« 安倍内閣・組閣人事の陰で~弱腰外交か、それとも戦略的外交か~ | トップページ | 謹賀新年 今年の抱負 »

オスプレイ、買わざらぁ!

オスプレイ調査費要求へ=防衛省、自衛隊導入を検討
時事通信 12月30日(日)16時19分配信(記事全部引用)

 防衛省は、米軍が日本に配備した垂直離着陸輸送機オスプレイについて、自衛隊への導入を検討するため、2013年度予算案に調査費の計上を求める方針を固めた。同省幹部が30日明らかにした。性能の詳細や維持コストを調べ、要人移送、災害救援などの使用目的にかなうかどうかを研究する。
 オスプレイはヘリコプターと固定翼機双方の特性を持ち、機動性に優れるほか、航続距離もヘリより長い。しかし、開発段階から墜落事故が相次いだため、米海兵隊が普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備して以降も、地元は安全性への不安から配備撤回を求めている。このため、政府内には「安全性に理解を得るためにも、日本自らが持つべきだ」との意見があり、森本敏前防衛相が研究着手を指示していた。
 安倍政権は中国の台頭を踏まえ、防衛予算や装備を増強する方針で、装備品の調達数量を示す中期防衛力整備計画(11年度から5年間)の見直しも決めている。オスプレイをめぐっては政府が重視する南西諸島防衛での活用も期待され、安倍政権で導入論が今後加速する可能性もある。 

拙ブログの過去のエントリーでも
「私は自衛隊にもオスプレイを一刻も早く、配備して欲しいと思っています。」
と記しました。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-f59c.html

自衛隊は本来戦争をする組織ですから、
災害を想定しての買い物は常識はずれかもしれません。
それでも危機管理という大きい側面から考えれば、利用範囲はひろがります。
私の住まう静岡県下田市は、風光明媚な観光地です。
それは急峻な地形が織りなす自然の贈り物でもあります。
その伊豆の急峻な地形を考えれば、いざ災害という時に、オスプレイがあれば大いに活躍してくれることでしょう。

オスプレイは1機100億円。
100億円が高いか安いかの問題ではなくオスプレイを買うという意思表示は、
中国韓国に対して日本国の誇りを示すことになるでしょう。

日本は国益のために戦う」と。

そしてそれが米国に対しても大きな貸しを作ることになれば、
経済活動を介しての重要な外交戦略という考え方はできないでしょうか。

そんなことを考えつつ、夫の実家で年末年始を過ごします。
今年も一年、拙ブログの読者皆様方の、ご支援・ご指導を頂きながら
一歩ずつ歩んで参りました。
心より感謝を申し上げます。

あと数時間後になった来年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 安倍内閣・組閣人事の陰で~弱腰外交か、それとも戦略的外交か~ | トップページ | 謹賀新年 今年の抱負 »

一個人として」カテゴリの記事

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍内閣・組閣人事の陰で~弱腰外交か、それとも戦略的外交か~ | トップページ | 謹賀新年 今年の抱負 »