« 歴史に学ぶ~兵学者。吉田松陰5 | トップページ | CNNの二の舞は、ごめんこうむります。 »

地方交付税削減は地方を潰す

新年度予算案 地方交付税を大幅減額へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130127/k10015096071000.html
(NHK NEWS WEB 1月27日 19時20分 記事全部引用)

新年度・平成25年度予算案の決定を29日に控え、27日、政府は、麻生副総理兼財務大臣と各大臣による閣僚折衝を行いました。その結果、国から地方自治体への地方交付税は、地方公務員の給与を7月から引き下げることを念頭に4000億円減額することが決まりました。

.地方交付税大幅削減へ
新藤総務大臣との折衝では、国から配分される地方交付税が焦点となりました。
麻生副総理は、新年度から地方公務員の給与を国家公務員並みに引き下げ、地方交付税を6000億円減額する方針を示していましたが、新藤大臣は、自治体の準備期間を考慮して引き下げの時期は7月からが妥当だとして、減額幅を小さくするよう求めていました。
折衝の結果、地方公務員の給与を7月から引き下げることを念頭に地方に配分する地方交付税を、今年度の17兆5000億円から4000億円減額することが決まりました。
交付税の減額は、平成19年度以来、6年ぶりです。
新藤総務大臣は記者団に対し、「地方公務員の給与削減は、日本の再生に向けて、公務員が『まず隗より始めよ』という姿勢を示そうと自治体側に要請してきた。単なる国の財政削減ではないということを、地方の皆さんにも少しずつ理解してもらっている。一方で、自治体が防災事業や地域活性化に充てられる事業を創設したので、地方の行政改革に応じて資金を配分するようにしたい」と述べました。

 私はこのニュースを見たとき、愕然としました。
行財政改革が進んでいないのは国県であり、基礎自治体は財政健全化法が施行されて以来、ずっと取り組んできました。
特に平成17年に総務省から示された集中改革プランの作成により、
地方は本来やら無くてはならない事業も削りやってきたはずなのです。
少なくとも下田市はきちんとやってきています。
 もちろん元は市債が多すぎたことが原因ですが、
補助率のよい事業を国が示し、それに乗ってやり始めると途中で梯子を外してしまう。
乗るほうも悪いけれども、「さあ、やりなさい。いい事業ですよ。」といってやらせておいて、途中で補助率を下げる、或は補助を打ち切るという手法が、
一概に地方を責めるのはお門違いではないでしょうか?

 公共下水道事業を例にあげてみましょう。
公共下水道事業は国交省(旧建設省)の所管事業です。
当初は国からの補助が3分の2ありました。
3分の1が地方の負担で、その9割を借金できました。
そして借金の4割を地方交付税に算入するというものでした。
ものすごく単純に言えば、100万円の事業のうち78万円が国から補助金や地方交付税でみてもらえ、
地方負担は12万円でよいという事だったのです。
それが数年後国の財政の都合で、補助が2分の1になったらどうでしょうか?
約束したくるはずの補助金がこないのです。
 下水道事業というのは、そもそも採算の合う事業ではありません。
投資に見合っただけの収入を得ることは絶対にありえないのです。
それになぜ、地方自治体は手を上げたのでしょうか?
恐らく国も地方も長期の財政見通しを立てていなかったか、立てていても口をつぐんだか、
はたまた政治家が財政を解っていなかったか・・・
(建設業界の後押しも手伝ったことでしょう)

 「地方交付税で面倒見るから、借金していいよ。」
このような事業が過去には沢山ありました。

地方交付税というのは地方自治体の使い方に制約が無い、とても使い勝手のよいものです。
そういう経過の中で地方交付税を減らすということは、
地方の裁量が減らされるということに等しいものです。

 同じ地方でも財政力の豊かな大きな自治体は、「地方交付税があるから甘える、なくしてしまえ」などと乱暴なことを言いますが、
そういう類の問題ではありません。(ここでは地方交付税の是非については論じませんので、また機会があれば記してみたいと思います。)
地方公務員の給与といっても県と市町村では違いますし、財政力のあるところと無いところとでは全く違っています。
同じ地方といっても十把ひとからげで考えてもらっては困るのです。

 地方務員の給与削減も、末端の地方の現場を知るところから、始めていただきたいものです。
ラスパイレス指数を見てものを言いやがれ!国家公務員の各種手当てはどうなんだ!と、思ったしだいです。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 歴史に学ぶ~兵学者。吉田松陰5 | トップページ | CNNの二の舞は、ごめんこうむります。 »

地方政治・地方自治」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史に学ぶ~兵学者。吉田松陰5 | トップページ | CNNの二の舞は、ごめんこうむります。 »