« 挑発に乗らぬことと、黙っていることとは違う! | トップページ | 受け身の防衛から、積極的防衛への記念すべき転換期 ~安倍総理の観閲式~ »

やっぱり嘘つき!自称従軍慰安婦が真実を告白。

従軍慰安婦が嘘つきだということは、以前からわかっていました。
例えば黄錦周(ファン・クムジュ)は、慰安婦になったのは何歳かという問いに、
14歳・15歳・17歳・18歳・19歳・20歳とインタビューのたびに答えが違っています。
鄭書云(チョン・ソウン)は1937年からオランダ占領中のインドネシアで、
13歳から20歳まで日本軍の慰安婦をしていたと言っています。
李容珠(イ・ヨンス)は1944年から1947年まで台湾で日本軍の慰安婦をしていたと言いますが、
1945年で戦争は終っています。
こんな真実の根もない証言にまともに向かい合ってきたことは、ある意味日本政府の日本国民へ対するの背信行為ですね。

慰安婦「10万人いた」? 自ら「父に売られた」証言も…韓国紙報道に疑問・矛盾の数々
(msn産経ニュース 2013.10.27 18:00 記事一部引用 )

「空腹の弟たちのため」2度売られ…
朝鮮日報は一方で、元慰安婦の女性たちが暮らしている施設でインタビューした結果として、
女性らの当時の境遇をまとめている。
女性らが訴える境遇は悲惨で、深い同情を禁じ得ないものだが、中にはこんな証言もある。

平壌出身で91歳になるキム・スンオクさんという女性は「暮らし向きが苦しく、7歳から他人の家で
生活していると、空腹の弟たちの生活の一助にと父親の勧めで、妓生(キーセン)として売られた」
と述べている。

キムさんはもう一度、家に帰りたいと思う一心で、金を稼ぎ借金を完済。家に戻ったが、
父親は再びキムさんを売り、中国・黒竜江省の「石門子」という慰安所に行くことになった。
約5年間、慰安婦として働かされた-。キムさんは同紙にこう述べている。

赤貧ゆえに2度にわたって父親に売られたという事実には、だれもが同情を禁じ得ないだろうが、
きっかけは「父親が娘を売った」という事実である。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131027/kor13102718000001-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131027/kor13102718000001-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131027/kor13102718000001-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131027/kor13102718000001-n4.htm

慰安婦自ら父親に売られたと、やっと真実を告白しましたね!
これって、今まで言ってきたことが嘘だったといっているのですよ。
韓国政府はこれをどのように理解しているのでしょうか。
これでも日本軍に強制連行されたというのでしょうか?

この産経ニュースは次のように結んでいます。

地元出身者による女性連れ去り多発
朝鮮日報など韓国メディアは、こうした話をたびたび引用して日本批判のよりどころにしているのだが、当時の社会状況などについては検証することはない。
当時の韓国では、朝鮮出身者が女性を連れ去った事件(1939年8月31日付の東亜日報)や、朝鮮半島出身者による少女買春事件(33年6月30日付同紙)などが多発していた一方、
日本の治安機関が連れ去られた女性らを救出したという出来事(39年3月15日付同紙)があった。
こうした事実を提示し、社会情状況を重ね合わせて検証するという報道姿勢は、韓国メディアには望めないのだろうか。

なにを寝ぼけたことを言っているのでしょうか。

韓国メディアにそのようなことは望めません。
韓国人に対してもです。
韓国は「泣く子はアメを1つ余分に貰える」ということわざがある国ですよ?
そういう本性を持った韓国人が、国内の事情で反日活動をしているのです。
国益のために捏造したことは、どんどん上書きをし『捏造した真実』にしてしまってきているではないですか。
そして日本国内の反日メディアの洗脳により、韓国が捏造した物語を真実として受け止めてしまっている日本人がなんと多いことでしょう。
こんなことをいつまでもさせたらいけません。
反日メディアに負けないよう、真実に気がついた市井の人々が発信しましょうよ。
あなたも、わたしも。

誇り高き日本を取り戻すために。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 挑発に乗らぬことと、黙っていることとは違う! | トップページ | 受け身の防衛から、積極的防衛への記念すべき転換期 ~安倍総理の観閲式~ »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 挑発に乗らぬことと、黙っていることとは違う! | トップページ | 受け身の防衛から、積極的防衛への記念すべき転換期 ~安倍総理の観閲式~ »