« 更新できず… | トップページ | ご報告 »

自民党高村副総裁~従軍慰安婦はいなかった~

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012101000925

慰安婦、韓国に反論=自民副総裁
自民党の高村正彦副総裁は10日夜、都内で講演し、旧日本軍による従軍慰安婦問題について「韓国で日本の軍が直接的強制連行をした事実はない。韓国以外ではあったが、日本軍による軍法会議で裁かれた」と述べ、強制連行があったとする韓国側の主張に反論した。
 また、自身が外相を務めていた1998年に日韓共同宣言をまとめた際、金大中大統領(当時)から「一度謝れば韓国は二度と従軍慰安婦のことは言わない」と説得され、「痛切な反省と心からのおわび」を明記したことを紹介。「国と国の関係で一度決着したものを蒸し返してはいけないし、蒸し返させてはいけない」と強調した。 (時事ドットコム 2012/10/10-21:32 全部引用)

韓国の術中にはまったと、高村氏を責めるのも酷と言えるかもしれません。
一国の大統領が嘘をつくはずがないという感性は、日本人として真っ当です。
しかしこの時から従軍慰安婦の問題が始まった事を思うと、やはり自民党の外交力が足りなかったと責められれば、甘んじて受けなければならないでしょう。

では少し角度を変えて考えてみましょう。
日本も韓国も、アメリカの同盟国です。
北朝鮮・中国・ロシアとの関係から考えると、日韓が軍事的に協調していくことは、アメリカにとっての利益でもあったはずです。
外交問題は2国間に発生するものではなく、たいていはアメリカが常に関わるというバランスで起こってくる事を忘れてはいけません。

当時の北東アジアの最大の懸念であった朝鮮半島の平和的解決に向けて、日本と韓国が軍事的に協力関係を構築している時期と重なっていたことも無視できない事実です。そういう中での駆け引きが、如何に困難であったか想像は出来るでしょう。

それでもです。
それでも、こと国の尊厳に関わる部分は、絶対に譲ってはならないのです。
いったん認めてしまった捏造従軍慰安婦問題は、真実であるかのごとく世界中に広がって行きました。
韓国は謝罪と共に賠償を要求し、巨額の財政援助をゴリ押しして来たのみならず、世界中に日本が韓国女性の年端(としは)も行かぬ少女を性奴隷にしたと虚偽を触れ回って、嘘で塗り固められた外交カードを更に強力にしようと画策中です。
http://tomiyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-ff80.html

「河野談話」というのは、ご承知のように1993年8月4日に宮沢内閣の官房長官だった河野洋平氏が発表した談話です。明確な証拠無きまま、韓国側の執拗な駆け引きに根負けして(と、これは田坂の受け取り方ですが)の談話であったかと想像します。
河野談話はよく読んでみればわかりますが、強制連行などということは一言も触れていません。相当念入りに作られた役人の作文なのです。それを政治家が使いこなせなかったという悲劇でもあるわけなのですが…

そして今、韓国は世界のあちこちで日本の従軍慰安婦について虚偽の宣伝をなし、国連でまでデマゴーグを発信しているわけですが、ちょっと待っていただきたい。

十代初期の少女をキーセンとして売り買いする朝鮮の無残な風習を禁止させたのは日韓併合時代の日本なのですよ? 「役割」と「事実」を入れ替えた偽りの物語を発信しているのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%93%E7%94%9F

ほとんど知られていませんが、韓国は外国人の売春婦も採用していました。フィリピンやインドネシアなどの東南アジアから女性を誘致するようになったのです。ソ連崩壊後は、ロシア人女性も誘致の対象となっています。

しかし、外国人娼婦に対する違法行為が頻発、要は搾取とある種の虐待かと思われますが、社会問題化して、驚くべきことに韓国が総ての売春施設を閉鎖し、売春禁止法を制定したのは、ついこの間2004年のことなのです。わずか9年前まで外国人を含めた売春婦を国家事業として擁していた韓国が、67年も前のありもしなかった、しかも日本人新聞記者の造語である従軍慰安婦を盾にとり、補償せよと言い続けるさまは、ツエねずみ(童話 宮沢賢治著)http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1949_18526.htmlが、親切な相手に言いがかりをつけ「償うておくれ!さあ、償うておくれ!」と連呼する姿にそっくりです。

しかもアメリカ他の海外では、韓国からの出稼ぎ売春婦たちの摘発が相次いで報道され、日本には一説によると3万人とも5万人とも言われる性産業従事の韓国女性たちがいると言われているではありませんか。まさに「自らを棚に上げて」の韓国の身勝手な言い分ではあります。

アメリカのある街の通りを「慰安婦通り」と名付けようと在米韓国人たちが運動している中、彼らの脳裏にはベトナム戦争時に韓国兵士がどんな性的虐待をベトナム女性の方たちに行ったか、それはよぎらないのでしょうか。筆舌を尽くしがたい残虐行為が行われ、性的奴隷とはまさにこの当時のベトナム女性たちのことではないでしょうか。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-571.html

従軍慰安婦については小論文を書きましたので、いずれ発表する機会があるかと思います。今日は、その補論とでもいうべきものをしたためてみました。

こちらもぜひご覧頂けると有難いです。m(_ _)m

                 ↓ ↓ ↓

「政治の仕事は、未来へつなぐこと。」

下田市議会議員たさかとみよホームページ 

いつもクリック有り難うございます。

お陰様でランキング上位です。

皆さんのクリックがとっても大きな励みです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

|

« 更新できず… | トップページ | ご報告 »

日本の政治問題」カテゴリの記事

コメント

高村さんの「強制連行は韓国以外ではあったが日本軍の軍法会議で裁かれた」ッテ発言の「韓国以外」ッテのは、例の某将校が白人娘を無理矢理手込めにしようとして処罰された一件の事を指してるんでしょうかねぇ? ソレであればソレの事だとハッキリ言ってくれんと、何も知らない純真無垢な人達が「なんだ!韓国でやってなくとも韓国以外で集団スレイブやってるんなら同じことじゃん! ヤッパリ許せない!!」などと的外れな誤解をしかねません。
沖縄でもたまに米軍兵士がレイプ事件起こしますが、あれは別にアメリカ政府や米軍の意向で強制連行して集団スレイブしてるわけじゃないし、不埒な犯人は処罰されるわけで、ソレを一緒くたにされ「軍令または大統領命令による強制的集団スレイブ」扱いされちゃアメさんもタマランでしょ。 同様にコチラも一緒くたにされちゃタマラン(~ヘ~;)
高村さんは一度騙された失敗があるんだから、決して韓国は信用しないという確固たる意志と周囲への拡散、及び内外に誤解を招かぬよう徹底した理論武装で以て臨んで貰いたいもんですな(ρ_-)ノ

投稿: 赤鮮地獄の某臣民 | 2012年10月25日 (木) 20時24分

※コメント反映されてるか微妙なのでもう一度書きます。

高村さんの「強制は韓国以外ではあったが、日本軍の軍法会議で裁かれた」ッテ発言の「韓国以外」ッテのは、例の某将校が白人娘を無理矢理手込めにしようとして処罰されたアノ事件等のコトを指してるんでしょうかねぇ? ソレであればソレの事だとハッキリ言ってくれんと、何も知らない純真無垢な人達が「なんだ!韓国でやってなくても韓国以外で強制的集団スレイブやってたんなら同じことじゃん!! ヤッパリ許せない!!」などと的外れな誤解をしかねません。
沖縄でもたまに米軍兵士がレイプ事件起こしますが、あれも別にアメリカ政府や米軍の意向で強制連行して集団スレイブしてるわけじゃないし、不埒な犯人は処罰されるわけで、それを一緒くたに「軍令または大統領命令による強制的集団スレイブ」扱いされちゃアメさんもタマランでしょ。 同様にコチラも一緒くたにされちゃタマラン(~ヘ~;)
高村さんは騙された失敗経験があるんだから「決して韓国は信用してかからない」という確固たる意志と周囲への拡散、及び内外に誤解を招かぬよう徹底した理論武装で以て臨んで頂きたいもんですな(ρ_-)ノ

投稿: 赤鮮地獄の某臣民 | 2012年10月25日 (木) 22時07分

従軍慰安婦問題の経緯、わかりやすく読まさせて戴きました。
 十代初期の少女をキーセンとして売り買いする朝鮮の無残な風習を禁止させたのは、日韓併合時代の日本であること、初めて知りました。ほとんどの日本人は知らないことです。当時の日本の負のイメージばかりが強調され、拡大され、噓にまみれていることを改めて知りました。
 ところで、お礼が遅くなりましたが、図らずも日本論語研究会大賞受賞の折に、おいしい下田の銘菓をいただきました。有難うございました。

投稿: 岩越 | 2012年10月26日 (金) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 更新できず… | トップページ | ご報告 »