« 17日、NHKの日本毀損を検証してみよう | トップページ | 防空識別圏より恐ろしい国防动员法(国防動員法) »

2013年11月19日 (火)

萬邦無比の国体

先日、とある勉強会で、「神勅」についてご教授頂きました。
天津神から天照大神の子孫(天皇)が、受け賜ったご命令なのだそうです。

三大神勅

一、天壌無窮の神勅
この国は天の日の神の霊統を継ぐものが統治をすべき国で、
皇孫の統治によって、この国が栄えることは、天地と共に永遠で窮まりないでしょう。

二、宝鏡奉斎・同床共殿の神勅
(なぜ皇孫が統治すると永遠に栄えるのか)
この鏡を私(天照大神)の魂だと思って、私に仕える気持ちで、大切にお祭りしなさい。
鏡と共に生活し、私の気持ちを十分汲んで、天の神の子孫とし、て気高い気持ちで政治を執り行いなさい。

天皇陛下は天津神の御心のままに(神ながらに)、日本国を治めることを使命とされたのです。

三、斎庭の稲穂の神勅
高天原の神々が行われてきた米つくりを、そのまま地上でも行い、民を豊かにすること。
天皇は、地上と天上とが、等しく(豊か)になることを御使命とされました。

日本という国は、「今の世を神の世と同じくする」使命を天津神からさずかった天皇に、
国民が一体となって協力し、その大事業を進めることが国是なのです。

このようなお話を伺って、天皇陛下が国家元首でないと、日本国の存在意義が無くなってしまうということを、
改めて思いました。
天皇陛下がただただ国家国民の安寧を祈り、
休むことなく神事を行ってきてくださっていることこそが、尊く有難いのです。
政治が天皇のそのお心を理解できず違った方向へ進むこともあったでしょうが、
神武建国以来、歴代の天皇はずっと使命を果たされてきました。
これからもずっと、天皇となられるお方は天津神との約束を果たされるために、
祈りを奉げられることでしょう。
私たち国民も本当の意味での国是を理解し、高い精神性をもって国つくりをしていかねばなりません。
憲法改正もその視点からみていく必要もあるでしょう。
そして天皇陛下が折に触れ、国民に向かって述べるお言葉(私は「詔」に戻すべきだと思いますが)を、
しっかりと受け止め政治を行っていくべきだと、私は思っています。

**********************

自民党の憲法改正草案では、1 条で、天皇が元首であることを明記しています。
自民党憲法改正Q&Aによると、「元首とは、国の第一人者を意味し、外交儀礼上でも、天皇は元首として扱われています。
我が国において、天皇が元首であることは紛れもない事実です。」と書かれています。
そして党内の反対論は、世俗の地位である元首をあえて規定すると、
かえって天皇の地位を軽んじることになるといった意見だったようですね。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 17日、NHKの日本毀損を検証してみよう | トップページ | 防空識別圏より恐ろしい国防动员法(国防動員法) »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 17日、NHKの日本毀損を検証してみよう | トップページ | 防空識別圏より恐ろしい国防动员法(国防動員法) »