« 五十而知天命そして、詫び状 | トップページ | 英国の誤解、海外の曲解 »

韓国の近代化は日本のおかげだと、日韓双方の国民が知るべきです  その3 (最終回)「韓国の“くれくれ無限ループ”から日本は脱出すべき」

日本の陸軍士官学校出身で、身辺のきれいだった朴大統領は例外だったのです。
その後の韓国大統領はそうではありませんね。

Img_1141145_37524943_6

Img_1141145_37524943_5

Img_1141145_37524943_19

朴正熙大統領と日本の信義から、出された経済技術援助であるのに、韓国はそれをあたかも日本の義務であるかのようにすり替えて、日本に要求して来ます。
そして大統領が交替するたびに、前大統領の私物化した財産をめぐってトラブルが生じます。その繰り返し。第二の朴正熙大統領が誕生しない限り、政治レベルでの日韓友好は難しいのではないかと、私は思います。

先のブログで書いたように、韓国では今、大統領の履いていた日本製の運動靴アシックスに非難が沸き起こっていますがい、今韓国にある水道は、戦前に日本の朝鮮総督府が引いた水道管だということは知っているのでしょうか。

Kor13102920510005p1

韓国はいったん、お金を渡すと、それは好意ではなく、相手が自分に金をよこすだけのメリットと理由があるから、と発想して感謝はありません。
もう渡すことはないのです。韓国の冬季五輪に日本が間違ってもお金と技術援助をすることがないように祈っています。
そういう好意は、こと韓国に対しては実を結びません。もっともっと、というおねだりの無限ループに陥るだけです。

その無限ループから脱出する方法はただ一つ。
どんな脅迫にも箴言にも耳を貸さず、びた一文出さない。これに尽きます。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

*ご案内*

私の学び舎の師匠で、自民党政調会調査役の田村重信氏が、

『憲法と安全保障』の講演を行います。

■日時: 2013年11月29日(金)18:00~19:00 (17:30受付開始)
■場所: 尾崎財団・応接室(憲政記念館内/永田町1-1-1)
■講師: 田村重信
■演題: 「憲法と安全保障」
■会費: 2,000円(著書『改正 日本国憲法』付き)
■定員: 20名・先着順
■終了後、19:15から講師を囲んで「ペルラン(町村会館内)」で懇親会(会費4,000円)

お申し込み、お問い合わせは、尾崎行雄記念財団まで。

|

« 五十而知天命そして、詫び状 | トップページ | 英国の誤解、海外の曲解 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五十而知天命そして、詫び状 | トップページ | 英国の誤解、海外の曲解 »