介入する可能性はほとんどないが、
慰安婦像が不愉快だと受け止められていることが裏付けられたので、
2月から慰安婦碑設置の可否を審議するカリフォルニア州クパチーノ市議会などへの牽制となることに期待。」
ってことなのです。

以下、捏造の従軍慰安婦像等のある国を記しました。(ウィキ参考)

慰安婦像のある国

ニュージャージー州バーゲン郡
ハッケンサック市
パリセイズ・パーク市
フォートリーに計画中

ニューヨーク州ナッソー郡
アイゼンハワー公園

カリフォルニア州グレンデール市

ドイツにも計画中

日本にある慰安婦の碑

千葉県鴨川市
千葉県館山市
沖縄県宮古島市

韓国の慰安婦の碑

ソウル市日本大使館前
統営市南望山彫刻公園
戦争と女性の人権博物館(関連施設)

中国慰安婦記念館

どうですか?
こんなにも世界中に捏造従軍慰安婦をアピールするものが、現存するのです。
そして現在も進行中なのです。
銅像を建てるなんぞ幾らもかからず、現地に住む韓国人の寄付で賄えます。
融資や援助の名を借りた実質的なODAや、アジア女性基金を迂回させた形で韓国に流れているお金もありますよね。
パチンコマネーも流れていっているでしょう。
そして何より、外国に住み着く韓国人の多さは、その地域に対する一定の政治的発言力となることを心得ているとしか思えないのです
実際にニュージャージー州バーゲン郡は韓国系住民多数いるといわれており、ハッケンサック市においては韓国系アメリカ人が住民の52%だそうです。
フォートリーにも計画中で韓国人系は、17%を超えてどんどん増えていると聞きます。
カルフォルニアにあった日本人街リトル東京も現在はほぼコリアンタウンの様相を呈しています。
侵食して乗っ取っていく。これが在外韓国人の特徴です。
以前黒人VS白人のロス暴動が起きましたが、報道されているようなマイノリティの争いだけでは無く、韓国人VS黒人と言う面があったのは記憶に新しいところです。
マイノリティの黒人街で商売を始め、その土地ごと奪うようなやり方が大きな反韓感情を抱かせたのです。
郷に入れば郷に従えでは無く、郷に入れば「郷が従え」という事なのでしょうね。
アメリカでは度々韓国人の銃乱射事件など様々な問題を現在でも起こしています。

そして韓国のロビー活動は、これだけではありません。
ハリウッドで活動する韓国人俳優ティム・カンが、日本軍の人体実験の映画をホラー映画として作ろうとしています。
http://japanese.joins.com/article/991/179991.html
ナチス顔負けの日帝731部隊を、映画で世界に告発すると息巻いているのです。
日本軍=ナチスという図式を作るロビー活動ですよね。

森村誠一の創作の悪魔の飽食が元ネタになっているのでしょう。
しかしそれを現実に起きた事だと思い込むアメリカ人がいるとしたならば、背筋が寒くなるほどの恐怖を感じます。

虚構の従軍慰安婦像にしても、日本を貶める映画にしても、韓国が国策としているディスカウントジャパンの一環であるということを、
国政の場にいる人たちは真剣に考えているのでしょうか?
隣国は情報戦という戦争を日本に仕掛けてしいるんですよ。
このまま、のほほんと何も対処せずにいたら、本当に侵略されてしまうでしょうに。
安倍内閣も少しずつ保守の望む方向に進んできてはいるのでしょうが、週刊誌で取り上げられているようなことになっているのではないかという不安もよぎります。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37748?page=4

私は一地方議員として日々を送っています。
少しでも地域がよくなるようにと知恵を絞りながら、厳しい財政をどうしたらよいだろう、国保介護の運営は、教育は観光はと、生活に密着した事業を審議しています。
しかしそれも国が安全であればこそ成り立つ話なのです。
国には地方が安心して仕事が出来るように、日本の領土領海領空をしっかり護って欲しい。
例えば外国人に地方参政権を与えるだとか、地方政治のシステムさえ良く解らない国会議員が地球市民思想に酔ったような与太話は止めていただきたいのですよ。
そんなことをすれば前述のように、移住してコリアンタウン化、韓国の思う通りになる地方自治体を増やしていくことになり、
いつの間にか韓国の日本自治区なんてことになりかねません。
(思い出しましたが、東京都知事選挙に出馬の噂のある舛添要一氏は、確か外国人参政権賛成派でしたよね?)

現実問題として様々な問題が起こるのは地方からなのです。
世界中が平和、平等。言葉だけ見ると非常に正しいと思うかもしれません。
しかし現実問題に照らし合わせるとそれがどんな困難な道程なのかはっきり理解しないといけません。
西側諸国の倫理観≠全ての国家のルールでは無いのですし。
世界中の誰もが納得する平和や平等などあり得ないのです。
戦争は悪と叩くのは簡単です。しかし世界中から戦争が無くならない理由も又考えていかなければなりません。
理想主義で国家は成り立たないのです。

(理想は持ち続けなければなりませんが、同時にリアリストでなければ世界の中で生き抜くことは出来ないのです)

今、世界中が情報戦争をしているのです。
どうか政官共に、「池に落ちた犬は打て」という国柄の隣国と情報戦をしているという自覚を持って、日本国の運営に当たってください。
日本が独立国家でいられるというのが日本の安定なのですから。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

韓国カトリック教徒500万人に問う。靖国参拝に否と言えますか?

韓国にはキリスト教徒が多く、大韓民国統計庁による調査によると、
仏教に次いでカトリック教徒が多く、プロテスタントは諸教派に 分かれるので、
単一の宗派としては信者数476万人(2006年調べ)のカトリックが最大で、
組織的にも最も強固なものがあるそうです。
現在ではもっと増えている可能性があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99 (Wiki)
最新の調査が入手できないので、大雑把に500万人として、韓国の人口が約4千万人ですから、
人口の実に八分の一に相当し、これに人数がカトリック教徒より多いプロテスタントを含めると、割合はもっと高くなるでしょう。

何を言いたいかというと、大韓民国の少なくとも500万人の国民は、
安倍総理の靖国参拝には反対出来る立場にはないのではないか、ということです。
もし反対なら、彼らの信仰の最高位であるローマ教皇庁に異を唱えることとなり、信仰者としては破綻なのですから。
靖国神社に対するローマ教皇庁の見解は、先の記事で簡略ながら述べました。

「靖国参拝、なぜ悪い、余計なお世話だ!」と言い返せる日本人で、来年はありたい!!
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-3dd8.html

本日は、ローマ教皇庁の靖国神社に対する見解が、2006年度の産経新聞朝刊5/26総合面にもっと詳しいので一部転載します。
データとして書き起こしのあったyahoo掲示板が今は削除されているようなので、某ブロガーさんのところにあった産経新聞の記事記録を拝借しました。
長いので前説をやや割愛しましたが、後はそのままの転載です。

 

■産経新聞朝刊5/26総合面
 靖国参拝の考察<中> ローマ教皇庁も認めた慣行
 米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授
 
 略
一般に靖国をめぐる論議は戦後だけのことと思われているが、実際には戦前の一九三〇年代にも似た現象があった。
三〇年代の日本といえば、多くの歴史学者は個人の自由が抑制され、とくに宗教の自由は国家神道で阻害され、
なかでも日本のキリスト教徒たちの自由や権利が、靖国神社により侵されていたとみなしがちな時代である。

 だが、現実はそうではなかった。日本では明治憲法で保障された宗教の自由が第二次大戦中までも保たれた。
戦時の日本の政界や学会では今中次磨、田中耕太郎両氏らキリスト教徒が活躍した。そんな時代の一九三二年五月、
上智大学のカトリック信徒の学生達が軍事訓練中に靖国への参拝を命じられたのを拒み、その拒否を同大学のホフマン学長も支持するという出来事があった。
参拝が宗教の押し付けになりかねないという懸念からだった。

 だが、東京地区のシャンボン大司教が文部省や陸軍省に参拝が宗教的行事かどうかを正式に問うたところ、
「参拝は教育上の理由で、愛国心と忠誠を表すだけで、宗教的な慣行ではない」との回答を得た。
これを受け、ローマ教皇庁は三六年五月に日本の信徒に向け、「靖国参拝は宗教的行動でないため日本のカトリック信徒は自由に参拝してよい」という通達を出した。

 その結果、日本カトリック教徒は自由に靖国を参拝するようになったが、
ローマ教皇庁が事実上の独立国家として日本政府の「靖国参拝は宗教的慣行でない」という見解を尊重したことの意味は大きい。

日本国民の自国への独自の価値観や愛国心をそのまま認めたということだからだ。日本という主権国家の内部での慣行への尊重だといえる。
さらに重要なのは教皇庁が戦後の一九五一年にも三六年の靖国参拝に関する決定を再確認し、現在に至っているという事実である。

 戦後も敬虔(けいけん)なキリスト教徒だとされる大平正芳氏や吉田茂氏などの首相が靖国に参拝している。
参拝しても神道の宗教行事への参加ではないからだ。
小泉首相の参拝も同様である。
私人か公人かという区分も意味がない。米国ではブッシュ大統領がキリスト教会を訪れても公私の別はだれも問わないし、
それが宗教的礼拝であっても、米国内の仏教やユダヤ教、イスラム教などの信徒達は自分たちの権利が侵害されたとみなさない。

 小泉首相の靖国参拝はA級戦犯合祀のために戦争の正当化となるからよくないという主張がある。
私は靖国が決してA級戦犯だけでなく、祖国の戦争のために亡くなったすべての人たちの霊を祀った神社であり、
その先人たちの行動を絶対の正確さで善か悪かを判断する立場には現代の私たちはないし、戦犯とされる人の霊に弔意を表したから、
その人の生前の行動すべてに賛意を表明するわけでもない、と反論したい。

 生きる人間は生や死に対し謙虚でなければならないとも思う。
国家の指導者に対しては、彼らのいまの政策にいくらでも反対し、非難も出来る。
だが遠い過去に死んでしまった故人の行動を非難しても、もう故人は弁護できない。
死者の行動の善悪をはっきり断定できるほど、私たちが完璧(かんぺき)だとも思えない。
戦没者への弔意表明に関する限り、過去の戦争の是非のような判断は未来の世代、次の世界、あるいは神に委ねることが適切だと思う。

 米国では南北戦争で敗れた南軍将兵の墓地が連邦政府の資金で保存され、政府高官を含めて多数の米国人が訪れる。
国立アーリントン墓地にも一部の南軍将兵が埋葬されているにもかかわらず、
歴代大統領が訪れ、弔意を表す。南軍はアメリカ合衆国に敵対し反乱し、しかも奴隷制を守るために戦った軍隊だった。

 小泉首相の参拝反対への理屈をそのまま使えば、米国大統領が国立墓地に参拝することは南軍将兵の霊を悼むことになり、奴隷制を正当化することともなってしまう。
だが、米国の歴代大統領も国民の大多数もそうは考えず、戦没者のすべてが子孫からの敬意を受けるに値すると判断し、
実際に弔意を表するのだ。日本側でそう考えたとしても、どんな支障があるのだろうか。
・・・・・・

■ケビン・ドーク教授
 1982年米国クインシー大学卒業、シカゴ大学で日本研究により修士号、博士号を取得。
ウェークフォレスト大学、イリノイ大学の各助教授を経て、2002年にジョージタウン大学に移り、同大学東アジア言語文化学部の教授、学部長となる。
日本での留学や研究も高校時代を含め4回にわたり、京大、東大、立教大、甲南大などで学ぶ。
日本の近代史を基礎に日本の民主主義、ナショナリズム、市民社会、知的文化などを専門とする。著書は「日本浪曼派とナショナリズム」など。

・・・・・・・・・・・
アメリカ人ですが、極めて冷静で理性的な靖国論ですね。
ドーク教授のこの論文は、韓国と中国の人々にこそ読んで欲しいと思います。
そして、およそ500万人の韓国カトリック教徒の人たちは、ローマ教皇庁の決定を
知ってジレンマに陥ることはないのでしょうか。
国の政策では靖国参拝はダメだと言われ、しかし信仰の分野では何ら悪しきことではないといわれ、
いわば国家と神との間に挟まれた形ですが、おそらくローマ教皇庁の見解など知らぬまま、矛盾も感じないのでしょう。
安倍総理も新藤総務大臣も、韓国には説明して理解を求めるというご姿勢のようですが、
時にはこういう切り口での語りかけも有効ではないか、ふと思いました。
人口の八分の一を占める500万人という人数は決して少なく無いですので。

それにしても、「参拝しても神道の宗教行事への参加ではない」という
ケビン・ドーク教授の卓見は、あらゆる日本人こそが理解しておくべきことでしょう。

参考までに。

全アメリカ人の約22%がカトリックであるとされています。
この人達も、日本人の靖国参拝に何も言えないはずですね。

そして、参考動画です。

中国と韓国は、参拝の各国要人たちも侮辱するのでしょうか。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

日本の国是と天皇

いつかは行きたいと思っている新年一般参賀ですが、なかなか機会に恵まれません。

期日 平成26年1月2日
参入時刻 (午前9時30分~午後2時10分)
参入門 皇居正門(二重橋)
退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),乾門
お出まし(予定) ○第1回及び第2回は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下始めお出ましになれる成年の皇族方
○第3回以降は,天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下
第1回 午前10時10分頃
第2回 午前11時00分頃
第3回 午前11時50分頃
第4回 午後1時30分頃
第5回 午後2時20分頃

天皇陛下の1月1日のご予定を、宮内庁のホームページで見ることが出来ます。

http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/gyoji-h23.html

午前  5:30 天皇陛下 四方拝   神嘉殿南庭

元日の午前5時30分に、今上天皇が黄櫨染御袍と呼ばれる束帯を着用し、皇居の宮中三殿の西側にある神嘉殿の南側の庭に設けられた建物の中に入り、伊勢の神宮の皇大神宮・豊受大神宮の両宮に向かって拝礼した後、続いて四方の諸神を拝する。ただし、2009年の四方拝は今上天皇の高齢化に伴う祭祀の簡略化により、皇居の御所において行われた。

この時に天皇が拝される神々・天皇陵は伊勢神宮、天神地祇、神武天皇陵・先帝三代(明治天皇の伏見桃山陵、大正天皇の多摩陵、昭和天皇の武蔵野陵)の各山陵、武蔵国一宮(氷川神社)・山城国一宮(賀茂別雷神社と賀茂御祖神社)・石清水八幡宮・熱田神宮・鹿島神宮・香取神宮である。

午前    5:45 天皇陛下 歳旦祭   三殿

元日の神嘉殿南庭において天皇が親行する四方拝に続いて、同日早朝午前5時30分から宮中三殿において掌典長が主宰し、祝詞をあげ、午前5時40分ごろ四方拝を済ませた黄櫨染御袍姿の天皇が拝礼し、黄丹袍姿の皇太子が続いて拝礼する。

神宮をはじめ、全国の神社においては、皇統の繁栄と、五穀豊穣と国民の加護を祈念する中祭として行われる。

朝5時30分から、神事が執り行われているのですね。

天皇陛下は80歳のお誕生日に、次のようなお言葉を述べられました。

天皇という立場にあることは、孤独とも思えるものですが、私は結婚により、私が大切にしたいと思うものを共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。

皇后が常に私の立場を尊重しつつ寄り添ってくれたことに安らぎを覚え、これまで天皇の役割を果たそうと努力できたことを幸せだったと思っています。

これからも日々国民の幸せを祈りつつ、努めていきたいと思います。

では、天皇の役割とは何でしょうか。

以前にブログ記事にあげた「萬邦無比の国体」で記しましたが、

天皇の役割は天津神との約束を果たされるために、祈りを奉げられることなのです。

三大神勅

一、天壌無窮の神勅この国は天の日の神の霊統を継ぐものが統治をすべき国で、皇孫の統治によって、この国が栄えることは、天地と共に永遠で窮まりないでしょう。

二、宝鏡奉斎・同床共殿の神勅(なぜ皇孫が統治すると永遠に栄えるのか)この鏡を私(天照大神)の魂だと思って、私に仕える気持ちで、大切にお祭りしなさい。鏡と共に生活し、私の気持ちを十分汲んで、天の神の子孫とし、て気高い気持ちで政治を執り行いなさい。 天皇陛下は天津神の御心のままに(神ながらに)、日本国を治めることを使命とされたのです。

三、斎庭の稲穂の神勅高天原の神々が行われてきた米つくりを、そのまま地上でも行い、民を豊かにすること。天皇は、地上と天上とが、等しく(豊か)になることを御使命とされました。 日本という国は、「今の世を神の世と同じくする」使命を天津神からさずかった天皇に、国民が一体となって協力し、その大事業を進めることが国是なのです。

80歳というご高齢に加えご病気もあり、お体も辛いはずです。

それを押して、私たち国民の安寧を祈り続けるありがたさを、

なんと表現したらよいのでしょうか。

天皇皇后両陛下が心を込めて行われる祭祀に感謝しつつ、

皇室にとって、また日本にとって最も大切な祭祀が、

つつがなく末永く続くことを民草のひとりとして願いたて奉ります。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »