« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

オスプレイ、買わざらぁ!

オスプレイ調査費要求へ=防衛省、自衛隊導入を検討
時事通信 12月30日(日)16時19分配信(記事全部引用)

 防衛省は、米軍が日本に配備した垂直離着陸輸送機オスプレイについて、自衛隊への導入を検討するため、2013年度予算案に調査費の計上を求める方針を固めた。同省幹部が30日明らかにした。性能の詳細や維持コストを調べ、要人移送、災害救援などの使用目的にかなうかどうかを研究する。
 オスプレイはヘリコプターと固定翼機双方の特性を持ち、機動性に優れるほか、航続距離もヘリより長い。しかし、開発段階から墜落事故が相次いだため、米海兵隊が普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備して以降も、地元は安全性への不安から配備撤回を求めている。このため、政府内には「安全性に理解を得るためにも、日本自らが持つべきだ」との意見があり、森本敏前防衛相が研究着手を指示していた。
 安倍政権は中国の台頭を踏まえ、防衛予算や装備を増強する方針で、装備品の調達数量を示す中期防衛力整備計画(11年度から5年間)の見直しも決めている。オスプレイをめぐっては政府が重視する南西諸島防衛での活用も期待され、安倍政権で導入論が今後加速する可能性もある。 

拙ブログの過去のエントリーでも
「私は自衛隊にもオスプレイを一刻も早く、配備して欲しいと思っています。」
と記しました。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-f59c.html

自衛隊は本来戦争をする組織ですから、
災害を想定しての買い物は常識はずれかもしれません。
それでも危機管理という大きい側面から考えれば、利用範囲はひろがります。
私の住まう静岡県下田市は、風光明媚な観光地です。
それは急峻な地形が織りなす自然の贈り物でもあります。
その伊豆の急峻な地形を考えれば、いざ災害という時に、オスプレイがあれば大いに活躍してくれることでしょう。

オスプレイは1機100億円。
100億円が高いか安いかの問題ではなくオスプレイを買うという意思表示は、
中国韓国に対して日本国の誇りを示すことになるでしょう。

日本は国益のために戦う」と。

そしてそれが米国に対しても大きな貸しを作ることになれば、
経済活動を介しての重要な外交戦略という考え方はできないでしょうか。

そんなことを考えつつ、夫の実家で年末年始を過ごします。
今年も一年、拙ブログの読者皆様方の、ご支援・ご指導を頂きながら
一歩ずつ歩んで参りました。
心より感謝を申し上げます。

あと数時間後になった来年も、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

安倍内閣・組閣人事の陰で~弱腰外交か、それとも戦略的外交か~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆より下に追記しました。

政治の世界は裏も表も、上も下も、光も影もある世界。

国政となれば尚更です。

地方行政の一端にかかわって10年の私にも、そこはなんとなく想像はつきます。

今回の安倍内閣の組閣人事は非常に関心を持って見ていただけに、少し残念な気がしています。

国政には素人な私から見たら、自民党が野党時代に提示した「シャドーキャビネット」の人選がとても良かっただけに、そこはかとない失望感が拭いきれません。

自民党が何故3年前の選挙で与党から野党に転落したのか?それを考慮すればあり得ない組閣が行われているような気がします。党内バランスを考慮するより、適材適所を日本国民は求めているのでは無いのか?と思います。新しく生まれ変わった自民党というものをはっきりと示す事が信頼回復に繋がるのでは?ベテランを表に出すのでは無く若手を据えて10年単位の国政を考え伸ばしていく。それが与党である自民党の大きな役割では無いのか?と考えてしまいました。

靖国参拝をやめるとか、韓国や中国の新政権に親書を送っただとか、それを韓国大統領に不快だといわれただとか、いろいろなニュースが飛び交っています。

安倍総裁がそれをどう受け止めているのか?マスコミは詰まらぬ事で今後も安倍総裁を叩くでしょう。ネガティヴキャンペーンは報道の切り口ですから。

表から見ると安倍総裁の今回の組閣人事が無難過ぎて斬新さに欠けているとしか見えません。

そんな中で一つ気になる情報がありました。

安倍内閣の人事ばかりが取りざたされ、テレビや新聞等でもあまり騒いでいないので見落としていました。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121225-00000050-scn-cn

日本が尖閣に常駐すれば日中の軍事衝突も=韓国報道

サーチナ1225()1636分配信(記事全部引用)

 「産経新聞」は24日、中国公船による尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺海域での常態的な巡航に対応するため、海上保安庁は「尖閣部隊」を設け、中国の「挑発」に全庁を挙げて対応に当たる方針を固めた。中国網日本語版(チャイナネット)によれば、韓国メディアは日本が尖閣諸島に常駐すれば日中は軍事衝突に発展すると報じた。以下は同記事より。

 

**********

 

 26日に首相に就任する安倍氏は極右の爪を隠しつつ柔軟な姿勢を示し、中韓との関係改善を図ると見られている。「読売新聞」は23日、尖閣諸島への公務員の常駐を先送りしたことに続き、安倍氏は来春に靖国神社を参拝しない意向を示したと報じた。しかし、韓国紙「朝鮮日報」は24日、安倍氏の表面的な態度は憲法を改正するための「譲歩」である可能性があると分析した。

 

 また、韓国の「中央日報」は同日、「極右の爪を隠す安倍氏」という見出しの評論文を掲載し、極右の政治家と見られている安倍晋三氏は当選後に韓国、中国との外交関係を改善する姿勢を示し、公約に掲げた中韓を不快にさせる計画は棚上げにしたと論じた。

 

 韓国の「朝鮮日報」は、安倍氏の姿勢は一時的な譲歩だと見ている。自民党は衆院選で勝利したが、参議院では過半数を獲得できておらず、安倍氏の支持率も高くない。中韓との関係で突然の変化があれば、支持率は下がるだろう。

 

 特に、公務員を尖閣諸島に常駐させれば、日中間で軍事衝突あるいは経済制裁戦が発生する可能性も高い。米シンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)日本問題専門家のグリーン氏は「東京新聞」の取材に対し、「安倍氏が歴史問題で強硬な姿勢をとれば、中韓から反発を買い、日本は東アジアで孤立するだろう。そうなれば中国の思う壺である。日韓関係が悪化すれば、米国は非常に苦しい立場に立たされることになる。そのため、日米同盟を強化するうえで、日韓関係の強化を欠かすことはできない」と述べた。(編集担当:米原裕子)

中国反発…日本が尖閣諸島の「専従部隊」設置を示唆

201212.25 サーチナ 11:58 全部引用)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1225&f=politics_1225_011.shtml

中国監視船による尖閣諸島(中国名:釣魚島)付近の巡航が常態化したことを受け、海上保安庁は23日、第十一管区管海上保安本部(那覇市)に巡視船を増強配備し、中国監視船への対応に当たる「尖閣部隊」を設けると発表した。日本は、中国側の尖閣諸島に対する行動が長期化することを懸念しており、「専属的な対応」が不可欠としている。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

  同情報について、中国外交部の華春瑩報道官は24日、「わが国の釣魚島(尖閣諸島の中国側呼称)問題における立場は明確で、一貫している。わが国の国家領土主権を守る意志と決意は、確固不動のものである。中国側は協議による領土問題の解決を一貫して主張している。日本側は誠意を見せ、現在の事態を適切に処理するため努力するべきだ」と述べた。(編集担当:米原裕子)

 

今日本における外交の重要課題は何かといえば、まず第一に領土問題、特に尖閣への毅然たる対応です。

我が国の領土である尖閣諸島を守るためには、先ず海上保安庁が領海警備に当たらなくてはなりません。

その警備が手薄であるために中国が領海侵犯を続けているのは明らかです。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-4181.html

 

そして領海侵犯を許し続けた結果が、領空侵犯です。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121224/crm12122418290012-n1.htm

この領空侵犯についての怖さは、軍事アナリスト小川和久氏のメルマガ「NEWSを疑え!」で知りました。

以下「NEWSを疑え!172号」を一部引用致します。

https://sriic.org/backnumber/20121217.html

13日午前、中国国家海洋局所属のレシプロ機が尖閣諸島南側の日本の領空を侵犯、航空自衛隊がF15戦闘機8機とE-2C早期警戒機を緊急発進させる事件が発生しました。

 中国機の領空侵犯が確認されたのは航空自衛隊の対領空侵犯措置が開始された1958年以来初めてとのことですが、事件に対する日本政府の姿勢は再発防止とはほど遠いレベルに終始し、領空侵犯が繰り返される事態を招きかねない隙を見せる事になってしまいました。

 航空自衛隊の固定レーダーは、低空を低速で飛行する中国機を捕捉できなかったのです。

 自衛隊トップの岩崎茂統合幕僚長は率直に防空能力の不足を認めましたたが、問題は政府を代表する藤村修官房長官のコメントでした。

 空中警戒管制機(AWACS)や早期警戒機E2Cを活用するなどして警戒監視態勢を強化するとして、「主権を侵害する行為には国内法令に基づき、引き続き断固として対応していく」と記者会見で述べましたが、今回のような領空侵犯を許さないための国内法は未整備のままで、再発防止に向けての日本国としての意思を示すにはほど遠かったのです。

 ここで整理する必要があるのは、「領空」と「領海」の関係です。

 領空とは、その国の海岸線から12海里離れた地点まで。領海と同じ範囲の上空です。つまり、領海侵犯を防げなければ、その上に設定される「領空」を守れないということでもあります。

 同時に、航空自衛隊が直接対処する領空侵犯の危険性という問題も、注意が必要です。

 海上保安庁のような国境警備隊は、軍事組織の投入によって国境紛争が戦争にエスカレートするのを防ぐ緩衝装置の役割を持っています。多少、手荒な対処をすることがあっても、あとは話し合いのテーブルで解決しようというのが国際的なルールとなっています。

 領空侵犯には、そうした緩衝装置がありません。ストレートに航空自衛隊という「空軍」の出動となり、武力衝突になる危険性は一気に高まるのです。

 それを考えれば、日本がとるべき道筋は明らかです。

 まず、領海侵犯した外国の公船と軍艦に退去を求める事しかできない現在の領海法を改正するか、領海侵犯を許さないための国境法や領海警備法を制定することです。

 これまでにもメルマガでご紹介しましたが、6月にベトナムが制定した海洋法のように、国連海洋法条約を遵守する前提のもと、領海に進入する外国公船と軍艦に対しては事前許可制とし、場合によっては強制措置を講じられるような法律を制定するわけです。

 領海を守るための強い姿勢を示せば、その上空にある領空への侵犯が起きにくくなるのは言うまでもありません。防空システムの強化だけで対処できると考えるなら、それこそ外国につけ込まれるだけです。

 新政権の手腕が問われます。

 

現実にこのような状況であることを踏まえると、海上保安庁が一刻も早く領海を守れる状況を作らないとなりません。自衛隊の緊急発進と言うのはとても重要な事です。

今回緊急予算措置がされると理解してよいと思いますが、この後自民党政権が迅速に法整備をしないと、何も問題は解決しませんから。「我が国に領土問題は無い」などと呆けた発言にはうんざりします。虎視眈々と周辺諸国が日本の領土を狙っているのですから。

 

さて、いろいろなところに配慮してでも、領土問題を解決しようとしているのか?それとも単なる弱腰なのか、現時点では私には解りませんが、最優先課題を片付けるために「一旦配慮を示した」形でであって欲しいと切望しています。

それは自民党政権下で「国境法や領海警備法」がきちんと制定されるかどうかで、ある一定の判断が出来るのではないかと思います。

「我が国固有の領土を死守する」それが今国民から求められている事でしょう。

毅然とした対応こそが国家防衛であるのです。曖昧は許されません。事実竹島は日本の固有の領土なのに、韓国に占領されているような状態です。なあなあは外交には通用しません。安倍総裁は「老練な策略家」であって欲しいと願っています。オセロの白と黒が入れ替わるチャンスを狙っているのだと信じています。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

【追記】

安倍内閣の蓋を開けてみたら…

あれだけ悪態をついている私ですが、2閣僚は期待を寄せています。

第2次安倍内閣の閣僚名簿発表

読売新聞 12月26日(水)17時28分配信

 第2次安倍内閣の閣僚名簿が26日夕、発表された。
▼総理 安倍晋三
▼副総理・財務・金融 麻生太郎
▼総務 新藤義孝
▼法務 谷垣禎一
▼外務 岸田文雄
▼文部科学 下村博文
▼厚生労働 田村憲久
▼農林水産 林芳正(参)
▼経済産業 茂木敏充
▼国土交通 太田昭宏(公明党)
▼環境・原子力防災 石原伸晃
▼防衛 小野寺五典
▼官房 菅義偉
▼復興 根本匠
▼国家公安・拉致問題・国土強靱化・防災 古屋圭司
▼沖縄・北方 山本一太(参)
▼消費者・少子化 森雅子(参)
▼経済再生・一体改革・経済財政 甘利明
▼行政改革・公務員改革 稲田朋美

今回の閣僚人事で有りがたかったのが、文科相の下村博文衆議院議員と、

総務相の新藤義孝衆議院議員です。

下村議員は教科書問題に根気強く取り組んできた方です。

私が教科書問題を知るきっかけも、実は下村議員のお話からでした。

自民党女性局の教育問題で講師を務められたのですが、

レジュメの型通りの教育問題から大きく外れ、

「これを聞いたほうがためになるから」と教科書問題の重要性を教えていただいたのでした。

拙ブログの過去のエントリー、ご覧頂ければと思います。

http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-f886.html

そういう方が真っ向勝負をかけて頂ければ、

もしかしたら日本があるべき姿に一歩でも近づくような気も致します。

そして総務相の新藤義孝議員は、地方議会出身です。

国会議員の前は、埼玉県川口市役所に勤務し、川口市議会議員をしていました。

地方行政の大元である総務相の大臣が、地方行政経験者というのは

とても嬉しいことです。

「選挙の時には地方の現場を見て」という候補者は多いけれど、

有権者の声を聞くという話にほかなりません。

(選挙の時に地方行政に耳を傾けるといった人は、私の知る限りではいませんが。)

住民への行政サービスを担っている人達の、

あくまでも職務としての声を聞いて解るかどうかというのは、とても重要なポイントなのです。

実情を経験した人でないと本当の地方自治は解りません。

しかも県政でないところがいい。

中間組織の無駄や横柄さを知っているはずですから。

また首長という立場でないということは、二元代表制の辛さも味わっているはず。

地方財政計画に振り回されている地方の現状も知っているはず。

どんな采配をされるのか楽しみでもありますし、また厳しい目を向けられます。

地方行政の経験者なんですから、地方自治法の変な改正だけはしないで欲しいと、切に願います。

さあ、後は大臣以下、どんな人選をするのでしょうか?

見ものです。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

歴史に学ぶ~兵学者・吉田松陰 その2

山鹿流兵学者の家に生まれた松陰は9歳までの臨界期に、徹底して兵学をインプットされました。

だからこそ10歳にして明倫館の教壇にたち、11歳の時には藩主毛利毛利慶親の前で山鹿流兵学の祖・山鹿素行の『武教全書講章・戦法』を講じました。そして23歳の若さで免許皆伝となりえたわけです。

森田義彦著・兵学者吉田松陰には、「慶親の前で講じたものは、常識的に考えて、玉木文之進たちが覚えこませたままの内容を一生懸命暗唱しただけであっただろうし、実際の講義録を読んでもその中身に彼(松陰)ならではの独自性は見られない・・・」とあります。

意味など解らなくてもいい、とにかく徹底的に覚える。

大量な情報がなければ、それを加工することも繋ぎ合わせることもできません。

自ら学ぶことや自由な発想は、まずは大量なインプットが必要であるのです。

私は現在の学校教育には、このインプットが圧倒的に足りないのだと思っています。

さて、この詰め込み教育が問題だということで、中曽根政権時代に臨時教育審議会で3年間の議論の末出来上がったゆとり教育ですが、もともとは日教組が週休二日にして自分たちにゆとりをということが発端でした。

ですからゆとり教育の柱は2本あり、一本が週5日制の導入、もう1本が総合的学習の時間です。

私はこの総合的学習の時間の導入は、良い政策であると評価をしています。

自ら調べる、疑問を解決していく過程で学習の広がりがあるなど、また地域社会のなかに入り込んでの学びにも、子供たちが得るものは大きいと思っているのです。

生涯学習の一部に学校教育があるという考え方なのです。

私が学び舎にしている尾崎行雄記念財団の主催する咢堂塾の12月の講師が、ゆとり教育の発案者で現在京都造形大学教授の寺脇研氏でしたので、いいタイミングでお話しを聞けました。

私は寺脇氏の講義を聞くのは3回目でしたので、復習という面でちょうど良かったなと思っていますが。

「総合学習は週に1~2時間なので、あとは今までと同様の勉強をしている」ということなのですが、私が引っかかっているのはそこなのです。

今までと同様なことではいけないと思うのです。

臨界期までに徹底した読み書きそろばん教育ができるかできないか・・・わが身を振り返り思うのは頭の仲の引き出しの数の少なさです。

とくに読書量がものをいうのではないかと思いますが、吉田松陰の読書量は半端なものではありません。

特に吉田松陰を形作った背骨の部分が山鹿流の兵学でありますから、幼少期には相当な分量の山鹿流の書物を暗記しているはずです。自分の考え云々の前に、先ずはインプット。

このルールは先人の偉業で実証済みです。

さて、その山鹿流とはいったいどんなものだったのでしょうか。

ウキペディア

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E9%B9%BF%E6%B5%81

(全部引用)

山鹿流(やまがりゅう)は、山鹿素行によって著された兵学(兵法)の流派。

諸藩でも普及しており、肥前国平戸藩では山鹿素行の一族の山鹿平馬が家老に、素行の次男である藤助が兵法師範に採用されて山鹿流が伝来している。長州藩では吉田松陰が相続した吉田家は代々山鹿流師範家であり、松陰も藩主毛利敬親の前で「武教全書」戦法偏三の講義を行っている。実の叔父にあたる玉木文之進も山鹿流兵学に明るかった。(萩市史第一巻)。また、筑後国柳河藩でも山鹿流兵法師範がおり、文久年間に柳河藩士卒が山鹿流に編成されている。

こちらのHPに詳しく書かれておりました。

http://www2.ocn.ne.jp/~saigouha/kuden/kuden39.html

(一部引用)

山鹿流の特徴は、単に戦術に重きを置いた軍学ではなく、戦乱の世から離れてしまった武家社会に於て、本当の武士の生き様とは如何なるものかを探究し、武士道精神を啓示した特異な流派でもあった。山鹿流の精神には、戦術を教える『武教全集』と技術面の部分を除けば、『葉隠』にも共通した箇所があり、武士の道義的心得が貫かれていた。

この山鹿流は「諸学を兼ね修める」という流儀であったため、松陰は長沼流山田亦介の門をたたきましたが、そこでアジア諸国に起こっていることを知ることになりました。

アヘン戦争を知ることになったことが、松陰を動かすきっかけになったのでしょう。

亦介に学んだ松陰は数え年17歳で記した「異賊防禦の策」で、孫子の「兵を用ふるの法、其の来たらざるを恃む無く、吾の以て之を待つ有るを恃み、其の攻めざるを恃む無く、吾の攻む可からざる所有るを恃むなり。」を引用し、平時にあって有事の備えをせよという大原則を示しています。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (1)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌31

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

最後は31日分の、御製です。

いかならむ

ことある時もうつせみの

人の心よゆたかならなむ

(いつも落ちついて、心は広く豊かに持ちましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌30

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は19日、御製です。

あらし吹く

世にも動くな人ごころ

いはほにねざす松のごとくに

(不動の信念を持ちましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌29

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は18日、御歌です。

すぎたるは

及ばざりけりかりそめの

言葉もあだにちらさざらなむ

(言葉づかいに気をつけましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌28

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は17日、御製です。

さしのぼる

朝日のごとくさはやかに

もたまほしきはこころなりけり

(心はいつも清く明るく持ちましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

高齢者死ぬまで元気計画が日本を救う

12月議会で上程された補正予算、やはり生活保護費は増額補正されていました。

私は下田だけのことしか解らないのですが、基本的に生活保護費の増=医療扶助費の増ととらえています。

現行法上、生活保護費のなかでの医療扶助は100%公費負担で、かかった費用は全て行政の負担となりますから、高齢化社会での現象としては当たり前のことです。

医療扶助が増える理由は、高額医療費にあります。

例えば人工透析を受けると、1ヶ月に60万円の医療費がかかります。

単純計算で1年間で720万円です。

心臓弁膜を交換する手術が必要だったとしたら、手術だけで数百万円かかります。

白血病であったり、癌であったり、手術や治療にはお金がかかるのですよね。

田舎へ行けば行くほど高齢化が進んでいることは今更なのですが、

高齢化と同時に単身世帯ということも考えなくてはなりません。

高齢者の単身世帯が生活保護を受けるのに文句を言う人はいないと思うのですが、

こういう方々の医療扶助費が生活保護費に占める割合は大変大きなものだと推察されます。それが生活保護費を押し上げている要因だということを知る人は少ないのです。

生活保護費の不正受給はとんでもない話なので、ここは徹底した厳しい対応が必要ですが、生活保護費の全体から見ればそれほど多いわけではありません。

しかし日本の人口動向から考えれば高齢者の生活保護はうなぎのぼりになって当たり前ですから、そのなかでも一番多い医療扶助費を減らす政策を立てないとならないと思います。

「予防は治療に勝る」を実践し、「ぴんぴんころり」の聖地といわれる長野県を、なぜまねをしないのか、国策としてまじめに取り組まないのか、そう思わずにはいられません。

http://www.tokyo-sangaku.jp/research/researchs/tresearch_view.php3?index=252

http://d.hatena.ne.jp/nagisa74/20110601/1306887725

さて、不景気による解雇問題は高齢者に多いという実態がありますが、これもあまり報道されません。

パートで生活をしていた高齢者が、生活が立ち行かなくなり生活保護となるわけです。

こういう人たちの再雇用の道はまずありません。

そうこうしている間に働かずに収入があることに慣れてしまい、生活も堕落していく。

そして病気になってしまう。

解っていても生活改善をするところまでは、なかなかできないのが実態です。

書き進めるうちにふと思ったのですが、

長野県が予防医療に成功したのは、山間部で農業に従事している人が多かったためかもしれません。

死ぬまで仕事がある。生きがいがあるということですよね。

こういう下地があったからこそのような気がします。

例えば観光産業に従事している人の場合、この不景気風の吹き荒れるなか、働き場所を失ったら再就職が難しく、生きがいとなる仕事がありません。

高齢者の仕事ってどんなものがあるのでしょうか。

高齢になるまでのその人の人生が反映された仕事なんて、そうあるわけではないし。

今の私には現実的な案は浮かばずです。

高齢者が元気だと若い人が救われるというのは、防災対策でもいえることです。

高齢者が1分間で歩ける距離は、おおよそ30メートル。

手荷物を持てばもっと短くなりますよね。

「津波だ、逃げろ」といったとき、そりゃあ近所のお年よりを放ってはいけません。

自主防災会でもリヤカーに乗せて逃げるような算段をしています。

でも、リヤカーをひく人も若者じゃあないのですよ。

介護予防もこういうところに視点を置いて、組み立てをして欲しいと思っているのですが・・・

高齢化ではなく高齢社会の日本です。

日本が生き残っていくためには、今の高齢者がどのくらい元気でいてくれるかにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

生涯現役、病気をしない。

団塊の世代の皆さんが高齢者になっていくこの時代に、

あらゆる政策の視点を『高齢者』に置くことで、もしかしたらこの閉塞感か脱却できるのかもしれません。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌27

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は16日、御歌です。

みがかずば

玉の光はいでざらむ

人のこころもかくこそあるらし

(磨かなければ光りません)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌26

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は15日、御製です。

いかならむ

時にあふとも人はみな

まことの道をふめとをしへよ

(誠の心こそ人生の基です)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌25

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は14.日、御歌です。

あやまたむ

ことをおもへばかりそめの

ことにもものはつつしまれつつ

(油断は大敵です)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌24

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は13日、御製です。

しのびても

あるべき時にともすれば

あやまつものは心なりけり

(忍の一字に徹しましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌23

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は12日、御歌です。

朝ごとに

むかふかがみのくもりなく

あらまほしきは心なりけり

(心の鏡はいつも清く明らかにしましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌22

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は11日、御製です。

たらちねの

親につかへてまめなるが

人のまことの始めなりけり

(孝は人の行いの基本です)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌21

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は10日、御歌です。

人ごとの

よきもあしきもこころして

きけばわが身のためとこそなれ

(人々の言葉に注意して、わが身のためにと聞きましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌20

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は9日、御製です。

世の中の

人におくれをとりぬべし

すすまむ時にすすまざりせば

(責任あることは必ず為しとげましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌19

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は8日、御歌です。

日にみたび

身をかへりみし古(いにしへ)の

人のこころにならひてしがな

(常に自らを反省した昔の人に習いたいものです)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌18

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は7日、御製です。

さまざまの

うきふしを經(へ)て呉竹の

よにすぐれたる人とこそなれ

(努力なくして成功はありません)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌17

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は6日、御歌です。

むらぎもの

心にとひてはぢざらば

世の人言はいかにありとも

(自信を強く持つことです)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌16

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は5日、御製です。

萬代の

國のしづめと大空に

あふぐは富士のたかねなりけり

(国民の自覚を強くし責任を重んじましょう)

さて、本日12月5日から、下田市議会12月定例会開会です。

私も一般質問に立ちます。

主旨質問はは以下の通りです。

当局の答弁に基づき、再質問をしてまいります。

お時間の許す方は、傍聴して頂けると幸いでございます。

質問順位2番ですから、午前中に主旨質問・答弁途中くらいかなと・・・

きっと11時半ころからだという気がします。

財政について

1.税の調定・収納等、現状分析

2.平成25年度予算編成方針について

3.行財政改革について

防災対策強化について

1.防災課の設置について

2.専門家の防災監導入について

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌15

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は4日、御歌です。

人はただ

すなほなならむ呉竹の

世にたちこえむふしはなくとも

(まず第一に心は素直であることが大切です)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

コンクリートから人へは地方を潰す

今年も残すところ後一ヶ月弱。

坊主も走り回る師走とはよくぞ言ったものです。

私の市議としての仕事も多忙。

年の瀬も詰まったこの12月に、とても痛ましい事故が起こってしまいました。

山梨県の中央道・笹子トンネル事故の犠牲者の皆様、お身内の皆様に、

心よりお悔やみ申し上げます。

 

このような事件が起こると、さて下田は大丈夫か?と改めて思ってしまいます。

共設備の老朽化対策に予算を回せない現状。

何かあってから騒いでも後の祭りです。

下田の橋梁も道路もあちこちがかなり老朽化しています。

保全のための予算は是非付けたいと思っているのですけれど。

限られた予算をどう運用するかが市町村レベルでの実態です。

民主党が前の選挙で言ったフレーズ。

0167

「コンクリートから人へ」というのは一見正しそうに思えますが実は逆です。

保全する工事を行うことで雇用が増え、お金が循環します。

よく世間で言われる「道路をいつも掘っている」というのは色々なメンテナンスのためなのです。

水道管、ガス管、下水管。みんな道路に埋まっていますからね。

小さな市町村の場合、明らかな老朽化に寄る弊害が起きない限り予算は出ません。

弊害が出ていても、騙し騙し使っているのが現状です。

下田市役所の庁舎は、耐震化診断をする余地なしという程の老朽化で、地震が来たら建物の外に避難しなくてはならないのです。

危ない事を市町村が未然に防止対策を施すという基本中の基本が揺らいでいます。

市町村の単位が集まり県となり、県の集合が日本という国家になります。

地方行政でどうしても出来ない場合、国家予算を割り振って貰わなければなりません。

東京や大阪のような大都市ならともかく、ほとんどの市町村では自主独立など出来るはずもありません。

「地方分権論」と言うのは絵に描いた餅だなあとため息が出てしまいます。

地方主権などというものは、もってのほかですが。

地方に主権を持たそうなんて、国家解体を目論む輩の考えそうなことですよね。

外国人参政権と抱合せで考えると、背筋が凍ります。

さて今年ももう12月でおしまい。

今回の12月議会では一般質問を行いますので、後日質問の要旨等UPいたします。

ラストスパートで公私共に頑張っていこうと思います。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌14

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は3日、御製です。

かたしとて

思ひたゆまばなにごとも

なることあらじ人の世の中

(七転び八起きの決心で励みましょう)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌13

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は2日、御歌です。

人しれず

思ふこころのよしあしも

照し分くらむ天地のかみ

(心の中も神様は見ていらっしゃいます)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

一日一首 明治天皇御製 昭憲皇太后御歌12

いつだったか明治記念館のティールームに行った時、

「教育勅語 五箇條の御誓文 明治天皇御製・昭憲皇太后御歌一日一首」

と書かれた小さな冊子といいますか、

手のひらに隠れるほどの折りたたまれたものがレジ横に置かれていました。

ご自由にということで頂いてまいりました。

記事が更新できないのに訪れてくださる皆様へ

ほんの気持ちでございます。

一日一首

奇数日は御製 偶数日は御歌

本日は1日、御製です。

目に見えぬ

 神にむかひてはぢざるは

 人の心のまこちなりけり

(神様に恥じない心こそ誠の心です)

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。 

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。 

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »