« 生活保護は最後のセーフティネットです! | トップページ | 祈りを奉げるという単純な行為が許されぬ不思議 »

日本が存続するために命を賭ける人たちへ

テレビの討論番組などで政治系のバラエティ番組を見ていると、本当に苛立ちが募ります。「あなたは政治家なの? それとも電波芸者さんなの?」と問い詰めたい国会議員がいます。

地方議員の立場にいれば基礎自治体の財政は総務省から出される地方財政計画に基づいて厳しい運営をしていることは肌身で感じるので、消費税増税議論にしても地方消費税交付金が一体どのくらい増額となるのだろう、消費税増税による生活苦で市税減少にはならないかなど、まず行政運営上の心配も致します。

各党の国会議員の話を聞いていると、そんなことは全然解りもしないで机上の空論をしているように感じてしまいます。テレビ受けの良い答えを出しているとしか思えない議員発言も多々あります。実際民主党が与党になる前は「自民が全ての悪だ」論理で保守系議員として、テレビのバラエティで顔を売っていた民主党議員の殆どが売国議員でした。要するにテレビ受けする発言をして顔と名前を売る。正直国会議員は多忙でそういう番組にレギュラー的に出ること自体がおかしな事ではあるのですけれどね。日本国民の大多数がそれに騙されてしまった事は忘れてはいけないと思います。

そうは言ってもテレビでの討論は政治のほんの一部分にしかすぎません。

これも地方とはいえ政治の場に身をおくから言えることなのですが、誤解を恐れずに言えば民の興味のあることは政治の一部分でしかなく、民の要望に応えるためだけに行政があるわけではないのです。

私たち政治家が、国民の要望に応えるための大前提は国内が平和であることです。

有難い事に今の日本は平和ですが、現在の状態が当たり前ではないのですよね。

尖閣の問題もsengoku38がリークした時は国民も注目しましたが、今現在はもっと頻繁に領海侵犯があるのにもかかわらず報道も少ないです。

海上保安庁の保安官たちはギリギリの状況で、まさに命懸けで現在進行形で、領海を警備してくれています。

そして自衛隊は世界の難しい紛争地域で日本の誇りのために、命懸けでPKO活動をしています。

今この時にも!

604011_c450

133cd585

54_20120816171353

Jieitai_minamisudan3

Jieitai_minamisudan2_2

さて、安保の田村こと自由民主党政務調査会調査役・田村重信氏のブログで第四十八回自衛隊高級幹部会同 安倍内閣総理大臣訓示を読み、自民党が政権をとって本当によかったと心から思いました。

以下は首相官邸のホームページですが、動画もありますのでご覧頂ければと思います。

http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0912kunji.html

(全部引用 画像は私が入れました)

本日、自衛隊の中枢を担う幹部諸君と一堂に会する高級幹部会同にあたり、最高指揮官たる内閣総理大臣として、一言申し上げたいと思います。

総理就任から8か月。私は、国内で、そして世界で、大いに活躍する自衛隊員たちの頼もしい雄姿を、目の当たりにしてきました。

宮城の松島基地には、東日本大震災の発災直後から、自らの被災も顧みず、被災者の救援活動にあたった自衛隊員たちがいました。

雪が降る中、水につかりながら、人命救助や行方不明者の捜索にあたる隊員諸君。

Sinsai1

Sinsai2

Sinsai3_2 

Sinsai4 

高い使命感に裏打ちされた懸命な姿は、私だけでなく、すべての国民の目に、今も焼きついています。

災害派遣活動は、「勝利なき戦い」であるとも言われます。しかし、自衛隊は、いかなる「勝利」にも代えがたい、「国民の信頼」という大きな成果を勝ち得ています。

Sinsai7

Sinsai6

その誇りを胸に、これからも、国民の生命を守り、そして国の存立を守るという崇高な任務にあたってほしいと思います。

沖縄の那覇基地、そして宮古島分屯基地には、365日、24時間体制で、我が国の広大な南西の空を守る自衛隊員たちがいました。

私が訪れたいずれの日も、領空侵犯のおそれを探知し、F-15戦闘機がスクランブル発進していました。

その遥か洋上には、力による現状変更を許さない、との強い国家の意思を体現し、プレゼンスを示す艦艇・航空機の乗組員の諸君がいます。

彼らは、いつ終わるともない状況の中で、忍耐強く、海を、空を睨み続けています。

挑発的言動を繰り返した北朝鮮に対して、弾道ミサイル発射に備えた多くの自衛隊員。如何なる事態にも対応するとの強い意思で、長期にわたり万全の態勢を維持しました。

Senkakukaiji

Rosia_sentouki

これが、今、日本が直面している「現実」なのです。

こうした中でも、高い緊張感に耐えながら任務を全うする自衛隊員諸君を、私は誇りに思います。しかし、精神力だけでは、眼前の厳しい「現実」に立ち向かうことはできません。

我が国の主権に対する相次ぐ挑発。我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す「現実」から、私たちは、目を背けることはできません。

「現実」とかけ離れた建前論に終始し、そのしわ寄せを「現場」の自衛隊員に押し付けるようなことは、あってはなりません。

私は、「現実」を直視した、我が国の安全保障政策の立て直しを進めています。

その第一が、すでに国会に法案を提出している、「国家安全保障会議」の創設です。早期の成立を図り、官邸における外交・安全保障政策の司令塔機能を強化します。

これと併せ、我が国の国益を長期的視点から見定めた上で、我が国の安全を確保していくため、「国家安全保障戦略」を策定します。

防衛大綱も見直し、南西地域の防衛態勢の強化を含め、自衛隊の対応能力の向上に取り組みます。

Seinan   

ジブチには、砂煙が舞い、気温50度に及ぶ灼熱の中で、海賊対処行動にあたる自衛隊員たちがいました。

「日本の自衛隊は、地域の安定にとって、素晴らしい貢献をしている」。ジブチのゲレ大統領からも、多国籍連合海上部隊のミラー司令官からも、自衛隊は高い評価を受けています。

そして、アフリカ大陸のはるか内陸部。20年以上に及ぶ内戦を経て独立を果たした南スーダンでも、国連と協力し、平和維持活動に当たる諸君がいます。

過酷な環境のもとでも、高い士気を保ち、見事に成果をあげる自衛隊を、日本だけでなく、世界が頼りにしています。

日本に対する国際社会の期待の大きさを、改めて実感しています。

日本国憲法が掲げる平和主義は、これからも堅持してまいります。無論、堅持していかねばなりません。

戦没者の多大な犠牲の上に、現在の私たちの平和と繁栄があります。

そのことを胸に刻みつつ、むしろ、平和を全力で確保するという重い「責任」を、私たちは果たしていかねばなりません。

Ioutou

Yasykuni 

盤石な日米同盟を基礎に、我が国は、戦後68年間にわたって、ひたすらに平和国家としての道を歩んできました。そうした「過去」に、私たちは胸を張っていい。しかし、そのことは、「将来」の平和を保障するものではありません。

世界は、相互依存を深めており、一国や一地域で生じた危機が、直ちに世界に波及するリスクは、かつてないほど高まっています。

ペルシャ湾、ホルムズ海峡の安定、マラッカ海峡から南シナ海の平和など、世界に広がるシーレーンの確保は、資源小国の我が国にとって、死活的な問題であります。

世界の平和と安定に寄与し、積極的な責任を果たすことなくして、我が国自身の平和を守ることはできません。

世界のパワーバランスは、今、大きく変化しています。その変化が最も顕著に表れているのは、我が国の存在するアジア太平洋地域であります。

私たちは、自らの目で国際情勢を見極め、自らの頭で日本の果たすべき役割を考え、自らの足で行動を起こして、世界の平和と安定のため、米国と協力し、国際社会と連携していかねばなりません。

日米安保体制は、地域の平和と安定のための大切な公共財であります。この抑止力を高めるためにも、我々は、更なる役割を果たしていかねばなりません。

沖縄をはじめとする地元の負担軽減を図るため、在日米軍再編を着実に進めます。

地球儀を俯瞰する視点で、豪州、インド、ASEAN諸国など海洋アジア諸国をはじめ、「法の支配」や「海洋の自由」といった価値観を共有する国々と連携し、外交・安全保障面での結びつきを強めてまいります。

併せて、安保法制懇での議論を深め、二十一世紀の国際情勢に相応しい我が国の立ち位置を追求してまいります。

最後に、フランスの哲学者アランの言葉を紹介して、この訓示を締めくくりたいと思います。

「悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである」という言葉です。

私は、諸君の先頭に立って、国民の生命・財産、我が国の領土・領海・領空を断固として守り抜く決意です。そして、諸君と共に当たれば、必ずや守り抜くことができると「確信」をしています。

その「確信」を、根拠あるものとするため、私は、「意志」の力によって、我が国の安全保障政策の立て直しを、必ずや実行していきます。

諸君にも、強い「意志」を持って、日々、それぞれの持ち場において、自衛隊の果たすべき役割を全うしてほしいと願います。

私と日本国民は、常に、諸君をはじめ全国25万人の自衛隊と共にあります。その誇りと自信を胸に、日本と世界の平和と安定のために、益々精励されることを切に望み、私の訓示といたします。

平成二十五年九月十二日

内閣総理大臣 安倍晋三

総理大臣がこういう発言を公にしてくれたことに対し、私はとても嬉しく思いました。

私は国民の生命財産を護るための予算について、もっと国民の前で発言をして欲しいと思っています。(自衛隊だけではなく海保や警察・消防もですが)

国防予算が増える=軍国主義と彼国とそれを支援する日本国内の左側の人たちは言いますが、そんなに短絡的な話ではないことは誰にでもわかります。国防とは国を維持する基本でもあるのです。

それでも国を護るということをタブーにしてきた戦後69年ですから、「いろはのい」から公開できる情報は出来るだけ国民に向け解りやすく発信してくれなければ、なかなか国民の理解は得られないでしょう。

解りやすく言えば、個人が民間の防犯システムを自宅に取り付ける。そのために月々の費用が発生しますよね?安全は無料では無いのです。そこが大きな問題なのです。

国を護りたくない人たちの強烈な発信の上を行くように、声を大きくして国を護る話をして欲しいと思います。

そしてその理解こそが日本のために命を賭ける人たちへの応援になるのです。

戦後何度と無く語られてきた「水と安全は無料」神話から、日本人も覚醒するときが来たのでは無いでしょうか?自分の国は自分で守る。自分の安全は自分で勝ち取る。それがごく普通の国家だと私は考えます。自衛隊に自然災害で救助されたときに「仕事だから当然」と言う人がいますが、私は違います。日本を護るために命を賭して日々精進しているのです。「ありがとうございます」と心からの感謝を捧げたいと思います。

いつも有難うございます。

皆さんのクリックが大きな励みになります。

       ↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

こちらへも足をお運びいただけると

とても嬉しいです。m(_ _)m

        ↓

「政治の仕事は未来へつなぐこと」

下田市議会議員 高橋とみよホームページ

|

« 生活保護は最後のセーフティネットです! | トップページ | 祈りを奉げるという単純な行為が許されぬ不思議 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 生活保護は最後のセーフティネットです! | トップページ | 祈りを奉げるという単純な行為が許されぬ不思議 »