« 検証・NHKの日本毀損 その7 | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その8 »

「母。わが子へ」  7月5日、DVDが発売です。

このところハードなNHK問題が続いていているので、

たまには個人的な記事を…

Dorama


http://www.mbs.jp/mother-son/

3月31日に放映されたMBSドラマ「母。わが子へ」のDVDが、

7月5日(金)に発売されます。

放送後、未公開シーンを追加し、新たに再編集した「完全版」だそうです。

このドラマは東日本大震災後の宮城と東京を舞台に、

母と子の愛、人と人との繋がり、故郷への想いを描いたドラマです。

詳しくはこのドラマの脚本を書かれた井沢満先生が、

次のように語っています。

http://www.mbs.jp/mother-son/work.shtml

(一部引用)

親を憎んでいる人の胸にも届くよう、思い込めて書いた、

これは母恋いの書でもあれば、この世を去りゆく者への鎮魂歌でもあります。

出演は中村トオルさん、八千草薫さん、玉山鉄二さんです。

私は最初からティッシュの箱を抱えての、ドラマ観賞になってしまいました。

おかげで翌日の顔の腫れ方といったら酷いもので、半日冷やしました…そういえば。

ドラマを見終わった後は心地よい虚脱感を伴った、清々しい気持ちになりました。

そして日本に生まれてよかったなぁという喜びと、

故郷と日本を護らずにはいられないという使命感といったらいいのでしょうか、

そういう想いが指の先から立ち上るようでした。

村井嘉浩・宮城県知事が、ドラマの放映にあたってコメントを寄せてくれていましたね。

DVDはコマーシャルがない分、じっくり観賞ができます。

今から週末の夜が楽しみです。

北国の夫の実家にも届くように手配したので、

夏の帰省にはドラマの感想を語り合えるかもしれません。

下田市議会議員 高橋とみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 検証・NHKの日本毀損 その7 | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その8 »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 検証・NHKの日本毀損 その7 | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その8 »