« 国民の安全を守る、誇りを守る。それは国家の仕事です。 | トップページ | お祭は地域の中核をなす伝統文化です »

川松真一朗さん、遠くから団扇で風を送るごとく・・・

追記

記事の一番下に、

川松真一朗さんの街頭演説、貼り付けました。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今日は一個人として、同志であり友人でもある「元テレビ朝日アナウンサー・川松真一朗」さんへの、応援メッセージです。

川松さんとのご縁はそれほど長いわけではありませんが、
「全力で応援したい!」と力が入る強い繋がりを感じています。

川松さんとの出会いは、自由民主党政務調査役・田村重信先生の主催する「日本論語研究会」でした。
共に田村先生や講師の先生方から、「政治家としての人間学」を学んでいます。
そして憲政の神・議会政治の父と言われた尾崎行雄と、尾崎の三女で平和活動家・相馬雪香の思想理念を学び、
人間学を通じた政治理念と実践力を身につける、「尾崎行雄・咢堂塾 政治特別講座」でも
席を並べました。

この二つの学び舎は、毎回真剣勝負です。
川松さんも私も議論を尽くします。
そして、へとへとになって行動しています。
議論を尽くし行動する、そんな二つの学び舎。
現代の松下村塾と言ってもいい。私はそう思います。

さて、川松さんとはもう一つのご縁があります。
それは「花嫁の父」というドラマの私設応援団でありました。


http://ameblo.jp/kawamatsushin16/archive-201112.html

番組の舞台にもなった墨堤沿いに暮らす彼は
「これは、僕達の物語だ」と一念発起、
下町で積極的に小説(ゆきの、おと)とドラマを応援してくれました。
私もあちらこちらで応援はしましたが、川松さんの行動力には質量とも及ばず、
ちょっと悔しい思いをしています。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-6a8f.html

川松さんは、いつもこういっています。
「俺は墨田に生まれ、墨田に育ち、墨田の土に返る。
墨田が好きなんだ。俺は墨田のために命を削って仕事をする!」

文脈からお解りかと思いますが、
そう、川松真一朗は「墨田の声で都政を動かす!」と、
都議会議員選挙へ立候補すると決心をしたのです。
http://www.kawamatsu2011.com/

遠く離れた下田の地で実質的な応援は何も出来ないけれど、
それでも何もせずにはいられない。

下田から団扇で風を送るごとくですが、
もしかしたら電波に乗って誰かに届くかもしれない・・・
そんな願いをこめて、つらつらと想いを綴ったしだいです。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 国民の安全を守る、誇りを守る。それは国家の仕事です。 | トップページ | お祭は地域の中核をなす伝統文化です »

一個人として」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国民の安全を守る、誇りを守る。それは国家の仕事です。 | トップページ | お祭は地域の中核をなす伝統文化です »