« 川松真一朗さん、遠くから団扇で風を送るごとく・・・ | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その2 »

お祭は地域の中核をなす伝統文化です

6月7日は八雲さんのお祭です。
八雲大神は須佐之男命のこと、天照大神の弟ですね。
日本神話ではヤマタノオロチを退治し、クシナダヒメを妻に迎えて出雲の須賀の地に居を定めたとき、
「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠に 八重垣作る その八重垣を」と歌を読んだことから、
八雲さんというらしいです。
下田では八雲さんのお祭りは夏の八幡神社例大祭の影祭としており、
6月6日の夜日待ちをひらいて太鼓を出したりします。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/186986/m0u/
お祭の前夜祭みたいなものですね。

下田には産業がなく、ほぼ観光だけで経済が成り立っています。
観光が低迷していると介護関係しか仕事がありませんから、
若い人たちは都市部へ職を求めます。
そういう理由だけではないと思いますが、
お祭に参加できる人が年々少なくなっているのです。
ですから影祭に日待ちを行うための準備をするのも、
一苦労です。
それでも何とかがんばってやっているのは、
地域の伝統文化を守るという心意気と、
うちの町内だけやらないなんて格好の悪いことは死んだって出来ないという、
男の意地があるからです。
私に出来ることは極僅かだけれど、そんな男たちの意地を支えたいと思っています。

そういえば墨田区の川松真一朗さんが、こんなことを話していました。
私はこの考え方がとても好きなので、取り上げたいと思います。

http://www.kawamatsu2011.com/thought.html

地域の伝統文化というものがあります。
これがぐちゃぐちゃになってしまったら、その地域の人たちは一体何を目的に生きているのかと、ふと考えます。
もちろん、今、東京にいる人たちが全員、東京生まれ東京育ちとは限りません。
当然の話です。
親は地方出身でも、おじいちゃん、おばあちゃんは地方出身でも、そこに生まれている子どもたちは東京が古里なんです。
親は新潟出身かもしれない。沖縄出身かもしれない。だから田舎には帰ります。
それでも、子どもにとっての古里は、やっぱり住んでいる東京のその地域なんですね。

僕なんかは下町ですからお祭りだなんだとやっても、じゃあ、新しいそういう住民のお子さんたちが、そういう地域活動に参加するかというと全然、参加してくれないために、ほとんどのお祭りが同じ課題を抱えているんです。
浅草のお祭りなんかは人が沢山集まってきますけれども、そうじゃないところにも人を集めないとお神輿(みこし)担げないというのが現状で、これが地域のコミュニティが発展していかない。
発展していかないと小さい子どもたちとお年寄りの人たちの交流もできなくなってしまうんです。
僕らが小さい頃は、まだありました。
下町だと東京大空襲があり、関東大震災がありと言って、一体何がこの地域で起きていたのかを生きている人たち、それを経験した人たちから、それを直で僕らは聞いて
「戦争って、こういうものなんだ。地震、大地震って怖いな」
と、ずっと感じながら生きてきたんです。
今の子どもたちは、だんだん生き証人が少なくなっていますから、そういうのを伝えられない。

僕らは第二世代になるかも知れませんけれども、間接的にでも未来へ繋ぐことで、あとの人たちに伝えていける。
そういう地域の伝統や文化、誇りを残していくことが政治の仕事じゃないかと考えています。

東京でも、下田と同じような状況なんですね。
人口減少社会というのは経済の問題だけではなく、
伝統や文化の継続も困難になってくるのです。

私は政治が関わってはいけないという、政教分離の概念がよく理解できません。
既に政教分離はお題目だけで、公明党は実質宗教団体が政治母体になっているのですから。

地域のお祭に行政が補助金を出したって良いじゃないですか。
唯一宝くじの地域コミュニティ助成金が、祠の修理や太鼓台の修理に使われています。
(民主党の事業仕分けで、蓮坊議員にバッサリやられましたが復活しました。
 地方行政の中身を知らないと、こういうことを平気でするんですよね。)
お祭の花火も観光事業として行っているのが実情なんです。

また地域のお祭に祝儀を持っていくと公職選挙法違反です。
以前お祭に祝儀を出したといって、町議会議員が複数逮捕されたことがありましたね。
自分の地域のお祭に、お金を出したって良いじゃないですか。
お金がなけりゃお祭の運営は出来ないんですから。

重ねて言います。
私は「地域の伝統文化、誇りを残していくことが政治の仕事」という川松真一朗さんの考え方を、
全面的に支持しています。

自由民主党からのお知らせです。

 

6月8日(土)13時から両国駅西口にて自民党街頭演説会開催予定です。
弁士は安倍晋三内閣総理大臣、川松真一朗ほかです。
皆様お時間の都合をつけ、ぜひ足を運んで頂ければ幸いでございます。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 川松真一朗さん、遠くから団扇で風を送るごとく・・・ | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その2 »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 川松真一朗さん、遠くから団扇で風を送るごとく・・・ | トップページ | 検証・NHKの日本毀損 その2 »