« 「肌感覚」としての日韓問題 ~憎い恋しい、恋しい憎い日本~ | トップページ | 朴槿恵さん、中国は貴女の味方ですか?と問い詰めたい »

お互いを失くして困るのはどちら? 韓国と日本。

歴史認識問題で反日発言を繰り返し続ける朴槿恵政権ですが、
もし歴史を韓国が言うのなら、ベトナム戦争時の韓国兵や韓国人の悪行に関して、韓国は歴史の精算をしなければなりません。

韓国兵のベトナム人への虐待虐殺は、韓国の左派系が暴露して
韓国軍人たちが、その新聞社に乗り込んで破壊行為をする騒ぎになりましたが決着がついたわけではありません。
(99年ベトナムに留学していた韓国人女性が告発しました)
ベトナムに乗り込んだのは韓国兵だけでなく、韓国の一般人も相当数入り込みましたが、彼らがやったことのひとつは、村を襲い逃れてきたベトナム少女たちを慰安婦にしたことです。
15分5ドル。少女たちの手元に渡すのは3ドル。

短期間で、家が建った日本軍相手の慰安婦とは比べようもありません。(週刊新潮12/12号元朝日新聞サイゴン支局長証言)

誤解をされると困るのですが、売買春の是非論は別次元ですので。
その次代の価値観・倫理観で行われていた事実を基に綴っています。

(当時のことは当時の法律で。当時の価値観で。)

また歴史というなら元寇の役の、始末を韓国は日本に対してしていますか?
相当の悪辣な虐待虐殺を韓国は対馬でやらかしています。
韓国が「先」なのではないですか? 戦争終了時、日本人引揚者に対して何がなされたか、もはや周知の事実となっていますが、韓国は自らを棚に上げ日本の非をあげつらいます。
そしてその目的は果たして何でしょうか? 感情的なことを晴らす以外、不毛であると言わざるを得ません。

サムスン電子やLG電子、現代自動車など韓国の代表企業に見られる負の特徴は、部品開発が出来ず、自前の技術の涵養が不得意なことです。
手っ取り早く商売になる道を選ぶので、その結果日本に頼っています。部品や技術力を日本から導入することで、韓国の基幹産業は成り立っています。
なぜこんな単純な現実を見ないのでしょうか。

おそらく「見たくない」ので見ないふりをしているのでしょう。

そして反日を続ければ、今までの歴史で言えば日本が折れて、謝ってくれるはずだと思い込んでいるのかもしれません。

しかし、多くの日本人が韓国と日本の「力関係」に気付き始めました。
たとえば日本の鉄鋼大手が独占的に生産する「高張力鋼」という製品は、薄くて衝撃に強く、この輸出を日本がやめただけで、韓国の高級車は製造不能状態に陥ります。
サムスンやLGなどの日本への依存度は、日韓両国の国民が思っているおそらく数倍です。
資本財の中で日本から輸出される化学製品の希ガスがストップするだけで、韓国経済は大きな打撃を受けると経済学者は説きます。

薄型テレビのプラズマディスプレイには欠かせません。希ガス(レアガス)の日本からの供給がストップすれば、サムスン、LGがお手上げです。

サムスンのスマホは一見隆盛のようですが、これとて日本から輸出されている電子製品の供給が止まれば、お手上げで他国からの輸入に切り替えても、立ち直るまで1,2年の時を要すると言われています。
日本は韓国経済の「後方基地」なのです。

Kankokuyunyuu

度を過ぎた反日で、朴槿恵政権は自国産業の後方基地を潰しかねず、韓国国内でもさすがに危惧の声が上がり始めているようです。
日本からの韓国への投資は昨年で45,5億ドル。それが今年は1月から9月で約20億ドル。

激減です。

韓国を訪れる日本人の数は四分の三に減ったと言われています。
このまま反日政策が続けば、2,3年後には韓国経済は相当深刻な状況になると言わざるを得ません。

日本も韓国もWTO(世界貿易機関)に加盟しているので、貿易上の経済制裁は出来ませんが、日本からの投資額などは韓国の反日に比して減少していくのは否めないでしょう。
観光産業も同じくです。

嫌いぬかれている国に、わざわざ出かけるのがお人好し日本人ですが、それでも限度というものはあり、実際現在下降線を急速に辿っています。
韓国のGDP依存度は50%(三橋貴明氏)と言います。もし心情的なものも含めて韓国への危険意識(country risk)が高まれば、手を引く日本企業は当然増えます。

三橋氏の試算を拝借すれば、日本企業が手を引いた場合の日本の対韓輸出額4,9兆円の約4倍、20兆円の経済損失になり、失業率が20%を超えるであろうとか。
韓国経済の命運を握っているのが日本であることを、韓国民は知るべき、知らされるべきであるし・・・それ以上に日本国民は知っておいたほうがいいのではないでしょうか。

戦後68年間の長い刷り込みにより、韓国には何かオドオドと遠慮がちな日本人。
このところの度を逸した韓国の反日政策は、そこからの脱皮にむしろ好機と捉える思考もあっていいのかもしれません。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 「肌感覚」としての日韓問題 ~憎い恋しい、恋しい憎い日本~ | トップページ | 朴槿恵さん、中国は貴女の味方ですか?と問い詰めたい »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「肌感覚」としての日韓問題 ~憎い恋しい、恋しい憎い日本~ | トップページ | 朴槿恵さん、中国は貴女の味方ですか?と問い詰めたい »